中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


隅田川テラスで桜が満開でした。

[kimitaku] 2017年3月 9日 18:00

三月休日の昼間 隅田川右岸を散歩。

どこからか小鳥のさえずりが聞こえてきます。

鳴き声のする場所は 隅田川テラス。永代橋のたもとです。

ck1110_20170309 (1).JPG

 

満開の桜の花の蜜を吸いに小鳥がやってきていました。

小鳥はメジロ 写真に撮ろうとしますが、

活発に飛び回りスマホでは無理のようです。

ck1110_20170309 (2).JPG

 

ソメイヨシノではないと思うのですが、毎年この時期に

他の桜よりも早く咲き誇り 春を呼び寄せているようにも見えました。

ck1110_20170309 (3).JPG

 

 

 

都心におけるローカル旅の活動拠点。問屋街・馬喰町の面白ホステル!

[柴犬] 2017年2月27日 09:00


最近、東京駅を中心とした「超都心」部に、気軽に利用できるおしゃれなホステルのオープンが相次いでいます。これらのホステルの特徴は、朝から晩、或いは晩から朝まで街を体感したい人向けに機動力重視で作られていること。求めるのは高級感ではなく居心地の良さと情報の新鮮さ!というツーリストの皆様に大好評です。

こうした流れの先駆けは、なんと問屋街・馬喰町にありました!2015年の暮れにオープンした「IRORI」さん。


DSC_8512.jpg


築40年のビルをリノベーションして作られた、70名ほどが宿泊できる大型のゲストハウスです。一泊なんと2800円から!運営母体は、日本各地の魅力を再発見する企画をいくつも打ち出している株式会社R.Project。取締役にはメダリストの為末大さんも名を連ねます。

 


IMG_8201.jpg
一階には受付とカフェがあります。入り口のスペースには本物の囲炉裏がどーんと!ここで朝晩、お魚を焼いたりするそうです。家具や内装は、各地の郷土品などを揃え、季節感もたっぷりです。



IMG_8202.jpg
このカフェ兼ラウンジは泊まりでない一般のお客様も利用できます。日々、各地の人気店が出張して美味しい飲食物を提供してくれます。お値段も手頃!コーヒーも一杯ごとに時間をかけて丁寧に淹れてくれ、とても美味しいです。


DSC_8519.jpg
そしてIRORIさんのカフェを一般利用するのに大変オススメな理由が、フリーペーパーや観光マップが大量に置かれていることです!

観光客の方はもちろん、ご近所の方にも有用な内容が網羅されたが情報誌がたくさんあります。囲炉裏端でコーヒーを飲みながらそれらを読んでいるだけでも楽しさを味わえます。中央区のマニアックな情報、生の情報をこれだけ発信している人たちがいるのだな...ということにも驚きます。


IMG_8204.jpg旅行者も、地元民も。

発信基地、起動拠点、東京以外のローカルな文化を感じられる場所としても。

年齢性別国籍を問わずたくさんの「東京を味わいたい人」が行き交う「IRORI」さんに、ぜひ遊びに行ってみて下さい。当日のカフェメニュー、また宿泊の情報などはこちらのHPからどうぞ!



 

 

あるある千社札ふろしきグッズ@中央区三十七町

[月島菜々子] 2017年2月21日 14:00

2月18日(土)は第九回中央区観光検定でした。結果が楽しみですね。

さて、今回は、観光検定合格者の特典「中央区オリジナル千社札風呂敷」から。
 
ご存知の通り、この風呂敷には「中央区三十七町全ての町名とその場所にちなんだ図柄を描いた千社札」がちりばめられています。色は、赤、黒、江戸紫の3色あります。
風呂敷は今や、一枚の布で多機能な「Cool JAPAN」の重要なアイテムとして大人気で、使い方もいろいろ。なので戴けるととても嬉しいです。
 

