中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


三越英国展に行ってきました

[にゃんボク] 2018年9月13日 12:00

日本橋三越で開催されている「三越英国展」に行って参りました。
何を隠そうこのイベントについてはリピーターでございます
 
 
かつて出張などで英国を訪れても、現地法人に勤める日本人は、「カレー食べに行こうよ」「うまいものはない」「今回は石焼ビビンパにしよう」と、なかなかどうして英国ならではの美味しいものを紹介してくれませんでした。更に若いころを思い出すに当時の上司と英国に行った際は、「日本食が食べたい」などと言い出す上司と一緒にロンドンの日本食を食べたところ、舌の肥えていない私からしても、「これはやっちまった」と焦るレベルの味
(今と違ってインターネットで何でも簡単に調べることもできず、リカバリーが効かず)
 
だったものですから、端的に言うと、「英国にうまいものなし」という世間の評判を私自身も信じておりました。志賀直哉さんの言う、〇〇にうまいものなし、のような決めつけだったワケです
 

しかぁし!イラッ
数年前にこの英国展で、クロテッドクリームをたっぷり塗ったスコーンと、キチンと淹れた紅茶の組み合わせにすっかりやられました。「こんな美味しいもの、ほんとに英国人は食べてんのかね?」などと、失礼極まりない第一印象は、それまでの「私の中の常識」を覆すほど「美味しい」ものだったのです。はい、単純でございます。
 
と、いうことで、英国に興味のあるかたもない方も、ぜひ足を向けてはいかがでしょうか
 
日本橋三越7Fの特設会場に向かうところでは、ダックスとメリーソートのコラボの大熊が迎えてくれます。ドーン!
写真ではわかりにくいですが、北海道のヒグマ並みのデカさ。
kuma.jpg
 
詳細は三越の特設ホームページに場を譲りますが、会場もとても盛況でした。
(http://www.mitsukoshi-special.com/british/index.html)
eikokuten.jpg
スコーンをいろいろと食べまわり、私も「これが好み」といったものが分かってきました。
やわらかいパンのような触感が好きなのか、もちっとした食感と甘く香る濃厚なバターの風味が良いのか、シンプルなものオーソドックスなもの、イチジクやレーズンをアクセントとするもの・・・。是非、お気に入りの逸品を見つけていただければと思います。
 
私自身は今回もスコーン(クロテッドクリームは言うに及ばず)やママレード、キャロットケーキなどのケーキ類や紅茶等を色々と堪能しました。
jam.jpg
 
ケーキ.jpg
(会場を回った後は三越の宮越屋コーヒーでコーヒーとケーキもいただきつつの反省会を開きましたがこれは必ずしも英国には関係がありません・・・・。ここのケーキとコーヒーも大好きでこちらのお店の豆を挽いていつも堪能しております)
 
 
さて、日本橋三越の各階を回っている際に、「もしもの時の」準備をコンシェルジェがお手伝いします、との企画コーナーがありました。
テーマは、「もしも褒章・叙勲内示がお手元に届いたら」。
houshou.jpg
「いやいや、そんな機会なかなかないよな・・・」と内心笑いながら思ったのですが、この観点での企画を出されるところが、さすが日本橋三越さんですね!と思いながら帰路につきました。
 

 

【9月11日まで】銀座初上陸!ルタオ新ブランド「フロマージュデニッシュ・デニルタオ」

[Hanes] 2018年9月10日 09:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
9月になり、徐々に秋らしくなってきた今日この頃...
私事ですが、一足先に食欲の秋に突入しました!

