中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


日本橋人形町「板倉屋」

[CAM] 2017年10月 5日 12:00

http://www.nihonbashi-tokyo.jp/enjoy/gem/201201/

 

江戸時代、歌舞伎や浄瑠璃、人形芝居などで賑わった人形町。創業から百年余り、昔ながらの味を守り続けているのが「人形焼本舗板倉屋」(東京都中央区人形町2-4-2)だ。もともとは「焼きまんじゅう」という名前で、芝居見物に訪れる人たちに愛されていた。その後、初代が人形町の名前にちなんで「人形焼」と命名したという。

IMG_1293.JPG

IMG_1292.JPG 

 人形焼の姿は七福神。創業当時は全身像だったが、現在はお顔だけが並んでいる。布袋尊、弁財天、恵比寿、毘沙門、大黒天、寿老人、弁財天ときて、福禄寿のお顔が見えない。「うちの人形焼は6つの神様。お客様の笑顔を合わせて七福神になるんです」と話すのは、四代目・藤井雄太さん。

 

 店頭では1個から販売しており、焼きたてをいただくことも出来る。カリッとした香ばしい皮の中から、柔らかでふっくらとした餡が顔を覗かせ、独特の美味しさ。食感のコントラストに驚かされる。「翌日の味もいいんですよ」という四代の言葉どおり、一日置くと皮と餡がしっとりと馴染み、これまた優しい味わいが楽しめる。

 

 創業以来、手焼きを守り、素材も吟味してきた。きめの細かな生地は、卵黄に砂糖やはちみつなどを加えて一晩寝かせ、翌朝、メレンゲ状にした卵白と小麦粉とを合わせて仕上げている。「一晩寝かせることで、砂糖の粗い粒子が柔らかくなるんです」。餡は、十勝産のあずきとしゅまりという品種のあずきをブレンドしたもの。このほか、餡が入っていない「戦時焼」や、清流に住むことから清らかでめでたい魚とされる鮎をかたどったお菓子などもある。

 

 人形町で生まれた人形焼。七福神のお顔をありがたく眺めながらいただきたい。

 

 

 

日本橋人形町「ちどり屋」

[CAM] 2017年10月 4日 18:00

 自分の能力もわきまえず(ペーパー通訳案内士です)、ついついインバウンドのまち歩きツアーのガイドを引き受けてしまったので、人形町まで、その下勉強に行ってきました。

 

 大観音から「ちどり屋」へ向かうあたりで外人の団体に出会い、ガイドの女性(日米のハーフのよう)に、聞いていてよいかと訪ねたら、「料金をいただくわよ」と笑いながら言われました。まあ、冗談であることは明らかでしたから、そのまま追いていこうかとも思ったのですが、遠慮しました。

 

 その後、からくり時計の所では、中国語のガイドが説明していました。その他、人形町通りにはかなりの外国人が見られ、インバウンド隆盛のようです。

 

「ちどり屋」(東京都中央区日本橋人形町1-7-6 HSビル1階)は手ぬぐい専門店であり、「取り扱っている手ぬぐいは、全て注染(ちゅうせん)と呼ばれる染色方法で染められています。熟練の職人達による手染の『注染』は、伝統工芸にも指定されています」ということです。

IMG_1291.JPG

IMG_1290.JPG

IMG_1288.JPG

 

「注染」とは、あるサイト(http://www.suzukine.co.jp/blog/2015/10/23/118)によると「明治時代に考案された日本独自の染色方法です。裏表なく染められた手ぬぐいや風呂敷、さらに浴衣などは注染の技法で染められています。細かな柄もきれいに染め上げることができるうえ、一度に数十枚を染められるので当時としては画期的な染色法だったのです。

 

同じように細かい柄を染める方法として染色プリントがあります。しかし、注染は糸を直接染め上げるので、布の伸縮性や通気性を損ないません。また、使うほど柔らかい風合いが増し、味が出てくるのです。ですから、洗濯をくりかえす手ぬぐいや木綿の浴衣を染めるには、ぴったりの方法といえます」ということです。

