中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


三笠会館のイタリアン★レストランウィークランチ

[まぴ★] 2015年11月28日 09:00

ここもまだ行ってなかったイタリアン、
三笠会館のトラットリア・メッツァニーノです。

イタリアレストランウィークで行ってきました。

 

RIMG2663.JPG RIMG2664.JPG

 

夫婦揃ってトマトが苦手なのでイタリアンはなかなか難しいのですが、
私はソースがOKなので、パスタも肉料理もトマトソースにしました。
ポークのトマトソース、美味しかったです♪

 

RIMG2665.JPG RIMG2666.JPG

 

ウエルカムドリンクはサングリア。
こんな可愛い席に案内してもらえました(*^^*)

 

RIMG2667.JPG RIMG2668.JPG

 

デザートのスフレチーズケーキ!
量もそんなに多いわけではないし、しつこくもないのに、
やっぱりイタリアンはお腹いっぱいになりますね(*^^*)

これで2500円は、レストランウィークならでは★

 

ランチタイムは1480円のパスタランチや
1580円のリゾットランチもあるので、気軽に行けそうですね(*^^*)

 

三笠会館 トラットリア・メッツァニーノ

 

 

 

「築地 えび金」〔海老そば専門店〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年11月26日 09:00

波除稲荷神社の斜め前、築地6丁目にある海老そば専門店築地 えび金」です

テレビでも紹介され、以前、このブログでも、他の特派員さんが紹介してくれています

ebiki11.JPG 

私の会社からはちょっと遠いのですが、「えび好き」にとっては、定期的に無性に食べたくなる「海老そば」です

ebiki12.JPG 

お昼時でしたので、ちょっと店の外で待ちました

ebiki13.JPG 

あっさりしているのに、その中にエビの旨みと風味が凝縮されています

一杯にエビ50尾分、スープは、甘エビの頭を長時間煮込んでいるそうです

食べてもらうと「海老ラーメン」ではなくて、「海老そば」のネーミングに納得してもらえると思います

営業時間は、

月曜日から金曜日は、8時から17時

土曜日は、6時から15時

日曜日祝日は、定休日

です

築地えび金のHPはこちら ⇒

http://ebikin.com/

 

 

 

銀座の隠れ家イタリアン★コルポデラストレーガ

[まぴ★] 2015年11月25日 18:00

イタリアンレストランウィーク第二弾は
銀座8丁目にあるコルポデラストレーガ。
難しい名前ですが、魔女の一撃という名前だそうです。

 

20人入れるかどうかというこじんまりとした
隠れ家的なお店ですが、一皿一皿にとてもこだわりが見られます。

 

前菜のサラダはキッシュも入ってボリューミー。
サラミはサルシッチャピカンテとトスカーナのチンターネゼ。
そして、馬の肉のブレザオラディエクイーナという珍しいハム。
さらにドレッシングは自家製の紫にんじんのヴィネグレット。
さっぱりした酸味で美味しい~(*^^*)

 

RIMG2724.JPG RIMG2725.JPG

 
パスタは2種類から選べ、貝類が苦手なのでカルボナーラで。
散りばめられているのは秋トリュフ。
しつこくないカルボナーラで、これまた美味★

 

お肉料理は牛ヒレとフォアグラの重ね焼きハーフサイズ
お魚料理はしまなみ産さわらのポワレ
メインは2人で別々のものを注文して半分こしたのですが、
特にこの鰆がふわっふわで、白ワインがすすみます。
サワラの写真撮るの忘れた~(>_<)

 

RIMG2727.JPG RIMG2729.JPG

 

ドルチェは、自家製ティラミス。
クリーミーで美味しかった(*^^*)
ドリンクは+100円、カプチーノは+200円。

 

RIMG2730.JPG RIMG2723.JPG

 

でもこんなコースが2500円で食べれるなんて、
イタリアンレストランウィークさまさまです♪

今度は夜に行って、アラカルトで色んなお料理を食べてみたいです。

 

銀座はまだまだ隠れた名店がたくさんあって奥が深いですね(*^^*)

コースじゃないリーズナブルなパスタランチもあるので、OLさんにもおすすめ★

  

コルポデラストレーガのぐるなびページ

 

 

 

