中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


【子連れで楽しむ中央区】#20:幼児のためのお手洗い(日本橋三越前)

[お染] 2018年5月 3日 09:00

お出かけ日和が続き、良い季節ですね

    

子供にはたくさん楽しい経験をしてほしいけれど、出先の授乳やお手洗い等々を考えると腰が重くなってしまうことも...(^^;)
でも中央区はデパートなど、たいてどこかに授乳室があって、子連れに優しい街だなと思います。

    

我が家のチビさんは少しお兄さんになったので、授乳室のお世話にはなっていませんが、新たな問題が...

   

「トイレ」です。

   

幼児は小さいので、大人用トイレに座れないのです。
それに足がつかなくて大は難しい...(´・ω・`)

   

と思っていたら、日本橋三越前の地下通路にこのようなお手洗いを発見しました!!!

     

幼児用のお手洗いです!!!

   

s51_01.jpg s51_02.jpg

かわいらしい小さいサイズ^^

    

s51_03.jpg

チビさんも楽に手を洗えます

     

場所を説明するのが難しいですが、東京メトロ「三越前」の改札を出ると地下通路が広がっており、JR新日本橋駅方面に向かう途中にあります。
「YUITO」の地下エントランスの前です。

     

s51_06.jpg s51_07.jpg

    

お子様によってこういうタイプじゃないと難しいという方は、ぜひ参考になさってください☆

       

 

 

川の上からめぐる中央区(日本橋川・神田川・隅田川)

[しばしばしばた] 2018年5月 2日 18:00

こんにちは。この4月から中央区観光特派員を務めさせていただくこととなった、しばたと申します。
今日は、「川の上からめぐる中央区」を紹介したいと思います!

今回、日本橋小伝馬町のアイアイエーギャラリーさんで4月21日に開催された「都会の自然と文化を満喫しながら小原孝博先生と行く、神田川クルーズ撮影会&講評会2018」という撮影会の中で、日本橋川・神田川・隅田川をめぐるクルーズに乗せていただきました。
当日私が撮った写真の中から、中央区(境界上も含む)の風景を紹介したいと思います。

ルートは、下の地図のようなものです。(雑な地図ですみません・・・)
日本橋川を上り、神田川隅田川を下り、再び日本橋川を上る、反時計回りのルートです。
sbt_1804_map.jpg

sbt_1804_06295.JPG
今回のスタート/ゴールは、名橋・日本橋のたもと、野村證券本社わきにある「日本橋発着場」です。

sbt_1804_06041.JPG
今回乗らせていただいたのは、こちらのお座敷付きの船「下町探検クルーズがれおん」さんです。
屋根に金魚が描かれていますが、中には本物の金魚さんもいました。

sbt_1804_06051.JPG
さっそく、上流に向けて出発します。
見上げるアングルで日本橋を撮ることができるのも、日本橋の下をくぐることができるのも、船ならではの特権ですね。

sbt_1804_06064.JPG
ちなみに...この黒くなっている部分は、関東大震災に伴う火災の爪痕だそうです。
現在の日本橋は明治時代に架け替えられてから100年以上に亘って活躍しているものですが、その歴史の長さを物語っています。

さて、日本橋を抜け、西河岸橋、常盤橋をくぐると、何やら工事中の橋が見えてきます。

sbt_1804_06075.JPG
これは「常磐橋」で、1877年に架け直された、東京でも最も古い石橋なのですが、
2011年の東日本大震災で損傷を受けてしまったため、現在復旧工事を行っています。

sbt_1804_06088.JPG
橋に使われていた石は、1つ1つに番号を降ったうえで日本橋川沿いの別の場所に保管されています。今後、元通りに組み直されるそうです。

常磐橋のあとは、新常盤橋とJR各線をくぐったのち、日本橋川が中央区を流れる区間は終わりになります。

この後、舟は日本橋川を上り、神田川との分岐点まで到達、それから神田川を下っていきます。
神田川が中央区と接している区間は、「左衛門橋」から下流、隅田川に合流するまでの約500mの区間だけなのですが・・・
この区間がとても素敵な風情です

sbt_1804_06208.JPG
真ん中に写っているのは浅草橋で、左側が台東区、写真の右側が中央区になりますが、この辺りは川の両岸に屋形船の船宿が集積していて、屋形船が並ぶ風景を見ることができます。

