中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


開館15周年記念イベント、開催中です  ~ にほんばし島根館 ~

[rosemary sea] 2018年11月15日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をオーバーラップして取材します、rosemary seaです。

IMG_20181108_111354 (2)a.jpg

IMG_20181108_111531 (2)a.jpg IMG_20181108_111607 (2)a.jpg

島根県のアンテナショップ、にほんばし島根館さん、11月21日で開館15周年を迎えます。

IMG_20181108_162821 (2)a.jpg

IMG_20181108_162756 (2)a.jpg

既に始まっておりますが、11月30日(金)までの開催中の「開館15周年記念イベント」、ご紹介させていただきます。

しまねの魅力、満載です。おいしい島根もいろいろございます。

ぜひご来店ください。お待ち申し上げております。

IMG_20181108_111312_1 (2)a.jpg IMG_20181108_111407a.jpg

今回も島根県東京事務所 にほんばし島根館の栗之宮館長、安井課長にお世話になりました。

それではこれからの記念イベント・セール、ご紹介です。

IMG_20181108_111027 (2)a.jpg

11月14日(水)・15日(木)、縁結ばれ餅

11月16日(金)~22日(木)、天ぷらの揚げ売り

IMG_20181108_111041_1 (2)a.jpg

11月23日(金)~25日(日)、食べるしじみ

11月28日(水)・29日(木)、有機の郷フェア

 「有機の郷フェア」は特設ギャラリーにて開催されます。

IMG_20181108_111042 (2)a.jpg

11月30日(金)~12月2日(日)、新米・奥出雲仁多米 米量り売り

 

それから、限定商品として・・・

11月17日(土)・24日(土)、バラパン

こちらは島根の名物ご当地パンがにほんばし島根館さんに初登場です。

11月26日(月)~ しめ縄

 

その他、特設ギャラリーでは・・・

11月17日(土)~25日(日)、松江陶苑 作陶展

 

・・・15周年プレゼントキャンペーンもございます。

   また、15・20・25・30日はポイント5倍となっております。

IMG_20181108_111623 (2)a.jpg

島根県観光キャラクターの"しまねっこ"につきましては2月にご紹介させていただきました。

2月の記事はこちらです。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/02/post-4989.html

 

IMG_20181108_111722_1 (2)a.jpgにほんばし島根館

日本橋室町1-5-3 福島ビル1階

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅、A4出口

三越日本橋本店の向かいです。

 

☆ 観光の案内、各種お問い合わせ

⇒ インフォメーション・カウンター 03-5201-3310

☆ 物産品のお問い合わせ・ご注文

⇒ 島根県物産協会東京支部 03-3548-9511

☆ 定住相談

⇒ ふるさと雇用情報センター 0120-60-2357

 

営業時間  10:30~19:00

年中無休(年末年始を除きます)

にほんばし島根館さんのホームページはこちら

⇒ http://www.shimanekan.jp/

 

 

娘あずきの七五三 その4:人形町今半 人形町本店で「七五三すき焼きコース」

[えだまめ] 2018年11月14日 09:00

子連れ特派員のえだまめです
 
「娘あずきの七五三」シリーズの続きです。

その1 http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/10/lovstphotostudio.html

その2 http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/11/coton-hanare.html

その3 http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/11/post-5776.html

 
水天宮でのお参りを終えた後、少し時間がありましたので

以前に先輩特派員のrosemary seaさんが取り上げてくださっていた

三原堂本店さんに立ち寄って千歳飴を購入して。

DSC_4128-1.jpg

それから「むかしのおくつ(=あずき語で草履のこと)」でゆっくりと歩く

あずきの足並みに合わせて大人もゆっくり歩き。

11時少し前に

DSC_4118-1.jpg

本日のランチの場所・人形町今半 人形町本店に到着いたしました。

やはりこの季節だから、でしょうか。

同じように七五三のお祝いであろうご家族連れが多かったように思います。

・・・実は予約を取るのも1か月弱前で、ぎりぎりセーフ、でした。

やはりお祝い事・特別な日のお食事にはこちらを、と思う方が多いのでしょうね。
 

そして、えだまめがこちらを選んだ理由は。

1:七五三のお祝い用のコースが用意されていること。

そうなのです。

ランチタイム限定の「七五三すき焼きコース」と

「七五三会席(こちらはすき焼きの代わりにステーキ)」が用意されているのです。

https://www.imahan.com/j-wnew/753_02.html

しかも、コースの中のお造りは・・・鯛の姿盛りになっています!!!

