中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


第33代中央区観光大使・ミス中央本選会 拝見報告 

[銀造] 2014年9月16日 09:00

 2014年9月13日(土)、日本橋三越本店にて、第33回中央区観光大使・ミス中央選考 本選会が開催されました。

檀上に皆さんお揃いになりました。 流石に、予選会を勝ち抜いてきた美女、淑女です。

「いずれ菖蒲か 杜若」,「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」

DSC05454 (240x135).jpgDSC05455 (240x135).jpg

 

参加者の皆さんは、現役大学生、有名専門店、百貨店、商社などにご勤務の才媛揃いです。

ご趣味もお茶、お花に限らず、スポーツインストラクターとか元気な方々が出場されていました。

ご出身も中央区に限らず、国際的で、台北出身で中央区在住とか、大阪出身、福島県出身とか地方色も豊かですが

現在在住の方、生まれついての中央区というかたも、地元を愛する気持ちが強く伝わってきました。

DSC05507 (240x135).jpg

勝ち残った3名のお嬢様方の、第33代中央区観光大使・ミス中央の誕生です。Congratulations ! Para bems !

第33代中央区観光大使・ミス中央のお名前は、中央区観光協会のHPでご確認下さい。

DSC05511 (240x135).jpg

 

今後 一年間のご健勝とご活躍を祈念しております。

(日焼けしないように予防して下さいね。

PS.今回は、第28代中央区観光大使・ミス中央を務められた澤田知美さんが審査員としていらっしゃいました。

  私は2009年9月に、澤田知美さん、三上真奈さん、高城あずささんが第28代中央区観光大使・ミス中央に選ばれた時からのファンです。

  元観光大使・ミス中央の方々のご活躍をも祈念しています。 銀造

 

 

 

完成!明正小学校明正幼稚園

[さとけん] 2014年8月 3日 14:00

竣工した明正小学校の一般公開に行ってきました。

毎日通るところなので、工事の進み具合を見ていましたが、大変立派な校舎が完成しました。

まもなく元気な子供たちの歓声が聞こえてくることでしょう。

建物は小学校、幼稚園、児童館が併設され、また子育て交流サロン「あかちゃん天国」や学童クラブも新設されます。

校舎内は昔の木造校舎を思わせる雰囲気でとても落ち着きます。

正面玄関     小学校側 

aGetAttachment.jpgbGetAttachment.jpgcGetAttachment.jpgdGetAttachment.jpgfGetAttachment.jpgeGetAttachment.jpggGetAttachment.jpghGetAttachment.jpgiGetAttachment.jpgjGetAttachment.jpg

kGetAttachment.jpglGetAttachment.jpg

 

 

最高のおもてなし

[小江戸板橋] 2014年7月30日 14:00

このような方が、観光協会特派員にいらしたんだ。

何とも誇らしく、そして懐かしく感じられました。

「まち歩き引率者講習(おもてなし講座)」の講師は、日本橋高島屋でコンシェルジュをなさっている、敷田正法(しきた・まさのり)さん。67歳。

力強さを柔らかな表情で包み込んだ、恰幅の良いおじ様。

その、良く通る声と豊かな表現に、話の中に心地よく引き込まれました。

 

「江戸まち歩き引率者講習」は、中央区の観光協会特派員や文化財サポーター、観光大使・ミス中央などを参加対象としたワークショップです。

今年度は、引率者の役割や心得、旅行に関する法令などの2回の座学と、モデルコースを設定して実際に引率する実地講習を行い、7月29日に4回目のワークショップとして「おもてなし講座」が開催されました。

2020年には東京にいて、「その時の自分ができる関わり方をしてみたい」との思いから、私も参加してきました。

 

敷田講師は、デパート業界の歩み、状況分析から始まり、高島屋の経営理念、顧客満足、そして「最高のおもてなし」を追求しているコンシェルジュとしての姿を話してくださいました。

これらの内容は、ともすると、多くのビジネス書などからも得ることができる事柄かもしれません。

しかし、時間が短く感じられるほど、一つひとつが素直に体に入ってきました。

自らが取り組んでこられた、様子が思い描けるエピソードの数々が魅力的でした。

「情報を持っている友人をたくさんつくること。それは、情報の引き出しになる。」

「お客様に近づいて、寄り添った答えを探す。」

「お客様に、選択肢のある答えを用意する。」

敷田コンシェルジュの魅力は、その状況に気づき、素早く行動し、笑顔が生まれることを楽しんでいらっしゃる所にあると感じられました。

 

そういえば、私、3回目のワークショップの引率実地講習を、しばらく記憶から消していました。

旗を持って先導しながら、要所要所で案内するシミュレーションはしていたつもりだったのですが、曲がるべき角を一つ間違えて、横断歩道のない道を渡りそうになったのを手始めに、引率の列はバラバラになるわ、道いっぱいに広がるわ、指示を出そうにも適当な言葉が出なくなるわで、この実習はなかったことにしてしまおうと、酒をあおって忘れてしまいました。

「力が及ばなかった悔しさを、素直に認めて、次に生かせばいいじゃないですか。」

敷田講師から、そんな励ましをいただいたような気がしました。

 

ところで、先に「懐かしく感じられた」と書きました。

学生時代に、お中元・お歳暮の時期に高島屋さんでアルバイトをしており、もしかするとその折にお会いしていたかも・・・。

 

 

 

ゴルフ練習場『E.I.ゴルフシティー』

[みど] 2014年6月19日 09:00

中央区にもゴルフ練習場はあるのです・・・と言っても「インドア」の
練習場です。場所は老舗ホテル「かずさや」の隣のビルの地下1階。
『E.I.ゴルフシティー』といいます。EはEnjoy(楽しく)、Iは
Innovation(革新的)を表すとのこと。

