中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


伝承ラーメン 北都

[ジミニー☆クリケット] 2017年3月19日 09:00

築地本願寺のはす向かい、築地4丁目交差点の一角に建つ築地KYビル地下1階にあるラーメン店です

densyohokuto02.JPG

カウンター8席のお店です。

醤油ラーメンメンマ増量を注文

具材は、チャーシューメンマ増量)、ネギ貝割れです

densyohokuto04.JPG

すっきりしていてコクのあるスープおいしいです

は、中細ちじれ麺で、北海道十勝産の最高級小麦粉を使用した無添加の高級麺だそうですスープに麺がなじみます

チャーシューは、大きすぎず食べやすいサイズです

メンマは、国内産最高級メンマを調理している自家製メンマで、食感がよく、味付けも甘過ぎず美味です

densyohokuto03.JPG

具材にこだわり、スープもおいしいラーメン、お勧めです

densyohokuto01.jpg

営業時間は、11:3016:00)、11:0016:00)で、日曜・祝日はお休みです。

 

 

大好き"丸善カフェ"

[ぺんぺん] 2017年3月17日 18:00

皆さまは丸善カフェに行ったことはありますか?

他の特派員の方よりすでにご紹介がありましたが、私もファンなので、記事にします

 

丸善カフェ日本橋店は、中央区日本橋2-3-10日本橋丸善の3階にあります。「早矢仕ライス」が有名です。ハヤシライスは、丸善の創業者である早矢仕有的氏が生み出したと言われています。テーブルに、早矢仕ライスの由来が書かれた案内書があります。
店内は静かで落ち着いた雰囲気です読書をしながらコーヒーを飲むのも良し。濃厚ソースの元祖ハヤシライスに癒されるのも良しです。
私が行く時は、いつも日替わりランチをオーダーするのですが、記念に残した写真が何枚かありますので、添付します。
ご参考に♪
IMG_4276.JPG
 
 

 

麺処 帯笑(たいしょう)

[ジミニー☆クリケット] 2017年3月17日 16:00

新富1丁目にあるラーメン店です

taisyo002.JPG

駅で言うと、新富町八丁堀の中間あたりです。

新大橋通りから1本西に入ったところです。

taisyo001.jpg

営業時間は、(ランチタイム)11:00~14:3017:00~21:00です。

定休日は、日曜・祝日で、土曜日は不定休です。

taisyo003.JPG

らーめん(醤油)を注文

中細麺でしっかりした歯応え

スープは、豚骨系魚介系香りも感じられ、深みがあります

炙ったチャーシューが本当においしい

メンマ味玉もはいっています

taisyo004.JPG

お勧めです

 

 

讃岐うどん ほし野 日本橋 室町小路入る

[銀造] 2017年3月17日 09:00

日本橋散歩で、今日は蕎麦か饂飩か、はたまた天婦羅かと思案しながら、室町小路を歩いていると、新しい発見です。

 

『讃岐うどん ほし野』と言うお店が、日曜日の3時過ぎに開店していました。

『物は試し』と入ろうとすると、お子様連れがお食事を終えて、出てきます。

20170312 042.JPG

 

 「固いだけのうどんでは、ありません」というキャッチフレーズ。 

初めてのお店は、「麺に腰があるのか」、 「トッピングの天婦羅などは温かいのかな」とか、疑問が湧いてきます。 

 

3時過ぎだったので、テーブル席で、中央区の地図を拡げたり、書類を出して、ガイドコースの検討なども出来ました。

待つこと暫し、 温かい饂飩、 揚げたての海老天婦羅、

20170312 043.JPG

 

いかゲソ、マイタケの天婦羅が!

20170312 046.JPG

 

日本橋で、揚げたての天婦羅と饂飩。 お近くに行かれた時には、お試し下さい。

(サラリーマンで混雑する昼食時に揚げたての天婦羅が出るか否かは、分かりません。)

 

 

「春を呼ぶ」お菓子―「南無観椿」―奈良まほろば館

[滅紫] 2017年3月14日 16:00

100_2302.JPG

「水取りや瀬々のぬるみも此日より」と云われる奈良東大寺二月堂の修二会(お水取り)。このお水取りの行法が過ぎると古都奈良にも春が来ると云われています。東大寺のご開山良弁僧正の高弟実忠和尚が天平勝寶四年(752)より始め、一度も絶えることなく守り続けられている行事です。日本橋の奈良まほろば館でこの期間中(旧暦2月である3月1日より15日まで)のみ販売されているこのお菓子を見つけました。期間中須弥壇の四隅を飾る椿の造花を象ったお菓子、春を呼ぶお菓子です。

100_2303.JPG

今は二十四節気の啓蟄に入ったところで、七十二候では桃始笑(ももはじめてさく)。春の訪れが目に見えて感じられるころ。このお菓子で天平の昔に思いをはせて一服されるのは如何でしょう?

奈良では菓子舗によって少しずつ違うものが販売されているようです。たまたま奈良の友人から届いた「糊こぼし」(良弁椿)もご覧ください。歌舞伎にも「二月堂良弁杉由来」がありますね。

100_2301.JPG

奈良まほろば館日本橋室町1-6-2 日本橋室町162ビル TEL 3516-3933

10;30~19:00

「南無観椿」2個入り864円 3月1日から15日の間、入荷が少ないので予約された方が安心。 

 

 

名飯 粋なファストフード

[あすなろ] 2017年3月14日 09:00

 とうめし定食.jpg

味が染みた豆腐をご飯にのせた汁かけ飯「とうめし」。

 

いかにも江戸っ子発想な、ちゃちゃっと食べられる

ファストフードといったところでしょうか。

豆腐は、人形町 双葉から仕入れ、

この他、おでんのはんぺんやすじ(魚)などは

日本橋神茂の品。どれも秀逸な種がうれしいですね。

ランチの「とうめし定食」「おでん定食」お値打ちです。

 店内.jpg

◆日本橋 お多幸本店
東京都中央区日本橋2-2-3 お多幸ビル