中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


東京のバスボーイ!?

[小江戸板橋] 2013年11月 6日 14:00

「中央区まるごとミュージアム 2013」

中央区内のあちこちで、大小様々な催しが同時に開催される、秋の大イベント。

会場を結ぶ巡回バスや船が、無料で運行されるのも魅力です。

その巡回バスのバスガイドボランティアを、経験させていただきました。

 

事前に、ガイドの講習会やバスの試乗会に参加し、イメージを膨らませながら、11月4日の本番当日を迎えました。

早起きしての発声練習、ゆず湯を飲んで、のど飴なめて、「アイウエオアオ、本日は晴天なり」。

体調は万全です。

 

晴天になるはずの天気が、前日の夜から結構強い雨降り。

前日、11.3。東北楽天ゴールデンイーグルスが、初の日本シリーズ制覇。

田中マー君が、神様・仏様になった日。

3.11の後に、嶋基宏選手の宣誓、「見せましょう、東北の底力を」。

その日を、こんなにもドラマチックな形で見せてくれるなんて。

東北楽天の選手とファンの、歓喜の涙雨なんだろうな。

 

それでも、私は稀代の晴れ男。

乗車担当の時間が近づくと、傘はもう必要ありません。

 

ご乗車くださったお客様に、伝えたいことはたくさんありました。

まずは、開催中のイベント案内。

そして、7年後の2020年、東京オリンピック・パラリンピック開催時の、選手村建設予定地が晴海であること。

海外からのたくさんのアスリート、観光客をお迎えする用意が、着々と進行していること。

来年2月23日に行われる東京マラソンのコースを、今この巡回バスが走っていること。

隅田川に架かる、名橋の数々。

道路の下を通る、地下鉄、地下駅の話。

区内に所在する寺社のお祭り、盆踊り。

日本橋、銀座の百貨店の建築物。

江戸の文化と、幕末・維新の激動期の話。

阿部寛さんが演じた加賀刑事、新参者のロケ地。

「やられたら、やり返す。倍返しだ」。半沢直樹が大和田常務と火花を散らす、東京中央銀行本店の話

 

バスって、あっという間に、街を走りすぎてしまうのですね。

あっ、そこの通りだったのに。

未熟者のガイドの目が、泳いでしまうこともたびたびありました。

 

観光協会の皆さんやたくさんの運営の方々にサポートを受けて、なんとかゴールにたどり着きました。

ご乗車のお客様には、噛み噛みのガイドで失礼いたしました。

理想は、「♪若い希望も、夢もある」バスガールが乗車することなのでしょう。

なのにバスボーイ。しかもオールドの形容詞がついてしまいます。

上品な高齢のご婦人が、下車された時に言ってくださった、「素敵な声でしたよ。」の言葉で、私、数日間はハッピーな気持ちでいられます。

ご乗車、まことにありがとうございました。

 

 

 

 

文明堂 ♪カステラ一番、電話は二番

[みど] 2013年8月29日 09:00

言わずと知れた、カステラの「文明堂」。 本店は日本橋室町1丁目に構えています。

知名度の高さは老舗ということもあろうかと思いますが、 それ以上にテレビCMの

影響が大きいと思います。

(最近の若い方はご存知ないかも知れませんが)

"♪カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは文明堂"~の CMはあまりにも

有名です。 オッペンバッハ「天国と地獄」の軽快なリズムにのせて、 小熊の

ぬいぐるみが ラインダンスを踊るCMは昭和38 (1963)年から登場したとのこと。

正式名称は「文明堂豆劇場・小熊のダンス」というそうです。

 

ちなみに♪カステラ一番、電話は二番、ということで支店など の電話番号が

そろえられて、全国で2番は80本、 他に20番 200番などを確保している

ようです。 文明堂東京の本社は「03-3351-0002」、西日本支社は

「0568-23-0002」、お客様相談室は「0120-400-002」と いった具合です。

 

ところで、最近、♪カステラ一番、電話は二番のCMを 見かけないので、

もうやっていないのかと思いお店で聞いて みたところ、

「今でもCMは放映していますよ。ただ、本数は 少ないことと深夜なので

あまり見ないと思いますけど」 との回答でした。

直近では、9月2日深夜27時05分フジテレビの「プレミアの 巣窟

<Mナイト>」という番組内で放映されるとのこと。

また文明堂のホームページでは「なつかしのCM」として 動画を

掲載していますので、ご覧ください。

http://www.bunmeido.co.jp/museum/cm/

 

