中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座ポール・ボキューズの料理教室

[まぴ★] 2017年5月23日 12:00

毎月第3あたりの木曜日に開催されているお料理教室。

  

木下料理長が前菜、メイン、デザートの3品のメニューを
実演してくれてワンポイントアドバイスなどもありつつ、
きれいなカラーのレシピももらえる。
スクリーンで手順なども見ることが出来ます。

 

DSC_0035.JPG DSC_0025.JPG

 

RIMG3610.JPG DSC_0022.JPG

 

そして、その3品はもちろん食べることが出来て
メインに合わせたグラスワインもついています。

 

それで税込み5000円です。
ひらまつのカードがあればさらに割引♪

 

今回はジャンボン・ペルシエというハムのゼリー寄せ
イサキのプレゼ、クレーム・ダンジュの3品。
特にためになったのはハムから自家製で作る方法。
少し手間はかかるけど、とっても優しい味で
塩分も控えめだし、加工物も入ってない。

 

一度豚肉買ってきてハムを作ってみようと思いました。

 

 RIMG3606.JPG RIMG3608.JPG

 

料理長はらまつパリでも修行されてて、

とても気さくで、料理が好きなんだなというのが伝わってきます。

 

RIMG3609.JPG RIMG3611.JPG

 

毎月のように来てる人もいるようで、
キャンセル待ちが出るほどの人気です。

 

季節が変わったらまた行ってみたいと思います。

 

銀座ポールボキューズ料理教室

 

 

 

人気の日本酒セミナー 銀座発  ~ 白鶴 銀座スタイル ~

[rosemary sea] 2017年5月22日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』のスペシャリストとして取材します、 rosemary sea です。

 

白鶴酒造さんと言えば、皆さんご存知のとおり、灘の酒造会社。

兵庫県東灘の地で、創業以来270年を超える歴で酒造りを営んでこられました。

銀座の地にあります、白鶴 銀座スタイル(HAKUTSURU GINZA STYLE)さん、ここ銀座から日本酒のあるライフスタイルを発信することを目的として設けられました。

2006年以降、主に日本酒に関する様々なセミナーを開催されてきました。

 

白鶴酒造株式会社 白鶴 銀座スタイル 福本さんにお話を伺いました。

今回は現在募集中のセミナーをご紹介します。

0608あまざけ②a.jpg

 

0608あまざけ①a.jpg① 今話題の"甘酒"を使った簡単レシピを

  学びませんか

 6月8日(木)開催  【昼間開催セミナー】

 講師:料理研究家/利き酒師 かわごえ直子先生

 参加料:2,500円(軽食・お土産付)

 時間:14:00~15:30

 応募締切:5月24日(水)

 ※ こちらは締切間近です。ご注意願います。

手ぶらで参加できる料理実演セミナー。今回初の試みです。

健康意識の高い人の間で大ブームの"甘酒"を使った、お子様も安心して食べられる、身体に優しいレシピ、ご紹介です。

 

0622夏酒a.jpg② 夏は冷やして爽やかに

  日本酒で涼を感じる「夏酒」セミナー

 6月22日(木)開催

 講師:白鶴酒造 研究室 西本遼さん

 参加料:4,000円(お弁当・お土産付)

 時間:18:45~20:15 

 応募締切:6月7日(水)

夏に飲みたくなるおすすめの日本酒の飲み方や、夏向けの日本酒カクテルがお楽しみいただけるセミナーです。冷酒に向いているお酒がどんなものなのか、特長や選び方のレクチャーもございます。

DSC_8604a.jpg DSC_8568a.jpg

DSC_8597a.jpg DSC_8599a.jpg

 

0706みぞれa.jpg③ 夏の定番!日本酒のシャーベット

  「みぞれ酒」を楽しむセミナー

 7月6日(木)開催

 講師:白鶴酒造 研究室 小田航史さん

 参加料:4,000円(お弁当・お土産付)

 時間:18:45~20:15

 応募締切:6月21日(水)

グラスのなかでシャーベット状に凍る不思議なお酒"みぞれ酒"を体験できます。

ふわっと溶けて、口中に広がる新感覚のお酒を味わえる貴重な機会。ぜひ体験してみてはいかがでしょう。

 

0713杜氏a.jpg④ 白鶴の「杜氏」が語る、

  日本酒造り"よもやま話"

 7月13日(木)開催

 講師:白鶴酒造 杜氏 伴光博さん

(製造部門統括部長)

 参加料:4,000円(お弁当・お土産付)

 時間:18:45~20:15

 応募締切:6月28日(水)

