中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


◆中央区 ここに歴史あり(40) 震災復興事業を振り返る-1〈道路名称編〉―晴海通りは歌舞伎通りだった

[巻渕彰/写楽さい] 2012年3月22日 08:30

今から82年前の昭和5(1930)326日、「震災復興記念式典」が開催された。大正12年(19239月の関東大震災発災から66カ月をかけて、ようやく東京がよみがえったときである。後藤新平に象徴される帝都復興事業は都市改造ともいえ、区画整理のもとに新しい道路が建設された。苦難を乗り越えた事業は、今日の都市機能を担っている。今回は、復興道路の名称にふれてみたい。

 

0913_40_120317daisinnsai_do.jpg式典の2日前、24日に昭和天皇は復興した市内を巡幸された。千代田小学校(現日本橋中学校=東日本橋一丁目、臨幸記念碑が設置されている)では昼食を摂り、屋上から復興の街並みを天覧。そのあと、復興橋梁の清洲橋や永代橋を経て、市立築地病院(海軍軍医学校の隣地にあった東京市立最初の総合病院=現存せず)などを訪問したという。

 

道路に話を戻すと、復興計画で新設された昭和通り、八重洲通りなどの道路名称は、東京日日新聞社が懸賞募集したものだった。22幹線道路名称に対して24万通超の応募があったそうだ。

 

当選した新しい道路の名称(当時の表記)は以下であった。中央区関連の道路を見ていこう。

 

1号線-昭和通(復興道路の代表。幅員100m計画が44mになる)

2号線-大正通(現靖国通り。戦後改称。東日本橋、浅草橋南辺り)

3号線-永代橋通(現永代通り。帝都復興第1橋梁の永代橋)

4号線-歌舞伎通(現晴海通り。歌舞伎座や木挽町、新富座跡)

5号線-清杉通(復興橋梁の清洲橋通り横山町から浅草橋付近)

7号線-八重洲通(外堀通りから昭和通りまで都道、その先は区道)

11号線-新常盤通(現江戸通り。新常盤橋や復興小学校の常盤小学校)

12号線-市場通(現新大橋通り。震災で移転開場した築地市場)

13号線-新大橋通(新大橋から江東方面。のち旧市場通りと統合)

 

ちなみに、ほかの道路名称はつぎのとおり。

6号線-駒形橋通(現駒形通り)、第8号線-千代田通、第9号線-議院通、第10号線-江東通、第14号線-厩橋通、第15号線-言問橋通、第16号線-福砂通(現葛西橋通り)、第17号線-清砂通、第18号線-昌平通、第19号線-青葉通、第20号線-四ツ目通、第21号線-三ツ目通、第22号線-蔵前橋通。

 

このように、震災復興道路は今日の道路網の礎となった。●巻渕彰

 

 

 

旧日本橋両国の薬屋さん

[北遊人] 2012年3月16日 08:30

 浅草御門の説明板を探しに浅草橋へ行ってみました。(江戸地図には神田川の南にある)

交番横に"郡代屋敷跡"の説明板はあるがそれらしいものは無い。

橋を渡った台東区側に、浅草見附跡の碑があり、そのそばに旧町名由来案内として旧浅草橋の説明板がある。


 江戸幕府は、主要交通路の重要な地点に櫓、門、橋などを築き江戸城の警護をした。

 奥州街道が通るこの地は、浅草観音への道筋に当たることから築かれた門は

 浅草御門と呼ばれた。

 また警護の人を配置したことから浅草見附といわれた。

 ここ神田川にはじめて橋がかけられたのは寛永十三年(1636)のことである。

 浅草御門前にあったことから浅草御門橋と呼ばれたがいつしか「浅草橋」になった。

(台東区)

 

 神田川を眺めながら中央区側に戻ると、通りの左側一帯は東日本橋2丁目、旧日本橋両国に当たります。両国の地名の残っているのは両国橋のみかなと横を見ると郵便局がある。
その名も"両国郵便局"です。両国の名が残っていました。

kyuu ryougoku 011.JPG


 靖国通り渡ろうと前方を見ますと、立派な建物が目に入ります。

kyuu ryougoku 012.JPG


通りを渡って近付きますと何やら懐かしい看板が見えます。

kyuu ryougoku 019.JPG


お店の前にはこんな看板が出ています。

kyuu ryougoku 016.JPG


お店のオーナーさんに伺ったところ、玉置薬局さんは創業明治38年とのこと。"ベルツ水"についてお尋ねすると、ドイツから東大に来られた先生の名前からとったものとのこと。

