中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


Free Paper 「日本橋ごよみ」

[O傘] 2011年6月30日 08:30

ご存じの方も多いと思いますが、日本橋地域の情報誌として要チェックです。

昨年(2010年)の10月下旬に創刊され毎月発行されています。ご紹介します。


IMG_0613colcompt.JPG「日本橋ごよみ」の発刊の趣旨が創刊号に載っています。

それによりますと、「伝統を重んじながらも常に新たな魅力を生み出し続けている街、日本橋。

2010年10月28日、日本橋室町に新しく大型商業施設「コレド室町」「YUITO」が誕生し、日本橋の老舗名店「日本橋三越」「日本橋高島屋」の百貨店を含めてさながら町自体がひとつの「日本橋百貨店」のようになります。

本物に出会え、お目当ての品物がきっと見つかる日本橋。その魅力を感じていただき、多くの人々に町を愉しんでもらいたいという想いをこめて「日本橋ごよみ」を創刊しました。日本橋ならではの逸品、美味しい処、行事やお祭り、そこに暮らす人々の想いなどを、毎月お届けいたします。」と云うようなことが書いてありました。


創刊は2010年10月発行の11月号。

IMG_0614colcompt.JPG IMG_0615colcompt.JPG



発行は毎月20日で、部数は3万部。 A3版8ページ(創刊号は12ページ)です。

記事の内容は次の通りです。

①今月の特集

IMG_0618colcompt.JPG IMG_0616colcompt.JPG

これまでに・・・、伝統と革新の街「ようこそ日本橋へ」(創刊号)、逸品が揃う街日本橋「大切な人に贈りたい」(12月号)、日本橋から福を呼ぶ「七福神めぐり」(1月号)、秘めた思いを形にする街「日本橋のバレンタイン」(2月号)、江戸の町「日本橋の外ごはん」(3月号)、過去・現在・未来「日本橋架橋百周年」(4月号)、母の日に愉しむ「日本橋スイーツ散歩」(5月号)、日本橋で選びたい「父に贈る逸品これくしょん 」(6月号)、川遊び・夕涼み「江戸に学ぶ心の涼」(7月号)


②江戸の逸品図鑑

IMG_0621colcompt.JPG
これまでに・・・、和紙の専門店「小津和紙」、和菓子の専門店「榮太樓總本鋪」、日本で唯一の楊枝専門店「さるや」、元禄2年創業の漆器専門店「黒江屋」、時代を超えて愛される暮らしの道具「江戸屋」、性別や世代、国境を超えて大勢の愛好家たちが足を運ぶ「榛原(はいばら)」、時代を超えて愛され続けているお菓子「三原堂本店」、時代を経ても色あせないオーダメイド眼鏡「村田眼鏡舗」、江戸団扇と絵師の持ち味を心得た浮世絵団扇「伊場仙」

③名店のおひるごはん

IMG_0620colcompt.JPG
これまでに・・・、江戸前風の味を屋台で「吉野鮨本店」、本格懐石を気軽に愉しむ「日本橋ゆかり」、江戸の味を代々受け継ぐ名店「割烹とよだ」、日本の洋食店の草分け「たいめいけん」、日本橋で働くビジネスマンたちに愛されてきた季節料理「千とせ」、幕末に流行した江戸料理番付にも勧進元として登場「割烹 嶋村」、お肉の美味しさを追求し続ける西洋料理店「せいとう」、花柳界を代表する料亭「割烹 や満登」、鉄板料理や洋食料理を愉しめる料理店「レストラン紅花別館」

④日本橋福徳塾  

福徳塾の老舗講座は、日本の文化・伝統を、今に生かす知恵を学び交流し、発信する講座です。前身の「室町 福徳塾」を受け継いだもので、その由来は「福徳神社」だそうです。

これまでに、にんべん、神茂(かんも)、鳥料理「玉ひで」、千疋屋総本店、明治座、榮太樓總本鋪、利久庵、たいめいけん、山本海苔店の日本橋老舗の社長の貴重な話が載っています。