築地市場最後の年の瀬

[下町トム] 2015年11月25日 09:00

皆さん、晩秋の季節の色を楽しんでいらっしゃいますでしょうか。間もなく本格的な冬がやってきます。東京の町もいよいよ一年の掉尾を飾り始めます。

P1130127_R.jpg中央区は商業の町でもありますから、あちらこちらで歳末商戦が始まります。ジングルベルのBGMや福引の鈴の音を聞くと、いよいよ一年も終わりかなと思います。

  

築地は明治維新の後に外国人居留地が置かれたところであり、一説によると、日本ではじめてクリスマスパーティーが催されたのも築地だという話です。

昔から新しいものを取り入れることに積極的だったのではないでしょうか。今でもこの町には旧弊にとらわれない自由で先進的な気風があふれているように思えます。

 

さて、築地市場は来年11月に移転することになっています。残り1年というカウントダウンを刻み始めました。場外市場は残りますが、それでも中央卸売市場ともども年の瀬をにぎやかに過ごすのも今年が最後になりました。12月に入ると、買い物客が日に日に増えて、いつも以上に名残を惜しむ人々が押し掛けるのではないでしょうか。

P1130128_R.jpg

ぼくも時々、中央区観光協会のお手伝いで築地の観光案内を務めさせていただいていますが、これからは移転の話をするたびに少し感傷的になるかもしれません。

 

幸いというか、中央区の先行整備施設の建設も進んでおり、新しい築地の姿がいずれ見えてくることでしょう。きっと新世代の築地マーケットの未来もまた魅力的だと思います。

 

最後の年の瀬を迎えた築地市場界隈の賑わいを皆さんもしっかりと記憶に残しておいて下さいね。

 

 

◆ 築地場内 「印度カレー中栄」店主の 華麗な おもてなし

[隅田の花火] 2015年11月12日 09:00

 

朝の築地市場。いつもあわただしく人や荷が行き交い、活気のある場所です。

 

特に築地の場内市場に来ると、目に飛び込んでくるのがほとんど働いている方々。「人が働く」という人間の原点みたいなものを目の当たりにできる場所で、見ているだけで朝から元気が湧いてきます。

s_hanabi27-1.jpg(海幸橋門から見た築地場内)

 

実は私は今年春から、週に1・2回早起きして場内市場で朝ごはんを食べてから会社に通っています。

 

場内市場の豊洲新市場への移転という、歴史的なタイミングで特派員をやらせていただいているということもあるのですが、何か思い出のひとつでもこの築地場内市場という場所に残せたら、という思いもあり、早起きすることにしています。

 

私が通い詰めているのは、場内市場にある「中栄(なかえい)」というカレー屋さん。

お店に入ると、U字型のカウンターに店主が先頭に立ち、いつも店をきりもりしています。

s_hanabi27-2.jpg中栄のカレーのメニューの基本は三種類です(550円)。

 ・印度カレー(辛口)

 ・ビーフカレー(甘口)

 ・ハヤシライス(トマト風味)

 

さらに「合いがけ」というメニューもあります(650円)。基本の三種類からふたつを選び、ひとつの皿に盛ってもらえるメニューで、観光や初めての方にはオススメです。

その他、シーフードカレーや炙りチャーシューがのったカレーなどのメニューもあります。

s_hanabi27-3.jpg(印度カレーとハヤシライスの合いがけ。650円)

 

このお店で驚きなのは、カレーを注文してから出てくるまでが実に早い!

座ってから数十秒経つとカレーが目の前にあります。十秒かからないこともあるのではないでしょうか。

 

早さの秘密のひとつとして、店主さんがかなりの数の常連さんの顔とその注文を覚えていることがあります。オーダーをしなくてもカレーが出てくる常連さんもいたりします。

 

数回このお店に通って、私はそれに気付いたのですが、どのくらい通えばこの常連さんのようになれるのか、試したくなってしまいました。

 

そこで9月に入ったところで、注文を「印度カレーと目玉焼き」に固定してみることに。

そのあと、週に1・2回のペースで通い続けてみました。

s_hanabi27-4.jpgここからが長かった・・・。

「印度カレーと目玉焼き」と自分でオーダーすることが何度も続きます。

「印度カレーと目玉焼き」と言わない日はやって来るのか?新市場への移転の日まで間に合うのか?  ・・・不安がよぎります。

 