 

株式会社文明堂東京

東京都中央区日本橋室町1丁目13番7号

TEL:03-3241-0002

http://www.bunmeido.co.jp/

 

001.jpg

002.jpg

 

 

♪人が輪にな~る(ソレ)輪が花になる~♪

[小江戸板橋] 2013年8月16日 09:00

夏の夜がしだいに深まるころ、そびえ立つビル群の明かりが輝きを増してきます。

その谷間から、盆踊りの楽曲と笛・太鼓のお囃子が流れてきます。

バルコニーから身を乗り出しても、ビルの陰で会場は見えません。

きっと、小学校の校庭や、寺院の広場で、地域の人たちが踊りの輪を作っているのでしょう。

お囃子を聞いていると、自然に歌が口をついてきます。

「ひぃとが輪になる、輪が花になる」

ああ、この歌詞って、いいな。

人が集まって、踊りの輪を作って、花のように広がっていく。

ちょうど花火が、夜空に大輪の花を開かせる姿に重なります。

滝田常晴さんの作詞に、藤田まさとさんが補作詞してできたものと聞きます。

 

学生生活を送るために上京した年に、何を血迷ったか、盆踊り講習会に参加した事があります。

その時のレッスン曲の一つが、この『大東京音頭』でした。

相当本格的な講習会で、参加者はベテランの方々、浴衣をキリリと着こなしています。

学生は私だけ。

「スジがいいですね。お若いですから、このまま続ければ、名取も・・・」

社交辞令であることは分かっています。

 

でも思えば、盆踊りって、私の身近にありました。

福島県会津若松市の盆踊りの中心曲は、エンヤーで歌が始まる「会津磐梯山」

遥かに仰ぐ磐梯山は、会津の地を潤す「宝の山」

家族や、子供会の仲間と連れ立って、街の目抜き通りにしつらえられた櫓を囲みます。

通りの端から端まで輪が広がり、時間が経つにつれて二重にも三重にも増えていきます。

振付はシンプルですから、初めての人でも、半周も回れば、十分サマになります。

「おはら庄助さん!なんで身上つぶした!」

このお囃子のところは、近くで踊っている子と張り合って、怒鳴るように叫んでいました。

櫓の周囲や商店の軒ごとに下がる提灯が、今思うと、とても明るく感じたものでした。

 

さて、ここ中央区も夏祭りや花火大会のシーズンは、盆踊りの季節でもあります。

「チュチュッとチュ~チュッと中央区 ♪」

いよっ、出ました。中央区音頭。

「これがお江戸の盆ダンス」

ダンスと言い切っちゃうんだから、ハイカラだね。

チュチュッとのリズムが、かわいいですね。

そして、これから行われる盆踊りは・・と。

8月23日(金)から24日(土)に行われる、浜町公園がねらい目です。

その名も「大江戸まつり盆おどり大会」

23日には、17時からオープニングパレードもあるんですよ。

チュチュッとの振りを、かっこよく決めるチャンスです。

 

 浴衣着ていきましょう!!

 

 

 

 

中央区の区民健康村『ヴィラ本栖』に行ってきました!

[快晴] 2013年8月12日 09:00

 6月末、富士山が世界文化遺産に登録されました。世界文化遺産の中には、もちろん本栖湖も含む富士五湖が含まれています。

 その本栖湖のほとりにある"中央区民健康村「ヴィラ本栖」"に、知人たち数名と共に行ってきました。以前から、素晴らしい施設、そして静かな本栖湖をはじめ周りに多くの見学場所があると言っていましたが、今回初夏に訪れる機会を得ることができました。


ck1308_20130808 (1).jpg 「ヴィラ本栖」は、平成25年3月24日にリニューアルオープンしました。

 運営やサービスは、135年の歴史を誇る富士屋ホテルが担当しています。私たちはレストランで、和食・洋食ともに味わってみましたが、一泊二日における食事でも、とにかく素晴らしい味だったことが印象でした。(右写真はパンフレットから)