七五三コースの注文が3人以上の場合、そうしてくださるのです。

「お祝い」に花を添える感じになって、華やかさが増しますよね。

2:子ども用のお料理セットが用意されていること

すき焼きを取り分けてあげる・・・のもいいのですが

やっぱり、子どもたちも「これは自分のだよ」というものがあった方がいいように思います。

なんといってもお祝いの主役、ですものね。

こちらの方では3歳の子にも7歳の子にも対応ができるように

2種類のお子様用メニューが用意されていました。
 

そして、基本的に個室をご案内してくださるので

着物でお参り→ここで洋服に着替えさせてご飯を食べる

ということもできるわけなのです。

・・・まあ、案の定「あーちゃんきものぬがないっ。」という押し問答からスタートするわけですが。

でも、着物で帯締めてるとごはんたくさん食べられないよ、となだめすかしてお着替え完了です。
 

さあ、ごちそうのスタート!ですよ。

ドリンクはお昼なので・・・ということもあり

DSC_4131-1.jpg

大人もノンアルコールで、スパークリングのリンゴジュースを。
 

そして、真っ先に登場したのは

DSC_4132-1.jpg

こちらの木の箱。

「あーちゃん、あけてごらん?」

DSC_4134-1.jpg

じゃん。「おー。」

こちらが「お子様お祝い膳 手鞠(3240円)」です。

お刺身にハンバーグ、エビフライにお赤飯。御馳走だらけです。

DSC_4135-1.jpg

ちなみにこの他に茶碗蒸しとお味噌汁もついてきます。

ちなみにさらに+1000円するものもあり、そちらには

ローストビーフもついてくるようです。7歳の子用、のイメージですね。

 

どちらかというともともと体格の割にはよく食べるあずきですが、

よほど美味しかったのか、いつも以上の食欲全開モードでした。

えだまめからすると、かなりいつもの食事量より多いのですが

「たべる、たべる、もっとたべる!」

でした。

(人形町今半のハンバーグを母が味見させてもらう、なんてとんでもなかったです。

 あっという間にあずきのお腹の中でした。残念(!?))

おかげさまで、早い段階でおなかいっぱいになってくれたので

大人はコースを分けてあげる必要もなく、

ゆったりご飯を楽しんだのでした。

 

というわけで、大人も「七五三すき焼きコース」。

前菜からスタートです。

DSC_4136-1.jpg

秋らしい器に乗って登場!

DSC_4139-1.jpg

牛のしぐれ煮が美味しいのはやはり今半の本領発揮、ですね。

りんごのコンポートも相性がとても良いです。

DSC_4140-1.jpg

お祝いなので、蛤のお吸い物。

貝のお出汁がじんわり、美味しいです。

そして・・・

DSC_4142-1.jpg

お造りの姿盛り!!!

ここまでゴージャスに盛ってくださるとは。

場が一気に華やかになりますね。

すでにお腹いっぱいになっていたあずきも目を奪われたようです。

DSC_4149-1.jpg

そして、いよいよメインのすき焼き。

DSC_4151-1.jpg

係の方に一枚一枚、作っていただきます。

DSC_4152-1.jpg

分かってはいるけれど、脂も甘くてやわらかくて。

幸せになりますね。

DSC_4154-1.jpg

季節なので、かぼちゃや銀杏もすき焼きに入っています。

かぼちゃのすき焼き、珍しいですよね。

でも、すき焼きの割り下に甘いかぼちゃが合わないわけがないので。

美味しくいただきました。

DSC_4153-1.jpg

締めはやっぱりお祝いなのでお赤飯と赤だしです。

ああ美味しかった・・・!

