中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


贈り物に最適!人形町の和モダンセレクトショップ「MUCCO」

[JRTフェルト] 2017年6月12日 09:00

今回は、人形町にあるセレクトショップ「MUCCO」をご紹介します。

_MG_1922-02.jpg

 

こちらは、文具や事務用 品販売の株式会社ミヤギが経営するセレクトショップで、コンセプトは

『大切なあの人へ そっと小さなおくりもの』。

ロゴマークは「人と人とを結ぶ」ことをイメージしてデザインされているそうです。

 

無題.pngのサムネイル画像

日差しの降り注ぐガラス張りのレジフロア、地下1階と2階があり、店内は明るく清潔感に溢れています。

創業100年以上の歴史をもつ会社であり、下町情緒あふれる人形町という場所がら、店内には

和と洋を融合させた素敵な雑貨がいっぱい!

贈る側、贈られる側、いずれの負担にもならず、普段使い出来るもので気持ちを伝えられるようにと、

リーズナブルな商品がたくさんあるのも嬉しいです。

お薦めナンバーワンは、『人形町ハンカチ』。人形町の老舗や名店、モチーフがワンポイント刺繍された

オリジナルハンカチで、全8種類。

20170607_210619.jpg 

 

各種ギフトカードや、のし袋のラインナップも充実しています!

20170607_214942.jpg 

 

東京本染めゆかたで有名な「三勝」とのコラボ商品の『ご祝儀袋』は、手拭いを使用したオリジナル商品です。

20170607_213044.jpg

着物の形になった↑は、大・小2枚の『ふろしき』から出来ています。ビックリ!

 

組み紐を使用した小物、お箸、力士の絵柄が入った雑貨もあります。

20170607_211737.jpg 

 

6月18日(日)の「父の日」に向けた商品や、これからの季節にピッタリの商品も勢揃い!

20170607_213148.jpg

20170607_213012.jpg 

 

2階は、日常生活に便利な雑貨、ベビー用品、ラッピンググッズなどなど・・・。

20170607_231443.jpg

 

贈りたい人のことを思い浮かべながら、ゆっくりと商品を選びたくなります。

お客様との会話を大切にしておられるお店ですので、商品選びに迷ったら是非ご相談を!

定番商品のほか、季節ごとに入れ替えられる商品もあるそうで、何度もリピートしたいお店です。

 

取材の際にご対応、ご協力いただきました、人形町店「MUCCO」店長・綾部様に、心から御礼申しあげます。

誠にありがとうございました。

 

【人形町店「MUCCO」について】

住所 : 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-4-3

      東京メトロ「人形町駅」A1出口から人形町交差点方向へ40mほど進んだ右手

電話 : 03-3662-6813

営業 : 平日10時~19時、土日祝10時~18時半

Web : https://www.miyagi-net.co.jp/publics/index/21/

※今回は、㈱ミヤギ様に許可を得て写真を撮影させて頂きましたが、普段は撮影禁止です。ご注意ください。

 

 

ファンケル銀座スクエアのローズガーデンが紫陽花に

[まぴ★] 2017年6月 9日 09:00

毎年5月になると、ファンケル銀座スクエアの屋上でローズガーデンが開催されます。

モナコの薔薇が咲き誇り、とても見事です。

1週間くらいの間なのでとても貴重で、グッズなども売っています。

今年はなんとホームページにあるクーポンを見せるか印刷して持っていくと

クリアファイルがもらえるという特典もありました。

 

RIMG3447.JPG RIMG3440.JPG

 

RIMG3446.JPG RIMG3443.JPG

  

RIMG3445.JPG RIMG3452.JPG

 

そして、6月はなんとローズガーデンが紫陽花ガーデンに模様替え。

6月9日までですが、やはりこちらも女神のクリアファイルがもらえる

という特典もありました。

さっそくクーポンも持っていかなくては!

 

ファンケル銀座スクエアのページはこちら。

 

最終日にはクーポンページがなくなっていることもあるので、

早めに印刷しておいた方がいいかもです。

 

 

 

黄金芋の壽堂 冷茶の温かい おもてなし

[銀造] 2017年6月 7日 18:00

 6月6日は何の日? 答えは、「活け花の日」です。

 

「昔から、芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われている」ということを、人形町のツアーにご案内した妙齢のご婦人から教えて頂きました。 また、財布は春に買うのが良いそうです。 これは、「財布が張る様に」との希望が込められているそうです。

 

さて、人形町をご案内して数軒のお店にご案内しました。肉桂の良い香りが漂ってくるので、黄金芋で有名な壽堂さんへ入りました。

暑い日だったので、お客様が入ると、応対の店員さんが直ぐに冷茶を持ってきてくれました。

この人情あふれる人形町でのお買い物。 店員さんの温かいおもてなしに、嬉しくなった私も一袋購入しました。

DSC06555 (400x225).jpg 

 

 

幻のサバサンド

[王冠とあざみ] 2017年6月 6日 12:00

小洒落たブーランジェリーやベーカリー、カフェ、クックパッドなどで、サバサンドなる物が、密やかにブームとなっていることを、ご存知でしょうか?

