中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


居酒屋 お昼に行こう

[CAM] 2015年11月12日 18:00

(少し、ブログの主題からは外れるかもしれませんが)

 

 特派員交流オフ会の案内をいただきました。

 開催場所が銀座の某居酒屋ですが、日時が土曜日の昼になっているので、

最近の世間の情勢に疎くなっている老人としては「?」と思っていました。

  

 ところが、今日の日経新聞で、下記の記事を発見、納得しました。

 

 

>居酒屋、お昼に行こうシニア・親子連れが楽しむ(トレンドサーチ)

2015/11/10  日本経済新聞 朝刊  15ページ  782文字 

・・・・・・・「かんぱ~い」。祝日の昼、東京都渋谷区の居酒屋「北の味紀行と地酒 北海道 恵比寿ガーデンプレイス店」で声が響いた。学生時代のサークル仲間25人が集まった宴会だ。席の脇にはベビーカーが並び、子どもたちが大人に交じりジュースを飲む。幹事の男性(41)は「夜の宴会に子連れで来てもらうのは難しいから昼にした。ただ、この人数を受け入れてくれる場所は少なく、ここを見つけた」と話す。
 北海道各店では午前11時から午後5時まで「昼宴」メニューを用意する。通常2時間1200円の飲み放題メニューが無料。「シニアや昼の宴会需要をとりこみたい」(運営するコロワイド)・・・・・

 

 

 

東京シャトル~中央区の玄関口八重洲から世界へ~

[之乎者也] 2015年10月13日 09:00

西安から日本に観光に来ていた友人が2週間の個人旅行を終えて帰国することになりました。本当は空港まで送りたいところ、平日で仕事を休むわけにもいかず、東京駅近くの成田空港行きのバス停まで見送ることになりました。

東京から成田空港へのアクセス方法は電車(成田エクスプレス、京成スカイライナー)、空港バスがありますが、2012年以降、日本でもLCC飛行機が本格的に就航を始めたことに伴い、バスについては、箱崎TCATからのエアポートリムジンバスに加え、東京駅周辺から出発する格安高速バス(LCB)も運行されるようになりました。Tokyoshuttle1.jpg本日は、友人を送る際に取材をした八重洲から出発するLCBとその待合室についてご紹介したいと思います。わが中央区の玄関口である八重洲からは2つのLCBが運行されています。一つは「THEアクセス成田」。平和交通とJRバス関東による運行で、銀座数寄屋橋前バス停発、東京駅八重洲口JR高速バスターミナル(千代田区)経由で成田空港まで1,000円で結んでいます。

もう一つは「東京シャトル」。京成バスによる運行で、外堀通り沿いの京成バス3番バス停(中央区)から同じく1,000円(発車オーライネット・楽天トラベルにより事前予約ができ、その場合は900円に割引)です。

それぞれ1日50数往復が運行され(3社で1日あたり164往復)、特にLCB2社はLCCの早朝便に対応した深夜運行もしていることから、その便利さや料金の安さ(リムジンバスの1/3程度)もあって常にほぼ満員、日本人のみならず海外からの観光客の利用もかなり多いようです。一方、利用者が増えるにつれ乗車はTCATのような立派なバスターミナルではなく、吹きっさらしのバス停からの乗車なので雨風の強いときはバスを待つのもちょっとつらいところもありました。

そのような利用者の声に応えてでしょうか、各LCBでは昨年来バス待合室が整備されています。THEアクセス成田の場合、昨年12月よりJRバス関東との共同運行を始めたことに伴い、成田空港行乗り場も(それまでの)八重洲通り沿いのバス停からJR高速バスターミナル7番バス停に移動し、利用者は東京駅グランルーフ下のJR高速バス待合室を利用できることになりました。

東京シャトルも昨年7月、外堀通り沿いの八重洲ロータリービル1階・2階に「京成高速バスラウンジ」を設置しています。Tokyoshuttle4.jpgのサムネイル画像京成高速バスラウンジは早朝から深夜まで利用可能。バスの発車時間まで快適に座って待つことのできるベンチがあるほか飲み物の自動販売機、トイレも完備されています。Tokyoshuttle3.jpg

海外のみならず国内各地(関西、福岡、札幌、高松など)からのLCC就航も年々増え、LCC専用の第3ターミナルができた成田空港経由のLCC利用は今後ますます増えるかと思います。中央区はそんな成田とLCBで直接結ばれており、今後もますます国内外のお客さんの訪問が期待できそうです。我々特派員もそんなお客さんに中央区をもっと楽しんでもらえるような穴場を紹介し続けたいところです。Tokyoshuttle5.JPG

