中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


子連れで通える整骨院! 「あさひ整骨院」

[えだまめ] 2017年4月20日 09:00

子連れ特派員の「えだまめ」です。

今回はいつもお世話になっている

「あさひ整骨院」さんのご紹介です。

IMG_2527-1.jpg

中央区に引っ越してすぐのころ、どうにもこうにも

肩と腰が痛くて痛くて・・・

もともと妊娠前から極度の肩こり&腰痛もちでしたが

子育てに追われる中でそれが加速していってしまい。

授乳の際に前かがみになってしまいやすい→肩こり悪化。

少しずつ重たくなる我が子の体重→腰痛悪化。

ただでさえ出産時に骨盤が開ききってしまっているから

身体のゆがみも出やすくなっている時期です。

子育て中のママの身体って、結構ボロボロになりやすいんですよね・・・

でも、当時生後9か月だった娘・あずきを抱えて行けるような

マッサージ屋さんなんて・・・と思っていました。


そんなときに、


「子連れで通える整骨院」

というチラシの文字が。

それが「あさひ整骨院」さんとの出会いでした。

どのくらい子連れにやさしいかというと・・・

IMG_2525-1.jpg

玄関に入ったところまでベビーカーOK

建物に段差があったりすると、意外と乗り越えられなかったりするので。

フラットな作りにしていただいていることに感謝です。


授乳&おむつ替えスペース完備

IMG_2522-1.jpg

おしりふきなどを忘れた時でも用意していただけているので安心です。


受付前にはキッズスペース

IMG_2531-1.jpg

おもちゃもたくさん、ですし、

DVDプレイヤーまであります。

IMG_2526-1.jpg

何より受付担当の方がベテランママさんだったりするので

施術中の子どもたちへの対応はもちろん安心ですし、

施術前後の時間に少し育児のことを話せたりもするのです。


最初のうちはママから離れるとすぐに泣いていたあずきですが

今ではすっかりこの場所に慣れていて、

ここに来ると大人しくおもちゃで遊び、

ママの施術が終わっても

「え、もう?もうちょっと遊びたいけど?」

という顔を見せたりするくらいです


さて、こちらが施術のブース。

IMG_2524-1.jpg

隣のブースとの間仕切りがカーテンでなくて

ちゃんと壁になっているところも安心して施術を受けられるポイントです。

ここで用意してくださるウエアに着替えて待ちます。



スタッフの方は皆様女性です。

なので、女性の身体の悩みなども気軽に相談できます。

そしてみなさま、パワフルです。

エネルギーをもらえる場所、でもあると思っています。

あ、男性の方も多く来院されてますよ!

女性だから施術の時の力が足りない、なんてことはないです。

すごく鍛えていらっしゃるようですよ



ただのマッサージ屋さん、じゃなくて「整骨院」だから、

そしてスタッフの皆様が国家資格所持者=体の仕組みをきちんと知っている方だから、

「どうして腰が痛くなったのか」

「それを回避するための方法は?」

というところまで踏み込んでお話をしてくださるのもありがたいです。

IMG_2530-1.jpg

腰痛って、腰をもむだけではなくて

腰につながっている他の筋肉を手当てしてあげることも大事なんですよね。
IMG_2529-1.jpg

他にも例えば・・・

えだまめ「毎日あずきと一緒に2時間公園歩いてるんですけど、なんで足がむくむんですかね?」

Fさん「・・・足首、使えてますか?」

えだまめ「・・・そうか!あずきの歩幅に合わせて歩くと足首全く動いてない!!」

・・・以来、意識的に足首動かして歩くようにしています。


自分の身体って、ついつい後回しにしがちですが、

ちゃんとゆがみを定期的にリセットさせておかないと、後が大変。

これからの自分のためにもたくさんお世話になります。

皆様よろしくお願いいたします!


からだバランス あさひ整骨院 

住所 東京都中央区日本橋浜町2-35-4
   日本橋浜町パークビル1F

■都営新宿線「浜町駅」A1出口より徒歩2分
■都営浅草線・日比谷線「人形町駅」A3出口より徒歩8分
■都営浅草線「東日本橋駅」A3出口より徒歩8分

電話 03-6264-9080

HP→ https://www.cosme.net/ispot/s/asahiseikotuin/

Facebook→ https://www.facebook.com/asahiseikotuinkarada/

IMG_2532-1.jpg

土日祝も開いているので、ワーキングママさんたちにもおすすめです

 

 

ネギまの「ま」って鮪?

