中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


え~銀座4丁目に、稲荷神社があるの?

[朱房の十手] 2017年4月21日 12:00

DSC_1898 ginnzakochizu.jpg

文久元年(1861)発行の地図です。江戸時代からこの辺りに宝童稲荷神社があります。

 

矢印の場所に弥左衛門町と見えます。今の並木通り辺りになります。稲荷信仰が盛んな江戸時代に将軍家の跡継ぎの成長を守るため江戸城内に祀られていた神社です。堂守りの弥左衛門が神霊の分神を受けて建立したのがはじまりといわれています。

 

DSCN0684.JPG
また弥左衛門は居をこの地に置き、生涯稲荷のお守りをしました。そのため弥左衛門町と呼ぶようになりました。

 

宝童稲荷神社は、子宝、商売繁盛を祈願として、よきご縁を授ける社として今でも厚い信仰を集めています。


銀座でお買い物ついでに、お参りしてもしてみませんか。

DSCN0678 (2).JPG


流石に宝童稲荷神社です。

ファイルおみくじとは凝っています。お土産になります。

勿論ファイルとして使用出来ます。

 

かなり分かりにくい場所です。

晴海通りを築地方向に向かって銀座天賞堂前のエンジェルを左折し50メートル位でまた左折です。

 

 

港屋絵草紙店 日本橋浜町店

[銀造] 2017年4月21日 09:00

 都営新宿線浜町駅で下車し、今日はお目当ての

"竹久夢二専門ギャラリー 港屋絵草紙店"を訪ねてみました。

DSC04975.JPG

硝子戸を開けると、静かなお声で、「いらっしゃいませ」とのお声。 京言葉の穏やかにして雅なお声です。 奥様の、大平孝子様に応対して頂きました。

 お店は竹久夢二さんと縁故に当たるのですか?と質問しましたが、 ご主人が竹久夢二さんの大ファンで、このお店を始めたそうです。

ここ浜町では、開店して20年以上になるとのことです。

ご許可を得て、店内の夢二さんの作品を写真に収めました。 オリジナルの色刷りの作品が、とても素敵です。正に、大正浪漫ですね。

DSC04976.JPG

絵葉書などの小品も販売されていて、お財布にも優しいです。

DSC04977.JPG

毎年、夢二作品のカレンダーを発売しているとのことです。

今回は、夢二の作品ではありませんが、「ガーゼ・マフラー」を買い求めました。

絵の中の女性が羽織っているような着物の柄に似ています。貴女も、肌に優しい「ガーゼ・マフラー」は如何でしょうか?

DSC05011.JPG

 お店についての紹介は、「月刊・日本橋、平成29年1月号」、「Free Paper日本橋ごよみ4月号」でもご覧になれます。

 お店の住所は、東京都中央区日本橋浜町2-18-5(明治座前)、電話03-5640-5978

 

 