  

「ちどり屋」は「"手ぬぐい"の販売を通して日本の文化と職人さんを守る手助けが出来る事を誇りに、全国に店舗を展開していくべく「人形町本店」を、その第1号店として開店いたしました。手ぬぐいのほか、気づいたときにささっとお掃除ができる「箒(ほうき)」や「風呂敷」といった日本の良品もお取扱させていただいております」ということです。

 

 

日本橋・船着場からクルージング体験!

[JRTフェルト] 2017年10月 2日 18:00

9月23日(土)、今年2月に実施された第9回中央区観光検定合格者向けに

「舟運ガイド講習」が開催され、日本橋川・神田川編に参加してきました。

実際に舟運ガイド付のクルージングを体験し、舟運観光ガイドの留意点等を

学ぶというものです。

当日は、14時から15時半までの1時間半、クルージングをしてきました。

出発地は日本橋・滝の広場にある船着場

架橋100年強の日本橋、開通50年強の首都高速、2つのレガシィが交錯します。

20170923135820_p.jpg

予定では、日本橋川 → 隅田川 → 神田川 をめぐるコースでしたが、

お天気や波、潮の高さなどが良いということもあり、船長の粋な計らいで

めったに巡ることのない「亀島川」を回っていただきました。

20170923140912_p.jpg

隅田川に出て暫く進むと、見事にスカイツリーが見えます!

写真が撮りやすいようにと船長が少し停めてくださいました

20170923142325_p.jpg

20170923143357_p.jpg

この後、隅田川から柳橋をくぐって神田川に入り、再び日本橋川へ

20170923150243_p.jpg

素晴らしいガイドに聞き入りながら、あっという間の1時間半でした。

ガイドの方は、豊富で確かな知識に裏打ちされた説明をなさっていて、

本当に色々と勉強になりました。

今回は、舟運ガイド講習という形でしたが、クルージングは、どんな方にでも

充分に楽しんでいただけるものだなと思いました。

日本橋方面にお越しの際には、是非どうぞ!!

 

 

【子連れで楽しむ中央区】#16:ワクワクする本屋さん「アスカブックセラーズ」(東日本橋)

[お染] 2017年10月 2日 12:00

段々と秋の気配がしてきましたね
第10回中央区観光検定の申込みも10月1日(日)よりスタートです!

    

今回は、私が観光検定を受けるきっかけになった、素敵な本屋さんをご紹介したいと思います。
東日本橋にある「アスカブックセラーズ」 です。

    

s46_01.jpg

都営浅草線 東日本橋駅 B3出口すぐのところにあります。
朝早くから夜遅くまで開いています。

    

     

この界隈はアパレル系の問屋街なので、ファッション関係の本や雑誌が充実しているとともに、かわいくておしゃれな雑貨がたくさん揃っています。

      

アスカブックセラーズで本や雑貨を見たり、ここにしか売っていないお気に入りの紅茶を買ったりするのが、私の楽しみの一つなのですが、特に産後間もない頃はあまり出かけられなくて楽しいことが少なかったので、散歩のときはよく来てました。

      

思えば、そんなあるとき、店内に観光協会のポスターとテキストがあって、おもしろそうだなと即買いして...運良く特派員になれたのでした。はじまりはここですね^^

      

      

s46_06.jpg

今年のテキストも店頭に並びました。

      

      

s46_03.jpg s46_04.jpg

本以外の雑貨の数々。文具も含めもっともっとあります。
センスがいいので、友人へのちょっとしたプレゼントにももってこい(´▽`*)

     

      

店頭にない本は取り寄せもしてくださいますし、ブックカバーもオシャレなので、本はなるべくこちらで買うようにしています。
5月からはコーヒーやココアもテイクアウトできるようになりました。