 

何?それ?と想った方は、まず「サバサンド」でネット検索してみてくださいね。

 

てっとり早く言っちゃえば、焼きサバをパンにはさんだもので、トルコ、イスタンブールのB級グルメであり、ご当地では、魚パン=「バルックエクメッキ」と呼ばれているそうです。

 

同じように、サバをこよなく愛する、わたくしども日本人にとって、いとも簡単に受け入れ易いと思いきや、
「絶対的定番『サバの塩焼き定食』のイメージが強すぎて、最初はなかなか、受け入れてもらいにくかった...。」と、話すのは、このサバサンドブームの火付け役と申し上げても過言ではないであろう、築地仲卸「京富」の門井さん。

ck1216_20170605 (4).JPG 

幻のサバサンドが誕生したのは、なんと約10年前!
築地界隈では、地元密着の小さなイベントが多々有るので「何か特長ある名物」をと、日本料理の修行もなさった門井さんが、トルコのサバサンドをヒントに、日本らしさ、築地らしさ、そして仲卸の意地にかけて、生み出したのです。

 

そのこだわりは随所に反映。
サバは、炭火で、1枚、1枚、愛情込めて丁寧に焼かれます。皮を焦がしてしまうと、すぐに身がポロポロになってしまうので、「焼き方は自分と息子と子分の3人以外には、手出しさせない」そうです。
パンは企業秘密。とある高級食料品店のパン部門に直オーダーしているので、「パン屋が受けてくれる数しか、こっちも出せないんだ」とのこと。
他の具材はサッと熱処理した、トマトとスライス玉ねぎ。キッュと絞るくし形のレモン。
10年のうちに研鑽と進化を重ねたその味わいは、もう、間違いなくダントツ日本一!

ck1216_20170605 (3).JPG ck1216_20170605 (2).JPG

 

さて、なぜ幻なのか?

 

「京富」さんの小売店は、築地魚河岸海幸橋棟の中に有りますが、

サバサンドは、あくまでイベント対応品なので、店頭では買えないのです。

 

えーーー、じゃ、どーすれば食べられるの!
皆さんの叫び声が聞こえて来そうです。( ̄▽ ̄)

 

ざっくりとした、今後のイベント予定を教えてもらいました。

 
8月 築地本願寺盆踊り
9月 勝どき橋リバーサイドオータムフェスタ
10月 築地秋まつり、あかつき公園健康福祉まつり

注意)仕入れや人手の状況によって左右されますので、確定ではありません。

また、数量限定のうえ、いまや大変な人気ですから、イベント時には長~い行列必至です。

残念ながらGET出来ない可能性もありますので、予めご承知置きください。

ck1216_20170605 (1).JPG

 

さあ、なんとなく気にかけておいて、幻のサバサンドを体現してみてくださいね。

ck1216_20170605 (5).JPG

 

 

バースデーケーキも素敵!浜町「おやつのこぼく」

[えだまめ] 2017年6月 5日 09:00

子連れ特派員のえだまめです


6月。それは・・・娘あずきの誕生月!

2歳のバースデーを祝うのに母は準備に頭をひねります。

その中でもずっと懸案だったのが・・・ケーキ!!

一時虫歯疑いが出たこともあって(幸い今は大丈夫といわれましたが)

甘いおやつはシャットアウトしてきたのですが

もう2歳だし、そろそろ大丈夫かな・・・?と思いつつ

でも甘いものを見せないで済むならそれの方がいいのかな?と悩みつついたのです。


そんな中、先日の「ブラザー東京ショールーム特派員限定訪問会」の際に

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/05/post-4360.html

先輩ママさんでもある特派員さんから

「2歳はそろそろ記憶も残り始めるし

大きなケーキがあって『お祝いしてくれた』っていう感覚が残る方がいいわよ~!」

とのお言葉。

意を決して、ケーキ屋さんに向かったのでした。


向かった先はこちら。

DSC_1217-1.jpg

我が家からすぐ近くの美味しいお菓子のお店

「おやつのこぼく」です。

オーナーさんの人柄のように、小さいながらもあたたかく

優しい雰囲気のお店です。

DSC_1219-1.jpg

バナナタルトやガトーショコラ、ベイクドチーズケーキなどのケーキ類も

カステラやフィナンシェ、クッキーなどの焼き菓子類も

DSC_1218-1.jpg

どれもこれも美味しくて。

余計な混ぜ物が入ってこない、小さい子におやつとしてあげても大丈夫そうな感じのするものばかり。

あずきにケーキデビューさせるならここで、というのは

前から心に決めていたのでした。

しかも、HPの写真を見ていたら

https://coboku.wixsite.com/coboku/oyatsu

生クリームたっぷりのケーキじゃなくて

ベイクドチーズケーキにクッキーでデコレーションしたバースデーケーキも。

これなら「2歳児の初めてのケーキ」でも大丈夫かな?って思えるものでした。


ちなみにベイクドチーズケーキのバースデーケーキ、お値段は2000円。

予約注文は2日前までに店頭にて、ですが

何しろオーナーさんおひとりでされているお店です。

「もうこれ以上予約を受けられない」になってしまうと注文できないこともあります。

予定がわかっているのであれば、お早目の行動がお勧めです!


