中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


住吉神社例大祭「大幟旗揚げ」

[サム] 2018年8月 7日 09:00

DSC06946ELS'.jpgDSC06948RS'G.jpg 住吉神社本祭りの約1ヶ月前の7月1日に、佃小橋下の舟入堀の泥中から掘り出され組み上げられた、一部(上町)・二部(下町)・三部(東町)各2本ずつ計6本の柱と台座の抱木に、8月3日夕刻、佃住吉講講元の合図により、一斉に五反の幟布が掲揚。歓声が沸き起こります。

約20mの長い棹の先に、丸く束ねた榊の葉に檜の皮を薄く削ったものをつけ、白布に住吉神社(大明神・大神)と染めた幟で、神霊を迎える依代とされます。

江戸時代後期、寛政10(1798)年の大祭の時、江戸幕府から建立を許され、掲揚されたと伝わる伝統を継承するもので、祭りの目印。

1ヶ月に亘る支度を経て、いよいよ本祭りスタートです。夕日に映える幟が悠然と翻る様は、背後の景色は変わっても、江戸時代の歌川広重の名所江戸百景「佃しま住吉乃祭」のまま。

改めて歴史を感じる一コマです。

 

 

夜の亀島川緑道散策

[ジミニー☆クリケット] 2018年8月 5日 18:00

以前、このブログで紹介した「亀島川緑道」から南高橋の眺め、夜景編です

ykamej201801.JPG

と違って、ライトアップされるので、雰囲気ががらりと変わります

ykamej201802.JPG

ふだんは、気にも留めない(失礼高橋も、ブルーライトアップされて、そのブルー亀島川の川面に映えて美しいです

ykamej201803.JPG

一方、南高橋はというと、オレンジ色ライトアップされていて、柔らかい感じになっています

ykamej201805.JPG

高橋の南に架けられているから南高橋なのですが、このは、中央区民有形文化財にも指定されている歴史のあるです

ykamej201806.JPG

明治38年に架橋された両国橋が、関東大震災被災したため、その3連トラス橋のうち、損害の少なかった中央部分を補強して、南高橋に再利用されたとのこと

高橋南高橋寒色系暖色系ライトアップが水面に映って、良いコントラストになっています

ykamej201804.JPG

になると、猛暑も少しは和らぎ、川のそばだとも感じられて、散策に限りますねぇ

ykamej201807.JPG

先月、このブログで紹介した「亀島川緑道」の記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/07/post-5398.html

 

 

2018 夏の涼やかテラス

[サム] 2018年8月 3日 09:00

DSC06914ELS'.jpgDSC06913RS'G.jpg 8月2日、ファンケル銀座スクエア(銀座5)10Fテラス付「ロイヤルルーム」に、「夏の涼やかテラス」がオープン。

会期:8月2日~5日 11:30~18:30 

今夏は連日記録的な猛暑。

屋外は灼熱の太陽の陽射しが降り注ぐ中、風鈴回廊など、風情ある日本庭園をイメージした和みの夏が設えられています。

五感で涼しさを感じる和テラスの演出です。

期間中、会場ではウェルカムドリンクの振る舞い。

最終日の5日は、飴細工職人によるパフォーマンスショーが予定されています。

銀座の天空の庭で、"涼世界" 体感の4日間です。

 

 

第71回築地本願寺納涼盆踊り大会

[サム] 2018年8月 2日 09:00

P8011496ELS'.jpgDSC06885RSR'G.jpg 8月1日~4日、築地本願寺で夏恒例の「築地本願寺納涼盆踊り大会」が開催されています。(19:00~21:00)

今年で71回目となる同イベントですが、昨年、前身となる「本願寺江戸御坊」創建から400年を迎え、" 開かれたお寺" を目指す『「寺」とプロジェクト』の一環として、境内の整備を行なっており、今年はその後初めての盆踊り大会。

「東京音頭」「築地音頭」「これがお江戸の盆ダンス」などの曲に合わせて踊る盆踊りの合間には、「大江戸助六太鼓」の生演奏も披露され、3日には恒例の「仮装大会」も予定されています。

"日本一おいしい盆踊り!" をスローガンに、築地場外市場の名店の屋台も軒を連ねます。

会場に設えられた櫓の周りに飾られた提灯の灯りが煌びやかです。

 

 

火星大接近

[サム] 2018年8月 1日 09:00

DSC06886ELS'.jpgDSC06898RS'.jpg 7月31日、火星と地球が "大接近" し、南東の夜空に明るさを増した火星がひときわ赤く輝いています。

今年注目の天体ショー。

火星と地球はともに太陽の周りを回っていますが、内側を回る地球の公転速度の方が速いため、会合周期の2年2ヶ月毎、火星を追い越す時に最接近。

その距離は毎回違い、小接近、中接近、大接近に分けられ、今回は地心距離が5,759万kmと、15年ぶりの "大接近" とされます。この日の火星は1等星より明るいマイナス2.8等の輝きとの由。

空の明るい都心でも十分に見られます。

9月上旬頃までマイナス2等級の火星を観察しやすい星空ウォッチングの季節との事です。

 

 

新川 盆踊り

[TAKK...] 2018年7月30日 18:00

7月27日、中央区新川越前堀公園で盆踊り大会が開催されました。

001.jpg

 

002.jpg

比較的しのぎやすい気候で、参加者や見に来ている方も多く、活気がありました。

 

 
<<前のページへ 4567891011121314