子連れで通える整骨院! 「あさひ整骨院」

[えだまめ] 2017年4月20日 09:00

子連れ特派員の「えだまめ」です。

今回はいつもお世話になっている

「あさひ整骨院」さんのご紹介です。

IMG_2527-1.jpg

中央区に引っ越してすぐのころ、どうにもこうにも

肩と腰が痛くて痛くて・・・

もともと妊娠前から極度の肩こり&腰痛もちでしたが

子育てに追われる中でそれが加速していってしまい。

授乳の際に前かがみになってしまいやすい→肩こり悪化。

少しずつ重たくなる我が子の体重→腰痛悪化。

ただでさえ出産時に骨盤が開ききってしまっているから

身体のゆがみも出やすくなっている時期です。

子育て中のママの身体って、結構ボロボロになりやすいんですよね・・・

でも、当時生後9か月だった娘・あずきを抱えて行けるような

マッサージ屋さんなんて・・・と思っていました。


そんなときに、


「子連れで通える整骨院」

というチラシの文字が。

それが「あさひ整骨院」さんとの出会いでした。

どのくらい子連れにやさしいかというと・・・

IMG_2525-1.jpg

玄関に入ったところまでベビーカーOK

建物に段差があったりすると、意外と乗り越えられなかったりするので。

フラットな作りにしていただいていることに感謝です。


授乳&おむつ替えスペース完備

IMG_2522-1.jpg

おしりふきなどを忘れた時でも用意していただけているので安心です。


受付前にはキッズスペース

IMG_2531-1.jpg

おもちゃもたくさん、ですし、

DVDプレイヤーまであります。

IMG_2526-1.jpg

何より受付担当の方がベテランママさんだったりするので

施術中の子どもたちへの対応はもちろん安心ですし、

施術前後の時間に少し育児のことを話せたりもするのです。


最初のうちはママから離れるとすぐに泣いていたあずきですが

今ではすっかりこの場所に慣れていて、

ここに来ると大人しくおもちゃで遊び、

ママの施術が終わっても

「え、もう?もうちょっと遊びたいけど?」

という顔を見せたりするくらいです


さて、こちらが施術のブース。

IMG_2524-1.jpg

隣のブースとの間仕切りがカーテンでなくて

ちゃんと壁になっているところも安心して施術を受けられるポイントです。

ここで用意してくださるウエアに着替えて待ちます。



スタッフの方は皆様女性です。

なので、女性の身体の悩みなども気軽に相談できます。

そしてみなさま、パワフルです。

エネルギーをもらえる場所、でもあると思っています。

あ、男性の方も多く来院されてますよ!

女性だから施術の時の力が足りない、なんてことはないです。

すごく鍛えていらっしゃるようですよ



ただのマッサージ屋さん、じゃなくて「整骨院」だから、

そしてスタッフの皆様が国家資格所持者=体の仕組みをきちんと知っている方だから、

「どうして腰が痛くなったのか」

「それを回避するための方法は?」

というところまで踏み込んでお話をしてくださるのもありがたいです。

IMG_2530-1.jpg

腰痛って、腰をもむだけではなくて

腰につながっている他の筋肉を手当てしてあげることも大事なんですよね。
IMG_2529-1.jpg

他にも例えば・・・

えだまめ「毎日あずきと一緒に2時間公園歩いてるんですけど、なんで足がむくむんですかね?」

Fさん「・・・足首、使えてますか?」

えだまめ「・・・そうか!あずきの歩幅に合わせて歩くと足首全く動いてない!!」

・・・以来、意識的に足首動かして歩くようにしています。


自分の身体って、ついつい後回しにしがちですが、

ちゃんとゆがみを定期的にリセットさせておかないと、後が大変。

これからの自分のためにもたくさんお世話になります。

皆様よろしくお願いいたします!


からだバランス あさひ整骨院 

住所 東京都中央区日本橋浜町2-35-4
   日本橋浜町パークビル1F

■都営新宿線「浜町駅」A1出口より徒歩2分
■都営浅草線・日比谷線「人形町駅」A3出口より徒歩8分
■都営浅草線「東日本橋駅」A3出口より徒歩8分

電話 03-6264-9080

HP→ https://www.cosme.net/ispot/s/asahiseikotuin/

Facebook→ https://www.facebook.com/asahiseikotuinkarada/

IMG_2532-1.jpg

土日祝も開いているので、ワーキングママさんたちにもおすすめです

 

 

ネギまの「ま」って鮪?

[朱房の十手] 2017年4月19日 12:00

DSCN0663 maguro tugawa.jpg冷凍技術の発達していなかった時代、トロの部位は生では食べず醬油味の鍋でネギと一緒に煮込んで食べていたそうです。赤身は醬油につけ込み「ずけ」で生でたべていました。トロは醬油をはじいてしまいこの料理方法にはむかなかったそうです。

 

いま、「ネギま」といえば鶏とネギの焼き鳥を思い浮かべますねー。たれにするか塩にするか迷うところです。

 

今日は「築地魚河岸」小田原棟にある「まぐろ 津川」店で小ぶりのインド鮪を柵で買い、家飲みに決めました。財布にも優しです。

 

サイズ、種類も豊富ですよ~。親切に鮪の相談なら乗ってくださいますよ。

(お店の方に許可をいただいて、撮影しました。)

 

いつでも美味しいです

             

 

 

中央区のランニングコース

[にゃんボク] 2017年4月18日 14:00

都心部のランニングコースと言えば、警備もしっかり行われて車と遭遇することもなく、安心 して走れる1周5キロの「皇居」が何と言っても有名です。 でも、ランナーの数は多いし、周回コースをぐるぐるとまわるのはどこかストイック。

