中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


"佃島盆踊保存会" 主催「佃島の盆踊り」

[サム] 2018年8月14日 18:00

DSC07025ELS'.jpgDSC07032RS'G.jpg 例年7月13~15日実施されてきた「佃島盆踊保存会」主催 東京都指定無形民俗文化財(民族芸能)の「佃島の盆踊」が、今年は諸般の事情で1ヵ月遅れの8月13~15日、開催されています。

江戸時代以来佃の地では七月の盂蘭盆の頃、河岸の欄干場に提灯を連ね、老若男女が踊り明かして先祖の霊を慰め、また江戸市中を踊り回って浄財を集めた歴史を持つとされ、江戸名残の郷土芸能として、昭和51年に「東京都指定無形民俗文化財」に指定。

薄明りの提灯の下、「秋の七草」をはじめ、独自の歌詞と独特の節回し、単調な櫓太鼓のリズムに合わせて、櫓の周りを左回りに行きつ戻りつを繰り返す趣深い踊りに、哀愁と無常感が漂います。隅田川畔に据えられた「精霊棚」は川面からやってくる無縁仏を迎えるための設え。周囲の景色は一変ながら今に継承される盆踊り。今年も第一人者飯田恒雄氏の味のある声が響き渡ります。

 

 

富岡八幡宮「二の宮神輿渡御」

[サム] 2018年8月14日 09:00

DSC06993ELSR'.jpgDSC06988RS'G.jpg 富岡八幡宮の祭礼は深川八幡祭りとも称され、その神輿ぶりが有名で、昔ながらの「わっしょい、わっしょい」の掛け声と共に沿道の観衆から水が威勢よく浴びせられ、「水掛け祭り」としても親しまれています。

本祭り、御本社祭り、陰祭りが3年周期で行なわれ、今年は「御本社祭り」の年。

氏子町会が富岡八幡宮「二の宮神輿」を担いで氏子エリア(中央区内は日本橋箱崎町~湊橋~新川~永代橋)を練り歩きます。

二の宮神輿は、1997年に新たに奉納されたもので、鳳凰の目に2.5カラットのダイヤモンド使用とされ、重さ約2t。

ポイント毎に、消火栓から消防用ホースでの豪快な放水も見られ、担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がります。

 

 

「東京花火大会 ~EDOMODE~」

[サム] 2018年8月13日 18:00

P8111703ELS'.jpgP8111683'RSG.jpg 8月11日、お台場海浜公園にて、「東京花火大会 ~EDOMODE~」が初開催されました。19:10~20:30

「東京湾大華火祭」に代わる、エリアの新たな夏の風物詩としての一大花火大会。

「江戸モード」をテーマに、伝統的な江戸文化と最先端の東京を象徴する、芸能・芸術・音楽・食・テクノロジー等の様々なコンテンツをフュージョンした新たな大花火大会を謳い、国内有数の花火師が集結し、約12,000発の花火が打ち上げられました。

子どもがデザイン&プロミングした花火や、アクアシティ屋上の特設舞台では、市川海老蔵が江戸を代表する花火師に化けた石川五右衛門の新作歌舞伎舞踊「玉屋 清七」を披露。

晴海大橋から、豊洲大橋、ライトアップされたレインボーブリッジ越しに、大音響と共に夜空を彩る鮮やかな大輪の花が広がり、次々と光のショーが展開されました。

 

 

真夏のいきもの〔浜離宮恩賜庭園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年8月 9日 14:00

連日の猛暑の中、中央区にある都立庭園内でたくましく生活しているいきものたちです

semih201800.JPG

浜離宮恩賜庭園は、東京湾から海水を取り入れて、の干満で景色の変化を楽しむ、潮入り回遊式築山泉水庭で、江戸時代に庭園として造成されたため、年を経て樹木も成長しており、さまざまな海辺いきものいきものを見ることができる貴重な場所です

