中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


車椅子講習終了後一服しました

[wombat] 2017年8月27日 14:00

8月22日午前中、京橋プラザにて観光協会の車椅子講習会がありました。

この炎天下、車いすに座っててもじっとと汗ばむ時節でしたが、

皆さん、頑張って習得して街を回りました。

 

その後、京橋プラザ近くのお寿司屋<石島>の長い行列に加わって

ご褒美としてひたすらに美味しいものを得る喜びを待ちました

DSC_0210.JPGDSC_0209.JPGDSC_0207.JPG

DSC_0195 2.jpgDSC_0203 2.jpg

カウンター席だけなんですが、きめ細やかな応対をしていただきそれだけでご馳走様でした。

 

  お昼のランチメニューは、三種類のみ。

     ちらし・にぎり・おまかせ 

にぎりは10貫ですが、お腹が一杯になりました 

食するものを提供するタイミングはGOOD

 

DSC_0204 2.jpg

七福神が手を挙げて歓迎しておりました     

 

姉妹店が新富町にも出来ました。並ぶ人が多い場合は、そちらの方にも案内されておりました。

店のしつらいは全く同じでしたよ

    

 

 

CUL DE SAC(キュルドサック)フレンチの美味しいランチ 

[銀造] 2017年8月25日 09:00

 日本橋本石町の東北は、千代田区鍛冶町に面した地域にあり、沢山の飲食店がひしめいています。今日は、本石町の界隈の地形を探索に来ました。

"Cul de sac"という店名に魅かれて、昼食に入店しました。奥の突き当りのお店です。

DSC07146 (400x225).jpg 

 この店名は、私が40年も前に駐在していた、仏領サン・マルタン島の地名に同じです。意味は、「行き止まり」とか、「袋小路」という意味です。地形的には、公道に面した大きなビルを取り囲むようにして、奥や周囲に飲食店が林立しています。

丁度、13時頃でしたので、店内に招き入れられて、お勧めのサラダ、厚さ1cmほどの、焼き立てのローストビーフ、

DSC07150 (400x225).jpg

カフェ、デザートのシフォンケーキを頂きました。

DSC07151 (400x225).jpg

美味しい物をそれなりの値段で提供してくれるので、若い女性客が多く、隣のテーブルにはフランス人男性客2人が来店しました。(一人は私と同じ物。他の男性は、ヴィシソワのスープ、フランス産豚肉のソテーを注文していました。)

ランチは税込で、¥1,000ぽっきりでした(20170818現在)店内には、沢山のワインのボトルがあり、今度は夕方に来てみようと思いました。お店の住所は、日本橋本石町4丁目4-16 です。お店へのアクセスは、こちらでご確認下さい。http://www.id3.jp/cul/

 

 

季節限定商品 秋のチーズケーキ・マロン  ~ 資生堂パーラー ~

[rosemary sea] 2017年8月24日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアクセスポイントとして取材します、 rosemary sea です。

資生堂パーラー 銀座本店ショップをはじめとする全国の資生堂パーラーさんで、季節限定商品として『秋のチーズケーキ(マロン)』が8月25日(金)より発売されます。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

 

それでは商品のご紹介です。

2017秋チーズ(マロン)3黒小a.jpg

2017秋チーズ(マロン)6黒小a.jpg

秋のチーズケーキ(マロン)

3個入   918円(税込)

6個入  1,836円(税込)

ビスキュイ生地は北海道産小麦粉を使用。

この生地に、芳醇でまろやかな味わいのマロンペーストを加え、渋皮マロンソースを合わせたデンマーク産の濃厚なクリームチーズを包み込んで焼き上げています。

焼栗のようにこんがり・ほっくり。

香ばしくてリッチな秋のハーモニーに誘ってくれる、まさに秋のチーズケーキです。

 