いえいえ。まだデザートがありますよ。

あずきのお祝い膳にも

DSC_4158-1.jpg

アイスクリームがついてきます。

そして大人のは・・・

DSC_4159-1.jpg

プリンの上に安納芋のクリームが添えられたものと

洋梨のシャーベット&コンポートです。

あんなに御馳走をいただいた後なのに、

ぺろりと入ってしまう不思議。

安納芋の甘さが優しく心地よかったです。
 

満足満足。大満足のランチでした。

そして、ここまでしっかり食べられるほどに大きくなった

あずきの成長に感謝、ですね。

良い3歳の記念になったと思います。

女の子は、次は7歳のお祝いになりますが

その時あずきはどうなっているでしょう。

「小学校1年生のあずき」・・・全く想像ができませんが・・・(汗)。

そこまで無事に大きく、この街で成長していってくれることを願うばかりです。

★おしまい★
 


「・・・はっ・・・!!明日が『まるごとミュージアム』じゃないか!!」

分かってはいましたけども。

実はこの七五三のお参り&ランチに行ったのは11月3日(土)。

そして・・・その翌日・11月4日(日)が

「中央区まるごとミュージアム2018」の開催日でした。

http://www.marugoto-chuo.jp/wp/

特派員えだまめ、昨年に引き続き無料巡回バスのバスガイド役を仰せつかっておりまして。

色々終えてほっとするのもつかの間、翌日の最終準備を始めることになったのでした。

~「中央区まるごとミュージアム2018編」につづく~
 

人形町今半 人形町本店 

中央区日本橋人形町2-9-12

(03)3666-7006

AM11:00~PM10:00(大晦日・元日休業) / 平日 PM3:00~PM5:00 準備中

※年末年始の営業につきましてなど、詳細はHPをご覧ください

https://www.imahan.com/guide/shop/ningyocho_shop.html

 

 

"秋の味覚"満喫のコース  ~ 資生堂パーラー 銀座本店 ~

[rosemary sea] 2018年11月11日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアロケーションして取材します、rosemary seaです。

秋の味覚.jpg

資生堂パーラー 銀座本店レストランさん、『秋の味覚コース』を11月30日(金)までご提供されています。

アミューズからデザートまで、旬の食材をふんだんに使用した、シェフお薦めのコースです。

産地にこだわった魚介や野菜などをはじめ、きのこやジビエを取り入れたさまざまなメニューから、お好みのお料理を選べるスタイルで仕立てられたコース。

食欲の秋を満たす味覚の数々、存分にご堪能ください。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報担当 小番(こつがい)さん、橋本さんにお世話になりました。

それではお料理のご紹介です。詳しいご説明から・・・

_HME3911a.jpg

毎年この時期に登場します人気の牡蠣フライ。

シェフが惚れ込んだ味わいと、ぷりぷりの食感が楽しめる北海道厚岸産の牡蠣でご用意です。

また、和牛の希少部位をとろけるように柔らかく煮込んだポトフは、今回初登場のひと品です。

秋ならではの松茸香るコンソメロワイヤルや、アプリコット・ナッツ・ピスタチオなども入れ、食感にもこだわったヌガーグラッセとりんごのマリアージュが絶妙なデザートもお薦めです。

201811秋の味覚1a.jpg

【秋の味覚コース】

Aコース 前菜・スープ・魚料理 または 肉料理・デザート・コーヒー  6,500円(税込)

Aコース アミューズ・前菜・スープ・魚料理 または 肉料理・デザート・コーヒー  7,000円(税込)

/Bコース アミューズ・前菜・スープ・魚料理・肉料理・デザート・コーヒー  9,500円(税込)

<アミューズ>   長崎県産 真サバのリエット

<前菜>      山口県産 温かなカワハギのエマンセ ジュ・ド・ラングスティーヌ

 スープ・魚料理・肉料理・デザートはそれぞれ2~4品よりの選択となります。

<スープ>     いろいろな茸と牛蒡のスープ

          松茸香るコンソメロワイヤル (+500円)

<魚料理>     和歌山県産 サワラのムニエル 白神あわび茸添え

          厚岸産 牡蠣フライ タルタルソース

          山口県産 クエのポワレ スープドポワソン仕立て (+1,500円)

