中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


日本橋の地で200年 ー 創業200周年の取組 ~ 榮太樓總本鋪 ~

[rosemary sea] 2018年8月21日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をプランニングして取材します、rosemary seaです。

〇 〇 〇 〇 〇 〇

株式会社 榮太樓總本鋪さんは、今年創業200周年を迎えました。

〇 〇 〇 〇 〇 〇

文政元年(1818)年、それまで現在の埼玉県飯能市で菓子商をしておりました細田徳兵衛。

2人の孫を連れて江戸に出府しました。

そして現在まで続く 榮太樓さんとしての和菓子業の礎となります屋号「井筒屋」を構えました。

細田徳兵衛の曽孫にあたります3代目細田安兵衛(初代 榮太樓)の「金鍔(きんつば)」のお話は2年前の記事をご覧ください。

「 榮太樓總本鋪 ② ~各商品とおもしろ話 その①~」はこちらです。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/06/post-3421.html 

 

初代榮太樓が店舗を構えました日本橋の地に変わらず 榮太樓總本鋪さんは本社を置き、脈々と菓子業を営んでおられます。

次の200年のスタートを切るために、社是も新しくしました。「心の豊かさに挑戦する 榮太樓」。

これからも 榮太樓さんは、安心安全でおいしいお菓子を作り届けてまいります。

〇 〇 〇 〇 〇 〇

創業200周年の取組みにつきまして・・・

200周年記念ロゴ-jpga.jpg

200周年ロゴ制定

フレームをなくし型にとらわれないで挑戦する、という 榮太樓さんの姿勢を表現されています。

 

Web「200周年記念サイト」

榮太樓總本鋪さんの「200周年記念サイト」のホームページはこちら

⇒ http://www.eitaro.com/200th/

 

※ 文末の 榮太樓總本鋪さんのホームページからも入れます。

コンテンツとしては「榮太樓總本鋪200年の歴史」、「歴史動画」、「製法動画」、「記念商品の紹介」などです。

テーマは榮太樓總本鋪さんの200年史ですが、「各ブランドへのリンク」、「SNS各種」も充実させて、未来へ向かう榮太樓總本鋪さん、というところも覗えます。

 

・動画① 「歴史動画」

榮太樓總本鋪さんの、創業から現在までの200年の歩みを、イラストと写真を組み合わせてつなぎ合わせ、一連の絵巻ものに仕立てられています。

音楽入りで、約3分40秒です。

 

・動画② 「梅ぼ志飴製法動画、及び、金鍔製法動画」

榮太樓總本鋪さんの工場で、代表的な2商品、つまり飴製造の「梅ぼ志飴」と生菓子製造の「金鍔」の製造工程を撮影したものです。

動画で工場見学を楽しんでいただけるような内容です。

それぞれ約4分45秒です。

 

・インスタグラム(フェイスブック、ツイッターへも連動します。)

榮太樓さんのお菓子の写真、工場内の製造写真、日本橋本店内、さらには日本橋の橋まで、随時アップの予定だそうです。ご期待ください。

 

記念商品「榮太樓飴記念缶」の販売

今年の10月に、200周年限定商品として「榮太樓飴記念缶」を発売される予定とのこと。

発売が待ち遠しい限りです。

IMG_20180813_110924a.jpg

株式会社 榮太樓總本鋪

日本橋1-2-5 榮太樓ビル7階

IMG_20180813_111110a.jpg

榮太樓總本鋪 日本橋本店

日本橋1-2-5

03-3271-7785

営業時間 9:30~18:00 (月~土)

定休日 日曜・祝日

榮太樓總本鋪さんのホームページはこちら

⇒ http://www.eitaro.com/

 

 

楚々 打ち水のおもてなし

[あすなろ] 2018年8月21日 09:00

水を撒く、水を打つ。

地面を湿らせることによって、熱気を和らげ、涼を呼び、

埃を立てないようにする。

 支度.jpg

気化熱を利用して、体感温度を下げる効果もありますが、

打ち水には、場を清めるという意味合いもあります。

 打ち水.jpg

店の前や玄関前に水を打ち、

お客さまをおもてなしする風景は、

押しつけがましくない心遣いが感じられますね。

中央区の風情ある街並みから、

涼とともにおもてなしを感じとるのも一興です。

 おもてなし.jpg

◆中央区日本橋室町・仲通り付近

 