      

s46_05.jpg

ドット柄のブックカバー。色が選べます☆

      


さらに子連れに嬉しいのは、絵本やお菓子、おもちゃが充実していること。
最近では大きなプラレール も置いてあります。

    

s46_07.jpg s46_08b.jpg

釘付け...(笑)

      

    

我が家のチビさんはアンパンマンが大大大好きなので、本屋さんの前を通るたびに「あぁ~ッ!!これはなんだいッ!?」と駆け寄っていきます... そしてなかなか帰らない!!(^^;)
アンパンマンバスボールも売っているのは非常にありがたいです。

         

      

大人も子供もワクワクしてしまう本屋さん。
紹介しきれてませんが、宝箱みたいにいろんなものが詰まってます

何があるか、ぜひぜひ行ってみてください

     

       
◆アスカブックセラーズ
住所:中央区東日本橋2丁目2-4

s46_02.jpg

      

 

 

現地集合・現地解散のツアー

[小江戸板橋] 2017年9月29日 14:00

今、密かなブームとなっている旅行スタイルが、「現地集合現地解散の徒歩でめぐる日帰り旅行」です。

専門のガイドや専属講師が同行し、名所旧跡から最新スポットまで、とっておきの話、裏話などを伝えてくれます。

街歩き、建物めぐり、社会科見学、歴史散策など、テーマに合わせて多彩なコースが設定されています。

手ぶらで参加できる気軽さが好まれて、大手の旅行会社も、多くのコースを企画しています。

 

中央区は交通網が広く行き届いていることから、現地集合には都合のよいエリアです。

東京を代表するショッピングエリアや、重要文化財に指定されている建造物、歴史的な出来事を物語る場所などが、徒歩圏内にたくさん集まっています。

江戸の味を伝える老舗や話題の名店があることも魅力です。

参加者の目も口も満足させてくれるのですから、楽しいツアーが組めますよね。

 

先日、旅行会社設定の日本橋・人形町コースツアーに参加してきました。

地元の名物食事と専門ガイドさんの話がメインの街歩きです。

結構な距離を歩くんですよ。

「ほう、この位置からは、こんな景色が見えるのか。」

「なかなか見つからなかった説明板は、こんなところにあったのか。」

普段なら通り過ぎてしまう場所も、ベテランのガイドさんは、独自の視点からスポットライトを当てていきます。

街並み、建物、路地裏、住民の営みの様子、今後の開発の青写真まで、興味深い見方を示してくれました。

次の日、誰かに話したくなるような話題がぞくぞく。

参加者の中に、古い建物に興味のある人がいると分かれば、絶妙の撮影ポイントを示してくれます。

十数人のツアーですので、参加者全員の進行に気を配り、話が通る場所を選びながら誘導していました。

 

観光特派員になると、中央区内のガイドを行う機会も付いてくるんです。

その折には、事前の情報収集や現地の下調べを行い、本番の案内に臨みます。

真近にプロが行うガイドを見ることも、効果的な準備です。

プロの技術の中に、自分が活用できそうな手法があれば、いただいてしまいましょう。

ありがとうございました。

 

 

 

いま トリトンスクエアガーデンは色とりどりの花で満たされています。

[kimitaku] 2017年9月26日 14:00

 いま晴海トリトンスクエアガーデンは、

 赤や青色黄色の花々で満たされています。

ck1110_20170925 (3).JPG

 

 朝潮運河に面したこの場所には素敵なテラスがあります。

 ここのベンチに腰掛けて、運河を行き交う船を見たり

ランチタイムにトリトンスクエアで買ったお弁当を広げるのもおつなもの。

ck1110_20170925 (1).JPG

 

花々に守られているみたいで 

秋を満喫できて ゆったりした時を過ごせます。

 秋日和 晴海トリトンスクエアガーデンにぜひお越しください。

ck1110_20170925 (2).JPG

 

 

 

 
<<前のページへ 4567891011121314