⑤ECO EDO 日本橋 江戸の知恵から学ぶ「人と自然にやさしいライフスタイル」

⑥こよみマップ・イベントインフォメーション

なお、表紙の何月号の数字の脇には二十四節気が表示されていて、またイベントスケジュールのカレンダーには旧暦も合わせて表示してありますよ。

この「日本橋ごよみ」は日本橋三越本店、日本橋高島屋、コレド日本橋、コレド室町、日本橋三井タワー、YUITOが協力して発行しています。

このブログを読んで下さったので、「日本橋ごよみ」の記事の中から「知っ得」の「問題」を差し上げます。
「YUITO」のネーミングの由来は次のどれでしょう? (回答はこの記事の末尾にあります。)
A:都・人・時を結ぶアーバンスクエアを意味する「結都」に由来する造語
B:集団・構成単位を意味する英語「UNIT」と、結合した・束ねたを意味する英語「UNITED」に由来
C:日本語「あなた(YU:You)は私(I)と(TO:Together)一緒」を由来する造語

最後に、Free Paper「日本橋ごよみ」の配布場所ですが、日本橋案内所、三越、髙島屋、YUITO、COREDO日本橋ほか がありますが、筆者は日本橋の「三越本店新館」入り口や「コレド日本橋」の地下鉄から入れる地下一階入り口でゲットしています。
是非皆様もこのFree Paper「日本橋ごよみ」ゲットして、日本橋歩きの参考にして下さい。

なお、インターネットでもバックナンバーの主な記事を見ることができます。
http://www.nihonbashi-tokyo.jp/enjoy/magazine/index.html

問題の回答:A(創刊号5ページ右の「ココをチェック!」に載っています。)

 

 

 

合歓(ネム)の花が咲き足裏健康石の道(桜川公園)

[ゆりかもめ] 2011年6月27日 08:30

素敵な公園・・・・・桜川公園を見つけました。   中央区入船 1-1-13です。

江戸時代に京橋川の下流から隅田川へ流れ込む通船堀として開削されました。

八丁堀(明治時代は桜川と改称)と呼ばれていました。

この桜川の埋立地に出来た公園です。

JRとメトロ日比谷線「八丁堀駅」に隣接しています。

     2011_0625 桜川公園 入口 0015.JPG御存知の方も多いと思いますが、いろいろな石がコンクリートの中に埋め込まれていて、裸足でこの上を歩くと健康に良いようです。

もう10年以上も昔の事ですが私が台北に住んで居た頃、国父記念館の敷地の裏の方にこのような石の道がもっと長く造られていました。

歩いてみると最初は大変に足裏が痛かったのですが痛いのを我慢して歩いていると痛くなくなってきました。

足裏のマッサージのつもりで内臓のいろいろな部分を刺激する・・・・・と説明にあり、暇だったので一人でよく歩きました。

私にとっては台北を思い出すこの小さな道を発見して懐かしさで一杯でした。    

    2011_0625 桜川公園 石の道 0010.JPG

  このモニュメントは何を意味しているのか分かりませんがその内に調べて見たいと思います。

  2011_0625 桜川公園モニュメント 0011.JPG

こんな可愛い遊具がありました。

若いお母様が2歳位の坊やと楽しいひとときを過ごしていらっしゃいました。

許可を得て写真を撮らせて頂きました。

アメリカに居る孫が来たら此処に連れてきて遊ぼう・・・と思いました。

2011_0625 桜川公園 遊具 0016.JPG合歓(ネム)の葉は昼間は開いているのに夜になると葉を閉じて眠ってしまう・・・と小さかった頃に頭の中にインプットしたままでしたがピンク色の優しい花が咲きます。

浜離宮でも咲いていますが桜川公園の合歓の花は今がとても綺麗です。

合歓・・・・この字も皆が一緒に歓び合う様で柔らかく楽しい感じがします。

        2011_0625 桜川川公園 合歓木 0020.JPG

 

 

メルシャンサロンでワイン付ランチが1050円

[まぴ★] 2011年6月18日 08:30

東京駅の八重洲通りをまっすぐ行って、
ブリジストンのところを右に曲がるとメルシャンの本社があるのですが、
その本社の1階にレストランがあります。
入り口に大きなワインのボトルがドーンとあるのですぐわかります。

RIMG6058.JPG

ランチのメニューが何種類かあるのですが、
なんと、本日のワイン付で、1050円!安い~(*^^*)