 

米麹 夏バテ防止に甘酒

[あすなろ] 2018年8月17日 18:00

「甘酒」はお正月や冬のイメージがありますが、夏の季語になっています。

 甘酒横丁.jpg

「飲む点滴」とも称される米麹甘酒は、麹菌によってブドウ糖を分解してくれるので、効率よく体内にエネルギーを吸収できます。そして、アミノ酸やミネラルなども含まれるため、立派な栄養ドリンクです。

昔の人は甘酒のことを十分理解していたので、江戸時代では夏バテ予防の飲み物として町で売り歩く甘酒屋さんが名物になるほどでした。

だからこそ「甘酒」は、夏の季語になったのですね。

 甘酒ソフト.jpg

ノンアルコールの米麹甘酒味ですっきりとした

ソフトクリームです。暑い季節に相性抜群ですね。

とうふの双葉

東京都中央区日本橋人形町2-4-9

 

 

威勢の良さで永代橋が揺れた!富岡八幡宮の御本社祭

[Hanes] 2018年8月16日 18:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
12日、富岡八幡宮(江東区)の御本社祭(二の宮神輿渡御)を見に行ってきました!

中央区内も通過するとのことで、永代橋付近で待機
通過1時間前にはカメラを持った地元の方や海外からの旅行客が詰めかけ、大賑わい。
さすが、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つに数えられるだけありますね
太鼓と眩しい笑みが印象的な関係者をのせたトラックが通りすぎてしばらくすると...

THM1.jpg

永代橋の手前(中央区)にて豪快な水かけ開始
(右下の写真:わかりづらくて申し訳ありませんが、水かけの様子の一部です。
水が随分と高くまで上がっており、遠くからでも見ごたえがありました!)
そして、「ワッショイ!ワッショイ!」という掛け声とともに、大勢の関係者と神輿が近づいてきました。

THM4.jpg

関係者の威勢の良さにより、橋が揺れているのが分かり、
ふと「私もお祭りに参加しているのでは?」と思ってしまうような臨場感と迫力を味わうことができました

thm8-.jpg

3年毎に本祭、御本社祭、蔭祭が行われるこのお祭りですが、今年は御本社祭の年。
八幡宮の御鳳輦が渡御を行う本祭(子、卯、午、酉の年に開催)では、
大小120数基の町神輿が担がれ、そのうち大神輿54基が連合渡御します
次の開催は2020年!オリンピック開催年ということで、非常に盛り上がりそうですね

thm3-.jpg

このお祭りでは、お神輿の渡御のみならず、楽器の演奏や舞、有名な水かけ等
様々なイベントが開催されます!
今年の例祭行事日程(8月11日(土)~15日(水))はこちらからご覧ください。

8月も残すところあと半月...中央区では多くの納涼祭の開催を控えています。
まだ残暑がきびしい時期ですが、熱中症に気を付けつつ、残りの夏も楽しみましょう

 

 

特派員も大満足!「ゆかたで銀ぶら」

[Hanes] 2018年8月15日 09:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
8月4日に前夜祭、5日に本祭りが開催された「ゆかたで銀ぶら」ですが、皆さんは参加されましたか?
昨年、涼しくなってから銀座へ散歩に行き、偶然このイベントを知った私にとって、
今年は「ゆかたで銀座ぶら」デビューの年となりました

というわけで、前夜祭に参加するため張り切ってゆかたに着替えて泰明小学校
小学校の敷地内に入る機会はほとんどないので、ワクワク...
17時に屋台での販売がスタートしたのですが、
つばめグリル、維新號、三笠会館 秦淮春、銀座ライオン、千疋屋、虎屋菓寮等々、
「さすが銀座!」と言いたくなる屋台ばかり
その中でも特に、千疋屋のマンゴーとストロベリーのフラッペが大人気。
夏らしく透き通り、花をモチーフにしたような可愛い容器もオシャレで、
買わずに見ているだけの人の目も十分に楽しませていました

YGB.jpg

そして18時には、お待ちかねの盆踊りがスタート。
お決まりのラインナップに加え、銀座ならではの「銀座カンカン娘」やお子さんウケする「ドラえもん音頭」も流れました。
バブルリバイバルで認知度が一気に高まった「ダンシング・ヒーロー」では、会場が大盛り上がり

