中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


浜離宮恩賜庭園の牡丹園

[サム] 2014年4月29日 09:00

      R0028551CLLS.JPG   R0028556LLS.JPG

 

 4月下旬に入り、浜離宮恩賜庭園の牡丹園では、いよいよ "百花の王" "花王"と呼ばれる、牡丹が見頃を迎えた。

園内の牡丹は60種約800株とされる。

牡丹は中国原産のボタン科の落葉小木。

同じ科の草本の芍薬(シャクヤク)はそれより遅れて咲く。

緑溢れる4-5月に、直径20㎝におよぶ大輪の花を付ける様は華麗で、庭木の女王の名にふさわしい。別名「富貴草」「深見草」、英名は「Peony(ピオ二-)」。

品種改良の歴史が長く、園芸品種のバリエーションも非常に多い。

花の咲き方は、「一重咲き」「八重咲き」「千重咲き」「万重咲き」「平咲き」「抱え咲き」「獅子咲き」と多彩。

花色も、紫・赤紫・黒紅・紅(赤)・薄紅・白・黄と変化に富み、「覆輪(外縁部が地と違う色で縁どられているもの)」「底赤(花弁の底部が濃い紅色)」「絞り」といった花柄も見られる。

花期として一般に見られるのは "春咲き" の「春牡丹」。

この他、冬と春に咲く "二季咲き" を、通常、春に出来た第1の蕾を摘除し、夏に葉を切り取り、第2の蕾を発育させ、晩秋から冬に開花させる「寒牡丹」と、

"春咲き" の品種を人工的に温度調整し、1-2月に開花するようにした「冬牡丹」がある。

尚「牡丹華(ぼたんはなさく)」は七十二候のひとつ。

二十四節気の「穀雨」の末候にあたり、4月30日~5月4日頃に相当。

 

R0013439RS4.JPG  ボタン3RS4.JPG  4RS.jpg  R0028599RS4.JPG  R0028601RS4.JPG

R0028713RS4.JPG  R0028592RS4.JPG  R0028594RS4.JPG  ボタン2RS4.jpg  ボタンRS4.jpg

           

 

 

 

浜離宮庭園は春から夏へ

[下町トム] 2014年4月21日 16:00

浜離宮恩賜庭園は東京でも指折りの見どころある公園ですが、今の時期は「浜離宮花と緑の集い」(5月6日まで)が開催され、中央区の在住者は入園整理券を持参すると無料で入園できるのでとても良い機会です。

浜離宮201404(2).jpgちょうど、4月19日(土)~20日(日)は「お江戸文化村in浜離宮恩賜庭園」というイベントが催されました。中央区商店街連合会が主催し、中央区観光協会も後援しました。江戸時代の情緒に触れながら食や遊び、工芸品にも触れてうららかな休日を楽しむという企画です。

イベント会場ではアトラクションが催されたり名店の出展ブースが並んだり、多くのお客様が訪れていました。中央区観光協会のブースも設けられ、「投扇興」を体験するコーナーでは楽しそうな声も響いていました。

浜離宮201404(3).jpg園内では、サトザクラがそろそろ見納めの時季になりましたが、藤が咲き始めたほか、木々の緑がいっそう濃くなって一気に初夏の香りが充満しつつあるようです。ちょうど今頃は晩春から初夏への移り変わりにあたり、暖かな日差しに包まれる反面、時々海から肌寒い潮風が流れてきたりして、この季節ならではの感覚を得ることができます。

浜離宮201404(4).jpg

もう少しするとアジサイや花菖蒲も楽しめるようになるでしょう。爽やかなこの季節の彩りを楽しむのには好適な場所です。

お薦めの散歩コースは、浜離宮の行き帰りに銀座や築地方面へ足を延ばすことです。自然の草花に親しんだ後に、すぐ近くで都会らしい雰囲気をまといながらショッピングや食事を楽しむことができるのもまた中央区の持つ魅力の一つです。

いい季節になりました! どうぞ皆さんもお出かけになってみてください。

 

 

 

我が思い出の堀留町から...

[けんけん] 2014年4月20日 09:00

Horidome.JPG 

日本橋堀留町から日本橋人形町の界隈は、

その昔私の社会人生活のスタートとなったエリアです。

 

この日はふと歩いてみたくなり、やってきました。

 

日比谷線が地下を走る人形町通り。

さすがに週末の小伝馬町から堀留町周辺は人通りも少ないですね。

Suginomori JInja.JPG

 

少し通りを入って、「椙森神社」(堀留町1-10-2)に向かってみます。

 

ここは、日本橋七福神の一つで、恵比寿神がお祀りされています。

また、神社仏閣の改修費用とする目的で、富くじ興業が行われたことでも知られていますね。

 

 

せっかくですから参拝させていただきました。

手水舎は、近ずくと水が出てくるセンサー付きでしたSuginomori - Automatic tearai.JPG

 

参拝を終え、再び周辺をふらふらと。

周辺には以前お世話になったお取引先企業様の看板があちこちに見かけられ、20数年前の駆け出し社会人のころの自分を感慨深く思い出しました。

 

としている間に、「強運厄除け」で知られる「小網神社」(小網町16-23)へ。もちろん日本橋七福神の一角ですね。

Koami Jinja.JPG 

中には、銭洗い弁天がいらっしゃり、銭洗い用のスペースもきれいにされていました。

ご多分に漏れず、私も小銭を洗わせていただきました。

Zeniarai Benten.JPG Zeni Arai.JPG

これで、「宝くじにあたるなど金運がアップするか?!」とわずかながらに希望をつなげます。

 