この日は明治屋さんに取材に行ったついでだったので
観光協会の草野さんと一緒に行きました。

私はハンバーグランチ。
手作りのハンバーグで、めちゃくちゃジューシーで、うま~いっ!
そして草野さんは15食限定のハヤシライス。
こちらもコクがあって美味しかったそうです(*^^*)

RIMG6039.JPG RIMG6041.JPG


ワインの量は少し少なめ。
オフィス街なのでOLさんも多く、午後からみなさん仕事ですから(笑)
ただ、お代わりワインが210円で飲めるみたいです★

RIMG6037.JPG RIMG6036.JPG

ちなみに本日のワインはチリのメルロー種のワイン。
とっても飲みやすかったです。

シャトーメルシャンの甲州きいろ香や長野メルローなど、
漫画・神の雫に登場したワインがグラスやボトルで飲めます。

場所柄、土日祝はお休みですが、天井が高くて雰囲気のいいサロンで、
お財布に優しいランチが楽しめるのって嬉しいですね♪



 

 

お寿司の握り方教室を体験

[鞠つき] 2011年6月12日 06:28

お寿司屋 「すしざんまい」でお馴染みの、"喜代村塾"にて

お寿司の握り方教室に参加しましたpisces

 

画像 166.jpg  画像 159.jpg

   喜代村の先生よりご指導      酢飯の作り方 これがとっても大事 shine 

 

画像 163.jpg

  玉子焼きの焼き方も教わりました     

 

画像 162.jpg   画像 170.jpg  

     鯵も3枚におろします        お寿司のネタの出来上がり fish 

  

画像 167.jpg   画像 169.jpg

       先生の作品          さすがはプロ cancer とっても美味しそう  

 

画像 171.jpg   画像 172.jpg

      私の握ったお寿司         カリフォルニア巻も作りましたnotes  

 

 

画像 176.jpg 

鯵をつみれ汁にして、さあ試食restaurant 

自分で作ったお寿司は、とりわけ

美味しかったですhappy01

 

忘れないうちに復習しなきゃheart04

 

 

 

すしざんまい喜代村塾のHP 

 

 

 

 

 

握った寿司が、箸でつかめた。

[小江戸板橋] 2011年6月 5日 12:39

「鯵を三枚におろせますか。」

「寿司を握れますか。」

そう聞かれると、50過ぎのおじさんは、めらめらと闘志を燃やしてしまいます。

「知りません。できません」という言葉を、素直に口にしたくない性格なんですね。

居合刀の捌き方は少々の心得はありますが、包丁はキャンプのときのカレー作りが最後だったな。

 

中央区観光協会特派員限定ツアー

「すし職人養成学校で"にぎり"の体験!」

6月4日(土)の教室に参加させていただきました。

会場は、「すしざんまい喜代村塾」さんの調理実習室。

きれいに磨かれた調理場と、ビシッと調理服を身にまとった講師の皆さんを前にすると、緊張感が高まります。

それ以上に、おニューのエプロンを身につけて、気分がハイになっている自分がいました。

 

玉子の焼き方や鯵のおろし方、寿司の握り方などを、豆知識を交えて楽しく実演してくださったのが白田先生です。

柔らかな語り口でお話いただきましたが、この先生、叱るとき絶対恐いだろうな。

すごいオーラが出ていました。

「食材を丁寧に扱おうとする気持ちが一番大切なんだよ」と、ごつい体に似合わない、とても繊細で流れるような手さばきを見せてくださいます。

サポートの講師の方々も、きびきびとしており、安心して実習ができました。

 

骨に分厚く身が残ってしまったものの、鯵を三枚におろしたときの快感。

シャリが手にいっぱいついて、こりゃダメだと挫折しかけたところで、「手酢をつけながら」とのアドバイスを受けて、それらしい形に仕上がりました。

試食タイムは、おいしい鯵のつみれ汁と一緒にいただきます。

寿司が崩れはしないかと、おそるおそる箸でつまみましたが、そのまま口の中に納まりました。

「しっかり握れているじゃん」全面的な自己満足。箸でつかめたことが感激でした。

 

特派員限定ツアーを企画していただいた皆さん、ありがとうございました。

特派員になると、こんな経験もできるんですね。

それにつけても、料理がこんなに楽しいことを、奥さんは私に秘密にしていたんですね。

 

 
1