また、パッケージはレトロ感満載です。

1928年資生堂アイスクリームパーラー開設時の店内の模様です。

当時、吹き抜けの2階にはオーケストラボックスが設けられ、お客さまは優雅に奏でられる音楽を聴きながら食事や喫茶を楽しまれていたようです。

お洒落に着飾ったモガ(モダンガール)が演奏するシチュエーション。

本当に素敵な音楽が聴こえてきそうなパッケージとともに、絶品秋のチーズケーキをお楽しみください。

 

※ 8月25日からの販売ですが、限定数量に達し次第販売終了となります。

  お買い求めはお早目に。

 

【お問い合わせ】

資生堂パーラー フリーダイヤル

0120ー4710-04

月~土曜日  10:00~17:00

祝日、夏季休暇、年末年始を除きます。

 

パーラー本店0021b.jpg資生堂パーラー 銀座本店ショップ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル1階

03-3572-2147

営業時間  11:00~21:00

無休

なお年末年始にはお休みの日があります。

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

 

新しい銀座ぶどうの木★クレープシュゼット

[まぴ★] 2017年8月24日 09:00

以前は銀座5丁目のあづま通りにあった銀座ぶどうの木
西五番街にねんりん家の本店が出来て、その隣に移転してから
初めての訪問です。

 

DSC_0103.JPG

 

実は今回アフタフーンティを食べに行ったのですが、
13時半までに入店する必要があり、
その日はイベントで午前中閉店していて、
アフタフーンティもありませんでした。

 

DSC_0101.JPG

 

ということで、友達と二種類のデセールを注文してシェアしました。

 

DSC_0107.JPG

 

フランベサービスが見たくて、
今回もクレープシュゼットをオーダーしてしまいました(笑)
もう一つはスフレ。

 

DSC_0105.JPG

 

年齢層も高めで、とても落ち着いて店内でゆっくりできました。

 

次回はアフタヌーンティーのレポートをしますね!

 

銀座ぶどうの木のホームページ

 

 

夏のフェア 8月31日までです。  ~ 資生堂パーラー 銀座本店 と サロン・ド・カフェ ~

[rosemary sea] 2017年8月23日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をイディオムとして取材します、 rosemary sea です。

 

資生堂パーラー 銀座本店さん、2017『夏のGINZAカリーフェア』を8月31日(木)まで開催されています。

そして資生堂パーラー サロン・ド・カフェさん、 『2017真夏のパフェフェア』第二弾は同じく8月31日(木)までの開催となっております。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

それではそれぞれご紹介です。

最初に資生堂パーラー 銀座本店さん、2017『夏のGINZAカリーフェア』から・・・

 

銀座本店さんでは恒例となりました夏のカリーフェアですが、今年は定番のカレーライス3種に加え、フェアでは伝統のカレーソースをアレンジし、厳選素材を組み合わせたこだわりのカレーメニューが3種登場しています。

歴代シェフに伝承される調理法をベースに、魚介・チキン・ビーフなどの美味しさを活かしたのがこの3種。

香ばしさと深いコクが食欲をそそる資生堂パーラーさんのカレー。

この3種、今月いっぱいまでです。

オマール海老とホタテ貝カリーa.jpg

『オマール海老と帆立貝のカリー サフランライスを添えて』  4,900円(税込)

軽くソテーすることで香りと甘みを引き立たせたオマール海老と帆立貝を、甲殻類のうまみとココナッツの香るカレーソースと合わせました。

魚介と相性の良いサフランライスが見た目からも食欲をそそり、夏を感じるちょっと贅沢なカレーライスです。

 

 

鶏カリーa.jpg

『岩手県産いわい鶏モモ肉のカリー ガーリックライスと共に』  2,900円(税込)

甘味とコクが特長の岩手県産いわい鶏を、皮はパリッと中はジューシーに焼き上げました。

伝統の味わいにさらにスパイスを効かせたカレーソースと風味豊かなガーリックライスが美味しさを引き立てます。

 

 

本店7月プレミアムビーフカレー_MG_1812a.jpg

本店プレミアムビーフカレー縦_MG_1849a.jpg『和牛三枚肉のプレミアムカリーライス』  5,000円(税込)

