中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ヤマアジサイ見頃

[サム] 2017年5月26日 09:00

DSC00153ELS'.jpg 

DSC00151RS'G.jpg 浜離宮恩賜庭園の水上バス発着場付近で群生している「ヤマアジサイ」が見頃を迎えています。

ヤマアジサイは、「ガクアジサイ」(所謂 "アジサイ" )、「西洋アジサイ」(ハイドランジア)、「外国種アジサイ」と共にユキノシタ科アジサイ属(アジサイ科アジサイ属とする分類学者も多くなったと聞きます)の仲間のひとつ。

基準品種は、ガクアジサイに比べ、全体に小づくりなことから「コガク」、湿り気のある林や沢沿いに生える傾向があるため「サワアジサイ」とも呼ばれています。

ガク咲きの他、テマリ咲きもあり、小さめの長楕円形の葉は、薄く、光沢に乏しく、枝も細く、繊細な雰囲気です。

全体として野趣に富んだ印象で、花色や花型は地域により変異が多いとされます。

コバルトブルーに、淡いブルー、純白と、株ごとに多彩な "装飾花" の花色を楽しめます。

 

 

湊公園-隅田川テラス

[皐月の鯉の吹き流し] 2017年5月25日 18:00

前回湊公園を取り上げた時は、まだ階段・スロープは工事中でしたが 現在スロープは完成し隅田川テラスへ行けるようになりました。 今回ここ湊公園から隅田川テラスに出て 亀島川水門・南高橋を渡り 霊岸島験潮所、中央大橋、永代橋、豊海橋を渡りました。

 

特徴は、近代的な中央大橋、歴史深い永代橋、の下を通ります。

 

00_行程.jpg<<<<<< 今回の行程 >>>>>

  

 

01_湊公園_スロープ.JPG

<<<<<<<< このスロープを降りて隅田川テラスへ >>>>>

 

 

03_検潮所_0.JPG <<<<<<<  霊岸島験潮所の特徴的な構築物 >>>>>>

 

 

03_検潮所_1.JPG<<<<<<< 普段の潮の高さが分かります >>>>>

 

 

04_湊公園.JPG

<<<<< 赤丸で囲ったところが湊公園 ここから隅田川に出ました >>>>>

 

 

02_駅案内.JPG<<<<<<< 最寄り駅は八丁堀 >>>>>>>

 

 

05_TP170523_中央大橋-0.JPG

06_TP170523_中央大橋-1.JPG<<<<<<< 中央大橋の下から見る 勝どき付近高層ビル >>>>>>>

  

07_TP170523_中央大橋-下.JPG<<<<<<< 中央大橋の下 スッキリした感じです >>>>>>>

 

 

08_TP170523_永代橋-1.JPG<<<<<<< 永代橋の下 リベットが使われ歴史を感じます >>>>>>>

 

 

09_TP170523_永代橋-2.JPG<<<<<<< 永代橋の下 耐震工事が施されています >>>>>>>

 

 

 

東京スカイツリー開業5周年記念 新ライティング「幟」点灯

[サム] 2017年5月22日 16:00

DSC_0430ELS'.jpg 

DSC_0421RS'G.jpg 東京スカイツリーでは、5月22日に開業5周年を迎えるにあたり、「粋」と「雅」の2つのライティングに加え、5月18日、新ライティング「幟」が点灯。

「幟」は、古来より縁起の良い樹木とされる橘の実をイメージした橘色(橙)をテーマカラーとし、3面の "幟" が夜空に掲げられている様子を表わすデザイン。心柱の下部は明るい橘色(橙)へとグラデーションをかけた装い。

点灯開始からの毎時59分に消灯し、00分に再点灯され、点灯時には、面が1つずつ順番に点灯していくことにより、大きな "幟" が掲げられていく様を表現した演出が施されています。