9時開園と同時に園内に入りましたが、そこは既にセミ大合唱大会

semih201801.jpg

まずは、翅が茶色アブラゼミ

semih201803.jpg

区内の公園では、一番よく耳にするミンミンゼミ

semih201802.jpg

小型のニイニイゼミ

semih201804.jpg

この庭園では、最大多数派ではないかと思うツクツクボウシ

semih201805.jpg

の訪れを感じさせるシオカラトンボ

semih201806.jpg

キバナコスモスに来たアゲハチョウ

semih201807.jpg

アオスジアゲハは、キバナコスモスお花畑とこのノリウツギが好きなようです

semih201808.jpg

可憐なモンシロチョウ

semih201809.jpg

羽音をさせて、クマバチキバナコスモスお花畑に来ていました

semih201810.jpg

あと、潮入の池には、海水とともにいきものも入ってきています

semih201815.JPG

海水面に近い石垣にはフナムシカニがいます

semih201814.jpg

浅瀬で、クロダイ2匹がじゃれるように銀鱗をきらめかせていました

semih201813.jpg

これら以外にも、や無数の昆虫たちがいると思います

猛暑ではありますが、の中は涼しく海風爽やかですので、ご家族お子様連れで出かけられてはいかがでしょうか

その際は、こまめな水分補給を忘れずに

浜離宮恩賜庭園のHPはこちら ⇒

http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index028.html

 

 

中央区の歩道っておもしろい!11 【続佃1・2丁目】

[湊っ子ちゃん] 2018年8月 9日 09:00

佃島を歩いていますと、三角形の空間と出会うことがよくあります。

それに沿うように、歩道も三角形をしています。

三角形の空間ができた理由は、"町並みの向き"にあるようなのです。
 

♪ 佃島と新佃島

地図を眺めていると、佃島の町並みは、江戸側とほぼ揃っているのに対し、新佃島は、月島と同じ向きをしています。

その昔、摂津国西成郡佃村(現在の大阪府西淀川区)の漁師たちは、家康に招かれ江戸入りし、白魚献上の御用を務めました。その後、正保元年(1644)に、佃島を築造しました。

そのとき、佃島は江戸城を向くように造られたそうです。そのため、佃島は江戸の町と向きが揃っているようです。

 
一方、新佃島は明治29年(1896)に誕生しました。月島地区と同じ時期に埋め立てられ、築地や深川と向きが同じだということです。なるほど、深川との間には相生橋があり、まっすぐな道でつながっていますものね。
そこで、三角形の空間ができたのですね。

sankaku01re.jpg

佃島を黒線で囲みました。

左、赤枠は新佃島。右、間にできた三角形の空間。

(中央区立京橋図書館「郷土室だより」付録地図をもとに作成/明治44年)
 

 
♪ 佃島と佃大橋

sankakutukoo.jpg◀ 春の佃大橋

昭和39年(1964)開通

佃大橋と新月陸橋の軌道も、三角形を作っているようです。
佃大橋は、隅田川を渡ったところで、大きく軌道を変えています。道路の向き、ないしは町の向きが違うからですね。


三角形の空間は、公園になっています。

歴史のある町というのは、地形や道に表情があって面白いですね。

歩くたびに新しい発見がある、そんな中央区がやっぱり好きです。

 

中央区観光特派員 湊っ子ちゃん

sign200.png

第18号 平成30年6月22日

 

 

真夏の草花〔浜離宮恩賜庭園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年8月 8日 12:00

連日の猛暑の中、中央区にある都立庭園内で、たくましく咲いている草花たちです

noriu201801.JPG

浜離宮恩賜庭園は、江戸時代庭園として造成されたため、年を経て樹木も成長しており、木陰の場所、のよく当たる場所、等々それぞれの場所に適した草花が育つ環境ができあがっています

noriu201802.JPG

園内に入ると、すぐに「江戸の朝顔がお出迎え

noriu201803.JPG

の間中、咲き続けてくれるサルスベリ

noriu201804.JPG

を感じさせるオミナエシ

noriu201813.JPG

白地に真ん中が赤いムクゲ

noriu201805.JPG

木陰群生しているヤブミョウガ

noriu201810.JPG

ノウゼンカズラ

noriu201811.JPG

豆鞘状長くとのギャップがありますね

noriu201806.JPG

アメリカデイゴ赤い花ピッタリです

アメリカデイゴカイコウズ)は、鹿児島県県木であり、アルゼンチンウルグアイ国花だそうです

noriu201807.JPG

アジサイの仲間、ノリウツギ白い花

noriu201808.JPG

キバナコスモスお花畑です

花はディアボロオレンジ色)とドワーフイエロー黄色)の2種類です

noriu201809.JPG

猛暑ではありますが、林の中涼しく海風爽やかですので、ご家族お子様連れで出かけられてはいかがでしょうか

ガマの穂が伸びていました

noriu201820.jpg

園内散策の際は、こまめな水分補給を忘れずに

noriu201816.JPG

浜離宮恩賜庭園のHPはこちら ⇒

http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index028.html

 

 
<<前のページへ 4567891011121314