中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


2017 AUTUMN ROSE GARDEN

[サム] 2017年11月 5日 09:00

DSC01058ELS''.jpg 

DSC01054RS'G.jpg ファンケル銀座スクエア(銀座5)では、11月1日~8日、10Fテラスガーデン付サロンスペース「ロイヤルルーム」を開放して、恒例の「秋のローズガーデン」開催中です。

(11:30~18:30)

現在年8回開催されている「季節のガーデンイベント」の中でも、春・秋のローズガーデンは人気のイベント。

秋のバラは香りも強く色鮮やか。ビル最上階のテラスが色とりどりのバラで埋め尽くされています。

今回のテーマは、「秋色ローズ」。

四季咲大輪種を中心に紫、アプリコット、オレンジ色等のバラが約50種400鉢展示されています。

期間中、オープニングショーをはじめ、フラワーアレンジデモンストレーション、ライフスタイル提案、アフタヌーンライブ、セミナー&販売会等々、バラをテーマに、達人たちによる様々なイベントも組まれています。

地上40mの銀座の天空の庭で、甘い香りに囲まれ、暫しの寛ぎを体感できる8日間です。

 

左から、ブラスバンド、FLフレグラントサプライズ、アンバークィーン、ゴールドバニー、シャンテリーレース

ブラスバンド'.jpg DSC00066RRS'.jpg アンバークィーン'.jpg ゴールドバニー'.jpg シャンテリーレース'.jpg

 

 

ディープな中央区「会館編」

[五月雨ジョージ] 2017年11月 4日 14:00

中央区にはさまざまな「○○会館」があります。一企業が所有している建物はもちろんですが、中には日本の業界団体の中心組織が運営管理しているものも多いようです。


中でも、私が勤務する会社の近くに2つの気になる会館がありましたのでご紹介します。


(1)重量挙会館
 清洲橋通り沿い、明治座から清洲橋方向に目を向けると「重量挙会館」の袖看板が目に入ります。以前、1階に"ほか弁屋さん"のある古いビルの2階に「日本橋重量挙倶楽部」がありましたが、現在は使用されておらず、袖看板はその名残りのようです。

 

IMG_7099.JPG
▲重量挙会館:日本橋浜町 2-28-1

 

 
(2)日本マーガリン会館
 全日本マーガリン協会(一般社団法人)が所有する建物で、日本食品油脂検査協会(公益財団法人)などが入っています。

マーガリン会館1.JPG
▲マーガリン会館:日本橋浜町3-27-8 

  

  

のほか、中央区には様々な業界の「○○会館」があります。例えば、食品関係だけ見ても、醤油会館、製粉会館、東京海苔会館、アミノ酸会館などがあります。

IMG_7413.JPG
▲醤油会館:日本橋小網町3-11

 

製粉会館.JPG
▲製粉会館:日本橋兜町 15-6

 

exif_temp_image (3).jpg
▲東京海苔会館:日本橋人形町2-35

  

 

の他の業種では、繊維会館、綿商会館、紙パルプ会館、全国燃料会館、鉄鋼会館などを見つけることができました。

 

綿商会館1.jpg
▲綿商会館:日本橋富沢町8-10

 

鉄鋼会館.JPG
▲鉄鋼会館:日本橋茅場町3-2-10

   

 

央区の街中を歩くとき、ちょっと建物の名前に気をつけてみませんか? 思わぬ施設を見つけたり、面白い名前に出会うことも散策する楽しみの一つになりますよ。

 

(アミノ酸会館:日本橋3-15-8、繊維会館:日本橋本町3-1-11、紙パルプ会館:銀座3-9-11、全国燃料会館:銀座8-12-15)

 

 

マジック・ハロウィン ダイヤモンドヴェール

[サム] 2017年11月 2日 16:00

DSC01022ELS'.jpg 

DSC01012RS'G.jpg 10月31日、東京タワーにハロウィン仕様の特別ライトアップ、題して「マジック・ハロウィン ダイヤモンドヴェール」が点灯。アクアブルーと ドリームピンクに加え、パンプキンをイメージした エンジェルレッドの配色パターンの、1日限定のライティングです。(日没~23:00まで)

毎年恒例の、大展望台のフォトスポットをバックに、無料貸出の様々な小道具を駆使した、プチ仮装写真を撮影できる「東京上空なりきりハロウィン」に加え、今年は、ハロウィン版プロジェクションマッピング「TOKYO TOWER HALLOWEEN NIGHT FANTASIA」が初登場。

ミステリアスなハロウィンの夜が演出されています。

勝どきの隅田川テラスから築地市場越しに、夕焼け雲の夜空に映えた、ハロウィンカラーの輝きが望めます。

 

 

昭和の時代を彷彿させる倉庫群

[kimitaku] 2017年10月31日 16:00

銀座から晴海通りを南へ、

 晴海アイランドトリトンスクエアからさらに進むと晴海大橋があります。

橋の右側から歩道を上りつつ、右側を見ると、鈴江組倉庫群が草むらの向こうに見えます。

 最近までは、運送車の出入りも多かったのですが、今はひっそりとして

 夜間の散歩は、人通りもなく少し怖い感じもします。

写真を撮ろうと、スマホレンズを向けるのですがあまりにも巨大で被写体に納まりそうもありません。

各階に出入り口があり、この倉庫群へ多くの人たちが出入りしていたころを思い出させてくれます。

 昭和の面影を残すこの貴重な倉庫群。敷地面積も広く。

これからどうなるのでしょうか。

 今日はよく晴れて、遠くレインボウブリッジを背景に、美しくそびえていました。

 都営大江戸線 勝どき駅下車徒歩15分

ck1110_20171030 (4).JPGck1110_20171030 (5).JPGck1110_20171030 (1).JPGck1110_20171030 (3).JPGck1110_20171030 (2).JPG

 

 

入一観音菩薩

[TAKK...] 2017年10月30日 18:00

中央区入船、桜川公園。

周辺には女性センターやポンプ場など中央区の施設があります。

 

この公園の片隅に「入一観音・地蔵菩薩」はあります。

01.jpg

.

02.jpg

3体のうち、1体は川を埋め立てる時に川底から出てきたのだ、という話も。

 

隣に「むしば祈祷石」があります。

03.jpg

歯痛の願をかける方が古来から多数おられたようです。

また、元は表面が滑らかだったが、火災にあって表面がザラザラになってしまったという話あるようです。

 

 

日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020

[サム] 2017年10月30日 10:00

DSC01003RR'''.jpg 

DSC01002RS''G.jpg 東京2020オリンピック競技大会から1000日前となる10月28日、日本橋界隈で、「日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020」と題し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムやアスリートの肖像を用いた大規模な装飾を繰り広げる「シティドレッシング」(大型グラフィック等を掲出して街全体を装飾)がスタート。(11月29日まで)

3回目を迎える今年のテーマは「WE MAKE 2020」。

アスリートだけでなく、観る人、支える人なども含めた「みんなでつくる東京2020大会」ということを、日本橋の街全体を使って体感して貰おうと、総勢150名を超えるアスリートや一般の人々の姿が街中に装飾演出されています。

徐々に近づく東京2020大会。

街は、オリンピック・パラリンピック盛り上げムーブメントに包まれています。

 

 
<<前のページへ 1234567891011