中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座あけぼの 雛祭り ひなあられ

[銀造] 2017年3月 3日 12:00

 「春はあけぼの やうやう白くなりゆく山際 少し明かりて 紫だちたる 雲の細く たなびきたる」と言うのは、清少納言が詠んだ「枕草子」の一節ですね。

 

『銀座のあけぼの』と言えば、塩大福、いちご大福などの和菓子やお煎餅で有名ですが、2月末から立派なお雛様が飾られています。

DSC_2510_2.JPG

また、この季節にピッタリの、

「桜もち」、「ひなあられ」が販売されています。 春のうららかなひと時を、お子様、お孫様とお過ごしの際のお茶請けに最適です。

「銀座あけぼの」さんの社名は、HPで確認すると

 まだ焼跡の匂いが残る終戦直後 銀座四丁目交差点近くに 冬はおしるこ 夏はカキ氷の店として 誕生しました

当時は甘いものが大変貴重であり 敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ 明日への活力の素になったそうです

「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが 「あけぼの」という名前に込められております。

詳しくは、HPをご覧下さい。http://www.ginza-akebono.co.jp/products/

 

 

「パリのワイン食堂」―コスパ イチ押しランチ

[滅紫] 2017年3月 2日 09:00

IMG_20170225_142305.jpg

味よし、雰囲気よし、リーズナブル価格と三拍子そろったランチのお店を見つけました。

 

松屋通りに面したマガジンハウスのすぐ隣です。この辺り気が付くとランチによさそうなお店が増えてますね。このお店もいつも何人か並んでいる人気店です。講座の帰りに4人でお邪魔しました。予約してあったのですんなり入れたのですが、1時過ぎでも2-3組並んでいました。入り口近くの席は通りからも見えるガラス張りで店内は確かにパリの街中の気軽なビストロという雰囲気です。サービスとキッチンのスタッフは外国人を含めて全員男性。ランチメニューは前菜、主菜、コーヒーで1000円、前菜、主菜、デザート、コーヒーで1500円の2種類(税別)。私たちが選んだのは1500円コース。前菜、主菜は4-5種類のチョイスが出来、隣のテーブルに運ばれた量がかなり多そうだったのでスープはやめることに。止めて正解でした。私は生ハムサラダを頼んだのですが、結構な量、続く主菜の三元豚のローストも付け合わせのベイクドポテトもかなりのもの。

IMG_20170225_134550.jpg IMG_20170225_140151.jpg

 IMG_20170225_132702.jpg

築地市場で買い物に歩き回ったあとということもあり、その結構な量を全員完食しました。デザートをいただきながら、「満足。満足。」お勉強して脳も活性化したし、お腹も充実と嬉しい土曜の半日です。

 

「パリのワイン食堂」銀座3-13-11 銀座芦沢ビル1階 東銀座駅3番出口徒歩1分

                     銀座線 銀座駅A6出口 徒歩5分

TEL 03-3547-4120 ランチタイム11:30~15:00 年中無休

 

 

⭐︎高級なお肉を気取らず食べられる中央区の焼肉屋

[征ショーリュー☆] 2017年3月 1日 16:00

みなさま お気に入りの焼肉屋はありますか?

安くてたくさん食べられるお店 高級店 その中間のお店.....

今回 高級なおいしいお肉を気取らず比較的リーズナブルに食べられる中央区の焼肉屋をご紹介します!!

 

「ミート矢澤」と言えば品川区五反田にある黒毛和牛ハンバーグの専門店としてご存知の方も多いのではないでしょうか

そんな「ミート矢澤」がシンガポールで展開する「Japanese BBQ YAZAWA」の東京店が東京駅八重洲からすぐ近くに2014年にオープンしました

とにかく何を食べてもおいしすぎる!!!

中でも超おすすめは「サーロインの矢澤焼き」

お店は 個室はなく かしこまらず気軽に食べられる雰囲気です

お店を調べる際は「焼肉 矢澤」で検索してください

http://yazawameat.com/top_j

ヨ・ロ・シ・ク!

IMG_3096.JPG

 

 

半ぺん・蒲鉾 伝統の味わい  ~ 神茂 ~

[rosemary sea] 2017年3月 1日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をエレメントとして取材します、 rosemary sea です。

 

DSC02028a.jpg半ぺん・蒲鉾の製造販売の老舗、神茂(かんも)さん

創業は元禄元年(1688年)、今年で329年というすばらしい歴史です。

 

有限会社 神茂 井上卓(たかし)社長直々にお伺いしました。

社長は数えて第18代目となります。

 

伝統を守り抜くために、原料となる食材は宮城県の気仙沼漁港・焼津漁港をはじめ各地漁港から毎日直接仕入れ、職人さんが真心を込めて昔ながらの製法で造っています。

 

半ぺんは・・・

成型する際、お椀のふたですくい取ると丸の半分、"半片"となることからのネーミングと云われています。

 

神茂さんの半ぺんはふんわり軽く、口に入れた瞬間に魚の旨みが広がる、そのような食感を出すために、ヨシキリザメとアオザメの一番肉を一度ミンチにかけます。それを漉し機にかけた後、石臼ですり上げています。

味の追求は一瞬たりとも怠ったことはないそうです。

江戸の伝統を守る、しかしただ延々と同じことを繰り返すだけでは不十分。

味を守り続けることも大事ですが、一方で新しいことにも挑戦する、その気概をお持ちだそうです。

 

DSC01978a.jpg

手取り半ぺん 422円、半月 314円。

真っ白できめ細かく、メレンゲのようにふわふわ。お魚の旨みがまっすぐに口中に伝わります。

脂に乗ったアオザメを約4割、柔らかいヨシキリザメを約6割使用。

おでんに入れても良し、軽く炙って召し上がるも良し、だそうです。

1枚1枚手作業で型取られた半ぺんは自信の一品となっています。

半ぺんはきめの細かさが命。一度しぼりのみで半ぺんを造ります。

 