私はこの千社札風呂敷を手に入れた後、「包む」ために使う派から「眺める」派に変わりました。
月島の「もんじゃ焼き屋さんの暖簾」のように一目瞭然の札もありますが、団扇問屋さんに因んだ「団扇」を描いた日本橋小舟町の札などはとても味があります。日本橋横山町のYシャツとネクタイも面白い。

そんな千社札風呂敷は我が家の「壁掛け」となって、川瀬巴水の木版画額と一緒に並んで和室を彩っています。

すっかり千社札ファンになった私ですが、先日、京橋エドグランの中央区観光情報センターで新しい千社札ふろしきグッズを見つけ、ますますときめいてしまいました。
ブックカバー、文庫カバー、スマホカバーなど、どれも風呂敷同様に赤、黒、江戸紫の3色あります。

今回は写真にある「勝どき」の「江戸まちグリーティングカード」を購入しました。
皆様もお気に入りの千社札ふろしきグッズを探して、中央区の町名にときめいてみてはいかがでしょうか。

IMG_1161.JPGIMG_1163.JPG IMG_1167.JPG

 

 

地口行灯

[オールドローズ] 2017年2月20日 12:00

 

北千住 旧日光街道には千住宿の名残があちこちとみられます。

その一つに、絵馬屋吉田屋さんがあります(足立区)。

現在は8代目だそうです

 

浅草伝法院通りには地口行灯があり、江戸時代の風情を醸し出しています。

 

その地口行灯が、今、

木挽町通りにある『宝珠稲荷神社』にたくさん飾られています

道路の両側にびっしり置かれていて、一つ一つ言葉遊びが楽しいです

 

皆様、明日にでも、すぐ行ってみてください

 

●宝珠稲荷神社(中央区銀座3-14-15)

 

 

 

中央区観光情報センター@京橋エドグラン

[お江戸のマーシャ・堀内] 2017年2月 7日 16:00

日本橋から中央通を15分ほど歩いて、中央区観光情報センターを訪れてきました。

明治屋の左隣に位置し、多くのサラリーマンがお昼を楽しみにこの建物を訪れていました。

ck1515_20170206 (3).JPG

  

地下一階の中央区観光情報センターには、多くの観光資料が並べられ、この春節で訪日している中国からのお客さんなど外人の方もボチボチ訪れているようです。

センターの中の写真をどうぞ(サンプルのお寿司、良くできています)。

 

東京 中央区観光ガイド http://www.centraltokyo-tourism.com/

 

ck1515_20170206 (1).JPG ck1515_20170206 (2).JPG

ck1515_20170206 (5).JPG

 

 

新大橋そばにある『わんわん広場』が利用できるようになりました!

[JRTフェルト] 2017年2月 1日 16:00

隅田川テラスの補強工事のため閉鎖されていた新大橋そばにある

『わんわん広場』が、1月28日(土)から利用可能となりました!

DSC_0937.JPG

初日は混雑するかと思い、日曜日の夜に様子を見てきました。

日曜日で終了時間ギリギリだったせいか、なんと貸切状態!

DSC_0934.JPGのサムネイル画像

月曜日の夜に行った際は、2~3組の方が来られていました。

都会のど真ん中にこんな便利な施設があるなんて嬉しいですね。さすが中央区!

時間帯によっては、大勢の犬や飼い主の方でいっぱいになりそうです。

犬を飼っていて、普段から、ドッグランに連れていきたいと思っているけれど、

いきなり大勢の中に入って行くのはちょっと不安・・・・と思っている方などは、

空いている夜間にデビューするのも良いかもしれません。

場所は、新大橋の下流側で、ドッグランは2面あります。

中央区は様々な面で住みやすい区だな~と改めて感じました。大好き!中央区♪♪


なお、『わんわん広場』利用の際は、ルールをお守りくださるようお願い申し上げます。


~ご利用案内~

222-2.jpg

~飼い主の皆様へのお願い~

DSC_0933.JPGのサムネイル画像