日本酒造りの最高責任者である「杜氏(とうじ)」をお迎えし、酒造りの現場のお話や豆知識・苦労話など、普段なかなか聞けない貴重なお話を存分に披露していただきます。

奥深い日本酒の世界、扉が開いています。

 

DSC02383a.jpg※ 応募者多数の場合は抽選となります。

(どのセミナーも人気です。抽選になる確率が高いです。)

詳しくは文末に示しましたホームページをご覧ください。

 

白鶴 銀座スタイル(HAKUTSURU GINZA STYLE)

銀座5-12-5 白鶴ビルディング7階

歌舞伎座の信号角、向かい側のビルです。

【お問い合わせ】

電話 03-3543-0776

9:00~12:00 ・ 13:00~17:00

(土日祝除く)

詳細・セミナー応募先はこちら

⇒ http://www.hakutsuru.co.jp/g-style

 

 

メニュー情報のご紹介  ~ 資生堂パーラー 銀座本店 ~

[rosemary sea] 2017年5月21日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアクションプログラムとして取材します、 rosemary sea です。

 

資生堂パーラー銀座本店さん、今回は4/5階 レストランさんと、3階 サロン・ド・カフェさんの、これからのメニュー情報をご紹介させていただきます。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

それでは・・・

115特別メニューa.jpg

資生堂パーラー 銀座本店レストラン

スタッフ3a.jpg創業115周年特別コース(金額は税込・別途サービス料10%)

ランチAコース 7,000円

ディナーAコース 8,000円

ランチ&ディナーBコース 12,000円

※ 詳しくはホームページのコースメニューをご覧ください。

その名のとおり、資生堂パーラーさんの創業115周年を記念した洋食メニュー。

サービススタッフさんも、当時を思わせる復刻版の制服でお出迎えします。

6月1日(木)から6月30日(金)までの期間限定です。

コースのなかの選択となります肉料理または魚料理、これとデザートだけはここでご紹介させていただきます。

肉料理・・・鹿児島黒牛のローストビーフ グレイビーソース

鹿児島黒牛は、きめ細やかな美しい霜降りならではのまろやかなコクとうま味が特徴の、特に肉質の優れた黒毛和種。この希少な和牛を使った、肉汁がぎゅっと詰まったジューシーなローストビーフをご堪能ください。

※ プラス1,500円で、「鹿児島黒牛フィレ肉のステーキ お好みのソースで」に変更可能です。

魚料理・・・沖縄県産 活車海老と舌平目のアントワネット風

アントワネット風とは、18世紀のフランス国王ルイ16世の王妃、マリー・アントワネットの髪型から名付けられたもの。

資生堂パーラーさんの歴代シェフに伝わる調理法による、見た目も華やかなひと皿。

115ワゴンデザートb.jpg

デザート・・・ケーキをワゴンから

ケーキやアイスクリームなど6から7種類のスイーツが並ぶワゴンスタイル。

なお、資生堂パーラーさんのショップとしての創業115周年記念発売の記事はこちら

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/04/post-4232.html

資生堂パーラー銀座本店(レストラン)

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4/5階  03-5537-6241

営業時間  11:30~21:30(ラストオーダー20:30)

定休日  月曜日(祝日の場合は営業します。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら ⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

続きまして・・・

資生堂パーラーサロン・ド・カフェ

「東をどり(あずまおどり)」スペシャルメニュー

東をどりパフェ縦a.jpg1925年(大正14年)に始まり、江戸の粋と華やぎを今に伝える新橋花柳界のお祭り、「東をどり」。

毎年5月に開催されるこのお祭りにちなみ、新橋芸者の上品で粋な振る舞いを漂わせるスイーツメニューが2品、登場です。

どちらも5月23日(火)から5月28日(日)の6日間限定です。

資生堂パーラーさんと新橋の芸者さん、実はご縁が深く、三味線のお稽古、その行き来の合間にソーダ水で一息つく芸者さん用に三味線置き場をレストラン内に作ったエピソードなどがあるそうです。

 東をどりパフェ 1,980円(税込)

新茶の季節となりますね。東をどりの和の雰囲気を抹茶で表現されたそうです。

きな粉のわらび餅や白玉・フルーツが入り、食感や彩りも豊かに仕上がっています。

小粋な芸者さんを思わせる番傘のミニサイズの模型がお皿に乗り、雰囲気を醸し出しています。

東をどりアイスクリームソーダa.jpg 新橋色のアイスクリームソーダ 1,130円(税込)