そんな私が今オススメしたいスイーツは、9月11日(火)までの限定で、
銀座三越地下2階GINZAステージのポップアップストアにてお買い求めいただける
小樽洋菓子舗 ルタオの新ブランド「フロマージュデニッシュ・デニルタオ」

DANI-.jpg

新ブランドの銀座への出店は今回が初。そして、期間限定ということもあり、
チーズがお好きな方は見逃せないのではないでしょうか

DANI5-.jpg

こちらのデニッシュ、北海道産クリームチーズイタリア産マスカルポーネチーズ
2層からなるミルキーチーズクリームがサクサクのデニッシュ生地に包まれたものになっています。
賞味してみたところ、食欲の秋にふさわしい贅沢な風味と食感が楽しめて満足
また、大きすぎず小さすぎず上品なサイズとなっており、手土産にもよさそうです

DANI2.jpg

デニッシュ生地には北海道産100%の小麦自家製天然酵母(白樺樹液×椿酵母)を使い、
72時間におよぶ低温熟成発酵を経て、27層に折り上げているそうで、
素材にこだわり、手間暇かけたからこそ味わえるデニッシュそのものです
銀座三越にお立ち寄りの際に、チェックしてみてはいかがでしょうか?

【概要】
会場:三越銀座店 地下2階GINZAステージ(東京都中央区銀座4-6-16)
出店期間:2018年9月5日(水)~9月11日(火)
営業時間:10:30~20:00

※本記事は、三越銀座店の総菜、ベーカリー・フードコレクションのアシスタント
 セールスマネージャー様およびポップアップストアのご担当者様より掲載許可を
 いただいております。

 

 

東証Arrows見学

[TAKK...] 2018年9月 7日 09:00

築地市場の移転が10月6日に迫っており、何かと話題になっています。
そんな中、私は中央区を代表する「市場」とも言える「東京証券取引所(東証)」を見学しました。
東証は中央区日本橋兜町にありますが、最寄り駅は東京メトロ東西線、日比谷線の茅場町駅です。

01.jpg

  ・

見学施設「東証Arrows」は予約不要で、9:00~16:30 (土・日・祝祭日・年末年始を除く)に無料で見学できます。

※10名様以上の団体での自由見学、案内付き見学ツアー は予約が必要です。
※最終入館時間16:00ですが、都合により最終入館時間を早める場合や入場制限を行う場合があるようです。
入り口は西口です。

 

02.jpg

入館の際には空港のような厳重なセキュリティーチェックを受けると、まずは証券の歴史が学べる資料展示を見学します。
東証の前身である「東京株式取引所」は明治11年に設立、戦中戦後の混乱期を経て昭和24年に取引が再開され、昭和59年に新市場が竣工しました。
2階に行くと株式取引が体験できるコーナーがあります。

03.jpg

・  

その先に進んでいくとテレビや新聞等でよく目にするものが現れ、自然とテンションが上がります。

04.jpg

くるくる回るチェッカー

05.jpg

マーケットセンター

06.jpg

マスコットのとうし君

東証Arrows見学を通して、改めて中央区は日本の経済を支えていることが実感できました。
最近は大人の社会見学が人気があるようです。
皆さんもいかがでしょうか!

 

 

【参加報告】 サマーフェスティバル2018 in 浜町公園

[いのちゃん] 2018年9月 4日 18:00

8月19日(日)、浜町公園で開催された「サマーフェスティバル2018」に行ってきました。

 

この日は本来の夏らしいからりとしたよいお天気で、おいしいものを食べたり、

人気のキャラクターに会ったりと、童心にかえってとても楽しい一日だったので、

夏休みの絵日記がわりにブログに残しておきたいと思います。

 

まず最初に訪れたのは、

中央区観光検定をPRするブース「中央区観光検定 チャレンジクイズ!」(以下、検定ブース)。

担当する特派員仲間にご挨拶。

ミニクイズにチャレンジしようと、ひっきりなしにお客さんがやってきます。大盛況です。

 

自分は余裕で全問正解して当たり前(つ、強がりではない)の特派員のため、

連れが挑戦することに。

むむ、ヒントを与えることなく全問正解されてしまった。私の立場がないではないか。

賞品の中央区グッズをいろいろいただいてご機嫌。ありがとうございました。

 

屋台村を一周。ホテルメイドのタンシチューに長い行列ができていました。

なるほどおいしそうです。

 

この合間に検定ブースの隣の焼かれたての焼きそばを無意識のうちに完食し

写真を撮り忘れていたことは絶対に秘密です。

 

われわれは別の行列に並びました。荒汐部屋ちゃんこです。

現役の力士が所属する相撲部屋が提供するちゃんこ

それは正真正銘モノホンのちゃんこ

 

