中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


偉業 四千万歩の旅

[あすなろ] 2017年4月19日 09:00

4月19日は地図の日。

 銅像.jpg

 <江東区、伊能忠敬銅像 

 

寛政12年旧暦閏4月19日に測量の旅がはじまり、その歩いた道のりは4万km、17年もかかりました。

 偉業を成し遂げた伊能忠敬の痕跡が中央区にも残されています。

 

地図御用所。住居兼測量図を作成するために利用され、日本初の実測による全土地図が完成しました。

 地図御用所跡.jpg

 

亀島橋の袂。晩年最後の測量地であり、永眠についた地には説明板があります。

 亀島橋.jpg

近代的測量技術や移動手段がなかった時代に、地球一周と同じ距離を測量する 

とてもすごいことですね。

この機会に忠敬さんの偉業を感じてみてはいかがですか。

東京都中央区日本橋茅場町、八丁堀周辺

 

 

 

シリーズ・子連れで春の日本橋おさんぽツアー その3:日本橋の獅子と麒麟

[えだまめ] 2017年4月13日 14:00

 

前回の「春の日本橋おさんぽツアー」のつづきです。
 

つづきまして。

日本橋を渡り切ったところで振り返ると。

そこには

IMG_2496-1.jpg

獅子さんがこんにちは

ここで中央区観光検定でよくみかける問題でクイズ。

Q:この獅子さんは大事なお役があります。何でしょう??

 

「何か持ってるよね?」

「船によくついてる舵?」

正解は・・・「東京市の守護」。

獅子さんが持っているのは今でも東京都の紋章として使われているマーク。

今だと東京都のお知らせなどには緑色のイチョウの葉っぱの形のマークが使われていることが多いから

意外とこの紋章の方をあまり認識してない人も増えているのかもしれないですね。

 

ちなみに気づいてた?橋の真ん中には

IMG_2495-1.jpg

麒麟さんがいるんだよ~

「え、キリン???」

あ、首の長い方じゃなくって・・・

「ビールのラベルになってる方ね♪」

という大人の皆様の素敵な反応でした。

こちらも中央区観光検定でよくみる問題。

「東京市の繁栄」を表しているんですよね。

さて。そろそろお時間。

本日のメインイベントに参ります!

 

~つづく~

 

 

日本橋かるた 楽しい粋な かるた

[銀造] 2017年4月13日 09:00

 コレド日本橋の東側を「たいめいけん・凧の博物館」の方へ歩いて行こうとした時でした。

楽しいイラストが目に入りました。 大きなパネルには、「日本橋かるた」と大書してあります。

1491817607763.jpg

「いろはにほへと」から始まる「かるた」には、日本橋地区の各町の特色が粋に表現されています。

例えば、"い"は、「いつの世も 道の起点は日本橋」、 "は"が、「初鰹 初物好きで 見栄っ張り」は、日本橋、江戸っ子の心意気、気風の良さを表わしているのでしょう。

1491817628355.jpg

 人形町を表現した「かるた」は、「玄冶店」転じて「源氏店」の「与話情浮名横櫛」です。

お富さんらしき女性が、あだ名姿の洗い髪に、斜め横に櫛をさしています。いやぁ、粋ですねえ。

1491817648489.jpg

通りを歩いていた外国人の方々もカメラのシャッターを切り、「日本のひとこま」をお土産にしていました。

日本橋のお散歩の際には、こちらもお楽しみ下さい。

おっといつもは此処で記事が終わりますが、「何処かでこの素敵な販売をしていないかな」と思い、調査しました。

こちらで、「日本橋かるた」作成に至る経緯、販売店などを紹介しています。 

日本橋地区では、コレド室町1 地下1階の「日本橋案内所」☎ 03-3242-0010で販売しています。

早速、買い求めに行ってきます  

http://www.nihonbashi-renaissance.com/karuta/

 

 

