中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


秋の気分はアフタヌーンティーで

[下町トム] 2015年9月23日 09:00

だんだん秋めいてきましたね。

皆さん季節の変化をどのように楽しんでいらっしゃるでしょうか。

中央区内の景色もこれからさらに秋色を濃くしていくことでしょう。
 

マンダリン(1)_R.jpg秋といえば「芸術の秋」とか「スポーツの秋」とかいう呼び名もありますが、やはり大きな魅力は豊穣の季節を表す「味覚の秋」ではないでしょうか。
中央区は「食の宝庫」ですから、区内でさまざまな味覚にいつも触れることができます。これからの季節、区内の"味めぐり"も楽しみですね。

 

そんななか、落ち着いた秋の気分を一足先に味わうために、日本橋・三越前駅近くにある〔マンダリンオリエンタル東京〕38階〔オリエンタルラウンジ〕で"アフタヌーンティー"を楽しんできました。ちょうどこの日はぼくの誕生日だったこともあり、豊かな気持ちにひたることができました。

 

お店を訪ねた時、午後の柔らかな日差しのなかで優雅に過ごす方々が景色に溶け込んで見えました。たまにはこんな贅沢なひとときもいいもんだと思います。

  

マンダリン(2)_R.jpgティーセットの各プレートにはホテル自慢の品質の高い品が並んでいます。なかでもお代わりもできるスコーンはしっとりとした深い食感があり、ほかでは味わえない価値があります。

 

さらに、お茶のラインナップが素晴らしいです。セイロンやアールグレイといった定番だけではなく、季節のオリジナルティーも充実していて、ゆったりと紅茶の香りに癒されていくのを心地よく感じることができます。

 

  

マンダリン(3)_R.jpg今、日本橋地区は再開発が進み、新たな顔も増えてきました。一方で老舗もしっかり頑張っています。そんな魅力ある地区の一角ですごす豊潤のひとときを皆様も是非それぞれにお楽しみ下さい。

  

アフタヌーンティーだけではなく、蕎麦屋で昼酒なんてのもいいですし、トワイライト散策のあとのディナーなんかも最高ですね。それぞれに「味わいの秋」を堪能しましょう。

 

 

"江戸の四季を楽しむ"(街めぐり その8)

[お江戸のマーシャ・堀内] 2015年9月16日 16:00

江戸東京博物館の竹内誠館長による江戸時代へのタイムスリップ雰囲気漂う楽しい講座に参加してきました。

 

陰暦を軸にして自然と親しみながらエコなる生活をしていた江戸人、現代にも
形を変えながら受け継がれている生活習慣などがありますが、少しづつ忘れ去られていっています。
精神的な余裕で見劣りする現在に、フト寂しさを感じる時間でもありました。

 

〇元旦、初売り、お稲荷さん、梅見、雛祭り、お花見、祭り、金魚売り、川開き花火、中秋の名月、晦日蕎麦、除夜の鐘(当時は無かった)

 

さて、日本橋三越の地下コンコースに有る"熈代勝覧"、1805年の日本橋~今川橋(神田)までの
繁栄の絵巻です。ゆっくり見ると面白いことに気づきました、どうぞ。

(各写真はクリックすると大きく表示されます) 

ck1515_20150916 (1).JPG ck1515_20150916 (2).JPG ck1515_20150916 (3).JPG

ck1515_20150916 (4).JPG ck1515_20150916 (5).JPG ck1515_20150916 (6).JPG

ck1515_20150916 (7).JPG ck1515_20150916 (8).JPG ck1515_20150916 (9).JPG

ck1515_20150916 (10).JPG ck1515_20150916 (11).JPG ck1515_20150916 (12).JPG

ck1515_20150916 (13).JPG ck1515_20150916 (17).JPG

 

今、室町二丁目にある福徳神社、来年には出来てくる"鎮守の森"がなにか救われるような気がします。
合掌。

 

 

【子連れで楽しむ中央区】#10:老舗のお食い初め(日本橋人形町)

[お染] 2015年9月 7日 15:45

今回は、だいぶ前の話なのですが、我が家のチビさん生後100日のお食い初め膳についてのご紹介です。

ママ友さんはステキなお食い初め膳を手作りしていたけれど、私にはちょっとムリ...(^^;)

でも記念日はしてあげたい...し、自分もごちそう食べたい!