 

さて、家族へのお土産を買うため、甘酒横丁まで足をのばしました。

この日のターゲットは、「志乃多寿司総本店」さん(人形町2-10-10)の「いなり寿司 志乃多」。

 

お揚げはあっさりめ(?)の味付け。小ぶりのおいなりさんは、一口でも食べられそうなお手頃サイズ。

夕食前にもかかわらず、あっという間に完食でございました。

Shinoda sushi.JPG Shinota.JPG

 

 

 

築地川公園 April 2014

[銀造] 2014年4月18日 09:00

 4月も中旬になり、大分暖かくなってきました。

日刊スポーツと聖路加看護大学の間にある築地川公園でも

暖かい陽射しを浴びて、ハナノキが紅い新芽と花を付けています。

P1000602.JPG

 

 横断歩道を渡り、南側へ移ると、花梨の花が咲いています。

P1000607.JPG

 

 月桂樹の花も咲いています。この木の花は初めて見ました。

P1000608.JPG

 

 中央区の花、つつじも色鮮やかに開花中です。

P1000610.JPG

 

 「日本一饅頭所 塩瀬」の辺り、明石町まで行ってみましょう。

関山、ウコンなどの八重桜が開花中です。

 築地、明石町でのお散歩をお楽しみ下さい。

 

 

五色の八重桜 <浜離宮恩賜庭園>

[サム] 2014年4月17日 14:00

      R0013237RLLS.JPG   R0013236LLS.JPG

 

 浜離宮恩賜庭園では、先月末に満開となった「ソメイヨシノ」に続き、今度は、主として「潮入りの池」の「御伝い橋」から「海手御伝い橋」までの湖畔に植栽されている、一群の所謂「八重桜(ヤエザクラ)」が見頃を迎えました。

花びらが幾重にも折り重なって、枝にピンク色の雪が降り積もったが如く、鈴なりにボリューム豊かに咲き誇る様は豪華で、ソメイヨシノとは違った趣を醸し出しています。

紅(関山)・薄紅(普賢象)・白<薄桃>(一葉)・黄(鬱金)・緑(御衣黄)の "五色の八重桜" に代表されるように、色や形がそれぞれ違う "多重咲き" を楽しむことができます。

園内のサクラは約100本(うちソメイヨシノは約10本)といわれていますが、特にサクラの名所として広く認知されてはいないだけに、この時期も比較的空いていて、ゆっくりと散策し、見て回れます。

「中島の御茶屋」を背景に「潮入りの池」に映える情景は独特の風情があります。

2011年の東日本大震災後、ライトアップは中止のままですが、幻想的なシーンが楽しめる舞台設営復活も待たれるところです。

尚、園では4月19・20日の両日、「内堀広場」に飲食・物販ブース、ステージを設け、"江戸を彷彿とさせる食文化を味わい、江戸に纏わる製品に触れ、江戸伝統芸能を観賞し、江戸情緒を楽しんで貰おう" との中央区商店街連合会主催のイベント「お江戸文化村 in 浜離宮恩賜庭園」が開催される予定です。

 

   紅(関山)     薄紅(普賢象)  白<薄桃>(一葉)   黄(鬱金)     緑(御衣黄) 

 R0028461S4RS.JPG R0013264S4RS.JPG R0013234S4RS.JPG R0013146S4RS.JPG R0013123S4RS.JPG

 

✎関山: 淡い花色が多い中、鮮やかな紅色(濃桃色)で目を引く、八重桜の代表的品種。

      塩漬けは桜湯として用いられる。

  普賢象: 花の中心から葉化した2本の雌しべが突き出た様を、普賢菩薩の乗る象の鼻(牙)

        に見立てて名付けられたとされる。花色は薄紅色。

  一葉: 花の中心から葉化した1本の雌しべが突き出る様から、名付けられたとされる。

      花色は白色~薄桃色。

  鬱金: 花色がショウガ科のウコンの根茎から得られる着色料の黄色に似ていることから、

      名付けられたとされる。

  御衣黄: 花色は開花時は(薄)緑色で、次第に黄色味が増し、中心部が筋状に赤くなる。

        高貴な貴族の衣装の色のイメージがあることから名付けられたとされる。

 

         

 

    

 

 

 

 

 

 

春爛漫:隅田川クルーズからの光景

[wombat] 2014年4月11日 16:00

 

 桜満開の4月5日、お昼過ぎ、二天門から乗船。二時間半、ぐるっとお台場で行って二天門へまた戻りました。団体15名で花見そっちのけのお喋り

 

IMG_1224.JPG

 

 IMG_1205.JPG 外国人もたくさん乗船していました

IMG_1215.JPG

 船から月島方面を見ました。家族連れがお天気に誘われて、、、

 お天気も良かったので皆さん花見へ

 

IMG_1199.JPG  IMG_1204.JPG

 聖路加ガーデンを違う方向から撮りました。

一つにも見えるし双子にも見えるし、沿岸の桜が素敵でした。

 

IMG_1201.JPG IMG_1217.JPG

    

 違った橋にスカイツリーを遠景に見て撮ってみました。何の橋か、わかりますよね。

正解であればハッピーです。

 

IMG_1231.JPG IMG_1230.JPG IMG_1233.JPG

 最後、下船後、浅草寺に寄ってお参りして宴の席に向かいました。

しだれ桜?(京都のと違う?)で桜満喫の一日でした。