10月の下旬に差し掛かった頃、店に入ると店主さんから「いつもの?」というお声が。いゃ~嬉しかったぁ。私も常連さんに認定されたということなのでしょうか。 「印度カレーと目玉焼き」にしてから8回目の朝でした。

 

 

この中栄のカレー屋さんの創業は大正元年(1912年)だそう。魚市場は築地に移ってくる前は中央区の日本橋という橋の所にあったのですが、その頃からあった老舗のカレー屋さんです。

 

お店に入ってくるお客は市場で働いている方々が多いのですが、仕事で急いでいることが多いので、このカレーが提供されるスピードは市場という場所が生み出した「おもてなし」のひとつなのかもしれません。

s_hanabi27-5.jpg(築地魚河岸シーフードカレー。1000円)

 

このお店、私が好きなところは、この店主さんの「おもてなし」が実に見事というか、無駄がなく華麗で、朝から心地よい気持ちにさせてくれるところです。

お客ひとりひとりに対する気配りはごくあたりまえのことのように行われるのですが、お客と店主との聞こえてくる会話が本当に心地よいのです。私には朝に聴こえてくる心地よい音楽のようにも感じられます。

 

この店主さんは、創業から四代目だそう。この店主さんと会話をするのを楽しみに来店する常連さんもたくさんいらっしゃるようです。

 

 

さて、中栄のカレーのメインの「印度カレー」。

辛さは、超辛いという訳ではなく、程よい辛さ。ファーストフード系の店に分類されてしまうのかもしれませんが、味に関してはそれなりの実力派、それでいて少し懐かしさの感じられる味だと思います。

s_hanabi27-6.jpg(印度カレーと目玉焼き。550円+100円)


ご覧の通り、ご飯の上にキャベツかどっさり盛られているのが特徴で、ご飯もかなりのボリューム。

食べ方は人それぞれですが、キャベツとご飯とカレーを絡める食べ方が店で案内されていて、その通りに食べるのが一番美味しいと思います。キャベツのシャキシャキ感がたまりません。

 

 

築地場内市場の豊洲新市場への移転の日まで、1年をきりました。来年11月2日の営業を最後に閉場。翌日は休場日で4~6日の3日間で移転するスケジュールです。

s_hanabi27-7.jpg(水神社から見た築地場内)

 

このカレー屋さんももちろん移転されるのですが、店主にお聞きしてもそれほど切迫したご様子ではなく、サバサバした感じ。

 

いろいろ移転に伴う問題はこれから発生するのでしょうが、もう前に進むしかない。そんな感じで話されていました。

 

これから、築地の「場内」市場は最後の年の瀬を迎えていくことになりますが、移転していくまでまだ日はあります。

そろそろ「印度カレーと目玉焼き」以外の注文にしてみようかと思うこの頃ですが、来年の今頃には良い思い出が残っているよう、できる限り通い続けられればと思っています。

 

★「中栄」⇒ http://www.nakaei.com/

★「魚河岸横丁」⇒ http://www.uogashiyokocho.or.jp/

 

 

 

YOUでオムレツサンドイッチ〔喫茶YOU〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年11月 5日 14:00

you111.JPG 

喫茶YOU」(銀座4-13-17高野ビル1F・2F)は、歌舞伎座近くにある創業40年以上の老舗の喫茶店です

you112.JPG 

歌舞伎役者さんにごひいきが多く、テレビや雑誌にもよく登場します

you113.JPG 

店内の椅子、テーブルにはレトロ感があって、落ち着いた空間になっています

喫茶YOUは、とろとろのオムライスで有名ですが、オムレツサンドイッチも本当においしいです

オムレツ風にいたふわふわ卵のサンドイッチで、お勧めです

you114.JPG 

また、ここのブレンド珈琲がおいしくて、ちょっと酸味のある珈琲オムレツサンドイッチに合うんです

お店の外に、行列ができているときもありますが、いつもではありませんので、是非一度オムレツサンドイッチブレンド珈琲をお試しください

you115.JPG 

喫茶YOUのHPはこちら ⇒

http://www.kissa-you.com/

you116.JPG