 

ということで、『人形町今半』でお食い初め膳をお願いしました。

 

土曜日のランチタイムに予約をして、こじんまり親子3人で訪問しました。

バウンサーもある、2階のお座敷個室に案内していただき、

赤ちゃん連れでも周りを気にすることなく 落ちついてゆったり過ごすことができました。

 

こちらがお食い初め膳です

s19_02.jpg s19_03.jpg 

 

おチビちゃんは食べる真似だけなので、これらは後から我々大人が美味しくいただいてしまいました

s19_05.jpg

 

やさしいイラストの説明書きがついていたので、手順もわかりやすかったです。

それぞれの食材に込められた意味もわかるので、ちゃんと念じながらあげられました◎

 

歯固め石も記念にくださいました。

s19_04.jpg

石のようにかたい丈夫な歯が生えますように...と祈りながら。。。

今や、立派な可愛い歯がちゃんと生えております。

 

そして、こちらは大人の分のすき焼き...(´▽`*)

s19_06b.jpg s19_07.jpg

生後100日頃は子供抱っこしっぱなしなので、正直なところ落ち着いて食べられるのか?? と思っていましたが、お店の方が全てお肉も野菜も小皿に取ってくれるところまでしてくださったので、 私は見てただけでベストな状態のお肉をいただくことができました

 

水天宮が近いこともあると思いますが、さすが老舗

子供連れにも優しい本当に行き届いた接客で、大切な日を過ごすのに最適でした。

また、七五三などの機会に利用させていただきたいと思っています。

 

◆人形町今半 (人形町本店)

住所:中央区日本橋人形町2-9-12

HP:https://www.imahan.com/guide/index.html

s19_01.jpg

 

 

 

東京でベニス気分を味わいましょう♪

[遊山ものみ] 2015年9月 5日 09:00

 「お久しぶり! お元気でしたか?」

知り合いのオールドローズさんと東京駅八重洲口の超高層ビルの会議室で遭遇。

彼女は中央区観光協会特派員のフレッシュウーマン。(私はソフモア!?)

当日は舟運ガイド講習会の講座があったのです。

  

講師は「NPO法人 水都東京を創る会」の先生です。

 

~日本橋船着き場から日本橋川を下り、隅田川へ。永代橋を下手に見て、隅田川を少し遡り、柳橋から神田川を上流へ。

そして御茶ノ水渓谷を超えて、飯田橋手前で再び日本橋川へ入り、日本橋船着き場に戻ります。~

 

 講座時間は1時間半。途中休憩がありましたが、流れるようなご解説に、まるで船に乗っているような気持でした。

 

 さてその2日後、実地体験で日本橋船着き場から船に乗りました。オールドローズさんと私は1便です。

舟ガイド1便

 

 乗船後、救命胴着を着ます。胸がワクワクします。

 座学の時の先生がガイドです。机上でも流麗な解説でしたが、実際の舟では都会の騒音のない静けさ。船の音と波の音に

ご案内の声が心地よいリズムを伴い、あっという間の1時間20分でした。

 武蔵国の小村が、『江戸城総構え』といわれる防御に強い天下の町となったことや、維新後も明治初期まで、

物流の主流が舟運だったことがよくわかります。

 ゴンドラではないので揺れません。途中で小雨が降りだすと、全員に白い雨合羽(!?)が配布され、濡れることもありません。

 亀島川、小名木川、竪川など、東京に人口の川、掘割が沢山あって、まるでベニス!? 知りませんでしたね。

 

 川から眺める東京は、日常では見ることのできない景色。

 新幹線の過ぎ行くのを眺め、秋葉原近くの昌平橋。

マーチエキュート

赤煉瓦のマーチエキュートを左に見、江戸城外堀の石垣。そして日本橋。

 