屋形船を眺めながら柳橋をくぐると、次は隅田川に出ていきます。

sbt_1804_06243.JPG
広い隅田川に出ると、一気に視界が開けます。
途中では、「清洲橋」(国指定重要文化財)の真ん中から東京スカイツリーが出てくる風景も見ることができます。
ところで、清洲橋の手前に写っている波の大きさが伝わるでしょうか。
日本橋川や神田川と比べて隅田川は波が大きく、小さな船で臨むとなかなかのスリルがあります
江戸時代に流行った隅田川の舟遊びも、結構大変だったのかもと思いながら隅田川を下っていきます。

sbt_1804_06251.JPG
こちらは「永代橋」(国指定重要文化財)と、佃の「大川端リバーシティ21」です。近代の橋梁と、現代の街並みの競演は中々圧巻です。

sbt_1804_06256.JPG
永代橋を目の前にして舟は右へ曲がり、再び日本橋川に入っていきます。日本橋川に入って最初にお出迎えしてくれるのは「豊海橋」(区民有形文化財)で、ハシゴを倒したような形の、貴重な「フィーレンデール形式」の橋梁です。

日本橋川を遡っていくと、首都高速道路が再び頭上に合流し、日本橋エリアの中心部に近づいていきます。

sbt_1804_06272.JPG
こちらは有名な「東京証券取引所本館」です。日本橋川から上がってくる運気を取り入れ、末広がりの建物の形でそれを広げようという設計思想があるとも言われているそうですが、川の上から見るとそれをよく実感することができます。

sbt_1804_06276.JPG
こちらは、かつて澁澤榮一さんの邸宅があった場所に建てられた「日証館」(1928年建設)です。川の上から見ると、階段室の部分の窓が階段状になっていたりして、道路側から見るのとはまた違った意匠を楽しむことができます。

sbt_06613.JPG
(参考:道路側から見た日証館)

sbt_1804_06290.JPG
そんなこんなで、1時間ほどのクルーズを終えて日本橋に帰ってきました。

当日は4月ながら気温が25度を超える夏日でしたが、川の上は涼しくて、とても快適でした。
江戸時代に隅田川の舟遊びが夏の風物詩であったのも納得です。

中央区内では様々な事業者さんが、様々なルートでクルーズを運行しています。
日本橋川だけでなく、今回ご紹介できなかった隅田川下流の佃・月島・勝どき方面をめぐるような船もあるようです。
これからの季節、涼みながら中央区の風景を違った視点で楽しんでみるのもお薦めです!

 

 

みどりの日には浜離宮恩賜庭園へ!

[Hanes] 2018年5月 1日 18:00

こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
9連休という大型連休が折り返し地点にさしかかりましたね。
今回は、連休の後半を東京でゆっくり過ごす方にオススメのイベントのご紹介です。

5月4日(金)みどりの日には、浜離宮恩賜庭園へ!
嬉しいことに、みどりの日には都内の9庭園が無料公開され、中央区では浜離宮恩賜庭園がその対象となっています

IMG_6690.JPG

季節の花は勿論のこと、個人的には季節の鳥も楽しんでいただければと思っています
街の中で出会える鳥は、スズメ、ハクセキレイ、ハト、カラスばかり...
しかし、都心とはいえここは他とは違うのです
少し前に訪れた際には、ツグミや

IMG_6624.JPG

ヒヨドリ、

IMG_6783.JPG

さらには私の地元でもよく見られるアオサギに出会うことができました!

IMG_6796.JPG

その他、何種類ものカモをはじめ、10数種類の野鳥を発見

 IMG_6715.JPGのサムネイル画像 IMG_6634.JPGのサムネイル画像
 IMG_6650.JPGのサムネイル画像 IMG_6682.JPGのサムネイル画像

この庭園は、潮入りの池や三百年の松、鴨場等を有する江戸時代の代表的な大名庭園として文化財的価値が高いものとなっていますが、初めて来られた方は、やはり都心とは思えない広さと静けさに驚くはずです

そして、陸の植物、水中の生物、水辺・空の鳥と、どこを見ても驚きや発見があり、老若男女、国籍を問わず、誰もが寛ぎ、楽しむことのできるスポットになっています
まだ行ったことがない方、この無料公開を機に浜離宮恩賜庭園を訪れてみませんか

IMG_6700.JPG

【浜離宮恩賜庭園 5月前半のイベント情報】
伝統技能見学会「松のみどり摘み」
5月3日(木・祝)10:30~・13:30~(各回約40分)
※雨天時は5月5日(土・祝)に順延となります。
集合場所:中の御門傍
参加費等:当日自由参加、参加費無料(入園料別途)

