中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


アースアワー ライトダウン

[サム] 2017年3月28日 12:00

DSC_0138R''ELS'.jpg 

DSC_0060RSG'.jpg 2007年に、WWF(世界自然保護基金)オーストラリアによる地球温暖化防止キャンペーンの一環として始まった「EARTH HOUR」。

世界中の人々が、「美しい地球を残したい!」「地球の環境を守りたい!」という想いを胸に、同じ日、同じ時間帯に、消灯のバトンを繋ぐ、世界規模で開催されるプロジェクトです。

2017年は3月25日(土)20:30~21:30に実施。

日付変更線に近い地域から順次現地時間の20:30を迎えた時点で消灯リレーが開始され、時差の関係上、東から順に消灯がぐるりと地球を一周します。

エンパイアステートビル(アメリカ)、エッフェル塔(フランス)、オペラハウス(オーストラリア)など世界を代表するランドマークがアースアワーに合わせて、暗闇に包まれます。

勝どきの隅田川テラスから築地市場越しに望む東京タワーも、20:30に、青い地球を未来へ繋ぐ60分が始まりました。

 

 

陽光が ユキヤナギ映え 紅白に  築地、明石町 花散歩 2017

[銀造] 2017年3月27日 14:00

 中央区役所の正面玄関の前の「桃の木」が、明るい桃色の花を咲かせて、道行く人々を楽しませてくれています。

DSC04758.JPG

築地本願寺の裏手にある築地川公園の舗道に植えられている「陽光」が鮮やかな桃色で開花しています。奥の柳の木の新芽も柔らかく、そよ風になびいています。

DSC04764.JPG

その築地川公園の中には、ユキヤナギが清楚な白色、レンギョウは少し刈込まれすぎたので、お花の数は少ないですが、それでも存在をアピールしています。

DSC04769.JPG

公園の北側の敷地内には、「ハナノキ(カエデ科)」が小さい蕾を開き、可憐な紅いを咲かせています。

1490245331256.jpg

聖路加国際大学の構内にある桜の木も一本薄紅色の花をつけています。 周囲の枝垂れ桜、ソメイヨシノの開花ももう4,5日でしょう。

1490245315343.jpg

築地、明石町でのお買い物の途中にでも、お立ち寄り下さい。

 

 

2017 春のフラワーガーデン

[サム] 2017年3月27日 12:00

DSC03995ELS'.jpg 

DSC03985RS'G.jpg 3月24日、ファンケル銀座スクエア(銀座5)10Fテラス付「ロイヤルルームにて、「春のフラワーガーデン」がスタート。

会期 3月24日~3月31日 11:30~18:30

2017年度は年8回開催予定の「季節のガーデンイベント」の第一弾。

「春よ、来い」のテーマで色とりどりの寄せ植えが全国各地から集結。暖かくやわらかな陽射しが降り注ぐ天空のテラスは、趣向を凝らした演出で華やかに咲き誇っています。

期間中、一般応募の寄せ植え作品56点を展示したコンテナガーデンコンテストも併せて開催されています。

フリードリンクも用意され、ガーデンテラスを眺めながら、寛ぎのひとときを過ごせます。

 

 

さよなら都電7000形記念バス

[サム] 2017年3月26日 12:00

DSC_0112RELS'.jpg 

DSC03962RSG.jpg 1954年にデビューし、1972年以降は都電荒川線のみで運行されてきた都電7000形がこの3月で60年を超える歴史に幕を下ろすのを記念して、同じデザインを都営バスにラッピングした「さよなら都電7000形記念バス」を、中央区の協力の下、3月24日から26日までの3日間限定で、かつての「都電1系統(品川駅~上野駅)」のうち銀座~日本橋間で運行。

運行本数は全34便で、24日は午後に10便、25日と26日には午前に各12便が組まれています。

所要時間は片道約12分で、車内では7000形の秘蔵写真が展示され、バスガイドによる、最盛期41系統213.7km運行されていた(銀座4丁目は7系統が交差)往時の様子などの説明に加え、電鈴(車内案内ベル)、床ワックスの匂いの再現などの趣向も凝らされています。

また、応募者のなかから抽選で当選した記念バス乗車客には、記念チケットに加え、1962年当時の路線図を現在の東京に重ね合わせたオリジナル地図、雑誌「Hanako」3月23日号「銀座・日本橋」×(消えゆく都電を見守ってきた日本橋~銀座の)老舗6軒との「さよなら都電7000形」記念コラボ商品の中から、榮太樓総本舗《梅ぼ志飴》、銀座松崎煎餅 《都電7000形三味胴》がプレゼントされました。

尚都電7000形は今春で運行終了するものの、車体や装置類の一部は都電7700形で再利用されるとの由。

 

 

鶴首 住吉神社さくら祭り

[あすなろ] 2017年3月26日 09:00

2017年3月21日(火)に気象庁は、東京都千代田区にある
桜の標本木が開花したことを発表しました。

 

満開日の予想は、4月1日(土)です。

 さくら祭り準備.jpg

佃住吉神社ではさくら祭り(4月1日~4月2日)
の準備が進んでいます。

 

神社境内には、枝垂れ桜があり、会期には満開を迎える
といいですね。

 

境内では甘酒やお汁粉のご接待があります。

 案内.jpg

近隣の佃公園や石川島公園にはたくさんの桜が

植えられていますので、隅田川沿いに、お花見しながら

の散策も楽しめます。

東京都中央区佃周辺

 

 

春光に映える「陽光桜」

[サム] 2017年3月25日 14:00

DSC03966ELS.jpg 

DSC03914RS'''G.jpg 3月21日、気象庁より東京都心でソメイヨシノの開花宣言が報じられましたが、佃公園ではソメイヨシノに先駆けて咲く「陽光」が、舟入堀・佃小橋を背景に人目を惹いています。

「陽光」は、愛媛県の高岡正明氏により、「天城吉野」と「寒緋桜」を交配して作出。

高岡氏は、戦時中教職に就いており、多くの教え子たちが戦死したことから、その鎮魂と世界平和を願って、命を落とした亜熱帯~寒冷地でも花を咲かすことが出来る新種の桜の開発に人生を捧げ、25年の歳月をかけて誕生した「陽光」を、平和のシンボルとして国内外に贈り、国際平和交流に努めたとされます。

鮮やかなピンクの陰に、もう二度と戦争はしないと誓いたる思いがこもった、花姿です。