[朱房の十手] 2017年4月19日 12:00

DSCN0663 maguro tugawa.jpg冷凍技術の発達していなかった時代、トロの部位は生では食べず醬油味の鍋でネギと一緒に煮込んで食べていたそうです。赤身は醬油につけ込み「ずけ」で生でたべていました。トロは醬油をはじいてしまいこの料理方法にはむかなかったそうです。

 

いま、「ネギま」といえば鶏とネギの焼き鳥を思い浮かべますねー。たれにするか塩にするか迷うところです。

 

今日は「築地魚河岸」小田原棟にある「まぐろ 津川」店で小ぶりのインド鮪を柵で買い、家飲みに決めました。財布にも優しです。

 

サイズ、種類も豊富ですよ~。親切に鮪の相談なら乗ってくださいますよ。

(お店の方に許可をいただいて、撮影しました。)

 

いつでも美味しいです

             

 

 

中央区のランニングコース

[にゃんボク] 2017年4月18日 14:00

都心部のランニングコースと言えば、警備もしっかり行われて車と遭遇することもなく、安心 して走れる1周5キロの「皇居」が何と言っても有名です。 でも、ランナーの数は多いし、周回コースをぐるぐるとまわるのはどこかストイック。

 

出来れば、コースが変化に富み、歴史や息遣いの感じられる街を抜け、カフェや買い物が できる場所もそこここに有って、それでいて車通りの少ない安心なコースがあればなぁ・・・ と思う方も少なく無いと思います。

 

そんなランナーのわがままにも十分に応えられるのが、中央区の隅田川テラスを中心にした ランニングコース!一部一般道路を走りますが、信号待ちをすることも殆ど無く、都心部なのに 車通りの少ないコースをつなぎ合わせて大よそ10キロの距離を楽しむことが出来ます

 

出張や旅行で来られる方、いつもとは少し違うコースを楽しみたい方、どんな方にもお勧めです。 (このコースは一つの参考なので、いくらでもアレンジが可能です)

中央区の歴史の息遣いを感じながら楽しく安心して走れるこのコースを、あなたの「マイコース」 にしてはいかがでしょうか

 

【コースの特徴・レイアウト】

(1)今回は浜町公園(中央区スポーツセンター)をスタート地点にしています。 (ここでロッカーを利用してシャワー(有料)を浴びることもできるし、その他のスポーツ 施設も充実。各種イベントが開催されたり春の花見も可能な複合施設です。)

 

(2)隅田川沿いのテラスを両国橋方面へ。両国橋にて一旦折り返します。このテラスには 100メートルのランニングコースも設置されており、体に刺激を入れるインターバル 走も可能です。

 

(3)隅田川の右岸を走りながら途中でスロープを利用して隅田川テラスの上部へ。IBM箱崎ビル を右手に通り過ぎてから「豊海橋」を渡ります。

浜町ルート.png

 

(4)永代橋のたもとにて、隅田川テラスを階段を使って下ります(交差点を渡らない場合)。 中央大橋を通り過ぎ、そのまま隅田川右岸を進み、「霊岸島水位観測所」の脇の階段を 上って、一度隅田川テラスから離れます。

 

(5)「南高橋」を渡り、(少し分かりにくい部分もありますが)、再度隅田川テラスへ。ここから は引き続き川の右岸(河口に向かって右側)を進んで、勝鬨橋のたもとまで向かいます。

 

(6)勝鬨橋を渡って川の反対側に。セブンイレブンの角を左折してそのまま真っ直ぐ向かいます。 両側に広がるのは月島のもんじゃストリート。ここを通り抜けて信号で左折します。佃煮の  名店が並ぶ脇を通り、「佃」の街角資料館を左手に、隅田川テラス方面に向かいます。

 

(7)石川島の灯台を模した公衆トイレの脇を通り、中央大橋を渡ります。この橋からの眺めは すっきりと広がり、とても気持ちが良いのでお勧め。中央大橋を渡ってからは、元来た道 を戻ります。これでぐるっと一周おおよそ10キロ  (階段を利用せずにスロープを走った場合)の行程です。

*一部、テラスの整備等で工事中の個所がありますが、その場合はテラスと並行して走る道路を通っていただければ幸いです。

勝どきルート.png

 

**中央大橋付近の高層マンションは隅田川に映える風景の一つ

resize-1.jpg

 

**(7)を折り返してスタート地点の浜町公園方面へ

resize-2.jpg

 

**隅田川テラスでは季節に応じた綺麗な花々がコースを彩っています

resize-3.jpg

 

 

 

月島川では桜が満開です。 「春のうららの・・・」

[kimitaku] 2017年4月17日 14:00

  月島川では、桜が満開です。

寒い日が続いたせいか桜の多くが蕾のまま、

温かい日の到来を待っていたのかもしれません。

  ・・・・・・・

両岸には屋形船もたくさん停泊しています。

月島川水門の向こうは隅田川

反対側には住友トリトンスクエアのビル群が一望です。 

 

 今日は平日ですが

週末にはたくさんの花見のお客さんを楽しませてくれることでしょう。

今日一日は 滝廉太郎の「花」の歌詞がぴったりみたいです。

ck1110_201704171.jpg ck1110_201704173.jpgck1110_201704175.jpg ck1110_201704174.jpgck1110_201704172.jpg

 

 

 

ア~旨かった。美味しい干物で一パイのつもりが。。。

[朱房の十手] 2017年4月15日 09:00

DSCN0659.JPG

DSCN0658.JPGひもの つきぢ 尾粂店をご紹介します。

 