並んでいる最中、あまりの行列のためか、ちゃんこ待ちの人数を中央区観光協会

某M浦氏が数えに来られました。

"時そば"をさせてはなるまいと、つい挨拶をしそびれてしまいました。

 

ただいま仕込み中。わくわく。

 

IMG_4858.JPG

 

わっさー。

 

IMG_4859.JPG

 

はい、できあがり。

 

IMG_5539.JPG

 

んまい! 行列も納得の一杯。

 

IMG_4861.JPG 

 

 

続いて全日本綱引フェスティバル(綱フェス)を見学。

 

IMG_4869.JPG

 

真剣な表情のあとに笑みがこぼれる荒汐部屋のみなさん。

 

IMG_4872.JPG

 

熱戦が繰り広げられるなか、綱フェスにはこんな和やかな場面もあるんですね。

 

 

野外ステージでは中央区観光検定のクイズ大会が始まりました。

先ほどの特派員仲間が壇上にあがり、中央区観光検定公式テキストである

『歩いてわかる 中央区ものしり百科』を紹介しています。しかと伝わりましたぞ。

 

さあ、いよいよお待ちかねの豪華賞品がもらえるクイズの時間です。

ええ、全問わかりますとも。特派員だもの。※情報漏洩はしておりません(笑)。

微力ながら少しでも場が盛り上がればと掛け声や拍手を送り、区民であろう

ちびっ子たちが威勢よく手を挙げるのをほほ笑ましく見守りました。

 

クイズの解説を担当するのも特派員の仕事です。

思わず「へぇ~」と言ってしまうような面白くてためになる解説でした。

見習わなければいけないなあ。

特派員のお二方、おつかれさまでした!

 

 

そのほか、会場では吉本興業芸人さんバルーンアートを披露してくれるなど、

来場客を楽しませるコンテンツが一日中目白押し。

 

はっ! ピ、ピカチュウさん。実際にお目にかかるのは初めて。

 

IMG_5545.JPG

 

本番前にもかかわらず、愛くるしくポージングをキメてくれる大サービスで

その場に居合わせたいい大人たちを全員笑顔に変えて去ってゆかれました。

 

IMG_4867.JPG

 

さすがはポケットモンスター。このあとの"10匹大行進"も頑張ってね。

 

 

大満足で人形町方面へと戻る途中にディープな会館、東京味噌会館発見。

シリーズを展開する五月雨ジョージ氏に敬意を表してアップしておきます。

 

IMG_4880.JPG

 

所在地は明かしませんので、みなさんも探してみてくださいね。

 

 

と、このようなご報告となりましたが、検定ブースまでお越しになれなかった方にも

中央区観光検定特派員活動にご興味を持っていただけたら幸いです。

 

 

 

 

建築の日本展@六本木ヒルズ

[デ・ニーロ] 2018年9月 4日 14:00

 


de-Niro_01.jpg

 六本木ヒルズで開催中の「建築の日本展」を見てきました。

 


 ん〜?

 


 区域外ですが、何か問題ありましたでしょうか?

 


Kenchiku_Japan-Flyer.jpg
          *全て許可された場面の撮影・公開をしています

 


森美術館15周年記念展「建築の日本展〜その遺伝子のもたらすもの」

 


 開催場所は港区だけど、展示コンテンツには、中央区に縁の深いものがたっぷりありんす。正直なところ、建築なんて専門外と思っていたアタクシにも、やさしくわかりやすく見られたのがありがたい。会期も後半に突入してますから、すでにご覧になられた方もいらっしゃると思われますが、特派員おすすめ情報として、ご紹介させて頂きます。

 


 近年、建築関連の展覧会が増えている印象で、西洋美術の絵画展ほどポピュラーではなさそうですが、海外からも日本の古代建築技術が高く評価されつつあるトレンドの中で、お江戸通の一般教養としてこのカテゴリーには注目する価値は十分あります。

 


ルイ・ヴィトン 松屋銀座店もコンテンツ
Louis_viton_MatsuyaGinza.jpg
   *主催者の了解を得て、撮影・公開しています!

