中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


オリンピック村予定地付近を散歩しました。

[kimitaku] 2016年10月28日 18:00

晴海埠頭に向かって歩いてゆくと、広大な空き地が広がります。

DSC_1547.JPG

 

看板にありますとおり、ここがオリンピック選手村予定地です。

DSC_1544.JPG

予定地内では工事の真っ最中。

 

今度は中央清掃センターに向かいました。

センターの階段を上ると小さな公園が。

DSC_1555.JPG DSC_1553.JPG

 

右手を望むと、建設中の豊海大橋が見えます。

DSC_1552.JPG 

大橋から左手に築地大橋へと建設中の環状2号線が続きます。

 

左手前方には、朝潮小橋が運河にかかり左後方には竹芝桟橋。おおきな船が停泊していました。

 

このあたり、日を追うごとに景色が変わります。

2020年開催の東京オリンピックまであと4年です。

秋のお休みのひととき、ゆっくり広々とした、予定地を散歩するのもおすすめです。

 

中央清掃センターの近くにバス停もあり、散策にはバス利用がおすすめです。バス停の名前は「ほっとプラザ晴海」です。

DSC_1557.JPG

 

 

 

日本橋と深川「水都復活まつり」 前夜祭「妖怪はわたし」

[TAKK...] 2016年10月26日 12:00

今回は、妖怪に仮装した人々が日本橋から船に乗って、まさに深川に出発する瞬間を、お届けします。

20161001.jpg

翌日(10月23日)のイベントの宣伝も兼ねているのです。

20161002.jpg

粋な感じです。

20161003.jpg

乗船前の集合写真。

20161004.jpg

深川に向けて出発!!

(深川は反対方向なので、このあと方向転換します。)

20161005.jpg

翌日のイベント 福徳くじ会場の準備風景。

ユーモラスな妖怪たちの行進がとても楽しかったです。

 

秋のイベントは、まだまだ続きますよ。

・フラワーカーペット晴海2016 10/29㈯~11/3(木・祝)

・オータムギンザ2016 10/29㈯~11/3(木・祝)

・中央区まるごとミュージアム2016 10/30(日)

などなど

 

 

築地 ワンダーランド(TSUKIJI WONDERLAND)を見て

[中央小太郎] 2016年10月20日 09:00

ck1509_20161049.jpg「築地ワンダーランド」という

(中央区大好き人間にとっては見逃せない?)
映画を見てきたので、レポートしたいと思います。

 

今回は、ポスターの写真以外、

文章ばっかりです。

 
10/1から東劇で先行公開されてましたが、10/15からは全国で公開です。
また、海外の映画祭(複数)にも

出品されるそうです。
 

○概要

東京都中央卸売市場築地市場自体は青果部と水産物部からなりますが、映画は水産物部に焦点をあてたドキュメンタリーです。

ただ、映像はとても美しく、出てくる人が日々の生活を自然体で営む姿は、
迫力のあるドラマのようでもありました。
映画を通して、「築地ブランド」、あるいは世界の「TSUKIIJI」が何を意味するのか、なぜブランドになるのかが実感できました。

 

○映画の見どころ

・あえて主人公を挙げるならば、「仲卸しの人々」でしょうか。

目利きとしてのプロの姿が生き生きと描かれています。築地には世界中から魚(魚介類)が毎日、大量に集まってきます。同じ魚でも、日々違う顔をもっています。
そんな魚たちを、卸売りからセリを通して仕入れ、適切に処理をしてプロの料理人をはじめ、築地に買い出しに来る人々に売るという「橋渡し」が彼らの役目です。
そこには、瞬時に魚の良し悪しを見極める高度な目利きの力と、品質を落とさずに処理する、これまた高度な技が介在します。

築地に食材を買い出しにくる人々にとって、仲卸はなくてはならない存在で、
映画の中ではそんな仲卸と卸売り(築地に食材を持ち込む側)、あるいは仲卸と買い出し人の人間的な付き合いがしっかりと描かれています。

例えば、料理の鉄人の道場六三郎さんや、名だたるミシュラン掲載店や老舗料理店の料理人・職人といった料理のプロも、築地を訪れて仲卸さんに食材の相談をします。
ここで、料理のプロは仲卸を信頼し、仲卸はその信頼に答えようとし、そこに築地のユニークな信頼に基づくビジネスが出来上がっています。
この信頼ビジネスが80年の築地の歴史で培われた伝統であり、築地をTSUKIJIたらしめる最大の要因であり、魅力として描かれています。

