中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「70周年記念デザート」は如何? アニバーサリー・スウィーツフェア開催中―和光アネックステイーサロン

[滅紫] 2017年9月10日 09:00

100_2505.JPG 100_2504.JPG

スイーツ男子から何とも美味しそうな写真のついたメールが届きました。曰「9月20日までです!」「これは行くしかない!」メール受信の翌日、雨の中をやってきました。

 

ご存知のように服部時計店の小売部門を継承して創立されたのが和光ですが、創立の昭和22年(1947)から今年で丁度70年。全館で「WAKO 70th ANNIVERSARY」を展開中。和光アネックステイーサロンでも「70周年記念デザート」としてmignardises(ミナルディーズ食後に出される小さな菓子という意味だそうです。一口サイズのケーキ盛り合わせ)7個セットが9月20日まで限定でいただけます。70周年と書いたホワイトチョコも見えますか?通常は5個セットですから「7個」はどうかしら?と思っていましたがあっという間に完食してしまいました。飲み物はアイスエスプレッソ、夏場だけだったのが人気で通年メニューになったそうです。

明日はジムで頑張る予定です。そうそう和光の二代目時計塔(現在の時計塔)は今年で85周年になるそうです。

「70周年記念デザート」1944円

アイスエスプレッソ 1296円

和光アネックステイーサロン電話5250-3100(予約不可)

 10;30-1900 日祝は18;30 年末年始を除いて無休

 

 

IMANOフルーツファクトリー

[ぺんぺん] 2017年9月 5日 14:00

こんにちは。ぺんぎん歩きのぺんぺんです。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今月の記事ですが、皆さまは「IMANOフルーツファクトリー」をご存知ですか?場所は、地下鉄茅場町駅1番出口を出たところにあります。かねてから気になっていたフルーツショップ。通勤路にあるため、一度は食べてみたい!と思っていました。私が購入したのは、こちらのフルーツサンドです。最近はSNSでもフルーツサンドの写真をUPするのが、人気ですよね
IMG_5994.JPG
バナナ、メロン、ピンクグレープフルーツ、パイナップルなどたっぷりフルーツが入っていました。クリームは甘さ控えめです。ひとつ380円でした。他にもフレッシュジュースや旬の果物、カットフルーツや贈答用の品物などが売られています。今度は何にしようかな♪地下鉄の出口を出た場所にあるため、とても利用しやすい立地ですよ。皆さまもぜひ!
 

 

店舗リニューアル だし・かつおせんべい 試食・試飲からどうぞ  ~ 八木長本店 ~

[rosemary sea] 2017年9月 4日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をエピグラフとして取材します、 rosemary sea です。

 

DSC02779a.jpg八木長本店(やぎちょうほんてん)さんは江戸・日本橋の地に創業して280年の鰹節・乾物の老舗です。

元文二年(1737年)八代将軍徳川吉宗さんの頃に始まり、素材の持つ味を大切にしつつ、本当の意味で贅沢な味を追求されてきました。

日本橋室町の本店はこの度店舗リニューアルされたばかりのお店です。

鰹節・しいたけ・昆布・煮干し等々、日本料理の基礎となる各種だしの材料をはじめ、豆・乾麺・高野どうふ等の乾物、各種ふりかけなどの最上のお品を厳選し、販売されています。

どれも皆からだに優しいものばかり。

試飲・試食できるものもあります。

 

DSC02780a.jpg八木長本店 九代目主人であられます株式会社八木長本店 西山麻実子(にしやま まみこ)社長にお話を伺いました。

 

社長のバックの看板は山崎節堂(やまざきせつどう:1896-1976)先生の書。

日展の重鎮、日本芸術院賞受賞者、そしてこの中央区書道連盟の創設者でもあるそうです。

また、日本橋の鰹節問屋「中弥」さんの七代目でもあったそうです。

昨年12月3日の記事「三原堂本店」さんの看板も節堂先生の書とのこと。

 

それでは商品のご紹介です。

DSC02783a.jpg

画像左:鰹削り節

「釣り物、いわゆる一本釣りのかつおにこだわった削り節です。

 網物に比べて雑味がなく美味しいですね。」

画像右:まぐろ血合い抜き糸削り

「料理人はまぐろ節の糸削りをよく使いますね。」

 

