中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


札幌で出会った「粋」と「洒落」

[コロポックル] 2015年3月20日 09:00

                こちら雪融け進む札幌の百貨店催事場です

案内板.JPG

                早速入場します。

                右を見ても左を見ても「江戸」「江戸」「江戸」

                佃煮、べったら漬け、どら焼き、たまごやき

                まるで中央区の名店縮図です。

案内板2.JPG

                 <浜町高虎>さんが出店していました。

                 巾着、道中財布、合財袋・・・

                 思わず手に取る江戸風情。

 商品1.JPG

                 はっぴのデザインは「浜」に「蝶」?

                                  なるほど!!

                 商品2.JPG

                 商品すべて模様一つひとつに洒落があり

                 同じ商品にも裏地や使い勝手に粋があり

                 

                 見るほどに聞くほどに江戸っ子の心意気

                 を感じさせていただきました。

                 来年も来ていただけるそうです。

                 楽しみに待ってます。

 

 

100点取れましたか?中央区観光検定

[小江戸板橋] 2015年3月 3日 14:00

これなら100点取る人、絶対いるだろうな。

「いや、私、100点かもしれない。」

四択の問題集に、サクサクと丸を付けて最終ページにたどりついた時、

ふと、頭をよぎりました。

出題の100問は、奇をてらったものはありません。

問題文章の量が多く、その中にヒントが隠れていたり、サービス精神旺盛です。

これなら、ジュニアでも十分トライできるでしょう。

 

後はチェックしながら、マークシートを塗りつぶすだけ。

あれれっ。その単純作業が意外に足を引っ張るのです。

解答シートにマークしているうちに段がズレて、問題番号が合わなくなり、

ヒヤリとしながら、前のページに戻ります。

そんな作業を2回3回続けると、満点花丸の夢が、しだいに遠のいていきます。

「脳トレ」しておけばよかった。

 

中央区観光検定は、2月28日に行われました。

今年で7回を数える、東京23区最古のご当地検定です。

やっぱり100点がほしい!

実生活では、すべてが満足の満点を取ることなど、ほぼ不可能なことです。

でも、検定試験ならば、手が届く夢かもしれません。

他の試験のように、やたらマニアックな問題が出ないことも希望が持てます。

そう来たか。私ならばこう出題したいな。

散歩しながら見た風景を思い出しながら解答を導く、楽しい時間です。

 

では私が、今年出題されるのではないかと予想した事をいくつか挙げます。

・平成26年10月に社殿が改修された日本橋室町の福徳神社(芽吹神社)について

・平成26年に架橋工事が完了した隅田川を跨ぐ「築地大橋」について

・平成24年に選定された中央区名誉区民について

・夏のイベント、アクアリウムについて

などなど、問題になりそうですよね。

 

試験後、会場となったホテルのお食事処で、受験者特典の割引券を利用し、

昼食兼自己採点。

100点は、はかなくもおあずけ。

来年に向けて、街歩きや区内の多彩なイベントを楽しみながら

からだで覚えて学習していきましよう。

 

 

 
1