中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


サイデンステッカー「東京下町山の手(LOW CITY, HIGH CITY)」

[CAM] 2015年6月27日 16:00

  

 

 明治以後の東京とりわけ中央区(日本橋区・京橋区)の歴史を知るには、サイデンステッカー氏の「東京下町山の手(LOW CITY, HIGH CITY)」「立ち上がる東京(TOKYO RISING)」が好個の文献だと思います(英語では両者が合本され、"Tokyo from Edo to Showa 1867-1989"というタイトルで、ペーパーブック版が出版されている)。 私が"好個"というのは、単なる無味乾燥な歴史書ではなく、主題が明確である上に、著者の江戸・東京への愛が満ち溢れた著作だからです。

 

       IMG_1656.JPG        IMG_1657.JPG

  

   特に、「東京下町山の手」は、サイデンステッカー氏の「下町」(主として旧日本橋区と旧京橋区)への愛が満ちた書です。源氏物語や谷崎作品を英訳した著者だけに、通常の日本人では到底及ばないほど深くてしかも簡明な叙述がなされています。前著について、「立ち上がる東京」のはしがきで、著者自身が次のように述べています。

 

>(前著は)かつては江戸の文化の中心だった下町が、やがていかなる意味でも中心ではなくなっていった時の流れへの、一種の挽歌だった。 (03)

 

The book is elegiac, its emphasis on the part of the city which was ceasing to be any sort of center at all.

 

 そして、前著では次のように述べています。

 

>もちろん、古いものの死と新しいものの出現とは深く絡み合っていて、そう明快に切り離せるものではない。けれども江戸の伝統がたどった運命は、もっぱら下町にかかわることであるのだから、下町に関係のない事柄は、自然、本書に登場することも少なくならざるをえない。・・・・東京のたどった歴史には、首都であったために起こったことと、一つの都会として経験したこととを区別できるのではないだろうか。そして私が書きたいと思ったのは、東京が一つの町として経てきた歴史だったのである。  (07

 

The departure of the old and the emergence of the new are inextricably entwined, of course. Yet, because the story of what happened to Edo is so much the story of the Low City, matters in which it was not interested do not figure much. ・・・・・

A distinction may be made between what occurred in the city because it was the capital, and what occurred because it was a city.

  

 

 

再生の力、「茅の輪くぐり」。夏へ向かって!

[小江戸板橋] 2015年6月25日 16:00

「こっち来て、こっち来て、こう回って。」

お父さんの手を引いて、坊やが神社の参道に設けられた「茅の輪」をくぐります。

タッタッタと、8の字にくるくる回る動きが、すっかり気に入ったようです。

竹を組んで、チガヤを束ねた輪を吊るす。

異界への入口のように立てられた円と、無限大を示す∞の字の歩き方。

言葉にできぬ、力が引き出される気がします。

 

茅の輪の効力を語る歌があります。

「水無月の 夏越の祓 する人は 千歳の命 延ぶというなり」

延命長寿の祈りです。

この和歌を唱えながら、輪をくぐるという習わしもあります。

 

町内会の掲示版に、形代(かたしろ)の受付の文がありました。

六月晦日、紙で作った人形に身のケガレを移して川に流し、清める。

再生の儀式なのでしょうか。

 

この円い茅の輪。実はお正月の「しめ縄」の原型とする説もあるのです。

輪を解けば、一本の縄になります。

清浄な場を示す縄。

丸くなったり、線になったり、変幻自在なその姿は、太さや色合いからして青大将。

日本の野山に広く生息する比較的なじみのある「へび君」です。

日本の神様には、へびの姿を借りた存在は珍しくありません。

川や沼の守り神、主であり、雨を呼び、渇きを潤し、豊かな実りを与えてくれる。

小判や宝玉との相性も良いようです。

なんといっても、脱皮しながら再生・成長していく姿はとても神秘的で、

はかりしれぬパワーを感じます。

野を横切り、大河を渡り、荒波を越えて移動し、再生を繰り返す力に、

古人は「安珍清姫」のように、「女性の情念」をも重ねてきました。

 

恵みの雨の季節です。

晴れた日を選んで、お近くの神社の「茅の輪くぐり」で、新たなパワーを

いただいて来ましょう。

私が向かっているところですか?

築地の波除稲荷神社です!

