中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


正月の風物詩 獅子舞

[サム] 2018年1月 4日 12:00

P1020060ELS'.jpgP1020046RS'G.jpg 1月2日、初売りで賑わう日本橋界隈で、正月の風物詩「獅子舞」の音が響き渡りました。

コレド日本橋では10:00、開店と同時に、1F正面入口にて、パフォーマンスを披露の後、館内を順次練り歩き。

この他、日本橋高島屋で12:00~ / 14:00~ / 16:00~、江戸桜通り地下歩道・コレド室町で12:00~、日本橋三井タワーで14:15~、各々パフォーマンスが繰り広げられました。

祝い事や祭り事で目にする獅子舞。悪魔祓いや飢餓や疫病を追い払う意味が込められていると聞きますが、一年の無病息災と商売繁盛を届けて回る、正月らしい情景です。

 

 

活力 駅伝と三日とろろ

[あすなろ] 2018年1月 4日 09:00

箱根からの復路~
中央通り、日本橋~を抜け、仲間が待つゴールへ。

 駅伝.jpg

沿道からの声援を浴びて、力を振り絞る選手たちの姿に、

元気をもらいました。現地観戦も熱くなりますね。

 

さて、白熱の余韻が残るなか、日本橋ふくしま館へ。

 ふくしま.jpg

ちょうど正月三日は、「三日とろろ」の日。

主に東北地方に残る行事で、長寿や健康を祈願して

とろろを食べるという、限定メニューを目当てに。

 とろろそば.jpg

疲れた胃腸をいたわる効果もあります。

選手たちから元気をもらったので、

あとは体調を整えて仕事を再開したいですね。

 

◆日本橋ふくしま館 MIDETTE
東京都中央区日本橋室町4-3-16柳屋太洋ビル1F

 

 

築地本願寺 除夜会・除夜の鐘

[サム] 2018年1月 3日 18:00

DSC01665ELS'.jpgDSC01671RS'G.jpg 今年創建400年を迎え、人の人生や暮らしに寄り添うことを目指した取り組み『「寺と」プロジェクト』の一環として、11月、カフェ・ショップ・ブックセンターなどを併設したインフォメーションセンター、合同墓が開設された築地本願寺。

12月31日23:00から、過ぎ行く年を振り返り、新たな年に思いを馳せて、1年最後の仏様の恩徳を仰ぐ法要「除夜会」が本堂にて開催されました。

本堂はライトアップされ、境内には築地本願寺のロゴマークを模ったキャンドルアート、甘酒・お汁粉の接待のテントが設営。

「除夜の鐘」については、22:00から350組限定で鐘撞き整理券が配布され、法要終了後案内されます。

「除夜の鐘」を撞く鐘楼は普段は公開されていない場所なので貴重な体験の機会。

また予約・整理券不要の「平和の鐘」を撞くことも出来、インフォメーションセンター多目的ホールでは、22:20~22:50 / 0:20~0:50 年越しライブ「ブッダ de 大喜利」も開催されます。

 

 

銀座和光のウインドウディスプレイ Jan. 2018

[銀造] 2018年1月 3日 14:00

 銀座4丁目のランドマーク、和光のショウウインドウには、今年の干支の戌(犬)がペアで飾られています。

戌年は、株式相場の世界では、過去は上昇相場の方が5勝3敗で、縁起の良い相場が多かったということです。

1514452193065.jpg

この二頭のわんちゃん、縁起の良い「戌笑い」に見えます。 本年が皆様にとって良いお年と成る様祈念します。

 

 

 

GINZA TANAKA の松飾り 2018

[銀造] 2018年1月 2日 09:00

 田中貴金属 銀座本店は、東京都中央区銀座1-7-7に店舗があります。

ブランドの表示は、「GINZA TANAKA SINCE 1892」です。

毎年のクリスマスツリーなどは、同社の金製品で美しく豪華に装飾したのを披露してくれます。

昨年のウイーン金貨で作ったクリスマスツリーは大変見事でした。

 

さて、新春2018年の松飾りは、

1514451940566.jpg

緑の松、蘭のオンシジウムなどを使った活け花が、黄金色に輝いています。

英語で表現すると、Happy New Golden Year となりそうな2018年。貴方にとって、最良の御年となりますように、祈念します。

 オンシジウムの花言葉: 清楚、可憐、一緒に踊って、美しい瞳、気立てのよさ、印象的」と言われています。

お店のご案内は、こちらです。 http://www.ginzatanaka.co.jp/fair/2018NewYear/

※カバンを隅の床に置いて写真を撮影させて頂いていたら、カバン入れを急いで持ってきて頂けました。気配り、おもてなしのお店です。

 

 

熈代勝覧(きだいしょうらん)の日本橋

[にゃんボク] 2018年1月 1日 16:00

日本橋三越付近のモニュメントといえば、ライオン像が有名ですが、何といっても私のお勧めは三越前の地下コンコースにある「熈代勝覧」です。

kiddaishouran.jpg

この絵巻はドイツ・ベルリン自由大学の生物学教授であったハンス・ヨアヒム・キュステル氏と妻インゲさんが親族の家の屋根裏部屋で発見したとのこと。キュステル夫妻は中国美術のコレクターでありこの絵巻を自分たちの中国美術品とともにベルリン美術美術館に寄託したようです。当初、これは中国の絵巻と考えられていたようですが、1999年の初夏に、ベルリン東洋美術館の収蔵庫から取り出された本絵巻を小林 忠さんが見て、江戸の町の街頭風景と生活する人々の風俗がありありと詳しく書かれた歴史的、美術的に非常に貴重な本絵巻に興奮を覚えたであろうことは想像に難くありません。

 

熈代勝覧は「天」と記されていたようなので、「地」とか「人」などのセットがあるのではないかと考えるとわくわくしますね。当時を知るまたとないドキュメンタリー絵画。

 

登場人物は1671人。うち、男が1,439人、女200人、子供32人、犬20匹・・・など。男性が多いのは江戸の町の当時の特徴だったようですね。犬の数も多く、当時の江戸の名物といわれる「伊勢家稲荷に犬の糞」もしっかりと描かれております。

 

鳥獣戯画や今でいうゆるキャラのような表情豊かな方々を見たり、様々な職業・職人の姿を知ったり、江戸の生き生きとした息遣いを知るためにも、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

 

なお、熈代勝覧の詳細は、この冊子もぜひご参照ください。(小学館)

book_kidai.jpg