中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中秋の名月<永代橋袂>

[サム] 2013年9月20日 09:00

2013919.jpgDSC00045LS.JPG 今日9月19日は旧暦の8月15日。今宵の月は「中秋の名月」。

実は月の満ち欠けの周期がピッタリ1ヵ月でないことから年により微妙なズレが生じ、「中秋の名月」が必ずしも満月とはならない。今年は「中秋の名月」が満月となる2010年代で最後のチャンスとされる。

一般的にはこの時期は台風が襲来したり、本州付近に前線が停滞することが多く、なかなか広い範囲で月見日和とならないと云われるが、今年は全国的に晴天に恵まれ、月を愛でる絶好の条件が整った。

見晴らしのいい観光スポットでは種々の月見のイベントが組まれていると聞く。

ここは永代橋の袂。川面を屋形船が行き交う中、ブルーにライトアップされた永代橋の頭上、晴れて澄んだ秋空に真ん丸な "お月様" が輝いている。

因みに次回の「中秋の名月」が満月となるチャンスは2021年とか。

 

 

 

中央区界巡り②

[さとけん] 2013年9月18日 09:00

ひさしぶりの投稿です。

夏真っ盛りの昼に、再び区界を歩いてみました。

 

小伝馬町の方から神田方向に歩いていて、JRの高架下で区界を見つけました。

 

小さな飲み屋街で、お店の人が飼っているのか猫が何匹か寝そべっていました。

 

都会のど真ん中ですが、まだお昼だったせいもあると思いますが、のんびりとした雰囲気でした。

 

次もくざかいで面白い発見があるといいです。

 

1GetAttachment.jpg   1GetAttachment.jpg

 

 

"倍返しだ!" 半沢直樹 (三井本館)

[橘] 2013年9月 9日 09:00

 

honkan2.jpg

 honkan3.jpg

 

 これらの写真と似た様な場面をテレビドラマでご覧になったことはありませんか?

 そうです、高視聴率をキープしているTVドラマ「半沢直樹」が勤める「東京中央銀行」の本店として時々登場するビルです。

後ろの高層ビルは三井タワー、前のビルは三井本館です。

三井本館は重要文化財に指定されている、外装の柱に非常に特徴ある建物で歴史もあり、格調も高いのでドラマの登場銀行の本店のロケ地として使うのにもってこいだったのでしょう。

 

 今回は、国指定重要文化財の三井本館のご紹介です。

 当ビルは旧三井本館が関東大震災で被災したため、三井合名理事長・團琢磨が関東大震災の2倍の地震にも耐えられるビルを建てるということで、米国トローブリッジ&リヴィングストン事務所の設計、ジェームス・スチュワート社の施工で総工費21百万円(現在価値では約1千億円)をかけ1929年に竣工した7階建のビルです。

 

 

 ビルのコンセプトは「壮麗」「品位」「簡素」で、アメリカの新古典主義的なデザインが取り入れられ、

外側の柱はローマ風のコリント式大オーダー列柱(オーダーとは階を貫いて聳える柱)となっています。

このコリント式オーダー列柱が当ビルの最大の特徴で、格調の高さを生み出していると思います。

 

korintohasira.jpg

 exteria.jpg

 

 内部にも外部と同様のコリント式列柱があり、高い天井を支えて広々とした空間を醸し出しています。又、内装も大変豪華で格調高く一見の価値があります。

 

 更に、当ビルに入っている信託銀行の地下には米国モスラー社製の金庫があり、この扉は重さ50t、厚さ55cmで現在は貸金庫として使われています。

 当時金庫の扉を搬入するに当たり、重量制限の為日本橋上を運ぶ許可が出ずに、船で日本橋川を新常盤橋際迄運んで陸揚げしたそうです。

 

 当ビルの近くには、やはり重要文化財の日本銀行、東京都選定歴史的建造物の三越があります。三越やコレド室町などにお買い物・お仕事で来られた際には是非これらの歴史的建物をご覧下さい。

 

 

 

銀座中央通りにルイ・ヴィトンビル出現!?〔松屋銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2013年9月 6日 14:00

今日(9月4日)朝、通勤経路の銀座マロニエ通りが銀座中央通りと交わる交差点の一角に、ルイ・ヴィトンビルが出現しました。

loui1.JPG

これは、松屋銀座の大改装の一環で、マロニエ通り寄りの建物外観が大きくリニューアルされ、8階までルイ・ヴィトンのファサードが展開されたものです。モダンでありながら、タイル張りのようにも石積みのようにも見える壁面の立体感が新鮮です。

建物内部でも、ルイ・ヴィトンの売場が、これまでの1,2階に加え、3階まで増床されたそうです。

loui2.JPG

9月13日にリニューアル開店とのことで、これにより、この交差点は、ルイ・ヴィトン、シャネル、カルティエ、ブルガリのブランド交差点になります。今は隠されているショーウィンドウの飾りつけも楽しみです。

 

 

 

 

明治屋京橋ストアー一時休業

[阿舒庵亭主] 2013年9月 5日 14:00

DSC_2333.JPG

京橋を歩くと目に入る威厳のあるビルディング、「明治屋京橋ストアー」が9月20日をもって一時休業するそうです。今後は隣接する土地を合わせて「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発施設建築物」として巨大なビルに生まれ変わります。現在の外観は一部が残されるとのことです。再開業は2年後の2015年の秋口の予定です。

 

DSC_2329.JPG明治屋は明治18年(1885)に創業し、現在の京橋ストアーの建物は昭和8年(1933)に本社ビルとして建てられたものです。向かって右側の壁の建物には PROVISIONS と彫られており食料品店であることが明示されています。その歴史を調べてみると当初は郵船に PROVISIONS を供給するシップスチャンドラーとして創業されたようです。現在でも日本の主要港湾に支店を持ち船舶への食糧供給を続けています。

 

DSC_2337.JPG明治屋といえば子供の頃にテレビの宣伝で見た My Jam や My Juice を思い浮かべます。大人になってからは何か変わったものはないかと輸入品の洋酒や食品を探しに行く店です。京橋を散歩する楽しみの一つがしばらく消えることは寂しいが、是非とも今の外観を出来るだけ残して一日も早く再開業されること楽しみにしています。

 

なお、9月1日より20日までは感謝セールが開催されています。

DSC_2330.JPG

 

 

 
1