 

実際に練習場に入ると最新のシミュレーションマシンが設置され、
レッスンを受けている方がおりました。
シミュレーションマシンではヘッドスピードや弾道が映像で確認でき
自分のスイングも動画でチェックできるとのことです。
さらには疲れた身体のケアや練習前のマッサージもここで行って
もらえるようになっています。
貸しクラブやシューズも用意されているので、ちょっと時間の空いた
時にでもお気軽に練習できるというのも有難いです。
利用料金等はホームページを参照してください。

 

000.jpg

  

001.jpg

  

002.JPG

   

E.I.ゴルフシティー
http://eigc.jp/
東京都中央区日本橋本町4-7-1 HKビルB1F
TEL03-5542-1935
アクセス:JR新日本橋駅から徒歩2分

 

 

浜離宮恩賜庭園の動植物

[勝鬨太郎] 2014年6月 7日 14:00

ck1307_20140605.JPG


この虫はナミテントウというてんとう虫で、浜離宮恩賜庭園で見つけたものです。

ck1307_20140604.JPGナミテントウの背中の模様には色々な斑紋の種類がありますが、写真のナミテントウは黒地に二つの赤紋で、頭を上部に見て見ますと、まるでウルトラマンの顔に見えますし、またお祭りの夜店で売っているお面のようにも見えます。

浜離宮恩賜庭園には、さまざまな動植物が生息しています。
六代将軍徳川家宣が、庭園を大改修した時その偉業をたたえて植えられた三百年の松をはじめ、たくさんの植物、潮入の池には多くのカニや魚、また上空にはカモメや多種にわたる鳥たちが大空を舞っています。

 

今の時期はちょうどハナショウブの花や咲き始めた紫陽花が見頃でこの週末初夏の浜離宮恩賜庭園に出かけてみませんか。

 

 

 

「図書館大賞」があったならば。

[小江戸板橋] 2014年5月22日 09:00

「図書館で司書さんが1年間に手にする、あるいは読む本は、どれくらいの冊数になるんだろう。」

返却された本を手際よく書架に並べている司書さんの姿を見ながら、ふとそんな事を思いました。

 

ネット情報が氾濫する昨今、キーは叩いても、本を読んでいる暇などない状況にあって、「活字離れ」は出版不況をも引き起こしています。

『全国書店員が選んだ いちばん売りたい本』

このキャッチコピーが目に飛び込んできたとき、思わず、「オオッ」と前のめりになりました。

書店員の投票によって選ばれる「本屋大賞」。

新刊を扱う書店員だからこそ、売り上げの動向も押さえた、旬なチョイスができるのですね。

 

では、図書館司書が選ぶとなると、どうなるでしょう。

新刊に限らない、さまざまなジャンルからのエントリーがあるでしょうね。

長く実績を残してきた作家さんに、再び日の目が当たるかもしれない。

絵本や図鑑に票が集まるかもしれない。

思いもよらない、固めの本が選ばれたりすることも・・。

 

中央区内の区立図書館は、3館あります。

・京橋図書館 (築地1-1-1)

・日本橋図書館 (日本橋人形町1-1-17)

・月島図書館 (月島4-1-1)

3館とも、複合施設の中にあるのが特徴です。

京橋図書館は、中央区役所の地下1階・2階。

日本橋図書館は、日本橋小学校の5階・6階。

月島図書館は、月島区民センターの3階です。

 

私は、地域資料を探すときに、図書館カードを利用します。

インターネットで気軽に検索できる時代ですが、書庫の匂いがなんとなく伝わってくる本を、重みを感じながらページをめくる感覚は、厳かな儀式のようで心なしか背筋がすっと伸びます。

街歩きの途中で、ひょいと立ち寄ることもあります。

今見てきた街中のシーンを、タウンガイドなどの活字で追体験することも、なかなか興味深いものです。

閲覧席が空いていたりすると、ラッキー。

中央区の図書館には、椅子の展示室のように、さまざまな種類が置かれています。

この椅子の種類の多さも、お気に入りの一つです。

 

図書館内は決められた場所以外「スマホ・携帯は使用禁止」の掲示があるのですが、奥の書棚の陰になる椅子に座ったおじさんは、ひたすら指でピコピコ。

じーーっと見ていたら、視線を感じたらしく、そっとポケットにしまい込みました。

 

日本橋図書館は、さまざまなテーマで展示をしています。

先日寄った時にも、「いちおしの児童作家、ちゅうもくの絵本作家」など、関連図書をならべて紹介していました。

館報の「来!BuRaRi にほんばし」は、概ね3か月おきに発行されています。

バックナンバーを集めてみると、毎号、職員の方々の思いの込められた面白い紙面に出会えます。

 

最近、「読んでもらいたい本を紹介しあい、どの本が一番読みたくなったか」を競う、ビブリオバトルがひそかなブームになっていると聞きます。

「知的書評合戦」とも呼ばれています。

他の人にも勧めたくなるような本に巡り合えること自体、とても幸せなことです。

 

実は私、司書の仕事も魅力的だなと思った時代もありました。

しかし、古書の粉じんでアレルギー反応が出て、咳が止まらなくなるきつい目に合い、その道を断念。

司書の方は、古書の粉じんにもめげない、ひたすら本に強い人のはずです。

読書のプロが選ぶ、図書館司書大賞。

その大賞に輝いた本ならば、ぜひ手にしたいと思いました。

 

 

 
<<前のページへ 4567891011121314