DSC02793a.jpg

画像左:かつおせんべい

焼津産の厳選された鰹節を使用し、1枚1枚丁寧に焼き上げてあります。

軽くて香ばしい一品。

このままビールなどの飲み物と一緒に、またチーズ等お好みのものをのせても。

「鰹節をたくさん練り込んであります。

 だしも入っています。

 13、4年くらい前にできましたが、すごく人気があります。」

ここで2か月ぶり、ロズマリ食リポ隊、全員招集です。

「味がしっかりして、おいしかったです。」S枝さん。

「塩加減が丁度良かったです。」I倉さん。

「香ばしく唐辛子がピリッときいてビールに合いそうです。」F川さん。

「サクサク軽い食感とかつおぶしの香りが口の中でハーモニー。」T山さん3号。

「ピリッと程よく唐辛子がきいている。そのままだとパリッとしていて、おだしと一緒に食べるとふわっとした食感に変わり、2度楽しめて美味しい。」S山さん。

「ピリッとした唐辛子の味とかつおの風味が調和していて美味でした。」F雄さん。

「かつおぶしの味が大変おいしいせんべいでした。」T山さん2号。

「かつおの香りと食べ進んでいくとピリッとして辛さが味に幅を持たせてくれる。」K子さん。

「酒のつまみに最適!」Oさん。

「軽くて何枚でも食べれそう!」S井さん。

 

画像右:椀だし

4回のかび付けまでした丁寧な造りのかつお本枯節(ほんかれぶし)と、日高昆布をふんだんに使った最高級おだし。

お吸い物や茶わん蒸し、お鍋に。6倍ほどにお湯で薄めて。

「椀だしは元々、業務用でした。

 割烹料理店さんが " おだしの味が決まらないので何かないですか? " っていう話から始まったのです。

 お湯で割っただけでおいしいお椀ができるように、本枯節の鰹節と日本の昆布でだしを作りました。

 一般のお客様にも飲んでいただいて、美味しい美味しいっておっしゃるので、それではこれをこのまま商品化しちゃいましょうってことで商標をとりました。」

こちらもロズマリ食リポ隊の登場です。

「良い香りがして、料理が下手でも上品な味ができそう。」S枝さん。

「昆布の味が濃くて美味しい。」I倉さん。

「優しい味でした。」F川さん。

「かつおぶしが控えめに主張してる。」T山さん3号。

「鰹節の香りが鼻から抜け、おひたし等にもよく合いそう。」S山さん。

「かつおぶしの風味が口の中で広がる。日本の味。」F雄さん。

「昆布の味が濃厚で、高級な味が楽しめました。」T山さん2号。

「かつおぶしと昆布のだしのバランスが良い。そのままでも楽しめる味でした。」K子さん。

「正月の味。」Oさん。

「スッキリとした甘味があり、自然な味でした。」S井さん。

 

DSC02785a.jpg

そしてだしの試飲。

「12日のオープニングからは5種類のだしパックの味を試していただこうと。東のだし、西のだし、野菜だし、当店の鰹節のだし、それからまぐろか昆布のだしを用意しましょうか、と。」

・・・西山社長、お忙しいところ誠にありがとうございました。

※ 更なる社長インタビューは後日掲載させていただきます。乞うご期待、です。

 

DSC02778a.jpg【お知らせ1】

八木長本店さんでは9月12日(火)・13日(水)に、リニューアルオープンのセレモニーが催されます。

オープニングに合わせまして新商品「東のだし」「西のだし」「野菜だし」の3つのだしパックが発売となります。

日本橋から東・日本橋から西・それから野菜のだし、とのことです。

 

DSC02777a.jpg【お知らせ2】

中央区観光協会が主催するまち歩きツアー「わくわくツアー」の "まち歩き産業コース " にて9月28日(木)と11月6日(月)の2回、ツアー名『日本橋界隈と鰹節の「八木長本店」』が催されます。

題名のとおり、このツアーには八木長本店さんへの立ち寄りが含まれます。

当日はこちらのお店の歴史や商品についてのお話があります。

なお、このツアーのご案内特派員にはロズマリは参加しません。

参加費お一人様500円、定員各回10名、9月分は9月6日(水)の申込締切となっております。

詳細とお申込は右側のリンク集『中央区観光協会』をクリックし、 " わくわくツアー 参加募集 " の項をご覧ください。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

また、他のツアーも見どころ聞きどころ満載です。ぜひご参加ください。

 

DSC02786a.jpg八木長本店

日本橋室町1-7-2

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅 A1出口より徒歩1分です。

旧中山道の中央通りと按針通りの交わる角の赤茶色のビル1階。

日本橋三越本店さん新館の向かいになります。

03-3241-1211

営業時間  10:00~18:00

年中無休(1月1・2日のみお休みです。)

八木長本店さんのホームページはこちら

⇒ http://www.yagicho-honten.jp/

 

 

 

日本初のロシア料理★ロゴスキーのランチ

[まぴ★] 2017年9月 1日 09:00

銀座5丁目のイグジットメルサの7Fにあるロシア料理のお店。
渋谷から移転したそうですが、なんと日本で最初のロシア料理の店という
ことで1951年創業です!

