中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


オリンピック選手村・晴海の現在と未来

[ようちゃん] 2018年6月21日 18:00

2020年7月24日から8月9日までの17日間オリンピック、8月25日から9月6日までの13日間パラリンピックが開催されます。東京のいたるところでオリンピック関連の工事が進行中ですが、晴海四丁目・五丁目では選手村の工事が急ピッチで進んでいます。この工事の状況は晴海五丁目の「ほっとプラザはるみ」の屋上から見ることができます。

p-ほっとプラザはるみ1 (2).jpg

(2018年5月の工事状況)

選手村の敷地面積は、44haでオリンピック時は18,000ベッドがパラリンピック時は8,000ベッドが計画されています。完成予定は2019年12月31日(予定)です。

p-選手村2020.jpg

(2020年の選手村完成予想図)

東京オリンピック終了後は、市街地再開発事業として、大会時に一時使用されていた宿泊施設を本整備のうえ分譲または賃貸する計画になっていて約5,650戸が作られる予定です。事業の完了は2024年度になる見込みです。

p-その後の選手村.jpg

(大会終了後2024年度のイメージ)

晴海地区は、昭和6年に造成され、紀元二千六百年(昭和15年)を記念する日本万国博覧会の予定地として準備が進められましたが、戦争のため中止され、戦後は昭和35年5月に第一回東京国際見本市が開催され、また国際モーターショウが開かれましたが、平成8年に40年にわたる開催地としての幕が閉じられました。また昭和30年に外国貿易埠頭として晴海埠頭が建設されました。晴海埠頭は南極観測船の出航地としても有名です。そして今度はオリンピックの選手村としての工事が進んでいます。こんな歴史のある晴海地区においでになりませんか。なお掲載した図は東京都のホームページから抜粋させていただきました。

 

 

中央分離帯のネジバナ〔昭和通り〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年6月21日 09:00

この時期になると、公園の芝生とかにひっそり咲いているのがネジバナですが、昭和通り中央分離帯植栽スペースに咲いているのを、通勤途中に見つけました

下の写真赤い楕円形のところです

neji201801.jpg

ちょうどサツキも植えられてなくて、背の高い雑草もない、ネジバナには格好のスペースでした

neji201802.JPG

ネジバナは、ラン科の多年草で、晩春からにかけて、の上部に小さなピンク色多数の花1列らせん状につけます

neji201803.JPG

なぜねじれるのかについては、

がみな一方向に向けばが傾くので、の方で工夫してわざとねじるようにをつけるようになった、というおもしろい説があるそうです

neji201804.JPG

昨年、6月に中央区の公園に咲いていたネジバナを紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/06/post-4405.html

 

 

築地川亀井橋公園のアガパンサス

[ジミニー☆クリケット] 2018年6月19日 18:00

agapa201801.JPG

今年も築地川亀井橋公園(築地1-6-1先)にあるペレニアルガーデンで、アガパンサスの花が咲き始めました

ペレニアルガーデンは、宿根草が植えられた花壇です

agapa201802.JPG

アガパンサス和名は、ムラサキクンシラン紫君子蘭)です

agapa201803.JPG

原産地は南アフリカ)だそうで、南アフリカ10~20種ほどの原種自生しており、交配などにより300以上園芸品種が育成されています

agapa201804.JPG

開花期は、5月下旬から8月上旬にかけてです

agapa201805.JPG

宿根草アガパンサスは、毎年この時期に美しい花を多数咲かせてくれ、立ち姿も優美で、梅雨鬱陶しさを和らげてくれる花です

agapa201806.JPG

花の色は、青紫が主ですが、公園には白い花の株もあります

agapa201807.JPG

昨年、同公園でのアガパンサス開花を紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/06/post-4433.html

 

 

梅雨晴れのプランツウォーク

[サム] 2018年6月17日 09:00

DSC06530ELS'.jpgDSC06540RS'G.jpg 晴海トリトンプラザ2F「ポケットプラザ 花・水・樹」の専属ガーデナーの案内で園内を散策する毎月恒例のミニガーデンガイドツアーが6月7日に開催されました。

6日に関東甲信地方が梅雨入りしたものの、当日は梅雨の合間の晴天。

花のテラスのアメリカデイゴの燃えるような深紅の花が連なって枝の先に咲く様はエキゾチックな印象です。

園内花壇は年4回の植替えを丁度終えたばかり。トロピカルな赤色系の花、ビタミンカラーの黄色系の花、爽やかな青色系の花など、初夏に相応しい彩です。

今回の見所は、沢山の新種を取り揃えたアジサイ。

「金平糖」(左上画像)「フェアリーラブ」「グリーンシャドウ」「レディインレッド」「マジカルアメジスト」「ウォーターブルー」「ダンスパーティ」「ダンスパーティーハッピー」等々多彩です。

 

左から、フェアリーラブ、グリーンシャドウ、マジカルアメジスト、ウォーターブルー、ダンスパーティ ハッピー

DSC06501RRS'.jpg DSC06502RS'.jpg DSC06509RRS'.jpg DSC06512RRS'.jpg DSC06516RRS'.jpg

 

 

山王祭 下町連合渡御

[サム] 2018年6月15日 18:00

P6101430ELS''.jpgP6101429'RSG.jpg 6月10日、京橋・日本橋エリアで、日枝神社の例大祭「山王祭」の「下町連合渡御」が雨模様の中、挙行されました。

「下町連合渡御」は、戦後都市化の進行で担ぎ手が減少し各町会の神輿渡御も活気が失われ、危機感を覚えた日本橋の青年部が同祭を全体で盛り上げるため、2002年に京橋に声掛けして開催された2地区の連合渡御が始まりと聞きます。その後、2006年に茅場町が、2008年に八丁堀が加わり、現在は4地区の氏子たちが連携し、鳶頭の木遣りを先頭に17基の神輿が、全面封鎖となった中央通りの "擬宝珠内" (京橋~日本橋)を練り歩きます。

日本橋上では、お隣室町本町の神田明神の氏子たちが、高張提灯を掲げ境界線をつくり出迎える中、橋中央の「日本国道路原票」付近で、神輿を高々と天に "差す" と、祭りの熱気が最高潮に達します。

 

 

暁橋の朱色のユリ

[ジミニー☆クリケット] 2018年6月14日 12:00

築地川公園暁橋のところに置かれたプランターに、朱色ユリが咲いていました

sukasi201802.JPG

場所は、下の地図赤〇のところです

sukasi201800.jpg

鮮やかな朱色です

sukasi201804.JPG

スカシユリと思われますが、残念ながら品種名はわかりません

sukasi201805.JPG

スカシユリの特徴である杯状を、上向きにつけて咲いている姿がいいですね

sukasi201803.JPG

梅雨の合間の晴天の日に、朱色がまわりのと美しく調和していました