中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


新川公園の桜紅葉(さくらもみじ)

[之乎者也] 2016年11月21日 16:00

普段の週末であれば朝早くから区外に出かけることも多いのですが、今日は特に予定も無く天気も良いので久しぶりに区内をぶらぶら歩いてみることにしました。住友ツインビル前バス停から隅田川のスーパー堤防への坂道を上って中央大橋の西詰から永代橋に向かって歩くと新川公園に入ります。普段であれば会社に行く時刻ですが、今日は日曜日ということもありジョギングをする人や犬を散歩させる人がたまに通るくらいです。SKMJ1.jpg

新川公園といえば桜の名所。毎年3月末から4月初旬にかけてソメイヨシノが綺麗な花を楽しませてくれます(14年4月7日付ブログ記事「新川公園から中央大橋、佃公園へのお花見散歩」http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2014/04/post-1956.html)が、意外や意外、桜の紅葉(もみじ)というのもなかなかなものです。真っ赤に色づいた桜の木と空/隅田川の鮮やかな青色のコントラストが見事です。

 

SKMJ2.jpg

もちろん新川公園は並木道になっていますので、春の桜の花同様のんびりと上を眺めながらの花見ならぬ桜もみじを見ながらのお散歩が楽しめます。遠めに桜もみじ全体を見るのも綺麗ですが、真紅に染まった葉っぱの一枚一枚も凛(りん)とした美しさを感じさせます。

SKMJ3.jpg

桜の花は散るから美しいともいわれますが、桜もみじも青空の中、美しい紅色で我々の目を楽しませてくれたあとは、はらはらと散っていきます。今が見頃の新川公園の桜もみじ、天気の良い日に見に行かれることをお勧めします。

 

【新川公園】

所在地:〒104‐0033 中央区新川1-31~32

SKMJ4.jpg

 

 

"KYOBASHI EDOGRAND"OPEN

[メニイブックス] 2016年11月16日 14:00

11月14日京橋へ行ってきました。

"KYOUBASHI EDOGRAND"が2016.11.25にOPENします。

 

中央区観光協会関係では25日に先だって11月19日に中央区観光情報センター(B1Fと1F)がお仕事開始です。

1Fは休憩所です。

B1Fは観光案内、情報発信をする場所として14日は皆さん準備で忙しく働いていました。

ガラス越しに写真を撮りました。

IMG_3591.JPG

IMG_3593.JPG

IMG_3592.JPG

 

この情報センターの目の前に「京橋モルチェ」も新装開店準備中でした。

こちらは11月15日開店。私は約50年前学生時代から「生ビールとツナサンド」を愛して、銀ブラ、丸善に行ったときなどよく利用していました。約3年前閉店し、開店が待ちどおしかった。写真は14日の準備と有名な山崎総支配人です。これからまたお世話になります。

 

IMG_3589.JPG

 

 

小説やドラマに中央区を見つける

[中央小太郎] 2016年11月15日 09:00

 ドラマや小説の中に中央区の描写が出てくると、つい、場所当てをしたくなってしまいます。

 

江戸時代や明治時代等、ひと昔以上前の話なら「今の○○の辺りかな」、
現代の話なら、「ああ、あそこじゃん」という感じで、そこだけ何度も読み返したり、
勝手に興奮したりして、私が小説を読んだりドラマを見るときの楽しみの一つになっています。

 

 今、日経朝刊文化面で連載中の「琥珀の夢」。

サントリー創業者の鳥井信治郎の物語を小説にしたもので、

作者は伊集院静氏、時代は明治の中頃の話です。

第1話から面白くて読んでるのですが、舞台は思いっきり大阪で、全く東京都中央区には関係なかったのですが、11月1日の連載121~131回目(11/11)は、信治郎が奉公先の主人(小西儀助)のお供で東京に来ます(要するに"出張"ですね)。

東京の何処だろうと思っていると、思いっきり中央区でした。

 

場景の描写がすごく具体的です。
朝7時40分、新橋(今の位置ではなく旧新橋停車場と思いますが)に到着し、銀座の大通り(中央通りでしょうね。「大理石や赤煉瓦の造りで。。。」とあります。)を通って、日本橋まで歩きます。

 

泊まる場所は馬喰町で、「何十件という旅籠が通りの両脇に並んでいた」とあります。
今の江戸通りの二本南側が江戸時代の日光・奥州街道でメインの通りでしたので、おそらく、信治郎たちが泊ったのもこの通りにあった宿で、日本橋から見たら浜町川を越えたあたりではないかと想像します。

 

で、東京にはもちろん商売できているので、同業者と洋酒問屋を訪問します。
ちなみに、信治郎の奉公先は大阪の薬商で、主人の儀介は、洋酒の製造にも進出しようとしていました。ですので、訪問先とは薬屋や洋酒を扱う店となります。

 