DSC_2595-.jpg
(ダンシング・ヒーローを踊っている様子)

登美丘高校ダンス部のバブリーダンス程のキレはありませんが、
通常の盆踊りと曲調が異なり勢いがあるせいか、盆踊りの「ダンシング・ヒーロー」もなかなか良かったです

聞くところによると「ダンシング・ヒーロー」は、J-POPも盆踊りに取り入れるという
独自の文化を持つ愛知県の盆踊りで長く踊り継がれ、全国に広まったと言います
(参考:朝日新聞DIGITAL 「盆踊りの定番に『ダンシング・ヒーロー』、その理由は?」 2017年8月4日
矢場とん、コメダ珈琲店、世界の山ちゃん...
中央区には愛知(名古屋)グルメの進出が見てとれますが、
盆踊りの「ダンシング・ヒーロー」も愛知発だったとは初めて知りました

翌日、15時に始まる本祭の前には、先輩特派員サムさんが紹介していた
「夏の涼やかテラス」(ファンケル銀座スクエアに期間限定でオープン)へ

FL.jpg

建物の入り口でサマースタンプラリーの台紙となるうちわ(ファンケル銀座スクエア15周年デザイン)をいただいたので、
血管年齢と握力測定(無料)といったちょっとしたヘルスチェックをしてきました!
今回初となる血管年齢チェックでは、思いがけずショックな結果に...
食生活に気を付けていても予想外の結果になることもあるので、
これからは定期的に血管年齢をチェックしに来ようと思いました

スタンプを2つ集め、15周年オリジナルデザインのキットカットをいただき、
ゆかた着用者特典でくじをひいてきました!
サムさんがお書きになっていた5日限定飴細工パフォーマンスでは、
ガラス細工、いや本物と見間違えるかのようなリアルな金魚が出現
日本人でも思わず見とれてしまう精巧さでした。

そして、15時からは2ヶ所で1回目の銀座涼風計画(打ち水)が行われました!

YGB5.jpg

打ち水は一瞬で終わってしまいますが、見るだけで涼しさを感じられるので不思議
それに、こういったちょっとした工夫で路面温度が5度以上下がるんです
日本人が誇れるこの江戸の知恵は、これからも継承していきたいですね!

IMG_0075.JPG

その他、募金に協力して急須で淹れた冷たい日本茶やスターバックスの飲み物をいただいたり、

YGB3.jpg

お江戸の出張水族館で、様々な種類の金魚を見たり、

YGB2.jpg

氷祭りで、氷像の顔が融けて落下するのに驚きながら写真を撮ったり、

YGB4.jpg

銀座通りを歩いているだけでも全然飽きませんでした
浴衣を着ていくとお得なサービスが受けられるお店もたくさんあるので、
屋外でも屋内でも楽しめるのが嬉しいですね!

まだ「ゆかたで銀ぶら」したことがないという方、来年こそゆかたで銀座にいらしてみてはいかがでしょうか?
友達、恋人、家族と一緒は勿論、1人でも十分に楽しめますよ

 

 

涼々 風趣に富む庭園

[あすなろ] 2018年8月14日 18:00

エアコンが無かった時代、人々はどのように

暑い夏を過ごしてたのでしょう。

 和傘.jpg

都立庭園では、日差しが強い夏季期間中に、

和傘の無料貸出しを実施しています。

そして、浜離宮庭園の「中島の御茶屋」では、

季節限定の抹茶セットを有料で提供しています。

 冷抹茶セット.jpg

冷たい抹茶とねりきりのセットを注文。

程よい苦味と甘みですっきり美味しく、

開け放されたテラス側から中庭に通り抜ける風は

とても心地良かったです。

 中島の御茶屋.jpg

水辺の風景は視覚的にも涼しく感じます。

季節の感覚を楽しめる至福の時間でした。

この時期ならではのサービスを利用しながら

歴史ある日本庭園の風情を楽しむのはいかがでしょう。

くれぐれも熱中症対策は万全に!

浜離宮恩賜庭園
都立庭園「和傘で庭園めぐり」

 

 
<<前のページへ 1234567891011