ここで久し振りに登場、ロズマリ食リポ隊の食リポ。

S井さん「フワフワで味もしっかりしてて美味しいです。」

Oさん「チーズのような食感と淡い海の香り。」

T山さん3号「口の中で溶けるようなフワフワ感と、しっかりした塩味が食欲をそそる。」

F川さん「ふわとろでいつもの半ぺんと別物でした。」

S枝さん「これが本物の半ぺんなんだと感動しました。」

S山さん「サメの淡泊な感じがお酒のお供にぴったり!!いっくらでも食べられそう。」

F雄さん「しっとりとした食感が非常によい。」

 

DSC02023a.jpg

極上蒲鉾 2,808円、御蒲鉾 1,836円、和燦 3,564円。

原料の魚はグチのみ、無でん粉で仕上げた最上級の蒲鉾です。

板わさで味わってみたいです。薄切りでもみじおろしとぽん酢、というのもありですね。

 

DSC02025a.jpg

おでん種、おでん種「セット、詰合せなど。

秋冬商品は3月30日までの販売となっております。

ロズマリ宅では季節に関係なく1年中、鍋・おでんがテーブルに乗ります。

神茂さん、感謝です。

 

DSC01977a.jpg

煮こごり 1,080円。

アオザメの皮を丁寧に湯引きし、三つ葉をあしらった一品です。

非常に人気の高い商品。瞬く間に売り切れます。

取材時も残り1本となっていました。

 

神茂さんの歴史につきましてはこの後2回に分けて詳しく述べさせていただきます。

 

DSC02016a.jpg

 

神茂 本店

 

日本橋室町1ー11ー8

東京メトロ銀座線 三越前駅が至近

日本橋三越前 中央通りの大和屋さんとブリッジにいがたの間のむろまち小路を150m、右手前角

03-3241-3988

営業時間  平日 10:00~18:00

      土曜 10:00~17:00

定休日   日曜・祝日

神茂さんのホームページはこちら ⇒ https://www.hanpen.co.jp/

 

 

都心におけるローカル旅の活動拠点。問屋街・馬喰町の面白ホステル!

[柴犬] 2017年2月27日 09:00


最近、東京駅を中心とした「超都心」部に、気軽に利用できるおしゃれなホステルのオープンが相次いでいます。これらのホステルの特徴は、朝から晩、或いは晩から朝まで街を体感したい人向けに機動力重視で作られていること。求めるのは高級感ではなく居心地の良さと情報の新鮮さ!というツーリストの皆様に大好評です。

こうした流れの先駆けは、なんと問屋街・馬喰町にありました!2015年の暮れにオープンした「IRORI」さん。


DSC_8512.jpg


築40年のビルをリノベーションして作られた、70名ほどが宿泊できる大型のゲストハウスです。一泊なんと2800円から!運営母体は、日本各地の魅力を再発見する企画をいくつも打ち出している株式会社R.Project。取締役にはメダリストの為末大さんも名を連ねます。

 


IMG_8201.jpg
一階には受付とカフェがあります。入り口のスペースには本物の囲炉裏がどーんと!ここで朝晩、お魚を焼いたりするそうです。家具や内装は、各地の郷土品などを揃え、季節感もたっぷりです。



IMG_8202.jpg
このカフェ兼ラウンジは泊まりでない一般のお客様も利用できます。日々、各地の人気店が出張して美味しい飲食物を提供してくれます。お値段も手頃!コーヒーも一杯ごとに時間をかけて丁寧に淹れてくれ、とても美味しいです。


DSC_8519.jpg
そしてIRORIさんのカフェを一般利用するのに大変オススメな理由が、フリーペーパーや観光マップが大量に置かれていることです!

観光客の方はもちろん、ご近所の方にも有用な内容が網羅されたが情報誌がたくさんあります。囲炉裏端でコーヒーを飲みながらそれらを読んでいるだけでも楽しさを味わえます。中央区のマニアックな情報、生の情報をこれだけ発信している人たちがいるのだな...ということにも驚きます。


IMG_8204.jpg旅行者も、地元民も。

発信基地、起動拠点、東京以外のローカルな文化を感じられる場所としても。

年齢性別国籍を問わずたくさんの「東京を味わいたい人」が行き交う「IRORI」さんに、ぜひ遊びに行ってみて下さい。当日のカフェメニュー、また宿泊の情報などはこちらのHPからどうぞ!



 

 

築地の人気イタリアン★パラディーゾ

[まぴ★] 2017年2月25日 14:00

築地市場の場外の一角にある、築地で人気のイタリアン!
12時半から予約をしようと11時頃に電話をしたら
本日の予約は終了したそうで、並べばお店に入れるとのこと。
12時半ころお店に行くと、外に置いてある紙に
かなりの数の名前が書かれていました。

 

DSC_0039.JPG DSC_0038.JPG

 

携帯の番号を書いておくので、
呼ばれる時は電話をしてもらえるようですが、
その場に居る人の方が優先的だったので、
結局は店の前で待つことに。。。

 
そしてお店に入れたのは、なんと1時半でした!
ランチメニューはパスタを4種類から選べ、
私は金時とアグーソースのスパゲティを注文。
ボリューミーなサラダもあって、980円はとってもお得!

 

DSC_0041.JPG DSC_0040.JPG

 
スパゲティも、濃厚で美味しかったです(*^^*)

 
パラディーゾのホームページ

 

 

 
<<前のページへ 4567891011121314