都内からの交通機関は

・車ですと、中央高速の河口湖インターチェンジで降り、国道139号線を走り東京からホテルまで約2時間15分ほどです。 

・電車の場合は、JR中央線の大月駅で富士急線に乗り換え河口湖駅で下車、路線バスに乗り「本栖入口」で下車後徒歩20分。東京から約3時間ほどです。

・中央区からは、直通バスの便があります。乗車場所は、区内の日本橋、月島、京橋を回り、東京駅八重洲南口に近い八重洲富士屋ホテル前からの出発ですので大変便利です。


料金は

区民、区内在勤に比べ、区外の方は少々高くなりますが、私たちの泊まった時は、他区の方もいらしていました。


部屋は

ck1308_20130808 (2).jpg和室(10畳)、和洋室(6畳+2ベッド)、洋室(2ベッド)、和室「本栖」(10畳+8畳)、洋室「富士」(2ベッド+居間)、和洋室「さくら」(8畳+2ベッド) など様々なタイプがあり、広くてゆっくりと休むことができました。

また森の中には、素敵なコテージが2棟建っていて、1棟の定員は10名で、バス、トイレ、キッチン、テラス付きで、バーベキューの設備も整っているそうです。

 

 

レストランの周囲は大きな全面大型透明ガラスで、とにかく新緑の樹林が美しく映え、本当に爽快で、すがすがしい気分を味わうことが出来ました。

館内を回ってみると、テニスコートや駐車場、トレーニングルーム、ラウンジやオーディオルーム、大広間や研修室、大浴場、家族風呂の他、サイクリング用自転車も用意されていました。

大浴場は天然温泉ではありませんが、広い浴場の全面大型ガラスの窓からも美しい新緑の樹林が映え、早朝にすがすがしい気分を再度味わいました。

中庭からは、西洋風のホテルが美しく芝生に映えていました。

早朝、本栖湖の散策にでました。全国でも屈指の水深138メートルの深度、透明度と相まって素晴らしい湖水でした。千円札の裏面の富士山はここ本栖湖北岸からの景観ということがうなずけました。

 

また、事前予約が必要ですが、有料でネイチャーガイドのツアーがあるそうです。ガイドの内容は、本栖湖周辺や青木ヶ原の樹海、風林火山の武田信玄ゆかりの史跡めぐり等があり、具体的な場所の指定もできるそうです。

私たちは、ホテルで専用のマイクロバスを出してもらい、到着当日は、富士山の西麓 富士宮市朝霧高原にある『富士花鳥園』を見学しました。ベゴニア1300株のほか、多くの花々の見事な大温室、世界中のフクロウ・ミミズク39種類が歓迎してくれました。見どころが多く、運転手さんの言われた見学時間ではとても時間が足りませんでした。

ck1308_20130808 (3).jpg ck1308_20130808 (5).jpg

 

翌日は『西湖いやしの里』を見学。「日本のふるさと」ともいうべき農村風景を再現した体験型の施設でした。

ck1308_20130808 (6).jpg

 

まだまだホテルの周辺には見どころが多くあるようです。皆さんもこの中央区の素晴らしい区民健康村を利用されてはいかがでしょうか。

 

施設のご利用についての詳細は、

中央区役所 地域振興課区民施設係(TEL:03-3546-5623)

または 

中央区立区民健康村「ヴィラ本栖」

山梨県南都留郡富士河口湖町本栖字上野原218-119

TEL:0555-87-2711  申込専用フリーダイヤル:0120-162312

 
料金や詳しい情報はこちらから

 ホームページ http://www.chuo-villamotosu.jp/ 

 

※中央区役所、区民センター、区民館等に、パンフレットが置いてありますのでご活用ください。

 

 

区内で出逢った素敵な人 ~その3~ 「日中友好は身近なところから」

[下町トム] 2013年7月26日 09:00

中央区にお住まいされている方、あるいは勤められている方の中から、素敵な人をご紹介することにしています。今回は第3回目です。
お訪ねしたのは、銀座2丁目にオフィスを構える「飯沼総合法律事務所」の顧問であり、法学博士である胡健芳さんです。 ティファニービル.JPG

 

