中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


シーズン到来!江戸を水路で巡る旅へ

[柴犬] 2017年4月30日 09:00


桜も過ぎ、ついに寒い季節が終わりました。

と、いうことは...「水都・東京を船で巡る」江戸舟運ツアー・シーズンの開幕です!


DSC_8601.jpg

江戸は水都であり、水路による物流を基盤に栄えた町です。現在の都内主要道路も、元々は水路であった道が数多くあります。そして中央区内には、隅田川や日本橋川を筆頭に現役の水路がいくつも残っています。そこを船で回ってみよう!というのが、舟運ツアーです。単なる船遊びではなく、100年ちょっと前までは貿易船が行き交うバリバリの幹線道路、玄関口だった水路をゆく旅です。江戸の面影はもちろん、華やかな明治大正の面影が残る遺構もたくさん。地上からは見えないアレやコレも、ガイドさんの説明と共に見れちゃいます。

IMG_7272.jpgここ、どこだかわかる人はいますか...!?(ヒントは、某地下鉄の跡地です。)



もちろん、現在のホットな場所も巡ります。


DSC_8537.jpg

築地市場に...

DSC_8551.jpg

豊洲予定地!



ツアーには様々な種類がありますので、どんな場所をどのくらいの時間で、どれほどディープに見たいのかお好みに合わせてチョイスできます。各ツアーには専門のガイドさんが付くので、とっても面白いですよ。

DSC_8580.jpg東京湾に造成中の埋立地を見ることもできます。



舟運ツアーは冬季は開催されないので、これから数ヶ月がオンシーズンです。その時々によって、多種多様なツアーが開催されています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。


水都東京を創る会

ゆったりした水路から平成の東京を眺めると、全く違った姿が見えてきます。江戸から戦前にかけての人やもの、文化の流れ、浅草など隣接地域との繋がり方も体感できるかと思います。


とっても充実なイベントなので、これからの暖かい季節にぜひ、水路から中央区に遊びに来てください。



ちなみに...


「川というより橋が好き!!」という方にはこちら。


IMG_3385.jpg東京都建設局が編集した、「橋のポケットマップ」。都内の主要な河川と橋を網羅した素晴らしい一冊です。


中を開くとこんな感じ。


IMG_3386.jpg一つ一つはポケットサイズで、全5冊。全て入ったボックスセットが800円というバリュー価格です。勝鬨橋のたもとにある「かちどき 橋の資料館」などでも販売しています。こういった地図は実はあまりないのでおすすめです。



 

 

わしは、何時から座っているのかな~

[朱房の十手] 2017年4月29日 16:00

ライオン像.bmp

わしの傍にいるのは、子供か、孫か、ひ孫だったかな?それとも玄孫(やしゃご)だったかな~

だいぶ長く座っているな~ 何時まで座っていればいいのかな~

でも、ぜんぜん老けないな~ わしは幾つになったのかな~

 

わしは三越のライオン像です。

 

写真は銀座三越の正面玄関です。像の誕生は大正3年、日本橋三越本店前に設置されたのが始まりです。

ライオン像は当時の支配人、日比翁助が百貨店開設の為、欧米を視察した際にイギリスで注文したものです。

完成まで3年かかりました。三越が百獣の王ライオンのごとく百貨店業界に君臨する様にとの願いが込められているいるそうです。

本店のライオン像は102歳になります。子供が銀座三越のライオン像です。年齢は昭和47年生まれ45歳です。傍にいるのは、たぶん子供か、孫になると思います。

 

三越にお越しのせつは、わしがお迎えします。

是非ともおいでください。お待ちしております。

 

 