 

 

日本橋人形町

[CAM] 2015年6月25日 09:00

 水商売の経験がないところから自分の力で小料理屋を開き、有名料亭と言われるまでに発展させた女将(志賀キヱさん)が書いたという本(『人形町酒亭きく家繁盛記』草思社;2001年)を読みました。 

 

   志賀さんは、当初(昭和50年ごろ)メトロ日比谷線沿線で店を開きたいと思い、いくつかの駅前を検討したが、「人の流れが一定方向だと、どうしても二回転目のお客様を迎えるのがむずかしい」から「夜の人の流れが少し雑多な、駅を基点としてごちゃごちゃしている、みなさんがいっぺんに帰るというよりも駅から出てくる人もいれば、町をうろつく人もいる」という自分なりに設定した条件にぴったり合ったのが人形町であったということです。素人にしては良い着眼点だったでしょう。

 

 しかしながら、かつては都内でも有数の盛り場だった人形町ですが、現在では"盛り場"とは少し分類しづらいでしょうかね。

 

   サイデンステッカーは、『立ち上がる東京(Rising Tokyo)』(原書1990年)の中で、次のように述べています(安西徹雄訳)。

 

>大正時代は、ともかく大きな変化の時代だった。盛り場も大きく変わる。昭和4年に東京の盛り場を調査した記録があるが、・・・・

 この調査で名前が挙がっているのは銀座、新宿、上野、浅草、渋谷、それに人形町と神楽坂だが、今なら東京の代表的な盛り場として、人形町や神楽坂を挙げる人はまずあるまい。

・・・・・・・

人形町は、明治期には大いに活気があったが、震災後は、今日に至るまで衰退を続けている。昔の日本橋区の大半は、かつては自他共に認める江戸町人文化の中心だったけれども、みな同様の運命をたどった。人形町にしても、昔日の下町の面影を探訪するには格好のところではあるが、人が集まるという点では、新宿のようなところとは比較にもならない。(40

 

 Ningyocho was lively in Meiji and has been in decline since the earthquake. So has most of the old Nihombashi Ward, the recognized center of mercantile Edo. Ningyocho is as good a place as any to go in search of the mood and flavor of the old Low City, but it is not the smallest competition with a place like Shinjyuku in the matter of drawing crowds.    (41)

 

>都内でいちばん人気のある寄席は、日本橋の人形町にあった末広亭だったが、しだいにお客が減って、昭和45年には廃業になる。人形町は、今でも昔の日本橋の面影をいくぶんか残しているが、もはやかつての盛り場ではない。末広亭は、すぐ近くの明治座とは違って、戦災を免れた。戦争直後は、一面の焼野原を距てて日本橋の町を手招きし、かつての賑わいを呼び戻そうとしているかのように見えた。  (153

 

 The most popular Yose theater in the city was for a time near the Sumida River in the Ningyocho district of Nihombashi. It closed, for want of a clientele, in 1970.  Ningyocho, in which something of old Nihombashi yet survives, is not the bustling place it once was.

It escaped the bombings, though the Meijiza, to the east, did not. In the years just after the war it seemed to beckon across the waters to western Nihombashi, where big business and finance resided, as if asking it to come home again.

 

 なお、志賀さんは、人形町近辺について「地名としては、古い地図を見ますと、元大坂町とか堺町とか関西系の地名が載っていますし、繊維問屋さんが堀留にありますから、そういうことから考えると、江戸の中心ではありますけど、関西の匂いが強いような気がします」と述べています。 まったく同感です。私は、日本橋を少し歩いてすぐにそう感じました。

 

 

 

住吉神社と五世川柳水谷緑亭句碑

[みのり] 2015年6月24日 18:00

はじめまして、みのりです。

 

今年は佃、住吉神社の本祭りですが、

佃ゆかりの五世川柳水谷緑亭句碑が住吉神社の境内にあります。

 

この住吉神社と五世川柳水谷緑亭句碑のご紹介をさせていただきます。

句碑は昭和41年「1966」に佃の人々が建立したものです。

 

 住吉神社(中央区佃1-1-14)

<祭神>底筒之男命 中筒男命 表筒之男命 (住吉三神)

      息長足姫命(おきながたらしひめのみこと) 神功皇后のこと

      東照御親命(あずまてるみおやのみこと)  徳川家康公のこと

<摂社>龍神社・疫神社・疱瘡神社・入船神社・船魂神社・稲荷社

(住吉神社の掲示板より)