 

DSC_0014.JPG

 

DSC_0013.JPG

 

この日のコースは一休で見つけたプランです。

 

DSC_0012.JPG

 

DSC_0005.JPG

 

本日のサラダの盛り合わせ
ウクライナボルシチ
ピロシキ(3種類から選べます)
熟成肉のステーキ ジョージア産赤ワインソース
洋梨とろとろゼリーのパフェ仕立て
ロシア紅茶
これにスパークリングワインがついて2500円

 

DSC_0007.JPG 

 

DSC_0008.JPG

 

スパークリングワインはワイン発祥の地といわれている
グルジアのスパークリングでした。
珍しい!

 

ロシア紅茶はジャムが入っていて、
身体がとても温まる気がしました。

 

ピロシキも熱々でほかほか。

 

DSC_0010.JPG 

 

DSC_0011.JPG

 

メニューを見ていたら、美味しそうなものがたくさんあり、
寒い国のらしい、スパイシーな料理も多く
ウズベキスタンの料理もあったりして、
今度は夜にぜひ来ようと思いました。

 

ロシア料理は初めてだったのですが、
個人的にはタイや韓国料理より断然好みです。

 

ロシア料理 ロゴスキーのホームページ

 

 

 

【中央区大好き!になります】84.0MHz ハローラジオシティ(中央エフエム)

[お染] 2017年8月31日 09:00

もう9月だなんて...早いですね。
中央区観光協会の特派員になって三年半。赤ん坊だった息子ももうすぐ4歳です。

    

    

先日は、特派員の活動の一つである ラジオ収録 に行って参りました。
中央エフエム 「Hello! RADIO CITY」 という番組内の1コーナーで、特派員ブログの内容を紹介するのです(`・ω・´)!

    

s45_01.jpg s45_02.jpg

中央エフエム。京橋スクエアガーデンの地下1階スタジオ。
外から見えます^^

    

    
収録、実はもう5回目なんですよね。

    

初めての収録のとき、まさか自分がラジオでしゃべることになると思っていなかったので、マイクの前でドキドキしすぎて、何を話したかあまり覚えていません。(今もそうか...笑)

    

でも、毎回 ナビゲーターのJUMIさん が明るく導いてくださって、思ったよりもペラペラ話せたり、ゲラゲラ笑ったり、普段は人前で話すのが得意ではないのですが、ここでは話すことが楽しく感じます

    
ただ、最後に言う決め台詞 「大好き、中央区!」 はなぜだかどうしても照れてしまって、妙なローテンションになってしまいます(>_<)
本当に大好きなのに!!!笑

    

    

s45_03.jpg
ナビゲーターのJUMIさん
働くママとしても先輩で、憧れの女性です。

    

    
また、特派員同士が顔を合わせる機会があまりないので、収録の際にご一緒できるのも楽しみの一つです。顔を合わせてお話を伺うと「おぉ~、この方がブログネーム○○さん!」とグッと親近感が増します

     
今回は 「隅田の花火」さん とご一緒させていただきました。
「隅田の花火」さんのブログは、お写真が特にオシャレでかっこいいなぁと思っていたので、
ブログを書くときの写真の撮り方やカメラのお話ができて、嬉しかったです(*^^*)

    

    
そんなこんなで、特派員は中央区のことについてブログを書いたりラジオでしゃべったりしています。

    

中央エフエム 「Hello! RADIO CITY」
ブログの裏話など、耳で聞くことで新たな発見もあり、おススメです☆
中央区の魅力 をますます感じることができますよ。

     

    
◆中央エフエム(84.0MHz)
HP:http://fm840.jp/
 ◆「Hello!RADIO CITY」:月曜~金曜 12:00~13:00 (再18:00~19:00)
   http://fm840.jp/blog/hello/

   

s45_04.jpg

    

 

 

築地場外市場の底力

[下町トム] 2017年8月30日 14:00

築地火事2.jpg

先日〔場外市場〕で発生した火災は一時周辺が大混乱になる大事件でしたが、幸いにも人的被害がなくホッとしました。古い木造建築が密集している地域なので本当にどうなることかと心配していました。皆さんも驚かれたことでしょう。

築地火事3.jpg
火事でお店が倒壊したり破損して営業できなくなった店がいくつかあり、心を痛めていましたが、火災現場にはいくつもの手書きの注意書きが掲げてあり、「別のところで仮営業しています」という文字が目に留まります。ブルーシートの切なさもなんのその、決してめげない力強さに触れてこちらも勇気づけられます。

 

IMG_5176 (2).JPGある八百屋さんは近くのガソリンスタンドの脇で朝のうちだけの青空営業を続けていらっしゃいます。常連さんが多く、次々と野菜が売れていきます。その都度「頑張って下さいね」とか「営業してもらってよかった」というような励ましや親しみの声が交わされています。

 

築地には人情があふれるだけではなく、逆境に負けない強い心の人たちがしっかりと食文化を支えています。どうか築地〔場外市場〕の発展と巻き返しを応援してあげてください。そしてお近くに来られた際には是非足を運んでいただけたらと思います。よろしくお願いします。

 

 
<<前のページへ 1234567891011