中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


甘酒横丁、浜町公園花めぐり

[北遊人] 2011年4月14日 17:57

今年の桜は開花の遅れた分花の鑑賞期間が長いように思われます。

浜町川緑道の大島桜もまだ観られます。

 

osoisakura 001.JPG 

甘酒横丁を人形町方面に向かいますと、右側の日清紡ビルの植え込みのつつじが見ごろを迎えています。鮮やかな色が楽しめます。

 

osoisakura 003.JPG                      大門通りと交差する角に青山桜が今年もきれいに花をつけました。

ちょうど見ごろです。

 

osoisakura 006.JPG

osoisakura 007.JPG 

甘酒横丁を戻って、浜町公園へ向かいます。

明治座前のシダレザクラです。

 

osoisakura 009.JPG                        

浜町公園のシダレザクラをご覧ください。

 

osoisakura 011.JPG

 

 夕陽に映えるシダレザクラです。

 

osoisakura 013.JPG          

 

次は、四月の雪かと見まごうショットを2題。

 

 

 

osoisakura 020.JPG

osoisakura 021.JPG 

 まだまだ桜が楽しめます。

 

 

里桜が見頃を迎える浜離宮(中央区民入園無料5月5日まで)

[ゆりかもめ] 2011年4月14日 10:00

今年は御天気に恵まれ里桜が咲き始めています。

カンザンの赤 フゲンゾウのピンク 白の白妙、スルガダイニオイ、センダイヤ

緑のギョイコウ 黄色のウコン・・・・・等と5色の桜を楽しめます。

広い敷地の中の桜並木を歩くと都会の中に居る事を忘れてしまいます。

江戸時代に浜御殿に招かれた賓客達が桜を眺めたり、鷹狩りをしたり「中島の茶屋」「松の茶屋」で和歌を詠みあったり、高価な掛け軸や壷を眺めたり、釣りをしたり楽しく過ごした様子が想像できます。

里桜はいろいろな種類があり名前が不明だったり・・・・・以前に覚えた名前と違ったりしてなかなか興味深く楽しめます。         

2011_0412 浜離宮ピンク桜2 写真0061.JPG

          シャガ

         新銭座鴨場やその他の目立たない静かな場所に咲いています。  

2011_0412 浜離宮シャガ 写真0134.JPG                写真を撮ろうとしたら花に包まれている気分になりました。

         2011_0412 浜離宮ピンクが賑やか 写真0096.JPG              モミジの柔らかい葉と赤い小さな花が咲いています。

2011_0412浜離宮紅葉の花0039.JPG

     少し遅く咲いた染井吉野は今満開を少し過ぎました。

     木が大きい為に少し距離を置いて眺めている方が多かったです。

        2011_0412浜離宮染井吉野0034.JPG       モミジの若葉の向こう岸は「松の茶屋」ですが水面に「松の茶屋」や木々の緑が美しく

     映っていました。

2011_0412浜離宮松の茶やと紅葉の花 写真0115.JPG 今日は春本番の御天気となるそうです。今、テレビのアナウンサーが話しています。

 これから里桜は益々、美しく咲いてくれます。

 昨日は「お伝い橋」を渡っていると「潮入りの池」でエイ(魚の名前)が泳いでいでいました。

 浜御殿であった江戸時代の頃を想い是非お出掛け下さいませ。          

 

                浜離宮恩賜庭園

         東京都中央区浜離宮庭園1-1

         入園時間  9時~4時半

         サービスセンター  03-3541-0200

         無料入園問合せ  中央区役所総務課  03-3546-5234

             

 

         

                     

                                 

 

 

 

 

昔 観桜会が行われていた浜離宮 中央区民入園料無料5月5日まで

[ゆりかもめ] 2011年4月12日 10:30

浜離宮の染井吉野は散り始めています。

でも今から5月はじめまでは、里桜が次々に開花して何時たづねても桜が私達を迎えてくれます。

その他 オドリコソウ カントウタンポポ ムラサキケマン フジ ボタン等・・・花で埋まります。

写真で見るより美しい青空の下に咲く花々を楽しんで下さい。

明治維新後、将軍の御庭は皇室の所属になりました。

明治中期から大正初期まで浜離宮で毎年 観桜会が開催されていました。

現在は新宿御苑で「桜を見る会」となっております。        

 

浜離宮観桜会 写真0002.JPG   白妙

   「お伝い橋」を「中島の茶屋」から「富士見山」に向かって渡り終えた右側に咲いています。

   八重の大きな花を咲かせています。 

    この写真は5日程前に撮りましたので「今日は7分咲きかな?」と想像します。

   花の向こうに見える対岸の「中ノ島」・・・・・・・再現された「松の茶屋」

   この素晴らしい景色の中に立ってみませんか???・・・

浜離宮白妙桜 蕾.JPG     

     山吹

    桜やハナモモとは違った少しだけ山の中の気分を味わう場所で静かにさいています。 

浜離宮山吹.JPG

 

     ボタンの芽

    俳句の世界では春の季語にもなっています。

    この芽を見ていると自然の力強さを感じると共に「どんな花が咲くだろうか??・・・・」

    と期待に胸がふくらみます。

2011_0405 浜離宮 牡丹の芽 0003.JPG 

             浜離宮恩賜庭園

             東京都中央区浜離宮庭園1-1

             サービスセンター     03-3541-0200

             入園時間   9時~4時半

              無料入園問合せ  区役所総務課  03-3546-5234

 

 

東野圭吾 "麒麟の翼"

[北遊人] 2011年4月 3日 17:50

 "新参者"で日本橋人形町界隈をすっかり有名にしていただいた東野圭吾さんが講談社より新しく"麒麟の翼"を出されました。

 「その男が日本橋交番の脇を通過したのは、、、、、、」という書き出しで始まる推理小説です。

改めて"日本橋"を見てみようと出かけました。

今日は、4月3日、現在の日本橋が架橋されて百年目の記念すべき日でした。

しかし、東日本大震災の勃発によりイベントはすべて中止となりました。

老舗の方々が募金活動とチャリテイセールをされておりました。

静かな日本橋をご覧ください.

MIKU 029.JPG

募金活動をされている方々を除き人通りが途絶えています。

 

交番に目を移します。

手前に桜が咲いてます。

シダレザクラ、別名イトザクラ。バラ科  とあります。

ちょうど今が満開です。

MIKU 023.JPG

小説のタイトルの麒麟像を撮影します。

MIKU 020.JPG

今日は、橋の上からすっかり準備完了の船着き場を眺めて帰ることにします。

MIKU 022.JPG

小説の方は、人形町、日本橋界隈が登場しますので場所やお店を頭に浮かべながらお読みになると興味が増すでしょう。 

 

 
1