中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


築地テラスでライスランチ

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月30日 14:00

少し前に、このブログでご紹介した築地2丁目のカフェダイニング築地テラス」さんです

新大橋通りに面しており、2階の席からは、通りの向こうの築地本願寺を一望できます

sangen201801.JPG

本日もランチで訪問

ライスランチを注文しました

sangen201802.JPG

三元豚のソテーです

分厚い脂身もおいしい

サラダがついて、ドリンクバーもついており、食後のコーヒーも飲めるので、お得です。

ちなみに、三元豚とは、三種類の品種の豚を掛け合わせた一代雑種の豚のことなんですね

噛みしめると、豚肉の甘味が口の中に広がり、自家製のオニオンソースもよく合っていました

sangen201803.JPG

平日は、朝8時から営業、祝日は、お昼11時半からの営業になります。

平日は、モーニングメニューが充実しています

こちらは、築地本願寺ライトアップされるの利用もお勧めです

前回ご紹介した「築地テラスでランチ」のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/09/post-5615.html

 

 

亀島橋たもとの海鮮居酒屋〔魚豊〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月28日 18:00

uoto201805.JPG

八丁堀2丁目、お店の裏が亀島川に面している海鮮居酒屋魚豊さんです

uoto201806.JPG

亀島橋のたもとにあります(こちらは川に面している側)

uoto201809.JPG

魚と地酒」のお店と謳うほど、お酒のラインナップがすばらしい居酒屋さんですが、お昼のメニューも充実しており、利用させていただいております

uoto201803.JPG

本日の日替わりメニューで、お勧めの「さんま塩焼とお刺身定食」を注文

uoto201802.JPG

お刺身は、ハチビキ赤サバ)とクロダイで、新鮮かつ美味

特に、ハチビキはほどよく脂がのっておいしかったです

uoto201804.JPG

今年豊漁のニュースがありがたいさんまの塩焼は、この時季、何度も味わいたい旬の味です

uoto201808.JPG

食事が終われば、亀島橋のたもとの「銀座の柳四世」や「松尾芭蕉の句碑」を眺めながらの八丁堀・新川散策もよいと思います

uoto201807.JPG

魚豊のHPがこちら ⇒

https://uotoyo.owst.jp/

 

 

Hama House「月末交流会」

[wienerhorn] 2018年9月28日 12:00

HamaHouse月末交流会180926.jpg毎月最終水曜日、「Hama House」(日本橋浜町3-10-6)にて、「浜町サービスパス」所有者を対象とした交流会が行われています(協賛:安田不動産株式会社)。浜町に拠点を構えているオフィスで働いている人や地域の住民の皆さんが参加され、人の和が広がっていきます。同じビルに入居していても会社が違えば日常会う機会はほとんどありませんが、このような地域交流の場があると「前回もお会いしましたね~」というように会話が弾むのが楽しいですね。
9月26日に開催された交流会は「秋の収穫祭」がテーマで、採れたてのお米や野菜を使ったメニューが振る舞われました。ビール「伊勢角屋麦酒」もたいへん美味しくいただきました
来月も楽しみです。
なお、「浜町サービスパス」は、「Hama House」来店時にアンケートに回答すれば一般の方でも入手することができますので、ぜひ足をお運びくださいませ

 

 

" とうふ唐揚 " ?  はい、そうなんです  ~ とうふの双葉 ~

[rosemary sea] 2018年9月28日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をサーカディアン・リズムで取材します、rosemary sea です。

IMG_20180920_143045a.jpg

取材としては2年ぶりに、人形町の「とうふの双葉」さんにお伺いしました。

以前の双葉さんについてのロズマリ記事はこちらです。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/04/post-3286.html

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/07/post-3513.html

お店のご了解をいただき、また記事にさせていただきます。

IMG_20180920_143030_1 (2)a.jpg

今回は『とうふ唐揚』にスポットを当てます。

実は2年前から気になっていましたが、温めていたお品です。出し惜しみをしておりました。

本日はレジの台のところに並んでいました。350円です。

IMG_20180920_152021 (2)a.jpg

ロズマリ食リポ隊の食リポです。

「鳥の空揚げのようで美味でした。F雄さん。

「豆腐と言われないとまるで鳥皮のから揚げを食べているようでした。鳥皮のから揚げを食べるよりヘルシー!」S山さん。

「豆腐なのに歯ごたえがあるので満腹感もあり、なおかつ美味しくてヘルシー。」T山さん3号。

「夕飯のおかずに最適。」S枝さん。

「とうふとは思えない食感でおいしかったです。」T山さん2号。

「鳥と言われれば間違えそうな、とても美味しく食べごたえがありました。」S木さん。

「ヘルシーな感じで女性には嬉しいかも。」Y紀さん。

「絶対にとうふとは思えない!味付けも丁度よい。」S井さん。

IMG_20180920_191648_1 (2)a.jpg

割って開いてみましたが、それでもおとうふとは思えません。

ですが・・・

・・・奇を衒(てら)っただけのお品ではございません。本当においしいです。

   とうふの双葉さんの"とうふ唐揚"、お買い上げお待ちしております。

IMG_20180920_151740 (2)a.jpg

そしてもう一品、ご紹介です。

IMG_20180920_191854_1 (2)a.jpg

これは2年前にご紹介済なのですが、どうしても改めてご紹介したくて・・・

ロズマリ、甘酒横丁を通るたび買い求めている逸品。

それは『豆乳ドーナツ』です。5個500円です。

IMG_20180920_192217a.jpg

こちらも割ってみました。

 

