中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


月島は もんじゃと美味い 洋食屋

[銀造] 2014年2月26日 14:00

 月島は、「もんじゃ焼き」で有名で、お店が並ぶ西仲中通りは、誰が名付けたか「もんじゃストリート」などと呼ばれています。

でも、硬いことを言うと、正式には、「西仲通り」ですので、よろしくお願いします。

 

さて、今日は、東京マラソンコースの今年最終のウオーキングで、銀座4丁目から東京ビッグサイトまで歩きました。

 築地本願寺の歴史、建造物について勉強したり、聖路加看護大学の敷地は、かって浅野内匠頭の屋敷跡であったり、芥川龍之介生誕の地であったり、慶応大学発祥の地であったり、

そして明石町は米国公使館、ポルトガル、ペルー、スイス、スペインなどの外国の領事館があって築地居留地と呼ばれたとか、

女子学院、青山学院、立教女学校、女子聖学院などの記念碑を見て、ミッション・スクールの前身が発祥したことなどを楽しく勉強して、佃の住吉神社に参拝して、月島に入りました。

月島の町の建築物の2階をみると、かってのお店の名残が懐かしく感じられます。

20140223 057.JPG

月島では、もんじゃ焼きを食べたいグループと洋食大好き派に分かれ、皆さん満足でした。

 

写真は、「レストラン Piasola」での食事風景です。

20140223 055.JPG20140223 054.JPG

私は、ハンバーグとエビフライの定食850円(2014年2月22日現在)を頂きました。

大変美味しかったのでご報告します。 

大勢の方々をお連れして、午後のスケジュールが詰まっている状況下で、ランチも予約ができたので、助かりました。

レストランカフェ ピアソラ

住所:中央区月島3-4-5(月島開運観音様、月島温泉のお隣です)

電話:03-3533-1139

 

 

東京マラソン 特別出店 中央区観光協会

[銀造] 2014年2月25日 09:00

 東京マラソンが2007年に開催されて早や8回です。

中央区で江戸時代創業の名店の中でも特に歴史のある

榮太樓本舗、にんべん、山本海苔店さんの3店のお手伝いと中央区の観光振興のために

中央区観光協会の山崎さん、三浦さん、第31代中央区観光大使・ミス中央の新宮志歩さんが

2月22日、東京ビッグサイトにて、御当番で売り込みに頑張っていらっしゃいました。

20140223 062.JPG

 観光協会の売り物は、粋でいなせな中央区をイメージした風呂敷です。

某有名レストランではお客様対応の芸術 「バンダナ」として活用されていますよ。

 私の知り合いは、愛を包んで温かいお弁当を旦那さんに用意しています。

今回は、江戸紫の色が加わり三色からえり好みができるので大変人気です。

http://www.chuo-kanko.or.jp/furoshiki_JF/index.html

出店されていた榮太樓総本舗、にんべん、山本海苔店さんの商品で目新しいもののうち

山本海苔さんの、ネギみそ味の 味付け海苔。 これは、郷愁をそそる味付け海苔です。

20140223 063.JPG

まるで、3.0年以上も前に賞味した朴葉味噌を思い出させる

懐かしい味付けで、試食の後には迷わず買ってしまいました。

これです。 This is ! 早速、おにぎり にして賞味しました。

是非、榮太樓さん、にんべんさんの逸品と併せて、一度お試し下さい。

 

 

レトロな喫茶店〔喫茶去 快生軒〕

[ジミニー☆クリケット] 2014年2月20日 09:00

kissa1.JPG

 

 

の残る週末、
人形町通りと甘酒横丁の交差点からすぐのところにある「喫茶去 快生軒(きっさこ かいせいけん)」で一休みしました

kissa2.JPG

 

 

こちらの創業は大正8年(1919年)

月並みな表現ですが、レトロな雰囲気。赤いエナメル調のソファ・椅子、通りに面した窓のステンドグラスと天井からのランプがいい感じです

kissa3.JPG





注文したブレンドコーヒーは、香り高く、苦みと酸味のバランスがよく、なめらかです

kissa4.JPG 

 

お店全体から感じられる清潔感が、とても居心地の良い癒しの空間となっています

ちなみに、「喫茶去」とは、禅語で「どうぞお茶でも召し上がれ」という意味だそうです

 

喫茶去 快生軒(きっさこ かいせいけん)

東京都中央区日本橋人形町1-17-9

東京メトロ日比谷線人形町駅A2出口からすぐ

日曜・祝日休み


 

 

 

銀座のトリュフ専門店 ムッチーニ

[杏葉牡丹] 2014年2月19日 09:00

最近のファミレスのメニューに「トリュフソース」というのがありましたが、私のような庶民にはまだまだ馴染みの薄い高級食材『トリュフ』。

ところがさすがに銀座、そんなトリュフを専門に扱うお店が、昨年オープンしました。

ck1203_20140218(9).jpg ck1203_20140218 (2).jpg

 

場所は歌舞伎座うら、都営地下鉄東銀座駅の出口の近くで、有名な落合シェフの「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」を始め洒落たイタリアンのお店が何軒も並ぶ、人呼んで『裏銀座イタリアンストリート』。

 

お店の「ムッチーニ」という名称はイタリアのガストロノミーのブランドのことだそうで、アドリア海に近いマルケ地方の高品質のトリュフの魅力を凝縮した、様々な商品を提供し、ドライトリュフ・トリュフ塩・トリュフのオリーブオイル・トリュフソースなど、様々なアイテムがあります。

 

