中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央区の歩道っておもしろい!13【兜町・茅場町編】

[湊っ子ちゃん] 2018年8月22日 09:00

こんにちは、湊っ子ちゃんです。

今日は、日本橋兜町と茅場町の歩道にやってきました。
 

♪ 歩道美術館へようこそ!
 
kayaba01m.JPG

茅場町1丁目のバス停の足元に、都電の絵をみつけました。

絵の都電は19系統のようです。

通り三丁目から、王子駅までの路線でした。

その他にも、茅場町を通る系統はたくさんあり、当時は交通の要所だったようです。
 

東京に、路面電車が走り始めたのは、明治36年にもさかのぼります。

時は変わり、昭和30年代、40年代に入り、都電から地下鉄へと交通網も大きく変化しました。

kayaba02m.JPG

兜町側の歩道にも、都電の絵がありました。

こちらは夕暮れどきでしょうか。藍色に染まる空がきれいですね。

さぁ、鎧橋方面へ歩いてゆきましょう。
 
花の絵をふたつ、みつけました。
この辺りには、植木長屋と呼ばれていた通りがあります。
縁日に、植木や盆栽を売る市が立ったそうです。

kayaba03m.JPG

 
kayaba06m.JPG
 
兜町・茅場町は、3つの川に囲まれた町。
日本橋川、楓川、亀島川。
江戸時代は川沿いに、荷揚場や土蔵がたくさん建ち並んでいました。
 

kayaba04m.JPG
 
明治5年、近代資本主義の父 渋沢栄一氏が兜町に住居を構え、第一国立銀行や、東京株式取引所を創設します。

遠くに見える、天守閣を洋風に模した五層楼閣の建物は、第一国立銀行でしょうか。

さぁ、東京証券取引所前の歩道です。
 
kayaba05m.JPG
 
円筒形の本館が完成したのは、昭和6年のことです。

ドリス式のオーダー円柱、商・工・農・交通をあらわす像が上部に置かれていました。

後部には、市場館が続いていました。天井は、淡い色調のステンドグラスをはめこんだ天窓になっており、雄大な空間でした。

昭和63年、今の建物に改築されました。
 

絵のある歩道というのは、おもしろいですね。

その町の表情が見えるような気がします。

これからも、素敵な歩道との出会いを大切に、中央区を歩きたいと思います。

 
中央区観光協会特派員 湊っ子ちゃん

sign200.png

第20号 平成30年8月19日

 

 

晩夏の茜色の絨毯

[サム] 2018年8月21日 18:00

DSC07048ELS'.jpgRIMG1561RS'G.jpg 浜離宮恩賜庭園の晩夏のお花畑を彩るキバナコスモス。(別名キバナアキザクラ)

5月25日に種が蒔かれ、7月中旬に開花を迎え、約1ヶ月咲き誇ってきたキバナコスモスですが、もうすぐ "名残" のシーズン。

メキシコを中心に中米、南米北部に分布するキク科コスモス属の一年草。もともとは黄色系で、赤色の品種「サンセット」が橋本昌幸氏により育種されて以降、次々と品種が作出され、彩りも豊かになったとされます。

今年植栽されているのは、ディアボロ(オレンジ色)とドワーフイエロー(黄色)の2種類。葉は所謂 "コスモス" に比べ幅広で野趣に富んだ印象。

アオスジアゲハやミツバチなど多くの昆虫が花蜜を求めてやってきています。

今夏も連日の酷暑にも負けず、鮮やかな花を次々と咲かせ、目を楽しませてくれました。

 

 

