中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


白い花の巨木はスモモだった!〔采女橋公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年3月22日 16:00

sumom201802.JPG

釆女橋うねめばし)」は、銀座5丁目と6丁目の境を走る 「みゆき通り」 が、 築地4丁目との間で 「首都高速」 を渡る橋です

sumom201803.JPG

この橋の西詰に、「築地川采女橋公園」(下の地図、ピンク色の部分)があります。隣接して建っているのは、新橋演舞場です

sumom201801.jpg

この采女橋の対岸から首都高速越しに采女橋公園をながめると、この時期(3月19日)、満開白い花の巨木(下の写真、赤い矢印)が見えます

ソメイヨシノより開花期が早く、サクラのようでサクラでなく、一体、あの木何なのだろうと思っていました

sumom201807.jpg

名前を知りたくて、中央区役所内「水とみどりの課」に伺い、係りの方に直に照会しました

すると、親切に調べていただき、明快に教えていただきました

スモモでした

sumom201805.JPG

スモモは、原産地が中国で、中国ではモモとともにの代表的な花として古来から愛されてきました。日本へは奈良時代に渡来したとのこと

ものの本には、「葉の展開に先立って白い五弁花をつけ、開花期は、『ウメが終わって『サクラ』が咲き出す寸前のころである」と書かれていますので、まさにその通りでした

sumom201806.JPG

いやあ、もやもやがすっきりしました

築地川采女橋公園スモモ白い花は、とてもきれいですよ

 

 

2018 名残の雛神事

[サム] 2018年3月22日 12:00

DSC02149ELS'.jpgDSC02134RRG.jpg 3月20日、築地波除稲荷神社に於いて、「名残の雛神事」の雛人形展示が始まりました。

2月4日~3月18日の間、お焚き上げを受け付けた雛人形・お人形は、3月20日~28日の間、展示され、その後、神職により人形の供養祭が斎行され、お祓いし、日を改めてお焚き上げをして、お流します。

雛人形展示は、お焚き上げをする前に、一週間、参詣の方々にもう一度見ていただき、名残を惜しんで貰おうというものです。

今年も、人形供養を希望する、各々に忘れがたい思い出を秘めた、雛人形、ぬいぐるみ、日本人形、外国人形が多数納められ、獅子殿の厄除天井大獅子の周りに所狭しと並べられています。

 

 

ベニコブシの開花

[ジミニー☆クリケット] 2018年3月21日 16:00

めいてきました

kobus201801.JPG

采女橋から市場橋交差点までの通り(市場橋通り)の北側と、京橋築地小学校の北側の通り、祝橋から新大橋通りまでの両側に、ベニコブシが咲いています(下の地図ピンク色の部分)。

kobus201800.jpg

ベニコブシ紅辛夷)は、モクレン科モクレン属、別名がヒメシデコブシ(姫四手辛夷)で、花びらが白いシデコブシ(四手辛夷)の変化したものだそうです

kobus201802.JPG

名前の由来は、コブシの仲間で、花の色淡紅色だからだそうです

kobus201805.JPG

市場橋通りベニコブシは、ターレー(上の写真青い乗り物)が停まっている上に咲いていたりして、いかにも築地らしくていい景色です

kobus201806.JPG

ちなみに、ターレーとは、ターレットトラックTurret Truck)の略称で、工場や倉庫、鉄道駅の構内などで荷役用として利用されている運搬車の総称ですが、築地市場ではおなじみのです

kobus201808.JPG

淡紅色というより薄桃色花びらは、細長くて波打っており、本来の白いコブシとは印象が違っています。

 

 

サクラ三様〔千代橋公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年3月20日 16:00

sens201801.JPG

東京では、17日にサクラソメイヨシノ)の開花宣言が行われましたが、築地川千代橋公園には、限られたスペースに開花時期の違うサクラが植えられていて、になると、数か月にわたって、サクラの花を楽しむことができます

sens201804.JPG

現在、ヨウコウ陽光見頃です

sens201805.JPG

ヨウコウは、アマギヨシノ天城吉野)とカンヒザクラ寒緋桜)を交雑させて作出されたそうで、ソメイヨシノより早く咲く品種です

sens201806.JPG

2週間前にこのブログで紹介したカワヅザクラ河津桜です

sens201807.JPG

早咲き桜カワヅザクラは、もう葉桜になっています

sens201809.JPG

フゲンゾウ普賢象は、まだつぼみもついていません

大輪ヤエザクラで、4月下旬頃開花の最盛期を迎えます

sens201808.JPG

千代橋公園にはシダレザクラもあり、それぞれの開花時期に合わせてお花見が楽しめますよ

sens201802.JPG

今月3月4日に紹介したカワヅザクラの記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/03/post-5029.html

 

 

オカメザクラその後

[メニイブックス] 2018年3月20日 14:00

3月17日東京の桜開花が宣言され、19日お昼ご飯の場所を探しながら、オカメザクラのその後と日本橋の桜を見てきました。さすがオカメザクラは花びらがすべて落ちていました。

 

日本橋の桜はつぼみの状態。もうすぐ咲きそうです。

IMG_5641.JPG

IMG_5642.JPG

交番の前のイトザクラは満開でした。小粒の花でとてもきれいに咲いていました。お巡りさんの話ですとここ2,3日で満開の状態になったようです。

IMG_5646.JPGIMG_5647.JPG

 

 

桜(ソメイヨシノ)開花

[サム] 2018年3月20日 12:00

DSC02104ELSR'.jpgDSC02106RS'G.jpg 3月17日、東京管区気象台より、「桜(ソメイヨシノ)の開花を観測した」旨、発表がありました。

3月に入り、20℃前後の暖かさとなった日もあるなど、最近のぽかぽか陽気で蕾の生成も加速した模様。

平年より9日早く、昨年より4日早く、1953年以降の記録では最も早い開花となった2002年と2013年の3月16日に次ぐ、3番目の早咲きとの由。

都心のこの日の最高気温は12.1℃と7日ぶりに平年を下回ったものの、いよいよ桜の季節到来です。

日本橋北詰東側の「乙姫の広場」のソメイヨシノも、蕾が開き始めました。

日本橋南詰東側の日本橋交番前のシダレザクラは、一足早く、見頃を迎えています。