もちもち・フワフワ食感で、甘すぎない、しかも豆乳でできていますからヘルシー感たっぷり。

特派員同期のHKさんもロズマリ記事からこのドーナツにハマったとのこと。

IMG_20180920_143055a.jpg

とうふの双葉

日本橋人形町2-4-9

人形町通りから甘酒横丁に入り、ほぼ入り口の左手です。

03-3666-1028

営業時間 月~土 7:00~19:00

     日・祝 10:00~18:00

年中無休

とうふの双葉さんのホームページはこちら

⇒ http://tofunofutaba.com/

 

 

KYOBASHI KITAHARA COLLECTION at Kyobashi Edogran

[銀造] 2018年9月26日 18:00

 京橋エドグランの地下1階、中央区観光情報センターの入り口付近に展示されている、KITAHARA COLLECTION の展示内容が更新されました。 9月に入り、ロボットシリーズが展示されています。

DSCN1870 (300x400).jpg

  

 今日は沢山ある中の一部をご紹介します。

DSCN1871 (400x300).jpg

 同じ展示の左側部分です。

DSCN1872 (400x300).jpg

地下鉄京橋駅へのコンコースにもショー・ケースに展示されています。

 

 そして、初めて知ったのですが、この京橋エドグランの3階にあるカフェ、 IDEA BEANS CAFE、by Mi Cafetoでは、店内で宝塚スターが演じる広告ポスターが幾つか掲示されています。

DSCN1892 (400x300).jpg

 この時代に、厳しい稽古をなさったヅカ・ガールは、甘味と栄養を求めて、銀座の若松へ「あんみつ」を食べに通ったのかと思い出して、微笑ましく思いました。

京橋エドグラン、展示も日々進化を続けています。 久しぶりの方も、是非お出かけ下さい。

 

 

三重が身近に感じられる場所 ④  ~ 三重テラス ~

[rosemary sea] 2018年9月26日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をコーディネーションして取材します、rosemary sea です。

  

日本橋にあります三重テラスさんは "三重が身近に感じられる" アンテナショップです。

この9月でオープン5周年です。

三重県営業本部担当課 首都圏営業推進班 森谷浩実(もりたに ひろみ)さんにお世話になりました。

『』の言葉は森谷さんのご説明です。

それでは商品のご紹介です。

IMG_20180904_131539 (2)a.jpg IMG_20180904_131616 (2)a.jpg

左:かたやき 10枚入 432円 鎌田製菓 伊賀市

右:かた焼 木槌(きづち)付 750円 伊賀菓庵山本 伊賀市

「かたやき」は忍者のお菓子。その昔、忍者の携帯食でした。栄養価が高く日持ちもします。

『三重の特徴的なお菓子です。

伊賀のお菓子なんですけれども、伊賀の忍者が携帯できるように、とても堅いおせんべい、兵糧丸(ひょうろうまる)、伊賀忍者の保存食だったと云われています。

腹持ちも良いお菓子です。

本当に堅いので、このように木槌(きづち)をつけて販売しておりますが、それでも割れにくいので、おせんべい同士をかちかちぶつけて割って食べることにもなります。

基本的なものは"ごま"と"青のり"の2パターンです。』

IMG_20180904_131904 (2)a.jpg

新姫(にいひめ)ちゃんシリーズ

ようかん 870円 くずもち 870円 パウチ in ゼリー 324円

新姫はヤマトタチバナと温州(うんしゅう)みかんの交配種とされる、熊野市の新種柑橘。

平成9年(1997年)に熊野市が品種登録。

サイズは小さく、果皮は緑色から橙色。見た目はカボスのよう。

酸味が強いが甘味もあります。

パウチ in ゼリーはセミノールと新姫をブレンドしています。

『新姫ちゃんというキャラクターです。』

 

IMG_20180904_132157 (2)a.jpg金魚印 手延麺 225g×3 1,296円 渡辺手延製麺所 四日市市

四日市市大矢知地区、江戸時代から盛んに麺づくりが行われ、渡辺製麺所さん、変わらぬ味を守り続けられています。

地元に流れるミネラルをたっぷり含んだ朝命川(ちょうめいがわ)に水車がつくられ、鈴鹿山麓から吹き降ろされる寒風"鈴鹿おろし"が麺の乾燥に適していました。

ここで職人さんの手により丁寧に麺が仕上げられています。

滑らかな舌触りとツルツルののど越し、ぜひご賞味ください。

『県北の四日市市の方で有名な"金魚印のそうめん"です。三重で一番おいしいそうめんと云われています。』

 