京成高速バス(東京シャトル)ラウンジ】

〒103-0028 中央区八重洲1-7-17 八重洲ロータリービル1F・2F

(八重洲地下街からは18番出口を出るとすぐ目の前)

営業時間:0400(早朝)~0200(深夜)

*東京シャトルは、ラウンジ目の前の外堀通りを150メートルほど北に進んだ共同ビル前(京成バス3番乗り場)から乗車(上記地図参照)。

 

 

中央区版Vélib(コミュニティサイクル)~その2~

[之乎者也] 2015年10月 6日 16:00

先に、ブログ記事 「中央区版Vélib(コミュニティサイクル)始動!(http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/10/velib.html)」 でご紹介した中央区のコミュニティサイクル(CC)がスタートしましたので、初日の10月1日に早速使ってみました。とはいえ、本日は平日でお仕事なので、観光では無く通勤での利用です。

既に中央区役所のプロモーションで会員登録はしてあるので、先ずは自宅でCCのホームページ(http://docomo-cycle.jp/chuo/)にアクセスして近所のポートの「利用可能自転車数」をチェックします。8台が利用可能ということで鉄砲洲児童公園のポート(B01)に予約を入れ、いつもの出勤時間と同じ8時45分過ぎに家を出てポートへ向かいます。予約と同時にメールで送信された自転車番号とパスコードを入れると電子錠が開き、ラックから自転車を引き出せました。Velib6.jpg早速自転車に乗って走り出します。

車輪が小さめなので車道を走るのはやや心配でしたが、電動アシストが付いているので少しこぐだけで車道を走るにも十分なスピードが出ます(ちなみに歩道を走行の際には直ちに停止できるよう徐行(十分スピードを落とす)するのがルール(道路交通法第2条第1項20号、同第63条の4第2項)ですのでご注意を!)。Velib7.jpg

この時間帯、道も渋滞していることも多く、湊・八丁堀エリアから八重洲まではタクシーやバスを使っても15分くらいかかることも多いのですが、今日はなんとその半分の7分で京橋に到着しました。途中、路上駐停車中の車などの障害はありましたが概ね順調なサイクリングでした。Velib8.jpg

柳通り沿いにある東京スクエアーガーデン・ポートのラック(B02)に自転車を差し込み、施錠して返却完了!

  

好きなときに借りて好きな場所で返せる。。。Vélib(仏:自転車+自由)の名前の通り中央区観光の楽しみが一つ増えました、今から週末の利用が楽しみです。

 

 

中央区版Velib(コミュニティサイクル)始動!

[之乎者也] 2015年10月 1日 14:00

2007年にパリでスタートして以来、フランス各地、スペイン、イギリス、イタリアなど欧州で広がりを見せるVelibの日本版、コミュニティサイクルが中央区でも10月から始まることになりました。10月1日からのスタートに先立ち、中央区役所、月島出張所にてプロモーションならびに無料体験試乗会が行われています。Velib1.jpg

コミュニティサイクル(CC)もしくはVelibとは、自治体等が提供する24時間無休の自転車貸出システムで、自動車利用の削減を主目的として、地域内に複数のポート(自転車貸出所)を設置し、市民や観光客は予め登録をしておくことにより、好きなときに好きな場所で自転車を借りて、好きな場所で返すことが可能となるサービスです。30分以内のような短期利用も可能なので、通勤・通学にも利用可能なうえ、1台の自転車を複数の人で共有できるので、日本でも課題となっている放置自転車の削減にも役立つことが期待されます。地球環境に優しい自転車の利用を促進するものであり、京橋環境ステーションを拠点としてエコタウン構想を推進する中央区(http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/07/post-2597.html)に相応しい施策であるといえるでしょう。Velib3.JPG

レンタルされるのは赤・黒二色のシックな電動自転車です。Velibとはフランス語の「vélo(自転車)」と「libre(自由な)」の合成による造語ですが、区民や観光客に、江戸バスとともに中央区を自由に楽しむ選択肢として期待されます。Velib4.jpg

当初は、中央区役所、東京スクエアガーデン、トリトンスクエア、十思公園など18箇所のポート(駐輪所・貸出所)からスタートするようですが、区内でも利用状況に応じてポートを増やす計画があるほか、既に導入済の江東区、千代田区、港区等のCCとの相乗入れも予定されているようですので、お出かけや観光にも便利な足となること間違い無しです。Velib2.JPG

ただし、区内ではまだ自転車専用レーンの整備は遅れているため(加害者、被害者双方にならないよう)運転には十分にご注意を!