亀井橋公園のフジ開花

[ジミニー☆クリケット] 2017年4月29日 12:00

fujikame01.JPG

築地1丁目、首都高速都心環状線の上に架かっている亀井橋の脇に、築地川亀井橋公園があります。

fujikame00.jpg

この公園内にある藤棚のフジが、現在、藤色の花を咲かせています

fujikame02.JPG

ここは、ペレニアルガーデン宿根草の花々が、私たちを1年中楽しませてくれるところですが、サクラの季節が終わると、入れ替わるように、同じ公園内にある藤棚のフジ開花時期を迎えます

fujikame03.JPG

ちなみに、フジには、つるが右巻き(上から見て時計回り)と左巻きの二種類があり、右巻きフジの標準和名は「フジ」または「ノダフジ」、左巻きの標準和名は「ヤマフジ」または「ノフジ」だそうです

この公園フジは、ノダフジとの表示がありました

fujikame04.JPG

さわやかなに、フジの花房がゆれて、本当にいい季節です

 

 

ノダフジ開花

[サム] 2017年4月28日 18:00

DSC_0299ELS'.jpg 

DSC_0302RS'G.jpg  4月19日、東京管区気象台から生物季節観測情報のひとつ「ノダフジ開花」発表。(北の丸公園)

平年より2日早く、昨年より1日早い由。

浜離宮恩賜庭園の「延遼館跡」、「潮入りの池」の「お伝い橋」前、「お伝い橋」中程の「小の字島」各々に設えられた藤棚も、漸う薄紫色の花色に彩られ始めました。

フジはマメ科フジ属のつる性落葉木本。

芳香があり、花穂が垂れ下がる花姿は艶麗で、また、風に揺れる様は「藤波」と表現されるように風情があります。

日本固有種には、ノダフジとヤマフジがあり、一般にフジというと、ノダフジを指すようですが、園内はヤマフジが大半と聞きます。

「お伝い橋」北端の藤棚には、珍しいノダフジ系の「八重黒龍藤」が植栽されています。

別名「牡丹藤」。

雄しべの大部分が弁化し、所謂 "牡丹咲き"のユニークな花形です。

ゴールデンウイーク終盤まで楽しめそうです。

 

 

マロニエ通りでマロニエ開花中

[ジミニー☆クリケット] 2017年4月28日 09:00

銀座マロニエ通り街路樹マロニエ開花中です

marro001.JPG

咲いている花の色がきれいな赤紅色なので、ベニバナトチノキだと思います

marro002.JPG

このベニバナトチノキは、ヨーロッパ原産のセイヨウトチノキマロニエ)と北アメリカ原産のアメリカアカバナトチノキの2種を掛け合わして作られたものだそうで、日本には大正末頃に渡来したそうです

日本ではマロニエよりも普及していて、よく栽培されている樹木だそうです

marro003.JPG

葉の形が特徴的で、長さ10cm~15cm5~7枚の小葉が手のひら状になって一枚の葉を形成します。掌状複葉と言うそうです

marro004.JPG

開花期は、まさにです

枝先に赤紅色をまとめて咲かせて、円すい状花穂になります

たくさんの花穂を付けるので、遠目からでも目立ちます

marro005.JPG

ちなみに、マロニエは「世界四大街路樹」のひとつだそうで、あとの三つの木は、プラタナスニレボダイジュだそうです

 

 

永代橋から見た佃島?

[朱房の十手] 2017年4月26日 18:00

eitai5.jpg

永代橋は江戸時代現在の場所から150メートル程、上流にかけられていました。創架は1698年ごろとされています。当時は大規模な木造橋で見晴らしの良い名所として浮世絵に描かれています。

 

道路橋としては日本初の鋼鉄製です。明治37年には路面電車が敷設されました。

 

5代将軍綱吉の50歳の祝賀を込めて架橋されました。文化4(1807)年8月19日には深川八幡の祭礼に向かう混雑で橋が崩落し1000人以上が溺死しました。この事故は落語になるほど様々な物語があります。また赤穂義士が吉良邸から泉岳寺に引き上げるときに渡った橋として知られています。

1永代橋.jpg

上部写真、下部の絵共に佃島方向を望んでいます。

上部写真は永代橋から撮影しました。

 

 
<<前のページへ 1234567891011