"幟" が描かれた祭礼や慶事の浮世絵は、賑わいと活気にあふれていたことに鑑み、「東京の夜空に大きな "幟" を掲げることで、東京全体を盛り上げる」というメッセージを込めて「幟」と命名されたと聞きます。

ケーブル部がピンク色に彩られた清洲橋越しに、新ライティング「幟」が輝いています。

この日は、屋形船も数多く往来し、第3のライティングを楽しんでいる様子でした。

因みに22日までの5日間は「幟」を点灯、以降は「粋」「雅」「幟」の3種を日替わりで点灯。

 

 

わんぱく相撲に大歓声

[下町トム] 2017年5月22日 14:00

わんぱく相撲2017(2)_R.jpg 5月21日、浜町の〔中央区総合スポーツセンター〕で毎年恒例の「わんぱく相撲中央区大会」が開催されました。

 

 気持ちよく晴れたこの日、会場のある浜町公園には朝から出場するちびっこ力士やその家族が大勢押し寄せました。中央区は人口増加傾向が続いていますが、こどもたちの数も増えているのか、いつも以上に活気が増しているように思えました。

わんぱく相撲2017(5)_R.jpg 会場では男女、学年別に次々と取り組みが進んでいきます。運営はJCの皆さんが中心になって安全に気を配りながら進めています。また区内各地域から参加したボランティアの皆さんが審判や会場整理、選手の誘導などに力を注いでいます。ぼくも微力ながら子どもたちの熱戦を支えました。

 

わんぱく相撲2017(3)_R.jpg 勝ってガッツポーズを誇らしげに見せる子もいれば、負けて悔し涙を流す子もいます。それぞれが貴重な経験となり、いつか懐かしい思い出になることでしょう。

 

 中央区内では様々なスポーツや文化のイベントが毎月どこかで行われています。この町の今の姿を見ることができますので、町歩きを兼ねて是非お出かけ下さい。多くの方との交流にもなると思います。活き活きとした中央区の風景をお楽しみ下さい。

 

 

楓川新富橋公園のバラ

[ジミニー☆クリケット] 2017年5月19日 14:00

ふだん歩かない通りを歩いてみると、新たな発見があるものです

momisin01.JPG

しかも今回は、ベストタイミング

momisin02.JPG

新富2丁目、首都高速の上に架かった新富橋の脇にある楓川(もみじがわ)新富橋公園バラが見ごろです

京橋プラザのすぐ近くです

momisin00.jpg

この公園は、先日ブログで紹介した築地川祝橋公園よりずっと小さく、バラの株数も少ないのですが、ピンク黄色オレンジ色バラが満開です

momisin03.JPG

祝橋公園よりも大輪が多いように思いました

momisin04.JPG

お昼休みに行ったせいかもしれませんが、この公園は、子ども向けというよりも、完全に大人の喫煙スペースとして機能していました

momisin05.JPG

至福のひととき、みなさん、公園のフジ棚の下でたばこを吸っていました

このフジの開花期は見逃してしまいました

残念

momisin06.JPG

 

 

"初夏の紫" 紫蘭見頃

[サム] 2017年5月18日 18:00

DSC00089ELS'.jpg 

R0038337RS'G.jpg 浜離宮恩賜庭園の花木園では、シラン(紫蘭)が見頃を迎えています。

群生する様は見事な景観を演出しています。

シランはラン科シラン属の宿根草。

ラン科の中では、丈夫で育て易い品種のひとつの由。

春先、地下に連なった偽球茎からササのような葉茎を伸ばし、5月頃、先端に赤紫色の華麗な花を、下向きに閉じ加減に数輪咲かせます。

タネからも増やし易いため、育種家により、新種の花づくりも盛んのようです。 

花が白い「白花紫蘭」、唇弁の先端に口紅を塗ったような「口紅紫蘭」、花弁が唇弁化した「三蝶咲き」、斑入りの「覆輪紫蘭」等々が作出されています。

地下部は生薬で、「白及根」と呼ばれ、止血、消炎の薬効があるとされます。

 

 
12345