 

 

東京高速道路~銀座を囲む現代の長城~

[之乎者也] 2015年8月16日 14:00

東京高速道路という道路をご存知でしょうか?新京橋から蓬莱橋(新橋)まで銀座をぐるっと囲む形で走る高速道路です。あたかも銀座の街を守る城壁のようにも見えるこの道路、銀座を歩いたことのある方であれば必ずや目にしたことがあるのではないでしょうか?私のブログ記事でも何回か登場(『銀座の酒屋さんで「ちょい飲み」~銀座君嶋屋殻』他記事:

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/08/post-2627.htmlしているので、今回はこの高速道路について取り上げたいと思います。tokyokosoku4.jpg

高速道路といえば東名高速道路など国の道路、東京では首都高速が思い浮かびますが、銀座を取り巻くように走る全長2kmのこの道路は民間企業が中心となって1951年に設立(道路開業は1959年)された高速道路です。tokyokosoku3.jpg

首都高速八重洲線(Y)、都心環状線(C1)と連絡して首都高速都心環状線のバイパスの役目も果たす道路なので、ドライバーの方であれば気がつかないうちに1度は通ったことがあるのではと思います。tokyokosoku1.JPG

【東京高速道路地図(出所:東京高速道路㈱HP)】

 

さらにはこの道路、高速道路ではあるのですが通行料が無料という点もユニークです。

首都高速からの乗り入れの場合は勿論ですが、例えば新橋駅前の土橋入口(銀座8丁目)から入って新京橋(銀座1丁目)で降りればお金を払う必要なし、もともと銀座の渋滞を解消するために作られたことや外堀、京橋川、汐留川を埋め立てて作ったこともあり無料としたようです。一方、無料で建設費や高速道路の維持管理はどうするのかという疑問がわきますが、その秘密は、高速道路の下のスペースの活用。tokyokosoku2.JPG

【東京高速道路概念図(出所:東京高速道路㈱HP)】

 

3階部分が高速道路として使われる一方、下のスペースは、約400の店舗が入居する商業スペースになっています。銀座インズ、西銀座デパート、銀座ファイブ、コリドー街、銀座ナイン等みなさんのおなじみの飲食店街のほか、タクシー会社、駐車場などのスペースとして活用されており、これら銀座の一等地の10万㎡のスペースから得られる賃貸収入で高速道路の運営費用を賄うという、以前ブログ記事「江戸バスの屋根付きバス停」でご紹介したPPP(官民連携パートナーシップ: http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/08/post-2618.html)を先取りしたような画期的な仕組みが使われています。

 

さて、東京高速道路の下のお店ですが、冒頭紹介した立ち飲み屋さんの銀座君嶋屋さんを始めとして魅力的な店が揃っています。次回以降『特派員の商店街訪問』で逐次紹介したいと思います。乞うご期待!

 

 

江戸バスの屋根付きバス停

[之乎者也] 2015年8月 5日 08:00

赤くてカワイイ江戸バス。中央区民の大事な足ですが、区内観光にも便利な乗り物で中央区特派員ブログでも江戸バスを使った観光案内がたくさん紹介されています。edobus4.jpg

さて、ある日八重洲通りを歩いていると、都バスのバス停の近くに屋根つきのバス停(シェルター)が!(左側写真)。多くのedobus1.jpgバス停、特に江戸バスのバス停といえば右下の写真のようなポールが一本建っているだけの簡単なものが多いですが、edobus5.jpgここ八重洲通りの「いちよし証券前(八重洲通り東)」の北循環バス停には、ベンチに加え立派な屋根とガラスの壁がついていて、雨や風の強いときでもバスを待つのに安心です。昨年12月に江戸バスのバス停に新設されたそうで、八丁堀のいちよし証券前のほかにも聖路加病院、晴海、浜町など既に7箇所が整備されているようです。

edobus3.jpg良く見るとバス停の横のガラスの壁には、ちょっとおしゃれなファッションや化粧品などの広告が入っていて(上の写真)、近くの地味な都バスのバス停(「ちょこっと走れば、違う街♪」:下の写真)と比べて都会的なセンスの良さを感じます。edobus2.jpgそれもそのはず、もともとフランスの広告代理店のJCDecaux(ジェーシードゥコー)が始めたビジネスで、「広告付バス停留所上屋」というのが正式な名前だそうです。バス停側面に広告を出しているファッション会社などからの広告料で、バス停の設置と維持管理の費用をまかなっており、バス停の整備のために東京都や中央区などはお金を払う必要が一切ないという、いわゆるPPP(官民連携パートナーシップ)によるものです。中央区の場合JC Decauxと三菱商事の合弁会社のMC Decaux(エムシードゥコー)が実施しており、中央区のほかにも全国45都市で似たような広告付きバス停が整備されているそうです。たかが「バス停」ではありますが、聖路加病院、八丁堀、浜町などから江戸バスを使うときは、ちょっと注意してみたらいかがでしょうか。