店内にはカウンター5席があり、こうした品々をイートインのような感じで食べることもできます。

ランチもあって、トリュフを使ったパスタやリゾットに、グラスワイン、浅野屋のパン、コーヒーにデザートがつきます。

この時は友人と2人で行ったので、トリュフの風合いがより味わえるという「黒サマートリュフのリゾット」と「黒サマートリュフのタリアテッレ」を頼みました。

 

先ずワインに続けて出されたパンには、早速トリュフ塩とトリュフのオリーブオイルが添えられています。

普段はバターをつけて食べるパンですが、トリュフの風味がつくと、本当にふくよかな感じになってビックリです。

ck1203_20140218 (3).jpg ck1203_20140218 (1).jpg

 

リゾットは生のお米から煮るのでちょっと時間がかかるということで、最初は黒サマートリュフのタリアテッレから。

ck1203_20140218 (8).jpg最初から2人分にシェアして出して下さったのですが、意外に量はありました。

私が知っているのは「○○のトリュフ添え」とか「○○のトリュフソース」とかで、こんなに豪華にドーンとトリュフがメインになっているのは初めて。

香りだけでなく、ちょっとコリコリした食感も印象的です。

トリュフそのものが主役という何とも贅沢なメニューは、このお店ならでは、ではないでしょうか。

 

ck1203_20140218 (4).jpgそして次に出されたリゾットは、お店の自慢のメニュー。

シンプルにブイヨンを使っているだけだそうですが、トリュフの魅力が全て溶け込んでいるという感じす。

 

ちょうどイタリア直送の最高級の白トリュフもあって、ソテーしたり、目玉焼きと一緒にいただけるメニューもありました。

 

昨年のオープン当初は、新しい歌舞伎座の開場の時期に重なったこともあって、テレビや雑誌などの様々なメディアでも取り上げられましたが、高名な評論家の方も絶賛されて何度も来店されているそうで、美食家の間では既にその名は轟いているようです。

 

ck1203_20140218 (5).jpgトリュフ塩・トリュフソース・オリーブオイルなどの様々なアイテムが並ぶ店内には、トリュフに関する専門書もあって、シェフやお店の方が、トリュフの種類や旬の季節等の知識や料理方法等を、とても親切に教えて下さいます。

 

昨年末は、クリスマスや年末年始に自宅でちょっぴり贅沢にという方が多かったのか、大変に忙しかったそうです。

私も知り合いのイタリアンのシェフから、トリュフ塩をほんのちょっと使うだけで、パスタの味が全然違ってくると言われたので、ぜひ試してみたいと思っています。

友人もそう思ったらしく、食後に早速トリュフソースを購入していました。

 

この店で様々なトリュフの魅力に触れて、気に入ったアイテムを購入して使えば、家庭での料理がグレードアップするのは間違いありません。

ちょっとした贅沢を皆様もいかがでしょうか。

ck1203_20140218 (7).jpg ck1203_20140218 (6).jpg

 

ムッチーニ

 

銀座3-12-7

電話(3542)1086

定休日 日曜・月曜

 http://www.muccini.jp/

食事の場合は、なるべく事前にご予約下さいとの事です。

 

 

 

銀座の中国料理の安くて美味い店 百菜百味

[銀造] 2014年2月18日 14:00

   銀座ストリートガイドの方に教えて頂いたお店、「百菜百味」。

日替わりランチは700円。今日は12時40分に着いたので、それは売り切れ。

週替わりランチ、780円の玉子とキクラゲ、シメジ、エリンギの辛味噌炒めを注文しました。

デザートには杏仁豆腐がついており、ご飯の御代りは自由。(2014年2月1日現在)

P1000487.JPG

132席あるとのことですが、一人でも気軽に入れます。

お店は、外堀通りに面した、銀座6丁目5-15、能楽堂ビルの3Fです。

 

 

銀座で2100円のお寿司ランチ★凛

[まぴ★] 2014年2月16日 09:00

銀座にある、一軒家のお寿司やさん、凛。

銀座1丁目にあります。

 

JAPANレストランウィークというイベントで、なんと2100円のランチがたくさん出ていました。

その中で見つけた、銀座のお寿司のランチが2100円!!

 

まず突き出しがあり、お寿司が8貫、

お味噌汁に巻物、デザートで2100円は破格です★

 

事前に連絡しておいたので、食べれないものにも対応してもらえました。

 

先付けはあん肝の角煮、そしてお寿司は

アオリイカ、春子鯛の昆布締め、漬けまぐろ、中トロ、いくら、さより・・・

写真もかなり撮り忘れてるのと、覚えてないのも(笑)


 

RIMG1739.JPG RIMG1740.JPG

 

でも春子鯛の昆布締めが一番美味しかった。

板前さんから色々お魚の話を聞かせて頂きました。

また昆布締めは手がかかってるのでほめてもらうと嬉しいそうです(*^^*)

 

RIMG1741.JPG RIMG1742.JPG 

 

 

RIMG1743.JPG RIMG1744.JPG

 

春子鯛はこれからの魚なので、

お寿司やさんに行かれたらチェックしてみてくださいとのことでした。

巻物も、かんぴょうとお新香の2種類があり、

こんな素朴な巻物でも美味しい!!

 

RIMG1745.JPG RIMG1746.JPG

白ワインをグラスで飲み、私は玉子焼き、主人はコハダを追加注文。

とってもお値打ちなランチでした。

 

 

RIMG1747.JPG RIMG1749.JPG

 

こちらのお店は、普段でも2600円くらいでランチが食べれるので

とってもおすすめです★

 

銀座凛のホームページ

Facebookでは毎日仕入れた魚がアップされています!