調べてみますと、Prof.Dr.Erwin von Baeltz MD PhD  のようです。


 ドイツ人医師ベルツ博士は、明治9年に政府の招きで来日し、東大医学部の前身である東京医学   校で26年間生理学、病理学、内科学、産婦人科学の教鞭をとり、日本医学のために多大な貢献をした、、、とあります。


 "ベルツ水"は、明治16年、箱根富士屋ホテルに滞在中、女中の手が荒れているのを見て処方したのが始まりとのこと。

また草津温泉を世界に紹介してくれた方でもあります。

 いわゆる明治新政府により先進的学問、技術を日本に教えるために招かれました。

日本人の荒井花子さんと結婚し、功績に対して勲一等瑞宝章、旭日大綬章を受けられています。

博士の顕彰碑は、東大構内、同図書館、草津温泉西の河原にあるそうだ。

 なお日本人に見られる"蒙古斑"の命名者である。

 ハインリヒ フォン シーボルトの親友でもあったとのこと。

 

 店内にはサイズ別のベルツ水やはちみつ、一般の薬品も、またタバコやドリンク剤も求められます。

 店内は中央に階段が二つ両サイドに見え、奥には立派な調剤室があるようです。

 カメラは嫌いなようですので、外側を撮影させていただきました。

 

kyuu ryougoku 017.JPG

アーチ型のデザインが素敵ですね。

kyuu ryougoku 018.JPG

壁の黒く汚れているのは、空襲による焼夷弾の跡とのことです。

 明治を残してくれている貴重な建物です。 

 そういえば、シアトル在住の方が"バンクーバーの骨董屋でお宅の金看板があった"と教えてくれた

とのこと。老舗の話はスケールが違いますね、、、。

 

 

元禄14年(1701)3月14日 浅野内匠頭長矩 切腹

[滅紫] 2012年3月14日 08:30

風さそふ

  花よりもなほ我はまた

     春の名残をいかにとやせん


数多の武将や政治家の辞世の中でも良く知られたこの一首を詠んで浅野内匠頭長矩がこの世を去ったのは元禄14年(1701)3月14日(旧暦)のことでした。享年35歳。「赤穂事件」については余りに有名なので説明の要もありませんが、お預けとなった田村右京太夫邸に浅野家用人の片岡源五右衛門が主従の暇乞いに訪れ、目付の多門伝八郎が許可、この時詠んだものと云われています。歌舞伎(元禄忠臣蔵)でも名場面のひとつです。(真偽は定かでないという説もあるようですが。・・)

100_0418.JPG
内匠頭は即日切腹、御家断絶の沙汰となったため江戸藩邸と赤穂城は収公されることとなりました。

赤穂藩鉄砲洲上屋敷は現在の聖路加国際病院、看護大学辺り一帯を占めていました。聖路加国際病院の敷地内に「浅野内匠頭邸跡」を示す石碑と説明板が設置されています。


8900坪あったといわれている上屋敷から15日のうちに家臣はほとんど町中の借家に引き払ったそうです。

以下は古地図に見る浅野家上屋敷の移り変わりです。

「浅野又市」とあるのは内匠頭の幼名で9歳で家督を相続しています。

赤穂事件以降上屋敷敷地が細分されているのがわかります。最後は明治期に入っての築地居留地の沽券図です。

 

 


因みに大石内蔵助の辞世

「あら楽や思ひは晴るる身は捨つる浮世の月にかかる雲なし」


浅野内匠頭邸跡:明石町10-11地域一帯

 

 

 

中央区鉄道ものがたり <その7> 「レールの記憶」

[下町トム] 2012年3月 9日 08:30

今回も中央区の鉄道関連のお話です。


一時「廃線ブーム」というのがありました。廃止されてしまった鉄道の軌跡を訪ねて歩くというものです。もちろん今でも人気があります。このところ、また廃止される鉄道が増えてきて、かつての姿を懐かしむ人々の郷愁を誘っています。
中央区にもそんな想い出の場所があります。


