中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


第95回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)

[サム] 2019年1月 5日 09:00

DSC08252ELS'.jpgDSC08263RS'G.jpg 例年1月2日と3日の2日間にわたって行なわれる、関東学生陸上競技連盟主催 / 読売新聞社共催の、箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)。

1987年以降TV生中継(1989年以降全区間完全生中継)により、知名度・認知度も上がり、今や正月の風物詩、一大イベントとして定着した感があります。

復路のみ通過コースとなる、ゴールの大手町手前約1kmの、正月の買い物客で賑わう「日本橋」界隈は、何れの選手も最後の力を振り絞って激走を見せる観戦ポイント。

応援にも力が入ります。

第95回大会は、東洋大学が大会新記録で往路優勝、青山学院大学が大会新記録で復路優勝、そして東海大学が大会新記録で総合優勝と、有力校が拮抗したレベルの高い大会となりました。

 

 

2019 和光 「新年の鐘」

[サム] 2019年1月 4日 14:00

DSC08201ELS'.jpgDSC08205RS'G.jpg 『新しい年の始まりを銀座4丁目の鐘で迎えたい』という声に応え、昭和58年より実施の和光の「新年の鐘」。

ネオンの数も減り、静まり返った12月31日深夜、新年を迎える45秒前、和光の時計塔のウェストミンスター式チャイムが2019年のプロローグを奏で始めます。

チャイムが鳴り終わると、その余韻の後に続く12打の午前0時の鐘の第1打が鳴り響く瞬間が正に新年、2019年の幕開けです。

カウントダウンの合唱に合わせ、和光の時計塔と本館全体がライトアップされ、銀座の夜空にその姿が浮かび上がります。点灯時間:0:00~0:20

鐘が新年を告げると共に、交差点に面した和光のショーウィンドウのシャッターが開き、「あけましておめでとうございます」のメッセージが添えられ、平成最後の年の幕開けを祝います。

 

 

2019 東京タワー 年始限定ライトアップ

[サム] 2019年1月 4日 14:00

DSC08247ELS'.jpgDSC08241'RS'G.jpg 新年を迎え、東京タワーでは正月三が日20:00~22:00の時間帯、年始恒例の限定ライトアップ「ダイヤモンドヴェール・リボンゴールド」が点灯。

16:00~24:00には、メインデッキの南側(品川方面)に「2019」が表示されます。

勝どきの隅田川テラスから望む、黄色のリボンゴールドに希望・祝祭のメッセージを込め、新年の訪れを演出する限定ライトアップです。

日没~20:00、22:00~明け方はランドマークライトが点灯。

元旦は、東京湾から見る神々しい「初日の出」を楽しめるよう、6:00から営業し、展望台来場者先着2019名に「2019.1.1」刻印入り記念メダルがプレゼントされます。

メインデッキ内工事に伴い現在フットタウン3Fに一時的に遷座されている(本来は23区内で一番高い場所にある)「タワー大神宮」の初詣も一興です。

 

 

2018 築地本願寺 除夜会・除夜の鐘

[サム] 2019年1月 3日 18:00

DSC08183ELS'.jpgDSC08186''RSG.jpg 平成30年もいよいよ押し詰まり、今日は大晦日。

築地本願寺では、今年も12月31日23:00から、過ぎ行く年を振り返り、新たな年に思いを寄せて、一年最後の仏様の恩徳を仰ぐ、恒例の法要「除夜会」が本堂にて開催されました。

本堂はライトアップされ、境内には、築地本願寺のロゴマークを模ったキャンドルアート、甘酒接待のテーブル、蕎麦とおでん販売のテントが設営されています。

22:00からは「除夜の鐘」撞き整理券が350名限定で配布され、除夜会参拝後、案内されます。

尚境内に特設の「平和の鐘」は除夜会参拝後、整理券なしで撞けます。インフォメーションセンターの多目的ホールでは、人々の疑問や悩みなどのモヤモヤをお坊さんと一緒に考える「ブッダ de 大喜利 ~お坊さんに聞いてみよう~」が予定されています。

 

 

築地 波除稲荷神社へ初詣

[TAKK...] 2019年1月 3日 18:00

大晦日から元旦にかけて、東京スカイツリーでは日の丸をモチーフにしたライティングが行われました。

011.jpg

中央大橋の上から見るととてもきれいです。

夜が明けて波除稲荷神社に初詣へ。

022.jpg

021.jpg

海外からの方を含め、たくさんの方がいらしていました。

023.jpg

天井大獅子、お歯黒獅子にも手を合わせます。

こうしてみると獅子が笑っているように見えて、縁起がいいですね。(気のせいでしょうか。)

031.jpg

帰りに亀島川を通ると......、

032.jpg

カモもお辞儀をしていました。(気のせいですね。)

 

 

紙パルプ会館 あんぽ柿 歴史と名前の由来 福島県伊達市

[銀造] 2019年1月 3日 09:00

 紙パルプ会館の前に、沢山の干し柿が吊るされて、冬の風物詩となっています。 故郷を懐かしく思い出す方もいらっしゃることと思います。

DSCN3147 (400x300).jpg

「あんぽ柿」発祥の地は、福島県伊達市梁川町、「伊達のあんぽ柿」とのパネルがありました。

DSCN3149 (400x300).jpg

そして、歴史と名前の由来も記されていましたので、ご紹介します。

DSCN3148 (400x300).jpg

要約すると、宝暦年代(1751~1763)に、梁川町五十沢の七右衛門という人が蜂屋柿(はちやがき)の木を持ち込み、植えたのが始まりとされています。その柿を「七右衛門柿」と名付けました。その柿の皮をむいて、天日に干すことから、「天干し柿(あまぼしがき)」と呼ばれるようになり、明治時代になると、「天干し柿(あまぼしがき)」は、「あんぽ柿」と呼ばれるようになったと言い伝えられています。 <中略> 「手間ひまかけて仕上げた自然の美味しさ」です。 福島県のアンテナショップには置いてあるかな? 「Midette 」見でって

福島県のアンテナショップのHPは、こちらです。http://midette.com/8501/

・2019年1月1日(火) 休館

・1月2日(水) 10:30~17:30

・1月3日(木) 10:30~17:30

・1月4日から通常営業

 

 
<<前のページへ 4567891011121314