名車 日本橋上に集う

[あすなろ] 2017年4月12日 09:00

4月9日。春の名橋「日本橋」まつりが催されました。

 日本橋と桜.jpg

普段、日本橋の真ん中にある「日本国道路元標」に近づく
のは不可能ですが、イベント当日は、通行止めにより
日本の道路の起点に触れることができました。

 元標.jpg

五街道の起点であり、ヒトとモノが行き交う「日本橋」
の誕生日(4月3日)を祝って、橋上にクラシックカーが集いました。

 桜を纏う名車.jpg

桜を纏った名車が絵になる光景でした。

 

 

シリーズ・子連れで春の日本橋おさんぽツアー その2:日本橋「日本国道路元標」

[えだまめ] 2017年4月11日 09:00

友人たちとの同窓会となった「春の日本橋おさんぽツアー」。

 
ランチを終えたらちょっとだけお散歩。

三越日本橋本店を出てすぐの「日本橋」に行ってみましょう。

IMG_2487-1.jpg

小学生ちゃんたちの反応は「橋?」「どこに?」「川は??」

高速道路の下には川が流れてるんだよ、というと「えっ!そうだったの!?」って。

近くまで行かないと水が見えないから

ちょっとわかりにくかったかな?

三越の目の前に整備されたのが「元標の広場」

そこにあるのはこちら。

IMG_2488-1.jpg

「日本国道路元標」のレプリカです。

ここが日本の道の基準点なんだよ~。

だからね、こんな風に

IMG_2490-1.jpg



IMG_2489-1.jpg

ここから何キロ、って日本の街の名前が書いてあるよね~。

そんなお話をしてみたら、

「札幌までこんなにあるんだ!」

なんて、小学生ちゃんたちもちょっと興奮気味。

そして。「粁」という漢字に大人もびっくり。

「これでキロメートルって読むんだ・・・!」と。

メートルを表す「米」にキロ(=1000倍)を表す「千」を合わせた字。

現在ではほとんど使われることはなくなってしまったものですが、

今まで日本になかった概念を表現しようとした

明治時代の先人の苦労がうかがわれる文字だなぁ、と

改めて思ったのでした。


そして、橋の真ん中へ。

IMG_2492-1.jpg

遠目から、道路の真ん中に金属の何かが埋まっているのがわかります。

「あれだ~!」「あそこだ!!」

道路元標の「ホンモノ」の方ですね。

上を見上げてみると、

IMG_2493-1.jpg

高速道路にくっつけるような形で

道路元標の位置を知らせる柱が。

IMG_2494-1.jpg

こんなお知らせの仕方もあるんだな~って。

ちょっと面白いですよね。

上に高速道路があるからこそ、の表示の仕方なんだなって

ちょっと感心したりもしたのでした。


~つづく~

 

 

花まつりー大観音寺

[クラさん] 2017年4月10日 18:00

4月8日は、御釈迦さま誕生の聖日です。

人形町の大観音寺では、毎年「花まつり」のイベントが開催されてきました。

ck1522-201704081.jpg

今年は、御釈迦さま誕生の聖日が土曜日となり、大勢の人々がお参りをしました。

 

境内に花々で飾られた「花御堂」をつくりお堂の中の立像に甘茶をそそぎ、お祝いをします。また、御本尊の特別開扉もありました。

ck1522-201704082.jpg ck1522-201704083.jpg 

当日は、参拝者に甘茶と和菓子のサービス、人形町の名品が当たるお楽しみ抽選会も行われました。

 

お参り後、小判型煎餅を頂戴しスピ-ド籤を引き、当たれば人形町の名店から色々な賞品が頂けます。籤が外れても階段下のテントで甘茶と和菓子を頂けます。

ck1522-201704084.jpg ck1522-201704085.jpg

小さなお盆に載せられた甘茶と和菓子が振舞われ、赤い毛氈を敷いた縁台に座り食べました。その傍らでは、人形町のキャラクター「人之助」も愛嬌を振りまいていました。

ck1522-201704086.jpg ck1522-201704087.jpg

時々小雨の降る日でしたが、参拝して清々しい気分になりました。

 

 

 
<<前のページへ 1234567891011