「水辺のいきもの観察会」
5月13日(日)10:00~12:00
※小雨決行・荒天中止
集合場所:花木園
参加費等:当日自由参加、参加費無料(入園料別途)
対象:小学生以上の方(※小学生の方は保護者の方の付き添いが必要となります。)

IMG_6707.JPG

【関連ウェブサイト】
■東京都公園協会 浜離宮恩賜庭園
https://www.tokyo-park.or.jp/teien/contents/index028.html

■東京都公園協会 浜離宮恩賜庭園 Twitter
https://twitter.com/hamarikyugarden

【関連記事】
佃のうさこさん:浜離宮恩賜庭園で野鳥観察
http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/02/post-4007.html

なんと...冬に22種類の鳥たちに出会われたそうです!
浜離宮恩賜庭園は中央区の恰好のバードウォッチングスポットで、実はカワセミの目撃情報もあります
季節ごとに変化があり、何度行っても楽しめるのがこの庭園の魅力の一つですよね

 

 

人形町・椙森神社、三年に一度の例大祭!神輿担ぎ手募集中。

[柴犬] 2018年4月28日 09:00


ご創建から1000年近くを数え、江戸三森(椙森・柳森・烏森)、また江戸三富(椙森・湯島・谷中天王寺)とも呼ばれる、椙森神社。べったら市でもお馴染み。日本橋七福神として、宝くじに霊験あらたかと信仰されています。そんな椙森神社で今年、三年に一度の例大祭が開催されます。平成最後の例大祭となり、大神輿渡御もあります。

 
日程は、

 
5月17日(木)
宵宮

  18日 (金)本社大神輿渡御

  19日 (土)子供神輿渡御・子供縁日

 
となっております。

 
現在、お祭りのお手伝いや神輿担ぎ手も募集中です。性別年齢は問わず、町内会でない方・遠方にお住いの方も応募可能!町内会の半纏や、お祭り後のシャワーも使えます。 詳しくはこちらをご覧ください。先着順ですので、気になる方はお早めにどうぞ。

 
椙森神社は人形町と小伝馬町の中間、堀留町に
あります。ここはかつて江戸物流の要である堀割の留地でもありました。その名残の細い道や窪んだ道が現在でも多く残っています。大通りに面していないため存在に気付かれないことも多いですが、それゆえに江戸情緒、また昭和の風情が残る静かな場所です。観光地化されていない地域の神社の良さがふんだんにあります。

 
細い道が多い神社...ということは、撮影スポットということです!大都会を背景に不思議な神社の写真が撮れます。今時の縁日や、安くて美味しいお店もたくさんあります。人形町をブラブラしながら一日楽しめるかと思います。

 
いよいよ初夏を迎えお祭りシーズンに入る中央区に、ぜひ遊びにいらして下さい。

 

 

 

こどもの日の恒例イベント、「銀座柳まつり」が開催されます!

[JRTフェルト] 2018年4月23日 18:00

こどもの日である5月5日(土・祝)、銀座では「銀座柳まつり」が開催されます。

「銀座柳まつり」は、1年で唯一、「西銀座通り(外堀通り)」が歩行者天国となる、銀座恒例のイベントで、12回目を迎える今年は「絆(きずな)」がテーマです。

IMG_9355.JPG

イベントの一つ、『交通安全・ゴールデンパレード』は、警視庁・東京都吹奏楽連盟の壮大なパレードで、ブラスバンド、バトントワラーのチームが交通安全と絆をテーマに行進・演奏するのですが、それはそれは圧巻です!

IMG_9378.JPG

そのほかにも、子供から大人まで家族みんなが一緒に楽しめる『レトロ遊び広場』や、

IMG_9394.JPG

『銀座の柳の苗木プレゼント』があったり、参加しているアンテナショップのクイズに答えて素敵な景品がもらえる『観光クイズ広場』や、新橋花柳界の芸者さん達による『新橋芸者東をどり』など、色んな場所で様々なイベントが用意されています。

IMG_9398.JPG

こどもの日には、是非、銀座で、人と人との「絆」を感じてくださいね!

