中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


夜な夜な築地の路地裏へ

[りょうきち] 2013年6月27日 09:00

築地の街は市場の街ということで、夜は早く暗いのですが、そんな中を分け入っていくと居心地のよい空間があちらこちらにあります。季節がよくなってきて、夜な夜な築地の路地裏に誘われ迷い込んでいる人も増えてきました。今回はそんな中の一つ、素敵なお店を紹介します。なお路地裏にあるので普通には見つからないです。特に看板もない明るい間は分かりません。

 

お店の名前は酒膳倶楽部、場所は築地7丁目14−13

聖路加国際病院方向から行くと暁公園の裏側辺りに当たります。といっても路地裏にあるため、最初は場所を発見するのが難しいかもしれません。

でも大丈夫、夜になると、オレンジ色の看板が出ているので、近くまで行けばきっと見つけられます。

その場所までたどり着いてもさらに名物の急階段があり、まるで来る人を拒んでいるようです。写真を参照のこと。

IMG_1429.jpg さて、この急階段を上ると隠れ家のようにお店があります。お客さんが10人程度入るといっぱいになる大きさ。赤い壁紙で明るい雰囲気。そして存在感があるのは女将、小森さん。ご本人は栄養士としてご活躍で、大学でも講義をしている方です。そのような栄養の専門家の立場から、メニューを構成されているとのこと。実際、野菜をふんだんに使用したおいしい食事が出てきます。健康に飲酒、飲食を楽しむ、これをいつも考えてメニューを考えられているようです。さらに市場の新鮮な食材。悪いものはありません。これではお酒が進んでしまいます。でも帰りには急階段を下りないといけません。いくら病院に近いと言っても注意しないといけません。でも女将を中心に、下町っぽい常連さんたちとの会話は盛り上がり、お酒の量も増えてしまいます。異空間? 外のことを忘れて時間が過ぎていました。

 

このような感じで今日も築地の夜は更けていきます。市場はもう数時間で始まってしまいます。

 

酒膳倶楽部は、毎月、落語会やジョギング会なども催していまして、多種多様な趣味の方が集まってきます。また、銀座8丁目にも新店ができていまして、お店には勢いもあります。ご関心の方、是非一度、お訪ね下さい。

 

 

区内で出逢った素敵な人 ~その2~ 「おもてなしの心をこめて」

[下町トム] 2013年6月26日 14:00

中央区にお住まいされている方、あるいは勤められている方の中で、自身が出逢って感銘を受けた人や共感した人などをご紹介していきたいと思います。

第2回の今回は、東銀座駅近くの飲食店で店長を務められている宮下正幸さんです。

 

ADK松竹スクエア_R.JPG

築地の〔ADK松竹スクエア〕は近代的なフォルムが美しく、一階ロビーの開放感もとてもお気に入りです。大階段も印象的です。時々ドラマのロケにも使われています。

ここにはかつて松竹の映画館があって、〝寅さん〟シリーズ全盛の頃は多くのシネマファンが通っていました。今では飲食店とオフィスの入居するビルですが、3階には「松竹大谷図書館」があり、歌舞伎を中心に専門書や資料が収蔵される貴重な施設があります。

 

P1120391_R.JPG

今日はこのビルの2階にある〔串焼・炭火焼肉 Yagura〕をお訪ねします。前述の1階ロビーからエスカレータをあがると、ゆったりとした導線の先に落ち着いたエントランスが見えてきます。和風のセンスを活かしたしっとりとした雰囲気は、仕事の得意先との商談だけではなく、家族団らんにもピッタリです。

 

P1120393_R.JPG

店長の宮下さんはタフで優しいリーダーとして従業員の皆さんに慕われています。ほとんど休みなしにこの店を守り立てるために頑張っていらっしゃいます。いつ訪れても笑顔を絶やさず、お人柄はソフトですが、店内の隅々まで眼を光らせて状況把握されている姿は厳しいプロフェッショナルを感じます。

 

P1120392(2)_R.JPG

宮下さんの座右の銘は「公認無私」だそうです。何でも昭和天皇のお言葉だそうですが、意味合いとしては自らのわがままを捨ててみんなのために尽くすということかと思います。ホスピタリティの意訳としてその世界の権威である力石寛夫さんが取り上げていらっしゃったとも伺いました。いずれにしても、サービス業の原点である「おもてなしの心」を追求し、それをどう形にするかを宮下さんは考え続けているんだな、と実感しました。

 

最後にお店を出るときに玄関口まで見送ってくださった宮下さんは、短くても心のこもった挨拶をして下さいました。いただいた食事にはもちろん満足しましたが、やっぱり食事は良い環境でいただくことが大切だと納得しました。お店の皆さん、お世話になりありがとうございました。

 

