中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


【昭和通りたんけん録】#03:癒しのアクアリウム(京橋三丁目)

[お染] 2015年3月27日 09:00

だんだんと暖かくなり、花も咲き始めて、散歩日和になってきましたね~

そこで今回は、街歩きに疲れたときにふっと立ち寄るのにもってこいのお店をご紹介します。

 

昭和通り沿いにある 『ワイン&グリル  京橋テラス』

昼はランチ&カフェ、夜はワインが楽しめるバルで、緑に覆われた外壁が目印です。

s13_01.jpg s13_02.jpg

都営浅草線宝町駅A3出口より、そのまま高速道路に向かって数秒(!?)歩いて右手。

扉の向こうが見えなくてちょっとドキドキしますが、エイッと入ってみよう◎

  

 

オススメは、なんといっても店内に広がる美しいネイチャーアクアリウムです

熱帯魚たちが悠々と泳ぐのを眺めながら、ここが都会の真ん中であることをしばし忘れてしまいます

s13_03.jpg s13_10.jpg

s13_04.jpg s13_05.jpg 

s13_06.jpg s13_14.jpg

オシャレ―な店内。さかなの数は...わからないぐらいたくさん( #`・ω ・´)!だそうです。

青と赤の鮮やかな熱帯魚は「ネオンテトラ」という種類とのこと。

 

私はランチやカフェの時間におじゃましていますが、料理もおいしくて居心地がいいので何度もリピートしております。店員さんも親切です(´▽`*)

s13_07.jpg s13_08.jpg

ランチのステーキは香ばしく美味なのにリーズナブル

夜ならさらにゴロっと大きな塊で食べられるみたいです。

お茶のみでまったりするのも良かったですよ~

 

ワインもたくさん取り揃えられており、ぜひディナーにも伺いたいと思っています。

s13_09.jpg s13_11.JPG

半個室もあるみたい◎

 

散歩途中、お花見の行き帰り、歓送迎会...etc

中央通りも賑やかですが、昭和通りでステキなアクアリウムに癒されてみませんか

 

◆ワイン&グリル 京橋テラス

住所:中央区京橋京橋3-9-6 GM-3ビル 1F

HP:[ぐるなび] http://r.gnavi.co.jp/e983301/

     [食べログ] http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13152418/

s13_12.jpg

 

 

 

 

晴海トリトンは花盛り

[kimitaku] 2015年3月26日 09:00

 いま 晴海トリトンスクエアガーデンは、花盛りです。

P1010219-1.jpgP1010225.JPGP1010217.JPG

   木枯らしの吹く冬のくびきから抜けでて、

   花々は日の光を我先に浴びようと競い合い、

   色とりどりにスクエアガーデンを染めています。

P1010230.JPGP1010231.JPGP1010233.JPG


    朝の散歩 昼時の散歩に 夕時のひとときに

    晴海トリトンスクエアガーデンにお越しください。

    朝潮運河望むガーデンで、皆様のお越しを花々がお待ちしています。

 

P1010235.JPGP1010237.JPGP1010238.JPG

 

 

身のまわりの小さな春

[TAKK...] 2015年3月18日 14:00

ささやかだけれども、妙に気にかかる。

そんな小さな春の足跡について掲載します。

・ 

【永代通り】

eitaitoori.JPG

交通量の多い永代通り。

歩道の片隅に小さい梅の花が一本だけ、見事な花を咲かせていた。

01.jpg

02.jpg

【楓川宝橋公園】

takarahasi.JPG

首都高都心環状線の真上、小さな公園で、小さめの桜の木が咲き誇っている。

日当たりがいいのだろうか。

 ・

03.jpg


04.jpg


バナナやリンゴの果物をかたどったベンチ?もユニークな公園だ。

 ・

 

 

日本橋「わたす」オープン!

[佐平次] 2015年3月15日 14:00

 東日本大震災から4年、政府が決めた5年間の集中復興期間は最後の1年となる。
しかし一部のインフラを除いて、復旧復興は進まず仕事や住まいなどの問題はまだまだ先が見えない。
この時期になるとメディアは挙って震災関連のニュースを流すが、時間と共に、この未曾有の災害でも多くの人々の記憶から徐々に薄くなって行ってしまう...。 
しかし、被災地、被害者が本当に支援を必要とするのはこれからではないだろうか? 重労働を伴うボランティアや多額の寄付はできなくても被災者を想い災害を記憶に留めることが大事だろう。次は我が身かもしれないのだから...。

 

 今月の3日、日本橋1丁目コレド日本橋の脇に<南三陸交流施設>「わたす 日本橋」がオープンしました。
この施設は宮城県南三陸町をはじめとする東北の被災地を応援する情報発信・交流を目的として同町や東北の食材を提供したり、大学生による学習支援を行ったりして、首都圏での被災地支援の拠点とするものです。
「わたす 日本橋」の「わたす」とは東北弁でなくて、南三陸と日本橋との橋渡しの意味をこめたのと、平和の「わ」、人の輪を足していくなど多くの意味を込めたものだそうです。

  

 

 わたす1.JPG

 わたす2.JPG

 

 この施設は、三井不動産株式会社さんが、震災直後から、同社多くの社員が復興ボランティアで南三陸町を訪れたことなどがきっかけで、交流が盛んになりもっと継続的な活動ができないかという社員の想いを実現させた取り組みで、東日本大震災復興支援の一環としての常設拠点として開設されたものです。

