中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


勝鬨橋からの冬景色

[kimitaku] 2013年1月31日 17:00

 冬の朝 勝鬨橋をさんぽしました。

朝7時ころ 人通りも少ないひととき、橋のたもとから見えるビル群を撮影しました。

隅田川左岸西詰からの写真です。 katidoki 1.jpg

  東京タワーの左が汐留シオサイト 右がコンラッド東京

おせんべいのくねったようなのが 汐留シティセンタービル

 川岸手前右が 築地市場と駐車場ビル その奥が 国立

ガンセンター中央病院。


katidoki 2.jpg

 右岸西詰からの展望 「勝鬨橋」の漢字文字

渡り切ったところには「かちどきばし」のひらがなの表記。 


左のビルは イヌイカチドキビル クレストシテイレジデンス

 遠くに 東京タワーズも見えます。


katidoki.jpg

 

 

 右岸東詰をこれから渡ります。


プラザタワー勝鬨のシルエットが美しいです。


kati 6.jpg

 

橋の上流側から、下流側を眺めたところです。


kati 8.jpg


 右の写真は上流を眺めたところ。


聖路加病院と、住友生命ビルが見えます。

遠く見えるのが 佃島 石川島。


kati 11.jpg


 左岸(月島寄り)から上流を眺めます。


聖路加病院のすぐ右に 東京スカイツリーの尖塔アンテナだけが見えます。


kati 12.jpg


左の写真は

左岸東詰(月島)から銀座方面を眺めました。

朝日がビルの側面に反射して美しいです。


kati 13.jpg


右手の写真の左端に月島川水門が見えます。


kati 14.jpgみなさんも これから暖かくなったら、勝鬨橋をさんぽするのも おつな ものです。


そろそろ 梅 そして 花壇にはたくさんの花々が咲き出します。


 

 

 

聖路加画廊~山中翔之郎 作品展~

[杏葉牡丹] 2013年1月22日 14:00

寒さが一段と厳しい、今年の冬。
風邪を引いて病院に行ったという方も多いのではないでしょうか。
最近ではアートセラピーという考えもあってか、患者さんや来院の方が、少しでも心が和むようにと、絵画を飾っている病院が多いようです。
けれども、聖路加国際病院のように、「画廊」そのものが、しかも2つもあるのも珍しいのではないでしょうか?


画廊案内によれば、「アートを交えて、患者と家族や医療スタッフとの心のコミュニケーションが生まれる場所」であり、「患者が癒され心落ち着く空間の提供と、精神面から身体の向上につながるアートセラピーを目的としている」となっています。


第1画廊は本館1階のレストラン入口、第2画廊は2階の本館と旧館の渡り廊下にありますが、共に日野原先生の揮毫されたプレートが掲げられ、絵画に限らず、書や造形作品、工芸品など、心和む素敵な作品が展示されています。

ck1203_1301221.jpg


そうした中で、第1画廊では、2月4日(月)~9日(土)まで、恒例になった、山中翔之郎さんの作品展が開かれる予定です。

ck1203_1301222.jpg
地元の八丁堀出身の画家、山中翔之郎さんは、パステルで猫や犬などの小動物を繊細なタッチで優しく描く方です。
絵画の専門教育を特に受けたわけではなく、たまたまリハビリの為に自宅の猫などを描いていたところ、こちらが本業となり、40才過ぎてから画家になったのだそうです。


ck1203_1301223.jpg
元NHKアナウンサーで癌で亡くなった絵門ゆう子さんが、生命の大切さと兄弟の愛情をえがいた絵本「うさぎのユック」の挿絵も担当していらっしゃいます。


ほのぼのとして明るく、小動物の愛くるしさを繊細で緻密に描いた山中さんの作品に癒されて、ファンになった人も多く、今回もきっと、たくさんの人達の心を和ませてくれることと思います。



山中翔之郎 作品展

聖路加第1画廊(聖路加国際病院1階)
2月4日(月)~9日(土)
9時~17時(最終日は16時)

 

 

馬喰横山 神戸屋

[Mr.Chuo-ku] 2013年1月21日 11:10

中央区日本橋横山にある馬喰横山駅内に、「サンドッグイン神戸屋」というお店があります。

テレビでの紹介、ブログでの口コミなどで話題になっているようです。
今回、訪ねて見て、ランチビュッフェを頂きました。


お店入口のロゴ

kanban.jpgのサムネール画像のサムネール画像 

 

ランチビュッフェ内容:
時間帯(11:00~14:00)
サンドイッチ・ピザトースト・ペストリーなど
+本日のスープ+お好きなドリンク
(大人 840円、小学生以下 420円、3歳以下無料)
40席、全席禁煙

 

ryouri1.jpg

 

ryouri2.jpg  

 

メモ:

日曜日に訪問しましたが、11時半には席がほぼ埋まり、12時頃には満席で、並ぶ人もいました。
(中央区の八重洲地下街には、当店の八重洲店があり、こちらは、かなりの行列が出来るそうです)