青緑色。明治後期、新橋の芸者さんがこの色の着物を好み、それが世間にも流行したことから、"新橋色"と呼ばれました。

その色調が青りんご風味のシロップとレモン、ジンジャーエールで表現され、これに資生堂パーラーさん伝統のアイスクリームが浮かんでいます。

資生堂パーラーサロン・ド・カフェ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階  03-5537-6231(予約不可です。)

営業時間  火~土曜日 11:30~21:00(ラストオーダー20:30)

      日曜日・祝日 11:30~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日  月曜日(祝日の場合は営業します。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら ⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

食の楽しさ・豊かさ・意外さの提供  ~ 北海道フーディスト 八重洲店 ~

[rosemary sea] 2017年5月20日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』につき、アビリティー発揮を拠り所として取材します、 rosemary sea です。

 

DSC02367a.jpg北海道フーディスト 八重洲店さん、前回は移転前の4月上旬のお伺いでした。

ロズマリ食リポ隊、T山さん2号(北海道出身)のオファーでした。

 

4月26日、八重洲地下街にリニューアルオープンされました。

お店の広さは以前の約3分の2になりましたが、東京駅にはより近くなり、雨にも濡れずに駅に直結。これは八重洲地下街のメリットですね。

 

水産物や農産品、畜産加工品、乳製品、お菓子など、北海道ならではの本物の味が1,000品目以上。

北海道の大地、大自然で育まれた真の美味しさが味わえます。

品質や安全性にも留意し、こだわりを持って生産された商品を取り揃えておられるとのこと。

今回はその商品のごく一部をご紹介させていただきます。

 

今回も北海道フロンティア株式会社 北海道フーディスト八重洲店 渡邉店長にお話を伺いました。

DSC02354a.jpg DSC02352a.jpg

最初におみやげもののコーナー。

中央の、少しだけ階段を上がったところ、そこがロズマリ得意とするギフト商品の置かれたコーナー。

ここでのダントツ一番人気はとうきびチョコ。チョコとホワイトチョコの2種あります。

北海道の定番商品ですからもう皆さんはご存知ですよね。

渡邉店長と一緒に撮らせてもらいました。

 

DSC02357a.jpg

次は水産加工品のコーナー。中央の階段下です。

 

DSC02358b.jpgおうちで食べるおかず・おつまみの類い、と言ったらよいでしょうか。

商品によっては「売り切れ中」の札に替わっているものも。人気です。

ここではいかめしさんま煮物が2トップ。

いかめしは左から函館(1尾)、カレー(3尾)函館(2尾)、森町(2尾)。

DSC02359a.jpg

さんまは左から黒酢煮、生姜煮、味噌煮、旨辛煮、旨煮、ゆず塩煮。

バラエティー感満載です。ロズマリの撮影の前後にもお客様、買い求められていました。

DSC02360b.jpg DSC02361a.jpg

そして、冷凍のジンギスカン。向かって右側の位置。

ここでは「松尾ジンギスカン 特上ラム(もも)」がおすすめです。

 

DSC02362a.jpg DSC02364a.jpg

ラーメンのコーナー。ジンギスカンの裏の位置。

西山ラーメンの味噌、売れています。

 

DSC02365a.jpg DSC02366a.jpg

スイーツのコーナー。向かって左側、ソフトクリームコーナーの手前。

こちらではいろいろな商品がまんべんなく売れているとのこと。

でもトップはこの「ふらの雪どけチーズケーキ」。美味しそうです。

 

DSC02368a.jpg

最後にソフトクリーム。3種あります。お店レジの左。

オホーツク海に面した北海道北東部、紋別のとなり、興部町(おこっぺちょう)、ノースプレインファームの生乳を使った「北海道ミルクソフト」。味は濃厚、一番人気です。

牛の牧草の生育に、無化学肥料・無農薬を8年以上実施、有機JAS認定農場です。

素材にこだわった安心で美味しいソフトクリーム、350円。

それと「夕張メロンソフト」。

北海道ミルクソフトと夕張メロンソフトを合わせた「ミックス」。

どれも350円です。

 

今回画像はご紹介しておりませんが、お店の中央にはマスコットの熊の「きたっくま」。

ちゃんとお引越ししてきています。名前はネットで募集してお客様につけてもらったものです。

きたっくまの載っている移転前の記事はこちら 

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/04/post-4203.html

  

北海道フーディスト 八重洲店

八重洲2-1 八重洲地下街 中2ブロック

詳しくは八重洲地下街に入り、店舗配置図にて「八重洲地下街1番通り」、「八重洲地下街2番通り」をご覧ください。

03-3275-0770

営業時間  10:00~20:00

年中無休 (元日のみ店休)

