中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


聖路加辺り、秋色に染まっています。E' museo!

[銀造] 2009年11月26日 08:30

 新富町駅から、あるいは築地駅より築地本願寺を経由して築地川公園、聖路加看護大学

辺りを散歩してみましょう。 まさに、自然が織り成した芸術の世界です。

 築地川公園の紅葉した「ハナノキ」と黄葉の「ケヤキ」、後ろの緑の「クヌギ」が綺麗です。

CIMG3418.jpg

 播州赤穂藩浅野邸跡、芥川龍之介の碑を通って、聖路加の前を通ります。

CIMG3416.jpg

 「ユリノキ」、英名「チューリップ・ツリー」が黄葉しています。

CIMG3419.jpg

 ちょっと文化的な、「慶応義塾発祥の地」、「解体新書」などの碑を見て、周辺の居留地跡に

創設された大学の碑を巡るのも楽しいですよ。 そして、

CIMG3420.jpg

 「タイム・ドーム明石」の裏手にある、あかつき公園へ入ってみると、

日本の近代化に多大な功績と、物議をかもした著名な方の胸像が。 シーボルトさんです。

 この人によって、日本の桜草とかの植物は、ラテン名にて学名登録されたのですね。

ちなみに、「サクラソウ」は、Primura sieboldii で、このsieboldii と付いた植物名は幾つ?

CIMG3422.jpg

 聖路加タワーも素敵ですね。この裏手の隅田川テラスにも米国公使館の石碑モニュメントが。

CIMG3423.jpg

 あかつき公園を出ると、黄金に色づきつつある「モミジバフウ」(楓)です。

残りの緑との調和は、絵の具を塗った油絵が輝いている様です。

CIMG3424.jpg

この<まるごとミュージアム!>の賞味期限は、12月2日ぐらいまででしょうか。

お早めに。

銀造

 

 

日本橋川を歩いて

[銀造] 2009年11月24日 08:30

 皆さん、日本橋川は、どこから何処まで流れているかご存知ですか?

そんな疑問とロマンを訪ねて上流の某地点から神田、龍閑橋を経由して河口まで歩きました。

CIMG3323.jpg

 龍閑橋の歴史と由来の説明です。

CIMG3324.jpg

CIMG3331.jpg

 龍閑橋を過ぎて、国指定の重要文化財の日本銀行前の常盤橋へ。

CIMG3332.jpg

 常盤橋。江戸城からここを経由して日光街道や奥州街道にお出かけなさったとのことです。 

CIMG3337.jpg

 常盤橋の次は、後藤と後藤で一石の、一石橋です。迷い子のしるべで有名ですね。

CIMG3343.jpg

 西河岸橋を右手に見て、日本橋へ到着。ここまで約2時間半かかりました。

CIMG3352.jpg

 日本橋川の水は、何処へ?

CIMG3354.jpg

 都選定歴史的建造物の、三菱倉庫江戸橋倉庫ビル。

CIMG3355.jpg

 湊橋の欄干には船のレリーフがデザインされています。

CIMG3368.jpg

 悲しい歴史の高尾稲荷神社。 そのご由緒は?

CIMG3372.jpg

 木の説明板もありましたが、

CIMG3374.jpg

 金にはなびかぬ、女の心意気。 伊達じゃねえ!

CIMG3378.jpg

 日本橋川の最後の橋、豊海橋です。 その奥に、永代橋が見えます。

CIMG3377.jpg

 日本橋川の水は、隅田川に注ぎ、東京湾、そして大海へと流れていきます。

CIMG3384.jpg

江戸時代から人情とともに脈々と流れている日本橋川。

 周りの歴史を探りながら歩きませんか run

 

 

 
1