<沿革>

摂津の佃村(大阪市西淀川区佃田)の漁者は、徳川家康が住吉神社などに参詣した際、

神崎川を渡して以来の縁故があり、慶長十七年(1612)頃、江戸に迎えられ、

はじめは小網町の安藤対馬守の蔵屋敷内に居住し、そこに故郷の氏神住吉神を勧請し、後、

佃島の地を交付されてこれを造成し、正保三年(1646)島の現在地に社殿を建てて遷座した。

元禄十二年(1699)古跡地(寛永八年・1631以前建立の社寺)に編入され、

神職は津守氏(後に平岡氏と改名)が世襲した。当社は佃島の氏神であるばかりでなく、

社前が諸国の廻船の湊であった関係から、対岸の鉄砲洲稲荷社と同様に、海運業者の信仰厚く、

関連の諸問屋にも信奉された。宝永二年(1705)江戸下り酒支配仲間が住吉講を結成して、

毎年正月と九月に庭神楽の奉納を取決め、天保十四年(1843)鰹節問屋の小舟町組が

毎年四月、鰹釣の神楽を奉納することとしたのもその表れである。

(『中央区の文化財(四)』有形民俗文化財―信仰― 発行 中央区教育委員会より)

 

 五世川柳水谷緑亭句碑(中央区佃1-1-14)

水谷緑亭(1787~1858)は、南茅場町「現在の日本橋茅場町」に生まれました。

幼い頃父を亡くして佃嶋の漁師太平次に貰われ、佃島の名主をつとめたと伝えられています。

(住吉神社境内の中央区教育委員会の掲示板より)

15-06-23_005.jpg 15-06-23_006.jpg

 

 

 

夏越の大祓茅の輪くぐりー小網神社

[クラさん] 2015年6月24日 09:00

小網神社では、20日(土)より茅を束にして作った大きな茅の輪が飾られ、「夏越の大祓」が行われる6月30日(火)まで鳥居に設置されています。

ck1522-201506231.jpg

ck1522-201506232.png

 

大祓とは、古来より伝えられている神事で、年2回(6月と11月)神前にて罪や穢れを祓い、心の浄化、魂のよみ返りが祈念される伝統的な儀式です。また、初穂料を添えて人形(ひとがた)を神社に納めると大祓式で祈祷していただけるとのことです。

 

ck1522-201506234.jpg

 

心身を清める為に「茅の輪」をくぐり越しますが、これは備後国風土記の武塔神の故事に基づくものだそうです。この茅の輪くぐりの際、「水無月の夏越の祓する人は 千年の命のぶといふなり」この歌を3度唱えながら輪をくぐり、ご参拝します。帰りには、邪気を祓うといわれる輪の茅を抜きとり、門口にさしておくとのことです。

ck1522-201506233.jpg

 

心身を清め、気持ちも新たに夏を乗り越えたいものです。

 

 

小津安二郎監督作品と中央区

[CAM] 2015年6月22日 10:00

 

  銀座は、小津安二郎監督は大好きな街であったというから、その作品にもよく登場している。

  

  「晩春」1949年)では、原節子が銀座に買物に行く。

  「宗方姉妹」1950年)では、田中絹代が西銀座のバーに勤めている。

  「麦秋」1951年)では、笠智衆と三宅邦子の兄夫婦と原節子が銀座の小料理屋で天ぷらを食べる。

  「お茶漬の味」1952年)では、津島恵子が銀座で買物をしたあと映画を見に行く。また、鶴田浩二に誘われて銀座路       地裏のラーメン屋へ行く。

  「東京物語」1953年)では、原節子が笠智衆と東山千栄子を連れて乗る"はとバス"が銀座を通るほか、松屋デパー

  ト の屋上へ案内するシーンがある。

  

  「風の中の牝鶏」1948年)では、月島が登場する。 

  

 戦後まもなくの頃の戦地からの復員をテーマとしたもので、小津の作品としてはかなり深刻で暗いストーリーである。小津自身も必ずしも気に入ってはいなかった作品であると言われる。田中絹代演じる妻は、夫が未帰還の間に、子供の病気入院代金をまかなうために一度だけ他の男に身を委ねた。そして、その直後に帰還した夫は妻からの告白を聞き、その場所(月島)を訪ねて行くのであるが、その場所について、四方田犬彦氏がかなり詳しく推理している(『月島物語ふたたび』2007年刊)。同氏によると、月島第二小学校の裏で、現在は周囲に空倉庫を利用したアンティック家具店と劇場の稽古場、雑居ビルが建っており、その裏側に都営住宅があるあたりのようである。そして、月島にあって、この一帯だけが戦後風俗の影響を強く受けた場所であるという。佐野周二演じる夫が勝鬨橋を右手に眺めながら川岸に座る場面も出てくるが、現在ではまったくその面影を見出せない。

   小津作品は無声ものの一部を除いてほぼ全てをDVDで鑑賞できる。戦後の作品を経年的に見ると、戦後日本の復興ぶりを感じとれる。