銀座の踏切.jpg一つは以前にもご紹介したことのある〝銀座の踏切〟です。

正確には〔浜離宮前踏切跡〕としてぽっかりと時代の記憶を留めています。今は〔汐留シオサイト〕になっているところに、かつて国鉄汐留駅があり、そこから築地市場にレールが伸びていました。貨物の形態がトラック輸送に移るにつれて列車の需要が減り、とうとう1987(昭和62)年に廃止されました。

ぼくは廃止寸前の汐留駅とこの築地に伸びる線路のことをかろうじて憶えています。今思えば、物流や情報の世界が大きく変わる時代の節目だったんだなぁ、と思います。sandclock 


築地市場全景.jpg 

鉄道輸送が築地市場の物流を支えていた時代は遠くなりましたが、その名残りは市場の独特の施設の構造に見られます。円弧を描くような建屋は貨物のレールに合わせて造られたものです。この姿もさていつまで見られることでしょう。


201202 晴海鉄橋.jpg 



もう一つの〝記憶〟は晴海の貨物線です。

かつて、「東京都港湾局専用線」があって、越中島を起点とした線路は、深川線として豊洲に至り、晴海線として分岐していました。この線路は春海橋と並行して晴海運河を渡り、晴海埠頭の倉庫群まで伸びていました。当時の鉄橋(晴海橋梁)は錆付いたままウォーターフロントの風景の一部に溶け込んでいます。yacht


 201202 晴海看板.jpg

何年か前まではまだ線路も一部残っていましたが、豊洲や晴海の再開発が進むにつれどんどん姿を消しました。かつてレールが並んでいたあたりは造成のための草地になっています。当時の姿をとどめた案内板がなぜか残っていて、かえって哀愁を誘います。


201202 晴海貨物線(1).jpg


かつてぼくはこの辺りに住んだことがあって、この貨物線の脇を歩くのが好きでした。春には沿道の桜によくマッチする風景だったことを思い出します。1989(平成元)年に廃止されたときは一抹の寂しさを禁じえませんでした。今や遠い記憶になりました。cloud


201202 晴海レール跡.jpg久しぶりに晴海埠頭の倉庫街を歩いてみたら、レールの痕跡を見つけました。かつてこの一帯にはセメントや小麦粉を運ぶ貨車が並んでいたんだなぁと思いをめぐらせるばかりです。


こんな東京の真ん中にも〝廃線〟の郷愁があります。時代の移り変わり、都市の変貌を反射させてきた銀色の鉄路は、今は鈍い錆色の中にじっと想い出を噛み締めているようです。


レールは消えても〝記憶〟は残ります。繁栄の歴史とともに、そこで働いた人たちや関わった人たちの思い出として、永く、懐かしく・・・。confident
 

 

続きを読む: 中央区鉄道ものがたり <その7> 「レールの記憶」

 

◆中央区 ここに歴史あり(39) 3月10日、東京大空襲67年 焦土からの再生

[巻渕彰/写楽さい] 2012年3月 8日 19:06

昭和20年(1945310日、東京は大空襲で直撃された。ことしは67年目にあたる。この日未明、下町一帯は米軍機による襲撃を受けて一夜にして灰燼に帰した。空襲は310日だけではなかった。たび重なる爆撃で、中央区の大半は焼失して壊滅した。戦争を知らない世代が増えていく中、空襲体験者はこの日を決して忘れられない。その戦禍を示す痕跡は、今も残っている。

 

0913_39_120310tokyo_daikushu.jpg中央区ホームページ(HP)には、東京大空襲を特集した「中央区平和祈念バーチャルミュージアム」がある。中央区の平和都市宣言に始まって、空襲被害状況や学童疎開の実態をまとめた戦争の記録、写真資料や体験記を紹介する資料室、当時と現代の対比写真が見られる過去と現代―などで構成されている。

 

HPによれば、中央区では昭和19年(194411月にはじめて空襲で被災したあと、延べ15回の空襲を受けたという。空襲被害地域を表した中央区全図を見ると中心部のほとんどが真っ赤に塗られている。わずかに被災を免れた地域は、築地や人形町の一部と隅田川南東部の月島、勝どき、晴海地域となっている。