薬屋の訪問先は伊勢町(日本橋本町2丁目、旧西堀留川の辺り)の薬種問屋とあります。
今のアステラス製薬のあたりでしょうか。あのあたりは、薬屋がおおかったので納得です。

 

それから、大伝馬町の"葡萄酒"と書いた看板の店(洋酒問屋)を訪問します。
この洋酒店では、電気ブランや"神谷"という(直接中央区ではありませんが)皆さんおなじみの名前もでてきます。

二人が歩く際には、日本銀行が"建設中"であったりしてついワクワクします。

 

それから、今回最大の訪問先は、"国分商店"です。間違いなく日本橋川沿いにある
国分ビルかと思います。商品(ビールや葡萄酒)を日本橋川から荷揚げする様子も描かれています。

 

この小説、いつも楽しみに読んでるのですが、この10日間は特にワクワクしてました。

こんな感じで、中央区探しをやって楽しんでいます。

ck1509_20161114.jpg

↑ クリックすると大きくなります。

 

 

さて この緑の木々はどこでしょうか?

[お江戸のマーシャ・堀内] 2016年11月12日 14:00

既にご存知の方も多いと思いますが、COREDO室町にあります。

 

福徳神社の「福徳の杜」にある木々です。

この立冬の季節の緑をしばしお楽しみいただければと思います。

 

最近は、お参りがてらここを歩いておられる方をよく見かけます。

 

ck1515_20161111 (6).JPG ck1515_20161111 (5).JPG

ck1515_20161111 (4).JPG ck1515_20161111 (1).JPG

ck1515_20161111 (3).JPG ck1515_20161111 (2).JPG

 

 

日本橋人形町で オーストリア陶器のお店を見つけました。

[kimitaku] 2016年11月 9日 12:00

  :::GMUNDNER(グムンドナー)Shop::::

 

 ・・・ドイツ語らしき名前のお店を日本橋小学校の前に見つけました。・・・・・。

DSC_1732.JPG DSC_1731.JPG

 ウインドウを除くと、カラフルな色柄の陶器がたくさん並んでいます。

 店主の小林和雄さんは、お父さんが日本人 お母さんがオーストリア人で

とてもハンサムです。

DSC_1745.JPGDSC_1740.JPGDSC_1737.JPG

 

 日本橋人形町に出店したのは

下町のそれも風情のある人形町の路地裏で、

お客様にゆっくりと陶器をご覧いただきたいとの理由からだそうです。

DSC_1739.JPG   DSC_1734.JPG 

 カラフルな陶器をぜひ皆様のおそばにおいていただき、

食卓のお供として、食事の時間をさらに楽しくしていただけたら最高です。

・・・と笑顔でお話し頂きました。

 

 店内をでると、秋晴れの空。

ウインドウのグムンデン陶器たちは日を浴びてとっても色鮮やかに輝いていました。

 

グムンドナーショップ 

電話番号 03-6206-2353

住所 103-0013

東京都中央区人形町1丁目-6-2 安井ビル1階

都営浅草線・都営日比谷線人形町駅A2出口徒歩3分

半蔵門線 水天宮駅8番出口徒歩5分

 

 

 

【子連れで楽しむ中央区】#12:育フェスCHUO 2016(晴海トリトンスクエア)

[お染] 2016年10月31日 14:00

日に日に肌寒くなってきましたね
お出かけ日和の日が多く、私もチビさんを連れてどこか遊びに行きたい気分です^^

   
さて、中央区は子育てがしやすく、子連れに優しい街だなと日々感じているところですが、
来たる11月3日(木・祝)に晴海トリトンスクエアで、魅力的なイベントが開催されます!

     

「育フェスCHUO 2016」
 http://ikufes-chuo.com/
(詳細→ http://ikufes-chuo.com/2016/10/148

    

片付け収納講座、食育講座、保活座談会、夫婦の家事シェアワークショップ...
そして、今回のテーマになっている、防災体験

    

水だけで作る防災ライトづくり、防災食の試食や、救命講習体験もできるようです。
以前、消防署で救命講習を受けたことがありますが、子供に特化したことはなかなか学ぶ機会がないので、ぜひ行ってみたいと思います

    
【開催概要】
  日時:2016年11月3日(木・祝)10:00~16:00
  会場:晴海トリトンスクエア 2Fグランドロビー
  参加費:無料(スタンプラリー達成の方に、おみやげバッグ配布あり)
  参加対象:子育てをしている方、これから子育てをする方、中央区の子育てを応援したい方

     
さすが中央区!頼りにしてます。安心できます。いつもありがとう!!
子育て真っ只中の方、これからの方、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか^^

    
◆「育フェスCHUO 2016」
HP:http://ikufes-chuo.com/

◆晴海トリトンスクエア
HP:http://www.harumi-triton.jp/
住所:中央区晴海1-8-16
 都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅下車 A2a・b出口(月島駅側)より徒歩4分
 東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島」駅下車 10番出口より徒歩9分

      

s34_02.JPG

      

 

 
<<前のページへ 4567891011121314