IMG_20180904_133001 (2)a.jpg

日本酒 半蔵 大田酒造 伊賀市

中央:忍者壺 1,980円 その左:神の穂 純米大吟醸 1,820円 2つ右:純米大吟醸 磨き40 サミット乾杯酒 5,400円

伊賀で生まれた三重の新しい酒造好適米、いわゆる酒米の"神の穂(かみのほ)"を全量使用して、「良き米、良き水、良き技術」のもと、つくられています。

華やかな吟醸香とふくらみのあるやわらかな口あたり、ほんのりと甘みを感じるやさしい味わいが特長です。

三重は神の国。

"神の田でとれたおいしい酒米"、ですから"神の穂"と名付けられた、と。

また"伊賀の地で醸した美酒"、ですから服部半蔵の名を冠して「半蔵」、です。

中央の忍者をかたどったボトル、とても気になります。

 

日本酒 作(ざく)も置いてあります。 清水清三郎商店 鈴鹿市

作は口中で甘いフルーツの香りを感じますが、のど越しが良く後味もすっきりキレが良い純米酒です。

酒造さんは1869年に創業の、歴史と伝統の"うまさけ"を体現する人気のところ。

国内外、数々の受賞歴があります。

IMG_20180904_133046_1 (2)a.jpg

ジュースのコーナー

左から:新姫ドリンク 153円 セミノール青みかんドリンク 470円 すぎもと農園 みかんのしずく 349円 御浜柑橘 みかんストレートジュース180ml 450円 土実樹(つみき)

みかんのしずく」はみかん本来の甘さがたまらないみかんジュース。

温州みかんだけをギュッとまるしぼりしたような味わいです。

セミノール青みかんドリンク」はヘスペリジン、タンゲレチン、ナリルチン、クエン酸が豊富に入った、とても酸っぱいジュース。

セミノール種の柑橘果汁に、早摘みした温州みかん果汁・果皮を加えてあります。

新姫ドリンク」は熊野だけにしかない苦うま新姫を味わえる、爽やかドリンク。

疲れたときにクイッと飲めば、酸っぱさでシャキッと復活です。

『三重県、みかんもたくさんとれます。島とか和歌山県寄りとか。

ですからみかんジュースもたくさんございます。

また、みかんではないのですが、新姫という、カボスとかすだちのようなものですが、こちらの商品もたくさんございます。』

IMG_20180904_133445 (2)a.jpg

炊き込みご飯 真鯛 1,450円 伊勢海老 3,200円 牡蠣 1,399円 さざえ 1,549円 松村 鳥羽市

4種の炊き込みご飯、揃い踏みです。

どれも高級で本格的な炊き込みご飯となっております。

『ご飯の中に入れて炊いていただくとできあがります。お出汁も入っていますし。』

IMG_20180904_134901 (2)a.jpg

山村ソフトクリーム 360円 山村乳業

大正8年(1919年)からはじまった山村乳業さん、その特徴は「85度15分間パスチャライズ殺菌」、特別な牛乳の製法です。

この製法は大変時間と手間がかかるそうです。

しかしこの製法により、牛乳に自然な甘みと豊かなコクが出るそうです。

このソフトクリームは濃厚な牛乳をベースに、自家製練乳も加えたミルク味たっぷりに仕上げられています。

IMG_20180904_135537a.jpg

1階レストラン

コンセプトは伊勢神宮の神饌(しんせん:いわゆる供物)を調進する場所の名前の「御厨(みくりや:いわゆる台所)」。

伊勢海老や松阪牛など三重の豊富な海・山の「旬」の食材をふんだんに使用し、素材の良さを活かしたイタリアンスタイルでご提供されています。

 ランチ  11:00~15:00 ラストオーダー14:30

 カフェ  15:00~17:00

 ディナー 17:00~23:00 ラストオーダー22:00

『イタリアンレストランです。

カフェタイムに3種類の、違う業者さんの商品の伊勢うどんをえらんでお召し上がりいただけます。』

IMG_20180904_135157a.jpg

2階フロア イベントスペース

トークライブ、体験型講座、展示会などのイベントを開催し、三重の豊かな自然、歴史、文化、食など、様々な魅力をご紹介しています。

また、観光パンフレットを取り揃え、三重へのご旅行のアドバイスもされております。

『三重県の市や町の人や、三重県に関する団体さんや企業などが、イベントやご宴会などを行う際、無料でお使いいただけるスペースです。

また、イベントのない時は、1階でお買い上げいただいたものを2階で召し上がっていただく、とか、休憩にお使いいただくスペースになっております。』

IMG_20180904_130031 (2)a.jpg

三重テラス(左がショップ、右がレストランです。)

日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル 「YUITO ANNEX」 1階・2階

東京メトロ半蔵門線・銀座線 三越前駅直結 (A9出口)

コレド室町1の並びです。

ショップ  03-5542-1033

レストラン 03-5542-1030

営業時間  ショップ  10:00~20:00

      レストラン 11:00~23:00

          (ラストオーダー 食事 22:00 ドリンク 22:30)

年中無休  (年末年始を除きます)

三重テラスさんのホームページはこちら

⇒   http://www.mieterrace.jp/

 

 
12345678