銀座のメインストリートにひときわ眼を引くオシャレな〔ティファニー〕のビル。その7階に「飯沼総合法律事務所」が入居されています。ある日の夕方、こちらに胡さんをお訪ねしたところ、気さくにインタビューに応じていただきました。にこやかに丁寧に対応していただいたので、少し緊張していたぼくの気持ちもすっかり和らぎました。

 

胡さんは、中国・上海のご出身。名門・復旦大学をご卒業後、海外への留学を決意されました。米国、豪州、日本の3国に絞り込んだ結果、日本に決められたそうです。日本を選んでいただき、嬉しく思います。ただ留学前には日本のことをそんなに詳しく知っていたわけではなく、日本語もほとんど話せなかったそうです。そんななか勇気をもって決断し実行された行動力に頭が下がります。

 

中国語契約書.jpg

日本では上智大学で法学を学ばれました。大変良い先生にめぐり合えたそうです。その後も法律の勉強を続けられ、今では、諸外国とのビジネスにおける契約のアドバイスやコンサルティングを主なお仕事にされているとのことです。著書もいくつか上梓されています。海外ビジネスがますます進化する現代においてはご活躍の場が一層拡がっているようです。

 

 

トム 「海外でのビジネス展開において必要な考え方はどのようなものでしょうか?」

胡さん 「哲学+ビジネス+法律の3つがきちんとつながることです」

トム 「そうですね。うっかりすると目先の利益に眼を奪われて本当にやりたかったことを見失うことにもなりかねませんね。〝哲学〟って大事ですね」

胡さん 「そのとおりです。何か迷ったら一度原点に戻って考えてみるということが大切です。すなわち〝哲学〟の無いビジネスは長続きしません」

 36計.jpg

胡さんは「ビジネスには〝哲学〟が大事」とおっしゃるように、普遍的な価値について深く考察されているようにお見受けしました。事実、高校時代から興味があったという「兵法」をどうビジネスに生かせないかと思案されているとのことです。日本でもよく知られている「孫子の兵法」のほか、有名な「兵法三十六計」の一部を教えていただきました。36のうちの一つ「抛磚引玉」というものは「価値の無いものを敵に渡して、価値の高いものを手に入れる」という意味だそうですが、確かに現代の外交やビジネスでも使える教訓だと思います。ちなみに「三十六計逃げるに如かず」という言い草はこの兵法には直接関係無く、恐らく誰かが「兵法どころかとにかく逃げろ」というような意味で用いたもののようです。

 胡先生と.JPG

胡さんと話していると、けっこう話が弾んで、とてもリラックスした気分にさせていただけました。胡さんのお人柄だと思います。日中間では政治的にはギクシャクした部分もありますが、こうして身近なところから心を開いて交流することの重要性を再認識しました。隣国同士なんですから〝日中友好〟を進めたいものです。

 ミキモトラウンジ.jpg

 

帰りがけに胡さんに〝おすすめのランチスポット〟を教えていただきました。同じ銀座2丁目にある〔ミキモトブティック〕3階にある〔ミキモトラウンジ〕。1,500円でゆったりと豊かなランチタイムを愉しめるとのことです。う~ん、確かに素敵そうだけど、男一人では入りにくい感じがします。でも一度訪れてみようと思いました。

 

 

胡さんとの爽やかな会話を終えて銀座の町に足を踏み出せば、夏の宵の薄明るさの中に都会のおしゃれなセンスが風に舞っていました。

 

 

知らなかった「ニューキャッスル」閉店

[さとけん] 2013年4月25日 14:00

19日の朝、気持ちのいい散歩をしていましたら、「ニューキャッスル」が閉店していました。お店には貼紙があって、多くの人の書き込みがありました。

 

残念ながら食べたことはありません。、一度は食べてみたかったです。甘くて辛い「辛来飯」とはどんな味がったのでしょうか。

 

元数寄屋橋阪急もあったビルも取り壊されていました。中央区民なのに知りませんでした。歩けば、多くの建物が解体・建築されていて、少し行かないと

 

町並みがどんどん変わりますね。それも魅力的ですが、気になるお店にはどんどん入って行こうと思った次第でした。

 

 

DCIM0008.JPG     DCIM0009 (1).JPG

 

 
<<前のページへ 4567891011121314