 

沖縄料理 仲宮里

[銀造] 2013年6月18日 09:00

  今日は、新富町にある家族的な沖縄料理の店、 仲宮里 をご紹介します。

P1000327.jpg

数あるメニューの中からゴーヤチャンプルと半沖縄そばのセットを注文しました。ゴーヤには煎った豆腐とspam hamが素朴な味で、とてもヘルシー です。 沖縄そばには豚の角煮が入っていて、とても美味しかったです。お値段は850円で、半そば無しのゴーヤチャンプル定食は650円。

P1000328.jpg

新富町の近くにお出での節は、南国情緒 を味わいに、お立ち寄り下さい。オリオンビール も旨い泡盛 もあります。

 

場所は、新富1-11-3、電話は、03-3552-7733です。

 

 

あなごのおいしい季節です〔はかりめ〕

[ジミニー☆クリケット] 2013年6月17日 09:00

銀座五丁目にある、あなご和食処「はかりめ」さんを紹介します。

hak1.JPG

 

 

銀座四丁目交差点からすぐ近く。

ビルの6階です。

カウンター以外はすべて個室で落ち着けます。

 

 

 

 

 

 

 

hak2.JPG

  

ランチタイムで「あなごひつまぶし重」(こちらのお店のランチ看板メニューです!)を注文。本来のうなぎのひつまぶしに比べてあっさりしていておいしく、ランチメニューとしては、私はこちらの方が好きです。この日は、九州産のあなごでしたが、これから江戸前のあなごになるそうです。

 

 

 

hak3.JPG

 

 

食後に頼んだアイスも白ごまのアイスで大変おいしく、しかもサービスしていただきました!

感謝ですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はかりめ」さんのHPは ⇒ http://www.hakarime.jp/

 

 

 

 

 

昼はデリ、夜はバル 築地ボンマルシェ姉妹店

[鞠つき] 2013年6月16日 09:00

 

 築地4丁目・共栄会ビルにある、ボンマルシェの姉妹店「ボン・デリ」がオープン

  

 お昼は特製フォカッチャランチや菅原文太さん農園の野菜を使った

 野菜のスープなどのデリ、夜は気軽に寄れるバルスタイルです

baru 002.jpg  baru 003.jpg

       お店の雰囲気           生ハムもその場で切ってくれます

 

baru 004.jpg  baru 005.jpg

      白ワインと共に             トリッパのグラタン 美味♪

 

baru 006.jpg

     季節野菜の焼き物

 

 会社帰りのチョイ飲みには丁度良いお店です!

 是非、いらしてみて下さい!

 

 デリ&スイーツ  11:00~16:00
 バル  17:00~21:00

 

 

 

 

 

イタリアン IL CENTRO GINZA

[滅紫] 2013年6月11日 10:00

歌舞伎見物(歌舞伎座見学?)に上京した友人夫婦を終演た後、歌舞伎座から徒歩2分のイル・チェントロに案内した。歌舞伎座から晴海通りを日比谷方向に直進、1-2分の距離。東銀座駅からも銀座駅からも2分とかかりません。名前通りのイルチェントロ銀座(銀座の真ん中)です。白を基調としたすっきりと明るいインテリアでテーブル席の他に厨房をながめられるカウンター席もあります。(お一人様も気楽に楽しめます)シェフの福田さんは以前イ・プリミの総料理長で2010年4月にこのお店をオープン。「カジュアルなイタリアン」を目指しているとのこと。ランチには時々お邪魔しているが夜は初めて。紹介してくれた友人のオススメ、デイナーコースは3,675円から3コース。今日は4,200円のコースをお願いした。「前菜、魚料理、パスタ、肉料理、デザート」です。

100_1080.JPG 100_1081.JPG

100_1072.JPG 100_1074.JPG

100_1075.JPG 100_1076.JPG

 

100_1077.JPG

コースの値段の違いは食材の違いとか、最初に出されたモッツアレラをサンドしたパンを揚げたものをいただいた途端に頬がゆるんでこれからの料理への期待がつのります。やっぱり少しはワインもいただきましょう。グラスワイン630円です。それにしても凄いCPの高さに驚嘆。この東銀座周辺はランチ激戦区とあってこちらのランチも勿論オススメ。パスタランチ850円(パン、サラダつき)プレートランチ1100円(スープ、パスタ、ドリンクつき)。

 

14:30までなので少し時間をずらしてお出かけになることをおすすめします。

土曜日(不定期)開催の料理教室は又、次回のご報告に。

 

 

IL CENTRO GINZA

中央区銀座4-10-14ネオパイン銀座410 2F

TEL6278-7838 東銀座A2出口、銀座A7出口それぞれ徒歩2分

11:30~14:30、17:30~21:30 日曜定休