<肉料理>     和牛すね肉のポトフ 秋野菜と共に

          仔牛ロース肉のソテー ボダイジュの香るソース

          蝦夷鹿ロース肉のポワレ 赤ワインソース (+500円)

          飛騨牛フィレ肉のステーキ お好みのソースで (+1,500円)

<デザート>    栗とショコラのムース 柚子の香るソース

          リンゴのソテーとヌガーグラッセ プラリネのアイスクリーム添え

<コーヒー>

 お値段に別途サービス料10%がかかります。

 画像はイメージです。

_HMD1619調理長a.jpg

こちら、資生堂パーラー 銀座本店 倉林龍助調理長です。

こちらのブログに登場されるのは1年ぶりとなりますでしょうか。

今回もメニューを考案されています。

・・・まさに秋を満喫するコースで、心地よいひとときをお過ごしください。

5Fから レストラン内観NEWa.jpg

資生堂パーラー 銀座本店

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4/5階

03-5537-6241

営業時間  11:30~21:30(ラストオーダー20:30)

定休日  月曜日(祝日の場合は営業します。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ https://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

【東日本橋】 ランチ3種の麺を制覇! 「チャイニーズレストラン 虎穴(フーシュエ)」

[いのちゃん] 2018年11月10日 12:00

 

以前にご紹介した 行列のできる担々麺 チャイニーズレストラン 虎穴(フーシュエ)

 

前回の記事はこちら http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/02/post-4986.html

 

ランチタイム限定で提供している麺は全部で3種類。

これまでに担々麺汁なし担々麺をいただきました。

 

このたび、またの機会にと課題にしていた麻辣麺(まーらーめん)に臨み、

ランチメニューをコンプリートしてきましたのでご報告します。

 

IMG_3902.JPG

 

虎穴は相変わらずの人気です。この日は男性のお客さんが多かったでしょうか。

 

グルメなみなさんはご存じかもしれませんが、念のためにご説明しますと、

麻辣(まーらー)とは中華料理における象徴的な味つけのひとつで

麻(まー)は舌がしびれるような花椒(かしょう、ホァジャオ)の辛さ、

辣(らー)は舌がひりひりするような唐辛子の辛さをあらわしています。

 

花椒は中華山椒や四川山椒とも呼ばれます。

山椒ですから、しびれるわけです。それが

カレーを食べて思う「辛い」はのほうです。

 

ということでも兼ね備えた麻辣麺、いざ実食です。

 

IMG_3896.JPG

 

会いたかった麻辣麺。心に決めていた温玉乗せ。※メニュー名は温泉卵です。

 

IMG_3898.JPG

 

辛いです。が織りなす辛さの二重奏

温玉の持つまろやかナイズ効果と肉の旨味に助けられ最後まで食べ進めていきます。

きわ立つのはやはり花椒の風味。それひとつで一気に海を越え大陸まで渡った気分に

なるから不思議です。

辛さゆえか、いくばくかの達成感すらある食べごたえ。ごちそうさまでした。

 

3種の麺はまさに三者三様。みなさんもぜひお気に入りの一杯を見つけてください。

 

IMG_3900.JPG 

 

CHINESE RESTAURANT 虎穴(チャイニーズレストラン フーシュエ)

中央区東日本橋3-5−16 仙石ビル1F

03-6661-9811

東日本橋駅・馬喰横山駅・馬喰町駅

担々麺は日曜を除くランチタイムのみ(11:30 ~ 14:00)

月曜定休

 

 

 

冷凍カテゴリー "近江牛"を中心にご紹介します  ~ここ滋賀-COCOSHIGA-~

[rosemary sea] 2018年11月 9日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアーティスティックに取材します、rosemary sea です。