さて、当日。

夕方5時過ぎに予約しておいたケーキを引き取りに行ったら、

お菓子類は全部売り切れになっていました。

「土曜日はいつもよりも多めに作っているんですが」とおっしゃっていたのですが

やっぱり人気店ですね。

そして、出来上がったこちらを受け取りました。

IMG_2732-1.jpg

ベイクドチーズケーキにチェリーとクッキーでデコレーションされたバースデーケーキです。

写真はちょっと加工したのですが(あずきの本名が入っているので)、

真ん中のネコさんのクッキーにはチョコで名前を入れてくれています。

かわいい!!!


IMG_2733-1.jpg
お店の方でつけてもらったロウソク(脇の2本)と

自分で用意した数字の「2」の形のロウソクを立てて。

自分で吹き消すのはまだ難しかったので、

(一応自分でふーっ!とはやってくれましたが)

親子で一緒にロウソクの灯を消して、いただきます!

チーズケーキは甘すぎず、チーズのコクを感じるとても美味しいものです。

初めてのケーキ、あずきもモリモリ食べていました。

そしてデコレーションのクッキーも気に入ったようで

これ食べたい!としきりに指をさしていたのでした。

お魚とネコの形も可愛いですしね。


来年も、素敵なバースデーケーキ作っていただきたいなぁ。

来年は生クリームも・・・ちょっとはアリかな?

今から「3歳のお誕生日」が楽しみな母なのでした。


おやつのこぼく

住所 中央区日本橋浜町2-52-5 矢ヶ崎ビル1階

HP https://coboku.wixsite.com/coboku

Facebook https://www.facebook.com/oyatsu.no.coboku/

営業時間 火曜~土曜 (木曜は不定休) 11:00~18:00

定休日 日曜・月曜

DSC_1220-1.jpg

 

 

【昭和通りたんけん録】#09:ベジタリアンのスイーツ "AIN SOPH"(銀座四丁目)

[お染] 2017年5月31日 16:00

昨年11月、歌舞伎座のごく近くに、何やらステキな雰囲気のお店ができていました。

     
こちら 「アインソフ(AIN SOPH)です。

    

s42_01.JPG

昭和通り沿いで歌舞伎座と同じブロックにあります。

    

     

アインソフとは「無限」を意味しているとのこと。生命の樹が由来なのかなぁ。

完全菜食(ヴィーガン)のお食事とスイーツを提供しています。

      

銀座店は2009年にオープンし、現在の昭和通り沿いの店舗で昨年11月にリニューアルオープンしたそうです。1階はプリン、ティラミス、レーズンサンド等のスイーツ販売があり、2~4階はお食事が頂けます。

      

s42_02.JPG s42_03.JPG

整列するプリンとティラミス♡ 自然派グラノーラなどもある。

      

      

       

半年間ずっと気になっていて...
ついにプリンとティラミスをいただいてみました。

       

         

s42_04.jpg

ビンに入っていてかわいい。プリンは葛を使用しているそうです。

      

      

スイーツはとっても大好きなのですが、普通は生クリームやらの動物性たんぱく質と砂糖たっぷりで、食べ過ぎるとやはりちょっとした罪悪感も飲み込むことになります。。。(´・ω・`)
...が!!!、アインソフのスイーツは、動物性たんぱく質不使用で、国産・無農薬の食材が使用されたものなので自然のパワーを身体に取り込んでいる感じです\(^o^)/

      

     
そして、、、、め、めっちゃ美味しい

喉元を過ぎるとき一瞬上質な葛餅を思わせるような...でも確実にバニラ香るプリンと、濃厚で香ばしいカラメルが絶妙マッチです。うーん、言葉ではうまく伝えられないので、食べてください(笑)


なんだかんだ動物性じゃないと物足りないとか思っちゃわないか...という心配は全くの杞憂でした。
子供にも安心して「たんとお食べ^^」と言えます!! しょっちゅうは無理だけど(^^;;
実際、我が家の正直太郎はパクパクと瞬く間に食べました。

     

       
人は誰でも無限(アインソフ)の力を秘めているものですが、自然の食材がそれを引き出してくれるのかもしれませんね。
高級感もあり、手土産にも喜ばれると思います(`・ω・´)!
おススメです

     

     
◆アインソフ ギンザ 本店 AIN SOPH.GINZA
HP: http://ain-soph.jp/
住所:中央区銀座4-12-1
定休日:月曜日

s42_05.jpg

     

 

 
<<前のページへ 1234567891011