・食文化、建築的価値、歴史といった観点でも、解説があったり、

著名な方々のコメントもあり、築地市場をいろんな観点から理解できます。

・それから、料理のプロが仲卸に相談する話を書きましたが、

仕入れた食材をどのように料理するかという「買った後」も美しい映像で楽しむことができます。
登場するお店も、「ああ、あの店だ」という感じで見ることができます。
中央区の店に限って名前を挙げると、ろくさん亭(銀座)、小十(銀座)、
ESQUISSE(エスキス:銀座)、すきやばし次郎(銀座)、
㐂寿司(きずし:人形町)が出てきます(どこも有名店ですね)。
(中央区以外の有名店ももちろんでてますよ。因みに。)

 

○特派員視点ではこうなる?

・この映画は、築地という文化を記録するという意味でとても重要だと思いますが、

美味しいものが集まる東京(特に中央区)でグルメを楽しみたいという方にはお勧めではないでしょうか。
レストランで食事をするときに、産地やブランドが気になるとおもいますが、そこに、「築地ブランド」というワードをより強く意識するようになり、食事がさらに楽しくなる気がします。

・「姉妹編」とか移転後の「その後の築地ワンダーランド」みたいな感じで、

場外と築地3丁目/6丁目/7丁目/明石町(裏築地なんて言われてますかね)を取り上げたものがあると、個人的には絶対見ますけどね。
このあたりも、市場と関係の深い生活や文化があるし、建築物、歴史という点でもすごく貴重なものが多いので、特派員にとっては築地ワンダーランド=場内+場外+(築地3丁目/6丁目/7丁目/明石町)

 

 

無料巡回バス「メトロリンク日本橋Eライン」運行開始!

[JRTフェルト] 2016年10月17日 16:00

東京駅八重洲口~日本橋~京橋エリアを巡回する無料バス、メトロリンク日本橋。

今年10月から新コース「メトロリンク日本橋Eライン」の運行が開始さました。

DSC_0809.JPG


コースは、東京駅八重洲口から浜町・人形町・兜町エリアまでを

結ぶもので、日本橋エリアの移動が更に便利に!

乗降位置にはバスト同じ山吹色の看板が設置されています。

DSC_0805.JPGのサムネイル画像


乗降場所は、①東京駅八重洲口→②地下鉄三越前→③日本橋室町3丁目→

④堀留町東京商品取引所→⑤富沢町→⑥浜町2町目明治座前→

⑦浜町3丁目トルナーレ前→⑧地下鉄水天宮駅前→⑨人形町1丁目→

⑩茅場町・兜町東証前→⑪日本橋2丁目→⑫八重洲地下街。


一周6.6キロを44分かけて、22分間隔で巡回します。

運行時間は平日の8時~18時、土曜・休日の10時~20時まで

どなたでも無料で利用できますので、観光や通勤の際にぜひご利用ください。


メトロリンク日本橋Eライン協賛者会からのお知らせもご覧ください。

http://www.hinomaru.co.jp/metrolink/info/Eline20161001.pdf

 

 

中央区観光検定受検

[ジミニー☆クリケット] 2016年10月16日 14:00

第9回中央区観光検定受検申し込み10月1日)から始まっています

申し込み期間は、来年の1月23日)までですが、募集人数は300名先着順になっていますので、ご注意ください

ckentei001.JPG

私は既に申込み、3回目の受検ということで、一部改訂された中央区観光検定テキスト歩いてわかる中央区ものしり百科」を新たに購入しました

装丁が美しく、今回、巻頭のカラー写真も差し替えられています

このテキストには、前回(第8回)の問題全100問が合冊されています

ckentei002.JPG

併せて、「中央区観光検定過去問題集」も購入。これには、第5回から第7回までの過去問題全300問が掲載されています

ckentei003.JPG

これで、過去4回分の問題がカバーできます

また、今回のテーマは、「京橋エリア」だそうで、京橋・八重洲周辺に関する問題が100問中10問程度出題されるので、このエリアは力を入れて準備しておきましょう

ckentei004.JPG

観光協会の方にうかがうと、過去8回の受検者の最高得点99点だそうで、まだ100点満点をとった人はいないとのこと

実施日は、2月18日)です

さて、今回は何点とれますことやら。がんばりましょう

中央区観光検定のHPはこちら ⇒

http://www.chuoku-kentei.jp/

 