楚々 打ち水のおもてなし

[あすなろ] 2018年8月21日 09:00

水を撒く、水を打つ。

地面を湿らせることによって、熱気を和らげ、涼を呼び、

埃を立てないようにする。

 支度.jpg

気化熱を利用して、体感温度を下げる効果もありますが、

打ち水には、場を清めるという意味合いもあります。

 打ち水.jpg

店の前や玄関前に水を打ち、

お客さまをおもてなしする風景は、

押しつけがましくない心遣いが感じられますね。

中央区の風情ある街並みから、

涼とともにおもてなしを感じとるのも一興です。

 おもてなし.jpg

◆中央区日本橋室町・仲通り付近

 

 

NAGANO CRAFT BEER DAYS

[サム] 2018年8月20日 18:00

DSC07062ELS (2)'.jpgP8201723RS'G.jpg 8月18・19日両日、銀座NAGANO(銀座5)にて「NAGANO CRAFT BEER DAYS」が開催されました 。

個性豊かな味わいが人気のクラフトビールは近年、国内各地で盛り上がりを見せていますが、信州のクラフトビールもその担い手のひとつ。

今回、創業200年以上の歴史を誇る酒蔵から、今年5月に自社醸造所が竣工し、6月初仕込み、7月下旬初出荷に漕ぎ着けた新生マイクロブルワリー迄12社(信州須坂フルーツブルワリー、麗人酒造、南信州ビール、Hakuba Brewing Company、軽井沢高原ビール、オラホビール、志賀高原ビール、松本ブルワリー、穂高ビール、AJB Co.、軽井沢ブルワリー、塩嶺麦酒)約35種が銀座に集結。信州特産りんご(ふじ)の風味を活かしたアップルエールも登場し、豊富なラインアップのテイスティングです。当日は都内の最高気温が27.2℃、28.6℃と、比較的過ごし易い天候でしたが、渇いた喉を潤すタイムリーな企画でした。

 

 

真夏の浜町公園

[ジミニー☆クリケット] 2018年8月20日 12:00

haman201801.JPG

中央区立の公園、日本橋浜町2丁目にある浜町公園です

haman201802.JPG

中央区の公園の中では最も大きい公園です

haman201803.JPG

公園内の木々濃くミンミンゼミアブラゼミ蝉しぐれが降ってきました

haman201804.JPG

ただ、が濃い分、この時季、は少ないです

haman201807.JPG

現在、公園内で咲いているのは、ランタナサルスベリです

ランタナは、熱帯地方原産地とするで、暑さにはとても強く、日本の暑い夏の時季でも元気にを咲かせてくれています

haman201808.JPG

サルスベリは、「百日紅」の名の通り、初夏からまでの長い期間、を咲かせる花木です

公園で咲いていたのは、白いサルスベリ

haman201809.JPG

公園内の、隅田川に近いエリアでは、パンパスグラス銀白色の花穂を伸ばしています

haman201810.JPG

パンパスグラスは、イネ科の多年草で、アルゼンチンブラジル南部原産で、ススキに似ています

の訪れを感じさせてくれます

haman201811.JPG

昨年6月の浜町公園を紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/06/post-4390.html

haman201806.JPG

 

 

涼々 風趣に富む庭園

[あすなろ] 2018年8月14日 18:00

エアコンが無かった時代、人々はどのように

暑い夏を過ごしてたのでしょう。

 和傘.jpg

都立庭園では、日差しが強い夏季期間中に、

和傘の無料貸出しを実施しています。

そして、浜離宮庭園の「中島の御茶屋」では、

季節限定の抹茶セットを有料で提供しています。

 冷抹茶セット.jpg

冷たい抹茶とねりきりのセットを注文。

程よい苦味と甘みですっきり美味しく、

開け放されたテラス側から中庭に通り抜ける風は

とても心地良かったです。

 中島の御茶屋.jpg

水辺の風景は視覚的にも涼しく感じます。

季節の感覚を楽しめる至福の時間でした。

この時期ならではのサービスを利用しながら

歴史ある日本庭園の風情を楽しむのはいかがでしょう。

くれぐれも熱中症対策は万全に!

浜離宮恩賜庭園
都立庭園「和傘で庭園めぐり」