中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


名車 日本橋上に集う

[あすなろ] 2017年4月12日 09:00

4月9日。春の名橋「日本橋」まつりが催されました。

 日本橋と桜.jpg

普段、日本橋の真ん中にある「日本国道路元標」に近づく
のは不可能ですが、イベント当日は、通行止めにより
日本の道路の起点に触れることができました。

 元標.jpg

五街道の起点であり、ヒトとモノが行き交う「日本橋」
の誕生日(4月3日)を祝って、橋上にクラシックカーが集いました。

 桜を纏う名車.jpg

桜を纏った名車が絵になる光景でした。

 

 

シリーズ・子連れで春の日本橋おさんぽツアー その2:日本橋「日本国道路元標」

[えだまめ] 2017年4月11日 09:00

友人たちとの同窓会となった「春の日本橋おさんぽツアー」。

 
ランチを終えたらちょっとだけお散歩。

三越日本橋本店を出てすぐの「日本橋」に行ってみましょう。

IMG_2487-1.jpg

小学生ちゃんたちの反応は「橋?」「どこに?」「川は??」

高速道路の下には川が流れてるんだよ、というと「えっ!そうだったの!?」って。

近くまで行かないと水が見えないから

ちょっとわかりにくかったかな?

三越の目の前に整備されたのが「元標の広場」

そこにあるのはこちら。

IMG_2488-1.jpg

「日本国道路元標」のレプリカです。

ここが日本の道の基準点なんだよ~。

だからね、こんな風に

IMG_2490-1.jpg



IMG_2489-1.jpg

ここから何キロ、って日本の街の名前が書いてあるよね~。

そんなお話をしてみたら、

「札幌までこんなにあるんだ!」

なんて、小学生ちゃんたちもちょっと興奮気味。

そして。「粁」という漢字に大人もびっくり。

「これでキロメートルって読むんだ・・・!」と。

メートルを表す「米」にキロ(=1000倍)を表す「千」を合わせた字。

現在ではほとんど使われることはなくなってしまったものですが、

今まで日本になかった概念を表現しようとした

明治時代の先人の苦労がうかがわれる文字だなぁ、と

改めて思ったのでした。


そして、橋の真ん中へ。

IMG_2492-1.jpg

遠目から、道路の真ん中に金属の何かが埋まっているのがわかります。

「あれだ~!」「あそこだ!!」

道路元標の「ホンモノ」の方ですね。

上を見上げてみると、

IMG_2493-1.jpg

高速道路にくっつけるような形で

道路元標の位置を知らせる柱が。

IMG_2494-1.jpg

こんなお知らせの仕方もあるんだな~って。

ちょっと面白いですよね。

上に高速道路があるからこそ、の表示の仕方なんだなって

ちょっと感心したりもしたのでした。


~つづく~

 

 

花まつりー大観音寺

[クラさん] 2017年4月10日 18:00

4月8日は、御釈迦さま誕生の聖日です。

人形町の大観音寺では、毎年「花まつり」のイベントが開催されてきました。

ck1522-201704081.jpg

今年は、御釈迦さま誕生の聖日が土曜日となり、大勢の人々がお参りをしました。

 

境内に花々で飾られた「花御堂」をつくりお堂の中の立像に甘茶をそそぎ、お祝いをします。また、御本尊の特別開扉もありました。

ck1522-201704082.jpg ck1522-201704083.jpg 

当日は、参拝者に甘茶と和菓子のサービス、人形町の名品が当たるお楽しみ抽選会も行われました。

 

お参り後、小判型煎餅を頂戴しスピ-ド籤を引き、当たれば人形町の名店から色々な賞品が頂けます。籤が外れても階段下のテントで甘茶と和菓子を頂けます。

ck1522-201704084.jpg ck1522-201704085.jpg

小さなお盆に載せられた甘茶と和菓子が振舞われ、赤い毛氈を敷いた縁台に座り食べました。その傍らでは、人形町のキャラクター「人之助」も愛嬌を振りまいていました。

ck1522-201704086.jpg ck1522-201704087.jpg

時々小雨の降る日でしたが、参拝して清々しい気分になりました。

 

 

 

「江戸料理あれこれ展」-銀座三河屋-タチカワ銀座ショールーム

[滅紫] 2017年4月10日 12:00

100_2325.JPG 100_2322.JPG

100_2319.JPG

桜に誘われ銀座をぶらついていたら8丁目のタチカワ銀座ショールームの前にこの案内を見つけました。江戸好きの私としては見逃せません。早速地下の会場へ。三河屋さんの暖簾の先の壁面を美味しそうな料理とレシピの写真がぐるりと取り巻いています。中央のテーブルにもお料理の写真。隣にはレシピのコピーしたものが置いてあり。「ご自由にどうぞ」。嬉しくなってみんないただいてしまいました。