呑み助にはたまらぬひもの。

種類も豊富、いつでも旨い。

さすが~築地魚河岸

 

築地市場で1番業歴の長い水産仲卸業者だそうです。

 

昔ながら天日干し・無添加にこだわり、旬の魚にもこだわり、明治4年創業のお店です(前島 密が郵便業務をスタートさせた年です)。

 

飛行機「おいし物をいつまでも。。。」を企業理念に掲げ、「日本の食文化の代表 ひもの」を国内のみならず世界も視野に入れて発信しているそうです。

 

私は、サンマ、あじ、サバ等のひものを会社の昼休みに買って帰宅後に、ひもを肴に自宅でチビチビ飲むのが好きです。家のみ派に転向。お財布にも優しいです。

 

店員さんも皆さん親切で、変わり種の干物、天日干しの小鰯等の食べ方も教えていただきました。機会がありましたら、是非お立ち寄りになってはいかがですか

(店員さんに許可をいただいて撮影しております。)

 

 

 

シリーズ・子連れで春の日本橋おさんぽツアー その4:日本橋川&隅田川&大横川のお花見クルーズ

[えだまめ] 2017年4月14日 09:00

桜の中で楽しんでいる「春の日本橋おさんぽツアー」。

いよいよ本日のメインイベント。

それは。

お花見クルーズ船に乗ろう!」というもの。

今回は

「株式会社 東京湾クルージング」さんの

http://ss3.jp/nihonbashi-cruise/

45分コース(大人2000円・小学生1000円)

を利用しました。


乗船場所は「日本橋船着場」。

日本橋のたもとにあります。

IMG_2438-1.jpg

桜満開!きれいです。


階段を降りたところが船着き場。

IMG_2437-1.jpg

「双十郎河岸」という碑がありました。

2011年に坂田藤十郎・市川團十郎のお二人が

揃って船乗り込みを行ったことにちなんで命名された、のですよね。

(これも中央区観光検定で勉強して得た知識


IMG_2468-1.jpg

乗船したのはこちら。

屋根がないタイプで、だいぶ開放感があります。

ライフジャケットを全員着たのを確認して

(小学生たちにもちゃんと子ども用が用意されていました)


いざ出航!!

※これ以降の写真は娘・あずきを膝の上に載せながらの撮影なので

だいぶゆがんだ感じのものが多くなります

見づらいかもしれませんがご容赦ください


出航してから上の方に高速道路を見ながら

日本橋川を進みます。

IMG_2448-1.jpg

意外と水鳥も飛んでいましたよ。

IMG_2450-1.jpg



霊岸島の水門のところで船は日本橋川から亀島川へ。

IMG_2452-1.jpg

そして隅田川の本流へ!

IMG_2453-1.jpg

目の前には佃・月島の高層マンション群と、満開の桜!

それまでより一気に川幅も広がるので

ぐっと開放感も感じられる絶景スポットです。


船のガイドさんが

「船をターンさせるタイミングで、中央大橋の真ん中の逆Vの字になっているところに

スカイツリーがすっぽり入る瞬間があるので、写真撮ってみてください」

とのこと。

IMG_2454-1.jpg

・・・失敗しました。

スカイツリーは逆Vの字の中に入ったのですが橋の上の方が見切れてしまいました。

ほんとに一瞬のシャッターチャンスだった、ってことですね。

皆さん、もっと上手に撮ってみてください


そして船は江東区側の大横川へ。

IMG_2459-1.jpg

見渡す限りの桜並木が川の両サイドに広がっています!

IMG_2462-1.jpg

しかも、水面近くまで桜の枝が伸びていて。

IMG_2465-1.jpg

屋根のない、この形の船だからこその絶景を味わうことができました。

小学生ちゃんたちの笑顔もはじけていて

春休みのいい思い出になったようです。

もうすぐ2歳のあずきにとってもいい経験だったようです。

なぜなら、普通に道を歩きながらだと、小さい子の目線には桜の花の位置は高すぎて

あまり目に入ってない感じがしていて。

これなら目線の位置で桜の花を見ることができたので

「桜のお花きれいだね」っていうことが少しでも伝わる状況だったかなぁ、と。

最後に日本橋の下を通過するときにガイドさんから

IMG_2467-1.jpg

「獅子と目が合うと願いがかなうんですよ」

IMG_2466-1.jpg

とのこと。

小学生たちは頑張って目を合わせていて、

おまけに船を降りた後も日本橋の獅子麒麟

IMG_2469-1.jpg

三越のライオン像にまで目を合わせようと頑張っていました。

「あのねっ!全部で8回も目が合ったんだよ!!」

新学年、いいことがたくさんあるといいね、みんな。



そして。

お花見クルーズ以外のプランも色々HPに掲載されていましたので

興味のある方はぜひ!

もっとあたたかい季節になったら、もう一度船に乗りに行きたいなと思っております。

http://ss3.jp/nihonbashi-cruise/


~つづく~

 

 
<<前のページへ 1234567891011