都営新宿線「馬喰横山」駅 浅草線乗り換え A3出口方面の改札内にあります。


公式サイト:
馬喰横山店↓
http://www.breads-studio.com/index.php/page/user/mode/bakuroyokoyama

八重洲店↓
http://www.breads-studio.com/index.php/page/user/mode/yaesu

 

 

 

築地イタリアン CAVATAPPI(カヴァタッピ)

[杏葉牡丹] 2013年1月17日 09:00

築地で食事といえば、魚河岸で寿司や海鮮丼というイメージが強いのですが、その周辺の東銀座に近いエリアや、本願寺の裏から聖路加にかけてのエリアにも、美味しいお店がたくさんあって、しかも夜はちょっと値段が張るお店でも、ランチはだいたい千円前後でいただけます。


ところが、日・祝日になると様子が一変。
ほとんどがお休みか、営業していても平日とは違うメニューになってしまいます。
魚河岸は、休市日の日・祝日でも営業している店が増えましたが、だいたいが狭い店で慌ただしく、食後のコーヒーまでゆっくり飲めるような店は、あまりありません。
「日・祝日に築地でゆっくりと落ち着いてランチを」と思うと、なかなか適当な店がなくて困っていました。

ck1203_1301161.jpg


そんな中で見つけたのが、このCAVATAPPI(カヴァタッピ)

店名はワインオープナーからきたもので、シチリアをこよなく愛するオーナーシェフとイタリアン大好き!のスタッフ4人の家庭的なお店です。
場所は京橋築地小学校正門の隣のビルの2階と、ちょっと分かりにくいのですが、カウンターとテーブル席で28席と、ちょっとしたパーティーにはちょうど良いくらいの広さです。


営業日を確認する時についでに予約していたのですが、一緒に来るはずだった友人が来られなくなったことを告げると「それは残念ですね」と暖かい言葉。
ちょうど近所の人たちが子供も交えて大人数で食事をしていましたが、こんな暖かい心遣いが、近所の人たちも贔屓にする理由なのでしょう。


この日いただいたのは、ちょうど旬の広島産カキとホウレン草のペペロンチーノ。
野菜サラダと飲み物が付いて、千円ちょうどです。
カキはぷりぷりの大粒で、シンプルなソースがその味を引き立てています。
カキって美味しいな~としみじみ思える一品でした。

ck1203_1301164.jpg  ck1203_1301165.jpg  ck1203_1301163.jpg

 

定休日は不定とのことで、土日・祝日でもだいたいは営業していますが、一応は確認した方がよいかと思います。

ck1203_1301162.jpg


 

CAVATAPPI(カヴァタッピ)

 

中央区築地2-12-14
フェニックス東銀座第3ビル2F

Tel 03(6228)4773
不定休

 

 

中央区観光検定 勉強方法

[みど] 2013年1月15日 09:00

中央区観光検定試験に申し込んだけど、まだ勉強が不十分という方に
私から効果的な学習方法を教えちゃいます。
当たり前ですが、テキスト『歩いてわかる中央区ものしり百科』と
過去問題集は手元に用意してください。

勉強はこれからという人は、まずテキストを斜め読みして概要をインプット
します。ここでは覚えようとしなくて良いので、全体のイメージを把握します。
次に過去問題集を集中的にトライしてみてください。おそらく50%くらい
しかできないかも知れませんが、さほど気にしなくても良いです。
過去問題を3ケ年分、解くことでだいたいの「出題傾向」のようなものが
わかってくると思います。易しいものもあれば、かなりマニアックなもの
まで様々ですが、こんなところからも出題されるのかというニュアンスが
なんとなく理解できるようになってきます。

たとえば、「・・・の由来」「・・・と関係する人物」「・・・の作者」
「・・・の前身、旧名、別名、現在の名前」は毎回、出題されています。
「数」も問題にしやすいので数字に関わる箇所は覚えておきましょう。
俳句や川柳の穴埋めもよく出題されています。
そして川、橋については必ず出るので細かなことまで勉強した方が良いです。

このようにだいたいの出題傾向がわかってきたら、今度はテキストを
じっくりと読み返します。ここは出そうだと思える箇所にはマークして
繰り返しテキストを読みこなします。
テキストに掲載されている写真はしっかりイメージできるようにしておき
ましょう。

さらにその年度にあったイベント、ニュースを覚えておくと点が稼げます。
たとえば、第4回試験では映画「麒麟の翼」に関係した問題が出ました。
テスキトだけで十分ですが、もし余裕のある人は観光協会のサイトと
本特派員ブログをチェックしておけばベターですね。

合格ラインは75点なので、100点は目指さず、80点をターゲットにします。
つまり20点はできなくても良いという心の余裕が生まれます。
落ち着いて頑張ってください。

平成24年度(第5回)中央区観光検定についてはこちらを参照
http://www.chuo-kanko.or.jp/kentei/

illust-04.jpg

 
 

 
1