  

 三階建ての建物のうち1~2階は南三陸と東北の旬の食材を活用したカフェと、観光やイベント情報等を発信する「飲食と情報発信のフロア 『わたすカフェ』」で8種のおかずが盛られた「わたすランチ」や様々なフレーバーのお茶や夜にはディナーが楽しめます。また観光やイベント情報の提供や農水産物、復興グッズの販売も常時行われるそうです。
 3階はオンラインにより南三陸町の志津川中の教室とをつなぎ、東京の大学生が現地の中学生に補習授業をする学習支援も行われ、また復興関連のイベント・ワークショップ等により被災地と日本橋を結ぶ「交流のフロア『わたすルーム』」となっています。

 

 わたす3店内.JPG

 わたす4店内.JPG

  わたす5店内.JPG

  

 「わたすカフェ」でのランチタイムのおすすめは、三陸の食材をふんだんに使った和・洋8品のお惣菜に炊き込みご飯、スープとわかめ入りのパンが食べ放題の「わたすランチ」1380円、料理内容は日替わりですが、産地直送の四季の新鮮な食材を、そのときいちばんおいしい方法で調理して提供されます。
ほかにも、「三陸シーフードチャウダー」980円や、「三陸メカジキバーガー」980円、「フィッシャーマンカレー」980円などいづれも南三陸・東北の豊かな海の幸と山の幸がふんだんに使われています。
すべてのランチには三陸のわかめを練り込んだパンがついて食べ放題?とのこと。

 ティータイムにはさまざまな季節のフレーバーティーを、ディナータイムは東北の地酒やワインなどと一緒に、豪快なシーフードやフレッシュな野菜を中心にした料理が提供されます。

  わたす6メニュー.JPG 

  わたす7スープ.JPG

  わたす8ランチ.JPG


 

 場所はメトロ「日本橋」から徒歩1分の便利な場所にあります。 買い物、お散歩にお出かけの折、カフェで美味しいランチを食べながら南三陸町の発行するフリーペーパー「南三陸」を読み復興グッズを手に取り、今一度東日本大震災の復旧復興を考えては如何でしょう?

 

  わたす地図.png


 

  
席数 営業時間
約30席
年末年始を除き、無休
月曜日~土曜日 11:30~23:00  日曜日 11:30~18:00
ランチタイム11:30~16:00、ティータイム16:00~18:00
ディナータイム18:00~23:00(LO/22:00)


「わたす」HP:http://www.watasu.net

 

 

「かねます」

[Mr.Chuo-ku] 2015年3月10日 15:00

「かねます」... これは中央区勝どき1丁目にある高級立ち飲み屋さんの名前です。毎日行列が出来ますが、待ってでも食べる価値ありのお店です。有名人もプライベートで訪れているそうです。

1.jpg

■営業時間
平日:16時くらいから20時まで
休日:不定期

■住所
中央区勝どき1-8-1 勝どきビュータワー1F
大江戸線勝どき駅A4a出口徒歩1分

 

 

BEST of the BEST ブリジストン美術館

[kimitaku] 2015年3月 4日 14:00

DSC_0514IDSIBASI-1.JPG Bridgestone Museum of Art 

  ブリジストン美術館では「ベストオブザベスト」開催中です。

 まだ寒い日が続き、お客様の少ないいまのうちにぜひご鑑賞ください。

 ブリジストン美術館は5月18日より新築工事のため休館。

 休館前最後の展覧会のため今回は、当館で管理する石橋財団のコレクション1600点のうちのベストセレクション、合計160点を紹介しています。


 ・・・・・美術館巡りの好きな私も今回だけは、本当に絵画、彫刻の素晴らしさを堪能しました。なにか今までの数十年の人生で回った美術館の作品を一気に一日で鑑賞した気持ちがしました。・・・・・

P1010261-1.jpg P1010260-1.jpg

 

中央区なじみのザッキン(中央大橋にあるメッセンジャーの像の作者)の彫刻。いつもと異なり実際に手に取るところで、後ろに回っても鑑賞。 マネ モネ セザンヌ ゴッホ 佐伯祐三 藤田嗣治etc

展示された多くの絵画は今までテレビなどマスコミで紹介されたものがほとんどです。

それもガラス枠などの無い、実際に肉眼で巨匠のタッチまで鑑賞できるものも多いのです。

 

 私が特に感動したのは ブールデル:弓を弾くヘラクレス セザンヌ:セントビクトワール山 モジリアニ:若い農夫 岡鹿之助:雪の発電所 青木繁:若い道化師 など。  

 半券で、もう一度入場料(800円)の半額で入館できるとのこと。皆様もぜひこの機会を逃すことなくご覧ください。  

 

unnamed[3]-1.jpg【ブリジストン美術館】

住所 〒104-0031 東京都中央区京橋1丁目10番1号

お問い合わせ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

交通

JR東京駅(八重洲中央口)より徒歩5分

東京メトロ銀座線京橋駅(6番出口/明治屋口)から徒歩5分

東京メトロ銀座線・東京メトロ東西線・都営浅草線日本橋駅(B1出口/高島屋口)から徒歩5分

地図はこちら