今回は「江戸料理百選」から代表的な料理を選んでの展示です。江戸料理で有名な「なべ家」ご主人の福田浩さんと女子栄養大学の島崎とみ子先生が料理を再現し、写真は料理写真の第一人者の佐伯義勝さんという豪華版の料理本です。

江戸の料理本といえばあの「八百善」の四代目・栗山善四郎が書いた「江戸流行・料理通」(文政5年1822年刊行)がよく知られていますが、天明期に入った頃には、谷崎潤一郎がすべてを試作したといわれている「豆腐百珍」(天明2年1782年)が発刊されこれが大ヒット。柳の下のどじょうで「鯛百珍」「柚子百珍」「大根百珍」など続々と。中でも人気だったのが「万宝料理秘密箱」別名「玉子百珍」です。享和期に入ると「名飯部類」(享和2年1802)も。そして文化・文政期の最盛期に。この「江戸料理百選」はそれらの料理書の中から選りすぐりのものを再現したものですが、本の案内によると「当時の技術を忠実に再現し現代生活にも応用できるよう作り方に工夫を加えて解説」とのこと。私は「巌石とうふ」(すり鉢ですった豆腐と骨ごとたたいた鶉の肉を合わせ椀種に)と「玲瓏(こおり)とうふ」(とうふを寒天でくるみ冷やしたもの。練り辛子と酢醤油または黒蜜をかけてデザート)に惹かれています。

100_2327.JPG 100_2324.JPG

レシピ見るだけで美味しそうでしょう。原田信夫先生の「江戸の食文化」によると、料理にランク付けがされていて「尋常品」「通品」「佳品」「奇品」「妙品」「絶品」の6等級に分けられていたとか。遊び心が何とも洒落ていますね。因みにこの2つは「奇品」です。

 

「今の食の原点は江戸だった」とあらためて感じさせてくれる展覧会です。

 

三河屋さんは「江戸を学ぶ」をテーマにした講演会なども企画されており江戸料理の普及に取り組んでいらっしゃいます。元禄期創業の江戸と共に歩んで来たお店には「江戸のDNA」が色濃く引き継がれているようです。今回の料理本「江戸料理百選」は三河屋さんで特別価格でお求めになれます。お問い合わせは三河屋さんまで。TEL3248-0528 FAX3248-0530

 

「江戸料理あれこれ展」タチカワ銀座ショールーム(銀座通り)B1 4月16日まで

「銀座・三河屋」銀座8丁目8-18 TEL 3571-013

 

 

 

This is Japanese Hospitality, "Omotenashi".

[銀造] 2017年4月 7日 18:00

ある日の夕方、5時ごろ、雨がぱらつき花冷えのする日でした。

中央区役所で江戸バスを下車すると、外国人のご家族が何やら困った様子でスマホを操作していました。

"Excuse me. May I help you."と声をかけると、 私の知らないホテルの名前を言います。スマホに表示の地図もはっきりしないので、

それでは、貴方の携帯電話を貸して下さい。私が日本語でホテルの人に確認するからとの状況になりました。

ホテルの女性に電話して、正確な住所、目印を聞いても、よくわかりません。

「米国人のタリーさんという方のグループで、2 couples, 2 kids のお客様が、中央区役所の正面玄関の所にいます。 雨も降っていて、傘ももってないので、迎えに来てください」と電話しました。 タリーさん一行と5分程、彼らの地元にある新大統領の別荘の話とかをしていると、そのホテルの女性がを持って迎えにくれました。

 素早い行動で、を持って現れた女性の行動を、私は大変嬉しく思い、"This is Japanese hospitality, Omotenashi"と何度も繰り返し、

笑顔のご一行とホテルの女性が私のカメラに収まってくれました。

 1490969006131.jpg

こういう親切な行動が続いてくれる日本の文化を誇りに思います。Ginzo

 

 

花祭 お釈迦様の誕生日

[あすなろ] 2017年4月 4日 09:00

4月8日は、お釈迦様の誕生日。

 鰐口.jpg

各地のお寺では、「花御堂」と呼ばれる
小さなお堂をつくり、時節の花々で飾ります。

 

参拝者は、お堂の中の立像に甘茶を灌いでお祝いします。

 

この甘茶で硯に墨をすり
「千早振る卯月八日は吉日よ かみさげ虫を成敗ぞする」
と書いて家の柱に張ると、虫よけの呪いになるとされ、

また砂糖が高価な時代、子供たちをはじめ多くの人たちが

参拝しました。

 

人形町大観音寺では、甘茶とお菓子が振る舞われる予定です。

 大観音寺.jpg

人形町大観音寺 花まつり
東京都中央区日本橋人形町1-18-9