北海道フーディストさんのホームページはこちら ⇒ http://www.foodist.co.jp/

八重洲地下街さんのホームページはこちら ⇒ http://www.yaechika.com/

なお、この記事掲載につきまして八重洲地下街株式会社 小澤様にご了解をいただきました。

 

 

ゼリーいろいろ サマーギフトにもいかが?  ~ ブールミッシュ 銀座本店 ~

[rosemary sea] 2017年5月14日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をパラダイムとして取材します、 rosemary sea です。

ブールミッシュ 銀座本店さん、夏に向け、ゼリー各種取り揃っております。

株式会社ブールミッシュ 銀座本店 前田店長に、今回もお世話になりました。

早速ゼリーのご紹介、と行きたいところですが、その前に、ホットニュースをひとつ。

ブールミッシュさんのトリュフケーキが今年も世界食品コンテスト モンドセレクション 最高金賞受賞です。

これで20年連続の最高金賞受賞となりました。20年、すばらしい栄誉です。

併せてガトー・オ・マロンも最高金賞受賞、こちらにつきましても15年連続です。

それでは、商品のご紹介、アントルメから。

DSC02327a.jpg

桃の涼菓

ヨーグルトムースと桃ゼリーを合わせました。上面は白桃とグロゼイユ(赤すぐり、レッドカーラントとも言います)で飾り、ゆるいアガーで透明感を出して仕上げました。

※ アガーとは・・・

カラギーナン(海藻の抽出物)、ローカストビーンガム(マメ科の種子の抽出物)などを混合したゲル化剤。ゼラチン、寒天と比べて最も透明感が高く、美しい光沢が特徴。プルッとした独特の食感。

DSC02326a.jpg

マンゴの涼菓

ヨーグルトムースとマンゴーゼリーを合わせました。上面はマンゴーとブルーベリーで飾られています。

他にあと3品、「涼菓」として今後登場予定です。乞うご期待、です。

ゼリーを紹介します。

果実めぐり

日本各地のフルーツを使用し、そのみずみずしを閉じ込めたゼリーです。

かわいらしいサイズで8種、ございます。

DSC02319a.jpg

まず4種。左から・・・

メロン

北海道産メロンピューレを使用した上品な味わい。

伊予柑

愛媛産伊予柑果肉を使用、さわやかな酸味。

ブルーベリー

長野産ブルーベリー果肉使用、優しい味わい。

シークワーサー

沖縄産シークワーサー果汁とパイナップル果肉を使用したスッキリとした酸味。

DSC02321a.jpg

残り4種。やはり左から・・・

みかん

熊本産みかん果肉を使用した優しい甘み。

ぶどう

岡山産ぶどう果肉使用、さわやかな味わい。

さくらんぼ

山形産さくらんぼ果肉を使用したまろやかな甘み。

白桃

青森産白桃果肉を使用したジューシーな甘み。

※ 全て洋酒不使用です。

そして、このゼリー、果実めぐりをサマー・ギフトとして・・・いかが?

DSC02324a.jpg

この果実めぐりと、ブールミッシュさん人気の焼菓子を組み合わせた、バラエティー感たっぷりのセットもございます。

DSC02317a.jpgなお、前回、昨年12月のブールミッシュさんの記事もご覧ください。

こちらです。 ⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/12/post-3871.html

また、昨年8月の、ブールミッシュ日本橋髙島屋店さんの記事はこちらです。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/08/post-3554.html

ブールミッシュ 銀座本店

銀座1-2-3  03-3563-2555

東京メトロ 京橋駅出口3が至近です。

中央通りを右手前銀座方面へ向かい、すぐです。

警察博物館のほぼななめ向かいです。

営業時間  平日 10:00~21:00

      土日祝 10:00~20:00

ブールミッシュさんのホームページはこちら ⇒ http://www.boulmich.co.jp

 

 

GINZA MUSIC BAR at TORIBA

[銀造] 2017年5月11日 16:00

銀座7丁目のTORIBA COFFEEは美味しいコーヒーとコーヒーに関する什器等を販売なさっていますが、どちらかというと"テイスティング"で有名ですね。 同じビルの4Fには、「GINZA MUSIC BAR」というお店があります。素敵な音楽がレコード盤から流れていて、ハンド・ドリップコーヒーが800円で、ゆったりと座って召し上がれます。 沢山のウイスキー、リキュールのボトルも揃っています。

DSC05585 (400x225).jpg 

次は、此処での待ち合わせもオプションに加えては如何でしょうか?