 ゆったりとしたひと時を過ごしました。日本橋

 

 下船後、オールドローズさんとランチです。天ぷらめし「金子半之助」の外で少し並んで待ちましたが、舟運ガイドの話をしているとすぐに順番が来ました。

揚げたての天ぷらや取り放題のイカ・きんぴら・浅漬の箸休め。ボリュームも美味しさも満点です。並ぶ価値ありのお店でした。食後に通ったもう一つ姉妹店。やはり長い列でした。

 

ロボットペッパー君

三越本店入口でロボットのペッパー君に挨拶し、新装なった和紙の「榛原」により、可愛いポチ袋と和紙テープ購入後、銀ブラして帰宅しました。


日本橋買い物

 

 

【子連れで楽しむ中央区】#09:0歳からのわくわくコンサート(銀座三丁目)

[お染] 2015年9月 3日 09:00

急に涼しくなりましたね。

芸術の秋ももうすぐで、小さいうちから音楽に触れさせたいなーという親心もムクムク...

そこで今回は、子連れで楽しめるコンサート(in銀座!)をご紹介します。

 

 0歳からのわくわくコンサート

http://www.ginzajujiya.com/kids/

http://www.ginzajujiya.com/hall/wakuwaku_concert/index.html

 

昨年創業140周年を迎えられた、「銀座十字屋」で開催されています。

先日8月23日に第七回のイベントが行われ、私も子供(1歳10ヵ月)と行ってきました。

 

s18_01.jpg s18_02.jpg 

銀座十字屋は、中央通り沿いの松屋の向かい、シャネルのお隣です。

大和証券の看板が目印になります。

 

今回のイベントでは、ピアノやトランペット、ウクレレのオシャレな演奏と、ユーモアたっぷりのアコーディオン演奏&バルーンアートを楽しみました。

楽器の紹介もしてくださり、へ~こうやって音が出るんだね、なんて言いながら、子供もじっと見つめていたり(*^^*)

s18_05.jpg s18_03.jpg 

s18_04.jpg s18_06.jpg

銀座十字屋様、お写真ご提供くださり、ありがとうございます。

 

バルーンアートは今まで見たことがないくらい複雑なものを鮮やかに作られていて、大人も「おお~ッ」と盛り上がっていました。

 

我が子はアンパンマンのマーチ♪が気に入ったみたいですね。

バルーンアートは全員に!お土産をくださいました。チビさんしっかり握ってます(笑)

s18_07.jpg s18_08.jpg

 

会場には、ハイチェア完備のおむつ替えスペースや授乳スペースも設けてあるので、心配いらずです。

また、チビさん達は膝の上でおとなしく音楽鑑賞...なんて、絶対ムリ! で、たいていそれがネックになるものですが、こちらでは「音に合わせて踊ったり、子供たちの好きなように動かせてあげてください」との優しいお言葉が...

実際にステージ前にスペースが設けてあり、ちびっ子たちが興味深げに近づいたりしていて、なかなかない素晴らしい機会を提供してくださって、本当にありがたいです。

 

9月12日(日)には下記イベントが実施されるとのことで、これにも参加したいと思っております。

バイオリンに触れるチャンスもありそうなので、こちらも楽しみです。

 心を育てるミュージック♪サロン

http://www.ginzajujiya.com/salon/1185.html

 

ちなみに大人向けになると思いますが、銀座十字屋では、他にも、水曜日のお昼(12:30~13:00)に無料のコンサートもやっているようです。仕事の合間でも、ハープの音色などにホッと一息できますね。 

 銀座十字屋ランチタイムコンサート

http://www.ginzajujiya.com/salon/concert/lunch_concert/1452.html

 

子供連れでも安心して、本物の音楽に触れることができますよ

オススメです!

 

◆銀座十字屋

住所:中央区銀座3-5-4十字屋ビル

HP:http://www.ginzajujiya.com/

s18_09.jpg

 

 

 
1