 

【すべての人をかっこ良く&可愛く!】出張する美容室(日本橋人形町)

[お染] 2016年10月 4日 09:00

リオオリンピック&パラリンピックが幕を閉じましたね。

盛大でした!メダルも感動もいっぱいでした!!
努力して自分の限界突破していく姿はやはり素晴らしいですね。

    

今日は、そんな"素晴らしい"つながりで、人形町の美容室 「ニコフル(Nico-Hulu)」 にいらっしゃる志の高い美容師さんをご紹介します。

   

   
「ニコフル(Nico-Hulu)」は今年の7月1日にNEW OPENしたばかり。
店名の由来は「笑顔(Nico)の花がたくさんつまった箱(Hulu)」(*^^*)
こちらの美容師の方々3名は同級生とのこと。それぞれ以前は日本橋、表参道、吉祥寺などでお勤めしてたそうです。

    

s33_01.jpg s33_02.jpg

人形町通り沿いのビル2階。

   

西海岸の海岸沿いの家のような爽やかな雰囲気です♪

s33_04.jpg s33_03.jpg
子供連れもOKです!とのことです。

歓迎してくれるところなかなかないから本当に感謝(T_T)
店内は広くベビーカーごと席の側に入れます。

   

シャンプー台はフラットになるタイプなので、妊婦さんや高齢の方も楽なように配慮されています。さすが水天宮近く◎

s33_05.jpg s33_06.jpg

  

    

さて、こちらの美容師の登坂さんは、障害福祉施設に出張してカットされています。

s33_09.jpg

よくよくお聞きしたら大変そうなことを、笑顔でさらりと語ってしまう登坂さん。
○○だから難しい...みたいな感じが一切なくて、お話ししていたら私もポジティブな気持ちになりました

   

うちのチビさんもとにかく制御できないので、散髪はほんとうに大変。。。
美容室行くにも、どこでも受け入れてくれるわけではありません。
でも髪は伸びてしまう...(ll゚Д゚)

    
施設にいらっしゃる方々のご家族も、寝ている間に少し切ったりとご苦労されているそうです。
プロの美容師さんが来てくれたらほんとに心強いし、カットの日がワクワクの日になりますね。
実際に、カットした後に鏡を見て自分の髪に関心を持ったり、オシャレを楽しむようになったとか☆

   

はじめはハサミを持って背後に立つことができなかったり、クロスがかけられなかったりしたので、まず割り箸を袋に詰める作業を一緒にやって打ち解けてから、試行錯誤しながらカットしたそうです。

    
「自分に興味を持てれば、他人にも興味を持てるから、美容を通して彼らが社会に出る助けになれば」とおっしゃっていたのが印象的でした。自分にできることを考えて実践する...お若いのに尊敬です!

   

   
出張美容室の様子がブログに一部紹介されていてわかりやすいので、リンク貼りました。
皆さんの笑顔がとっても素敵です

   

☆Nico-Hulu hair&eyelash ニコフル 日本橋人形町美容室 登坂貴幸のブログ☆
美容師のあり方... http://ameblo.jp/tosa214/entry-12016990123.html
出張美容第1回♪ http://ameblo.jp/tosa214/entry-12017005189.html
出張美容 第2回♪ http://ameblo.jp/tosa214/entry-12017039345.html
自宅訪問美容♪ http://ameblo.jp/tosa214/entry-12051096698.html

   

   

慣れてきた方は出張だけではなく、ニコフルでもカットできたそうです☆
こういったサービスが、珍しいことでなく、当たり前の世の中になるといいですね。

賛同する美容師さんもいらしゃるとのこと。日本橋発でどんどん広まったらなお良いな。

   

   
人形町「ニコフル(Nico-Hulu)」

0歳からのチビちゃんカットもしてくださるそうです\(^o^)/
今回は出張のことを主にご紹介しましたが、介護の必要な方、お子様連れ、高齢の方、オシャレな兄さま姉さま...etc あらゆる方々におススメです

   

   

◆「ニコフル(Nico-Hulu)」
住所:東京都中央区日本橋人形町2-5-2 人形町トップヒルワン2階
HP: https://tredina.com/salon/H000358437/

s33_08.jpg

   

 

 
<<前のページへ 4567891011121314