 

新亀島橋西詰南側に「戦災遭難死者慰霊碑」が設置されている写真上左)。碑文には「310日空襲により、全町焼失の際の死者を慰霊する」と刻まれ、昭和23年(1948310日に茅場町二、三丁目町会有志が建立したもの。

 

日本橋橋上にも焼夷弾(しょういだん)が襲った。現在でもその焦げ跡がくっきりと残っている(写真上右=欄干側面の茶色部)。こまめに敷石を見ていくと、弾痕なのか欠けたと思われる個所も見出される。先の石橋架橋100周年にあたって行われた洗浄のときには、その個所は除去せずに、できるだけ焼け跡は残しておいたという。

 

中央区では、平和への願いを込めたモニュメント「平和の鐘」(写真下)「平和像ニコラ」「江戸こまた」「平和都市宣言碑」=3か所を設置している。「平和の鐘」は平成元年(1989)3月、八重洲通りの中央分離帯に設置された。高さ7mでオランダ製の鐘が26個連なり、打ち鳴らされているのは中央区の歌「わがまち」とのこと。ピラミッド部分には「いまいちどたちどまり 平和の尊さをみつめよう・・・」と中央区平和都市宣言が刻まれている。●巻渕彰

 

 

 

◆中央区 ここに歴史あり(38) 明治期の下町・築地界隈を追憶-鏑木清方作《朝夕安居》

[巻渕彰/写楽さい] 2012年3月 4日 08:30

美人画の巨匠、鏑木清方は幼少期を木挽町界隈で過ごした、中央区ゆかりの日本画家である。戦後間もなくの昭和23年(1948)に描いた《朝夕安居》(ちょうせきあんきょ)は、明治20(1887)ころの下町・築地界隈の風情を回想したものであった。この作品が現在、鎌倉市鏑木清方記念美術館で開催の「収蔵品展 清方と舞台 第一期」に出品されている(写真上)。会期311日まで、月曜休館。

 

0913_38_120301kaburaki.jpg鏑木清方(かぶらき・きよかた)は明治11年(1878)神田佐久間町で生まれた。父は劇作家・條野採菊。京橋南紺屋町、築地、木挽町と転居。13歳で水野年方に入門。17歳のとき父が経営する『やまと新聞』の挿絵画家となる。

 

昭和2年(1927)第8回帝展で帝国美術院賞を受賞した《築地明石町》は代表作。このころから関東大震災で失われた下町風俗を描く作品が増えていく、という。

戦後は、昭和23年(1948)の第4回日展に《朝夕安居》を出品。昭和29年(1954)文化勲章を受章。鎌倉に転居。昭和43年(197293歳で死去した。墓地は谷中霊園。

 

《朝夕安居》は長さ4mほどの絵巻物で、東京下町庶民の暮らしの一場面を朝、昼、夕の情景にわたって描いている。朝の景には背景に帆柱が望める町角で新聞配達少年、掃除する少女、煮豆売り、路地裏では井戸汲み、洗面する男たちの脇には朝顔が咲く。昼の場面、風鈴売りは移動屋台の中で日差しを避けているのだろうか。

夕景では、粋な女性の行水、ランプの火屋を磨く女性。店行燈を囲んで、縁台で語り合う老人、夕涼みの成人、女の子は提灯で遊んでいる(写真下:《朝夕安居》のうち夕景(部分)=同館刊行絵はがきから

 

「明治20年ころの世の姿で、場所は東京の下町、海に近い京橋区築地あたりの朝に始まって、八丁堀界隈の夜までの風物詩なのである」(『鏑木清方文集(一)制作余談』)

 

清方がこの絵を描いたのは戦禍が残る昭和23年、70歳のときだった。関東大震災で明治の情景が消え去り、さらに東京大空襲で多くのものが失われていったことに昔日の想いを映し出しているようだ。「明治の世に都の東南、大川の水が築地の海に注ぐまで、その一帯の下町に抱く私の郷愁は底なしの井から汲む水のやうに尽きることはない」(同著)とその心境を語っている。

 

昭和9年(1934)には『築地川』を刊行した。幼少期を過ごした木挽町・築地界隈は鮮烈な記憶とともに、永遠に愛した心のふるさとだったかもしれない。●巻渕彰