   

【日 時】 2018年5月5日(土・祝) 11:00~17:00  ※雨天一部中止

【場 所】 西銀座通り(1丁目~8丁目)、中央区立数寄屋橋公園

【公式サイト】 http://www.ginza.jp/event/9829

【問合せ】 銀座柳まつり事務局 TEL:03-3562-0838

※詳細は、公式サイト等で最新情報をご確認くださるか、主催者までお問合せください。

※『銀座の柳の苗木プレゼント』は、2,000鉢限定です。

※写真は昨年開催時のものです

 

 

【築地で夜活】日本橋オペラ「イリス」立ち稽古

[Hanes] 2018年4月20日 18:00


こんにちは!新人特派員のHanes(ハネス)です

先日中央区でできる朝活について取り上げましたが、
中央区勤務の方の中には、「朝はバタバタしているけれど、夜なら時間が取れる!」という方が多いのではないでしょうか?
そして、東京に観光に来られた方の中には、文化施設が閉館した後でも
「中央区ならではの特別な経験をしたい!」、「夜でも楽しみたい!」という方が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、【中央区の夜活シリーズ】第一弾と称し、
これから約1ヶ月、築地でできる期間限定の夜活情報をご紹介します。

気になるその夜活とは...日本橋オペラ「イリス」の立ち稽古の見学です
オペラというと敷居が高いイメージがありますが、安心してください!
この稽古はなんと無料で一般公開されているんです

DSC_1869.JPG

ドキドキしながら稽古場である中央区立築地社会教育会館2階講習室のドアを開けると...

DSC_1870.JPG

日本橋オペラのメンバーの皆さんが振りの確認をしていました。

IMG_7410.JPGのサムネイル画像

見学時にいただいた解説によると、オペラには、
①音楽稽古
②立ち稽古(演出家がそれぞれの配役に動き方を細かく説明・指導する)
③通し稽古
の3段階あるそうです。
普段オペラ、演劇、コンサートに行かれる方でも、このような練習風景を見る機会はなかなかないのではないでしょうか?

今回公開されている立ち稽古では、作品を作り上げていく過程を見ることができます。
動きに込められた想いや意図、服装や小物の色・素材に対するこだわりも、
演出家から役者への指導を通して知ることができます

IMG_7403.JPG

立ち稽古をするからこそ見えてくる改善点もあるそうで、
オペラは決して台本通りのものではなく、演じる人や場所によって表現が異なる「生き物」なのだと実感できます。
また、このような場を見ておくことで、本番では「立ち稽古時のあの振りはこう仕上がったのね」とより楽しく鑑賞することができるはずです

そして、本番はもちろんですが、稽古でも素敵なピアノの音色や

IMG_7400.JPG

歌声を聞くことができます。

IMG_7406.JPG

指揮者の方もおられ、稽古を欠席した役者の代わりに該当パートを歌っていました。

IMG_7401.JPGのサムネイル画像

このような練習を通して作り上げていく日本橋オペラの今年の演目は、
ピエトロ・マスカーニ作曲歌劇「イリス」(イリス(Iris)=あやめ)

長崎を舞台としたプッチーニの「蝶々夫人」ほど知られてはいませんが、
同様に19世紀末のヨーロッパで流行したジャポニズムの影響を受けています。
「蝶々夫人」との大きな違いは、それが日本のメロディーを使ったのに対し、
「イリス」は全てイタリアのメロディーになっていることです。
しかし、登場人物名や歌詞に、オオサカ、キョウト、フジヤマ、シモノセキ、ムスメ、ゲイシャといった日本語が登場するので、
そこも観劇時には押さえておきたいポイントではないでしょうか

この作品の舞台は江戸で、盲目の父と暮らす少女イリスが騙されて吉原に売られていく話となっています。
ローマでの初演からちょうど120年
旧吉原が今の日本橋人形町に位置することもあり、ゆかりの地日本橋にて上演が決定
まさに、この記念すべき年に中央区で鑑賞したいオペラです

立ち稽古の見学は、事前予約不要!
お気軽にふらっと立ち寄っていただけます。
今後の一般公開の日時は、下記日本橋オペラのウェブサイトよりご確認ください。
http://www.music-tel.com/wargner/

直近では4月23日(月)、25日(水)、5月1日(火)の18時~20時に築地社会教育会館にて公開が予定されています。
稽古ではありますが、仕事の疲れを忘れて思わず見入ってしまうものとなっており、
充実感・満足感のある夜活になるはずです
オペラがお好きな方も、オペラ初心者の方も、これを機に日本を舞台としたオペラの魅力に触れてみませんか?

【本番の詳細】
日本橋オペラ2018 歌劇「イリス」(ピエトロ・マスカーニ作曲)
場所:日本橋劇場(中央区立日本橋公会堂4階/日本橋蛎殻町1-31-1)
日時:2018年5月27日(日)14:00(開場 13:30)
チケット情報:e+(イープラス)http://eplus.jp/
       全席自由 一般 4,800円
       中央区民割引 2,400円、子ども(6歳以上)~学生 1,000円
       当日券あり。中央区民と学生の方は、身分証明書をご提示ください。

 

 
<<前のページへ 1234567891011