IMG_20181024_133424 (2)a.jpg

IMG_20181024_133623 (2).jpg1周年の滋賀県のアンテナショップ、ここ滋賀-COCOSHIGA-さん、改めてご紹介させていただきます。

近江牛のお品、まだご紹介をしていませんでした。

今回は冷凍カテゴリーから、近江牛のお品を中心にご紹介させていただきます。

「ここ滋賀」の矢崎さんに今回もお世話になりました。

それでは5品、ご紹介します。

 冷凍カテゴリー第1位~第3位は10月取材時のランクです。

 画像は全てクリック拡大できます。拡大してご覧ください。

 お値段は全て税込価格です。

IMG_20181024_133128 (2)a.jpg

IMG_20181024_133118 (2)a.jpg冷凍カテゴリー「第1位」

岡喜(おかき)コロッケ 1,512円

オカキブラザーズ (竜王町)

天保10年(1839年)創業の老舗です。

古くより拓かれた土地を生かした自家農場「岡喜牧場」よりお届けします。

柔らかな肉質と豊かな香りが特徴のオカキの近江牛をふんだんに使用したコロッケです。

IMG_20181024_133150 (2)a.jpg

IMG_20181024_133143 (2)a.jpg冷凍カテゴリー「第2位」はこちら。

近江牛まん 918円

(株)天平(てんぺい) (高島市)

高島市朽木の宝牧場の近江牛を使用しています。

その最高級ランクの近江牛と国産野菜を、すきやき風に煮込んで作られた肉まんです。

幅広い年代の方に愛されている長浜のご当地グルメです。

IMG_20181024_133228 (2)a.jpg

IMG_20181024_133212 (2)a.jpg冷凍カテゴリー「第3位」はこちらになります。近江牛のお品ではない逸品がランクインです。

あゆの老舗きむら 鮎の一夜干し 756円

木村水産(株) (彦根市)

淡泊にして高尚な味わい、清流で育った新鮮な鮎を柔らかく仕上げてあります。

素材の持ち味を生かした鮎独特の風味をお楽しみください。

フライパン、オーブンなどで焼くだけで簡単に召し上がれます。

天ぷらやフライもおすすめの、鮎の一夜干しです。

IMG_20181024_133302 (2)a.jpg

近江牛コロッケ 5個入 1,404円

カルネ・ジャパン (近江八幡市)

近江牛と国産じゃがいも・玉ねぎを使用しています。

近江牛の美味しさを引き立たせるため、その他の材料はシンプルに作られています。

また、揚げたてを急速に冷凍しているため、美味しさそのままです。

レンジで温めるだけの簡単調理で出来上がりです。

ギフトにも最適。

IMG_20181024_133332 (2)a.jpg

最後は10月6日(土)放送のテレビ東京「出没!アド街ック天国」【日本橋】にて紹介され、問い合わせ殺到中のお品。品薄状態です。

近江牛 かっぱ焼き 2,138円

近江牛 池元 (近江八幡市)

「かっぱ」とは・・・

牛の前腹の皮と脂身の間の赤いすじ肉。

この特殊な部位の牛肉の余分な脂をしっかり落とした「かっぱ焼き」は、濃厚な味わいなのにヘルシーで大変食べやすい逸品です。

「近江牛のお肉をスライスしたものですが、解凍してそのまま食べていただけるので、とてもお手軽です。」・・・矢崎さん。

ここで「近江牛」のお話・・・

400年以上の歴史を誇る日本最古のブランド牛、「近江牛」。

江戸時代、彦根藩より将軍家に「牛肉の味噌漬け」が献上されました。

品質と美味しさの地位は揺るぎなく築かれ、抜群の知名度となっております。

豊かな自然環境と水に恵まれた滋賀県内で肥育された近江牛は、肉質の霜降り度合いが高く、芳醇な香りと柔らかさに特徴があります。

加えてとろけるような美味しさ、きめ細かく独特の粘りとツヤを持つことから「食べる芸術品」と称されるほどです。

・・・滋賀と言えば近江牛、ぜひご堪能下さい。

IMG_20181024_133602 (2)a.jpg

ここ滋賀-COCOSHIGA-

日本橋2-7-1

東京メトロ・都営浅草線 日本橋駅至近、COREDO日本橋のななめ前です。

1階 03-6281-9871  2階 03-6281-9872

営業時間 1階マーケット 10:00~20:00

       地酒バー「SHIGA's BAR」 10:00~23:00

       総合案内 10:00~20:00

     2階レストラン 日本橋 滋乃味(じのみ)

