中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


もんじゃ焼き 対 お好み焼き

[夕陽の丘] 2010年6月21日 10:00

6/19(土) "もんじゃワールドカップ開催" と称して 世界の味を楽しもうと言う集いへ参加しました。

国際交流サロンです。

zyunzyotokotu.JPG

 

 

 人数が多いので手元は、上の反射鏡で確認します

 

 

 

 

 

 もんじゃ焼きは今まで食したことがなく  私にはお好み焼きの方が馴染んでいました。

 初めにソースメーカーの方よりソースの歴史と、もんじゃ焼きの作り方とコツを教えて頂いきました。

お好み焼きとの違いは主に、キャベツの量ということが判りました。

 全員一度 基本となる日本版もんじゃを作り、その後 韓国・台湾・中国・イタリアなど各国に分かれて、それぞれお国自慢のもんじゃ焼きに挑戦です。

キムチを入れる国もあれば、豚肉を入れたり、マトンを入れる国もあり。

焼きあがれば ハガシ(もんじゃを鉄板から取る時使う お箸に代わる道具)を手に 各国を回ってもんじゃを味わいます。                          kunibetu.JPG

 

ga-na8.JPG

 

南アフリカ・ガーナ 版です

 この後、土手をこわして全体を薄く広げ、焦げ目をつけます。

 

 

 

 

 

クスクス(パスタをゴマよりまだ小さくしたもの)・トマト・ベーコン・パームオイル(アブラヤシの実から搾油)・ひよこ豆と 他に標準として用意された材料です。  おいしく 焼きあがりました。

 

yuusyou2.JPG 

1位は "メキシコ版の もんじゃ焼き"

レモンが良く効いていました。

 

おめでとうございます 

 

 

 

 

 

最後に全員の投票により 上位3位までに賞品が贈呈されました。

短い時間でしたが、外国の方と一緒に料理を作り、お話も出来て 楽しい時間でした。

材料の準備など 色々とお世話して頂いた大勢の方々に お礼申し上げます。

 

次回の国際交流サロンは 7/10 (土 )  "七夕で浴衣を着よう"  だそうです。

外国の方には 浴衣が用意される  との事です。

 

 

 

築地川公園 6月上旬

[銀造] 2010年6月21日 10:00

 今年の6月上旬は5月の多雨の影響を受けながら、清楚な花が咲いていました。

下の写真は空木(うつぎ)です。

CIMG5148utsugi.jpg

 

 懐かしい味を思い出させてくれるのは、「グミ」です。

CIMG5152.jpg

 

 

 柘榴の花も咲き始めます。

CIMG5157.jpg

 何? アヴォカド の木があるって! 

そうです。 散歩の途中で探してみましょう。

ヒントは通路上です。

CIMG5163.jpg

 

 これは、オリーブの花が咲いているシーンです。

CIMG5169.jpg

 

 

 前回ご案内したリンゴ。 実が色づいてきました。

CIMG5174.jpg

 次回は、6月下旬、7月に咲く花と果実をご紹介しましょう。 お楽しみにhappy01

 

 

 

三越日本橋本店の天女(まごころ)像と大理石の柱

[ゆりかもめ] 2010年6月16日 09:00

三越日本橋本店は江戸時代に呉服商の越後屋として開業したのがはじまりですが明治37年に「デパートメントストア宣言」を行い日本で最初の百貨店となりました。

ルネッサンス式建築を取り入れた現在の建物は昭和10年(1935)に完成しました。

平成11年(1999)には東京都から「東京都選定歴史建造物」に選ばれています。

ライオン・パイプオルガン・三越劇場でも有名ですがいつも気になっていた中央ホールの「天女像」と

アンモナイトの化石を含んだ柱を御紹介します。

                   

                               2010_0614 まごごろ像 3.JPG 

天女(まごごろ)像

                お客様に対する基本理念「まごころ」をシンボリックに表現する像です。

       名匠・佐藤玄々先生が約10年かけて完成された大作です。

       本店の1階中央ホールに創立50周年を記念して1960年に建立されました。

       瑞雲につつまれた天女が花芯に降り立つ瞬間の姿です。  

       全体像は皆様はよく御存知かと思い、像の中の中心部のみを大きく写しました。            

 

                 2010_0614 アンモナイト.JPG

アンモナイト

   大理石を多く使用した内装の中には恐竜時代の大小さまざまな化石が沢山、含まれています。

   中に閉じ込められているのはアンモガイ・菊石と呼ばれています。

   三越本店の中で柱や壁等 あちこちで見られます。

                          

 

 

 

消防艇の紹介(Fireboat)

[ゆりかもめ] 2010年6月 3日 09:00

東京消防庁臨港消防署は中央区晴海5町目にあります。

勝鬨5丁目から仮庁舎として昨年8月3日に引っ越して来ました。

陸の消防と海上の消防の両面から私達を守って下さっています。

消防艇は5隻あり水上スクーターも2隻あります。

海上での火災や架線が切れた時等の事故、人命救助等に活躍している他、大型外国客船の来航の時は歓迎の噴水を上げたりしています。

  みやこどり  119トン  最高速度 20.76ノット

       大量放水が可能な大型科学消防艇です。

       毎分 10000、 7000、 5000Lの放水銃を2基づつ装備しています。

             2010_0602 みやこどり 5.JPG 

      

 すみだ 39トン  最高速度 20ノット  

    伸縮放水塔を装備し、タンカーや高所への有効放水を可能にした30トン級の

    化学消防艇です。 

    ポンプ性能、放水能力が高く、陸上遠距離大量送水車との連携が図れる

    150mm放水口を装備しています。 

              2010_0602 すみだ 3.JPG     

       

   はるみ  11トン 最高速度 40ノット   

      2010_0602 はるみ 3.JPG            

        

 

 しぶき 4.9トン 最高速度 30ノット  

      はるみ、しぶき、は水難救助隊としてペアで出場する操縦性に優れた

      水難救助専用艇です。

      2010_0602   しぶき 3.JPG        

             

 はやて   4.8トン  最高速度 30ノット  

        海上災害現場で指揮艇として活動します。    

       2010_0602 はやて 6.JPG 

 

 水上スクーター (雷神と風神) 0.38トン 最高速度 30ノット

     水難救助現場で情報収集・命令伝達等に威力を発揮します。

      2010_0531 海のパトカー.JPG 

 

私は消防署の近くに住むまでは不覚にもこのような事を深く意識しなかったのですが、いつも私達を

いろいろな災害や事故から守り活躍なさっている事に改めて感謝して居ります。

毎年3月には区民にも消防署を開放して興味のある方には見学して頂く日を作るそうです。

是非そのような機会を利用して理解を深めて行きたいと思います。

 

※ 昨年のブログにも掲載しましたが、コスタクラシカ(大型客船)がレインボーブリッジを潜って

  晴海埠頭に入港してきた時、 噴水を高く上げて歓迎の意を伝えていた「みやこどり」と「すみだ」            の事を思い出しました。

COSTA CLASSICA 再び入港 

  

 

 
1