 

出来れば、コースが変化に富み、歴史や息遣いの感じられる街を抜け、カフェや買い物が できる場所もそこここに有って、それでいて車通りの少ない安心なコースがあればなぁ・・・ と思う方も少なく無いと思います。

 

そんなランナーのわがままにも十分に応えられるのが、中央区の隅田川テラスを中心にした ランニングコース!一部一般道路を走りますが、信号待ちをすることも殆ど無く、都心部なのに 車通りの少ないコースをつなぎ合わせて大よそ10キロの距離を楽しむことが出来ます

 

出張や旅行で来られる方、いつもとは少し違うコースを楽しみたい方、どんな方にもお勧めです。 (このコースは一つの参考なので、いくらでもアレンジが可能です)

中央区の歴史の息遣いを感じながら楽しく安心して走れるこのコースを、あなたの「マイコース」 にしてはいかがでしょうか

 

【コースの特徴・レイアウト】

(1)今回は浜町公園(中央区スポーツセンター)をスタート地点にしています。 (ここでロッカーを利用してシャワー(有料)を浴びることもできるし、その他のスポーツ 施設も充実。各種イベントが開催されたり春の花見も可能な複合施設です。)

 

(2)隅田川沿いのテラスを両国橋方面へ。両国橋にて一旦折り返します。このテラスには 100メートルのランニングコースも設置されており、体に刺激を入れるインターバル 走も可能です。

 

(3)隅田川の右岸を走りながら途中でスロープを利用して隅田川テラスの上部へ。IBM箱崎ビル を右手に通り過ぎてから「豊海橋」を渡ります。

浜町ルート.png

 

(4)永代橋のたもとにて、隅田川テラスを階段を使って下ります(交差点を渡らない場合)。 中央大橋を通り過ぎ、そのまま隅田川右岸を進み、「霊岸島水位観測所」の脇の階段を 上って、一度隅田川テラスから離れます。

 

(5)「南高橋」を渡り、(少し分かりにくい部分もありますが)、再度隅田川テラスへ。ここから は引き続き川の右岸(河口に向かって右側)を進んで、勝鬨橋のたもとまで向かいます。

 

(6)勝鬨橋を渡って川の反対側に。セブンイレブンの角を左折してそのまま真っ直ぐ向かいます。 両側に広がるのは月島のもんじゃストリート。ここを通り抜けて信号で左折します。佃煮の  名店が並ぶ脇を通り、「佃」の街角資料館を左手に、隅田川テラス方面に向かいます。

 

(7)石川島の灯台を模した公衆トイレの脇を通り、中央大橋を渡ります。この橋からの眺めは すっきりと広がり、とても気持ちが良いのでお勧め。中央大橋を渡ってからは、元来た道 を戻ります。これでぐるっと一周おおよそ10キロ  (階段を利用せずにスロープを走った場合)の行程です。

*一部、テラスの整備等で工事中の個所がありますが、その場合はテラスと並行して走る道路を通っていただければ幸いです。

勝どきルート.png

 

**中央大橋付近の高層マンションは隅田川に映える風景の一つ

resize-1.jpg

 

**(7)を折り返してスタート地点の浜町公園方面へ

resize-2.jpg

 

**隅田川テラスでは季節に応じた綺麗な花々がコースを彩っています

resize-3.jpg

 

 

 

月島川では桜が満開です。 「春のうららの・・・」

[kimitaku] 2017年4月17日 14:00

  月島川では、桜が満開です。

寒い日が続いたせいか桜の多くが蕾のまま、

温かい日の到来を待っていたのかもしれません。

  ・・・・・・・

両岸には屋形船もたくさん停泊しています。

月島川水門の向こうは隅田川

反対側には住友トリトンスクエアのビル群が一望です。 

 

 今日は平日ですが

週末にはたくさんの花見のお客さんを楽しませてくれることでしょう。

今日一日は 滝廉太郎の「花」の歌詞がぴったりみたいです。

ck1110_201704171.jpg ck1110_201704173.jpgck1110_201704175.jpg ck1110_201704174.jpgck1110_201704172.jpg

 

 

 
<<前のページへ 4567891011121314