きめ細かいさしの入った霜降りの和牛三枚肉、そのなかでも特別やわらかい部位だけを選び、エスパニョールソースでじっくり煮込みました。

とろけるような牛肉と玉ねぎの甘味を感じるカレーソースとの組み合わせは絶品です。

 

※ お値段に別途サービス料10%がかかります。

※ 画像はイメージです。

 

資生堂パーラー 銀座本店

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4/5階 

03-5537-6241

営業時間  11:30~21:30

   (ラストオーダー20:30)

定休日  月曜日(祝日の場合は営業します。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

そして次に資生堂パーラー サロン・ド・カフェさん、『2017真夏のパフェフェア』第二弾のご紹介。

パフェフェア201708a.jpg

第一弾のご紹介はこちらでした。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/07/post-4489.html

今回も産地や旬にこだわりましたフルーツをメインにしたパフェ、4種ご用意されています。

マンゴーパフェa.jpg

沖縄県産 マンゴーのパフェ  2,580円(税込)

太陽の恵みをいっぱいに浴びて育った沖縄県産マンゴーを贅沢に使い、カットの仕方を変えることで食感も楽しめるよう盛り付けられています。

トロピカルな自家製マンゴーシャーベットとエキゾチックソース、ミルクアイスクリーム、クランベリーソースで南国気分を味わってみませんか?

濃厚なコクを感じる一番美味しい旬のものでご用意のため、期間によりアップルマンゴー、キーツマンゴーで登場します。

 

 

いちじくパフェa.jpg

和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ  2,160円(税込)

旬のいちじくをフレッシュ・赤ワインのコンポート・ロゼワインのコンポートなど様々なタイプに味わえるパフェ。

なかでもフレッシュを贅沢に使い、いちじくそのものを楽しめるよう工夫されています。

いちじくのシャーベット、フランボワーズ、赤スグリとともに盛り付けた、見た目にも情熱的なパフェです。

 

 

オリエンタルパフェa.jpg

国産黄金桃と白桃のオリエンタルパフェ  1,890円(税込)

ジューシーな国産の黄金桃と白桃のコンポートに抹茶アイスクリームを合わせたオリエンタルな仕上がりのパフェです。

桃はその時に一番旬な産地のものを使用します。

いちごソースがアクセントになっています。

昭和35年頃に誕生した資生堂パーラーさんのオリジナルパフェ。レトロ感もお楽しみください。

 

 

恋姫縦a.jpg

長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ  1,890円(税込)

第一弾に引き続き、第二弾にも " 恋姫 " 、登場です。

信州畑工房さんが所有する資生堂パーラーさん専用のハウスで収穫された「夏秋いちご " 恋姫 " 」をソースにも使用した逸品です。

この時期ならではの爽やかな酸味が広がる夏秋いちご特有の味わいをお楽しみください。

 

・・・今、ここでしか味わえない華やかなパフェで、銀座の夏を満喫してみては?

 

※ ご提供されるお品は画像と異なる場合がございます。

※ フルーツの入荷状況により、メニュー内容及びご提供期間が変更になる場合がございます。

 

資生堂パーラー サロン・ド・カフェ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階

03-5537-6231(予約不可です。)

営業時間  火~土曜日 11:30~21:00(ラストオーダー20:30)

      日曜日・祝日 11:30~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日  月曜日(祝日の場合は営業いたします。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

 

心太 夏らしい嗜好品

[あすなろ] 2017年8月18日 09:00

8月に入り、ぐずついた天気が続きますね。

夏らしさを探しに、築地へ。

 

のぼりに書かれた「生寒天」の文字が目にとまりました。

店内の雰囲気は居心地よく、天草の良い香りに誘われて

「心太」を注文。

 

酢醤油か黒蜜をチョイスすることができます。

 心太.jpg

 

神津島産の天草を煮出し、

寒晒しをしていない生の寒天なので、

風味の良さ、ほどよい弾力、豊富なミネラルが魅力です。

夏の趣を堪能しました。

 天まめ.jpg

 

◆天まめ
東京都中央区築地2-8-1 築地永谷タウンプラザ 107号