       昼:11:30~14:00(ラストオーダー13:30)

       夜:18:00~23:00(ラストオーダー22:00)

ここ滋賀-COCOSHIGA-さんのホームページはこちら

⇒ https://cocoshiga.jp/

 

 

豊かな香りと甘さの"秋の味覚" 旬のラ・フランスのパフェ  ~ 資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ 他 ~

[rosemary sea] 2018年11月 7日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアレンジして取材します、rosemary seaです。

201811ラフランスパフェ3a.jpg

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェさん、11月1日(木)より11月30日(金)まで、"ラ・フランス"を贅沢に使用したパフェをご用意しています。

その"ラ・フランス"は・・・とろりとした食感、そして深みとコクのある甘さが特長です。今がまさに旬。

果物王国山形の西洋梨を使い、見た目も上品でエレガントなパフェに仕立てられています。

また、資生堂パーラー 日本橋店さん他では同期間にて、銀座本店 サロン・ド・カフェさんとは違ったアレンジのラ・フランス仕様パフェが登場しました。

店舗で一番よい状態になるまで追熟させたラ・フランス、まさに旬を感じていただける逸品です。

様々な味わいの、秋の味覚をご堪能ください。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報担当 小番(こつがい)さん、橋本さんにお世話になりました。

それではお品のご紹介です。

201811ラフランスパフェ2a.jpg

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ

山形県 岡田果樹園産 ラ・フランスのパフェ  1,980円(税込)

中央区にお住まいの方や特派員の皆さん、中央区にお詳しい方はご存知ですね。

山形県東根市は県の中央部、東は宮城県仙台市、南は天童市・山形市に隣接。

27年前より中央区と友好都市として提携しております。

その東根市は別名「果樹王国ひがしね」。

さくらんぼをはじめりんご、もも、ぶどう、和栗。

そしてラ・フランスも収穫量・品質ともすばらしい一大産地。

今回その東根市にあります岡田果樹園さんで収穫された、とろけるような上品な甘さが口いっぱいに広がるラ・フランスを使用したパフェのご提供です。

メープルアイスクリームとアールグレイゼリーとの相性も良く、キャラメルソースのコクとメープルシュガーの軽やかな甘みのバランスが絶妙。

また、別添えのプラリネソースをかけてお召し上がりいただくと、大人っぽいパフェに変化。

秋の深みと香りを運びます。

ラフランスパフェ2018_HMG2294a.jpg

資生堂パーラー 日本橋店・横浜髙島屋店・横浜そごう店・ラゾーナ川崎店

山形県産 ラ・フランスのパフェ 1,728円(税込)

山形県にて収穫されたラ・フランスをパフェに仕立ててあります。

ラ・フランスをフレッシュのまま、そして赤ワインのコンポート、ソルベ、ソースにも使い、香りととろける甘さが引き立つようミルクアイスクリームと合わせました。

チョコクランチやシナモンのきいたシュトロゼルの食感も楽しいパフェです。

 デコレーションとして山形県産ラ・フランスを使用しています。

・・・芳醇な香りと濃厚で上品な甘さ、とろけるような舌触りを、特別仕立てのパフェでご堪能ください。

 画像はイメージです。提供されるお品は画像と異なる場合がございます。

 フルーツの入荷状況により、メニュー内容やご提供期間が変更となる場合がございます。

3Fサロン・ド・カフェda.jpg

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階

03-5537-6231(予約不可です。)

営業時間  火~土曜日 11:30~21:00(ラストオーダー20:30)

      日曜日・祝日 11:30~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日 月曜日(祝日の場合は営業いたします。)

資生堂パーラー 日本橋店

日本橋2-4-1 髙島屋日本橋髙島屋S.C.本館8階

03-3246-5288

営業時間  11:00~22:00

(ラストオーダー【フード】21:00・【デザート・ドリンク】21:30)

定休日 百貨店に準じます。

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ https://parlour.shiseido.co.jp/

 

 
<<前のページへ 1234567891011