 


 「日本の建築展」でなくて、「建築の日本展」というネーミングに深い〜い意味がありまして、和建築の設計コンセプトや建物の図面、写真や模型、一部の実物展示等を通して、「日本らしさ」みたいなものを再構築し、サブタイトルにもある「遺伝子」の集大成を概観しようという、なかなか刺激的なキュレーションで構成されています。

 


 いや〜ホントに面白くて、絶対に行かなきゃわからニャイ醍醐味が半端ないって。

 


 おすすめは、千利休が豊臣秀吉のために建てた2畳の茶室「待庵」で実際ににじり口から中に入れます!

 


Roppongi_Taian.jpg
   *主催者の了解を得て公開しています!

 

 
 これは現存する最古の茶室建築(国宝・京都府・妙喜庵)を、原寸スケールで再現しています。

 


 ただ鑑賞するだけでなく、中に入ってその空気を感じるというレトロなヴァーチャル・リアリティは、安土桃山時代にタイムスリップしたかのようなユーザー・エクスペリエンス(要するに「体感」)を提供してくれる空間として画期的な味わいがありました。

 


 これも、いわゆる一つの「いま・ココ」感だと思う。

 


 こんな狭い所で、時の権力者と二人っきりでお茶するなんて、怖すぎる〜(>_<)

 


 茶室はアナログで古典的な感動でしたが、圧倒されたのはレーザー光線や3Dビデオインスタレーションなど、最新のデジタル技術を駆使した仮想現実「パワー・オブ・スケール」で、これには眼と心が釘づけになりました。

最初は何もない殺風景なスペースを見せられるのですが・・・
Power-OF-Scale_01.jpg

 


 *了解を得て撮影しています!
(以下全てそうなので略)

 


Power-OF-Scale_03.jpg
 

 


レーザーファイバーと呼ばれる特殊なプロジェクションで仮想風景が四方に投影される

 


Power-OF-Scale_04.jpg

 


 この展示で投影されている風景は動画です。もの凄〜い臨場感でした。動画による撮影も認められていて、アタクシもインスタ映えするように撮影しましたが(インスタやってねーけど)、ここではそのスナップショット(静止画像キャプチャ)をシェアします。

 


Power-OF-Scale_05.jpg

 う〜ム、芸術作品の「鑑賞」というよりはまさに「体感」というのか、写真や動画、その他いななる語彙でも言い表せないくらいの迫力で、建築や建物の存在感というものは、可視化できるものではなく、「住まう」もの、「感じる」ものという面を見せつけてくれる手法、演出なのでした。
 

 


 考えようによっては、スマホやIT関連のテクノロジーだって、建築の遺伝子を継承している「巧みの技」と言えるのでしょう。

 


 はるか昔の縄文時代から、脈々と続く日本の伝統的建築美と粋が、そのDNAが、大工や職人、様々なアーティストにより次世代へと受け継がれていく現場を、リアルに目撃できたような気がします(たぶん)

 


 恥ずかしがり屋さんなので滅多にやらない自撮り ↓ インスタ映えするかな〜?
De-Niro_at_RoppongiMori_ART.jpg
 インスタやってネーけど(>_<)

 


 この自撮りをなぜやったかというと、展示作品でなく、キャプションが心に刺さったからなのでした。

 


「再編成することが即ち創造」なんですと。

 


 これは、言い換えるならばアタクシもよくやる「パクリにもオリジナリティがある」ということではないでしょうか(たぶん)

 


 アタシャ、膝ポンポコリンだよ ♪ ぴ〜ひゃら、ピーヒャラ(>_<)

 


 建物の作り方というのは、型を決めて、それを伝える。

 


 いいものは模倣し、改良していく。

 


  伝統とは、様式のパクリなのである! 
 

  

     ( ↑ 個人による見解です  )

 


 このチケットの半券で森タワー52階にある展望台・スカイギャラリー東京シティビューも散策できるので、現代都市という名のモダン・アートを、海抜250メートルの高さから建築的な視線で鑑賞してみるのもご一興かと。

 


view_from_MoriTower_s.jpg

 


 このように上から目線で中央区方面をチェックするのも楽しい〜かも(>_<)

 


  「建築の日本展」は9月17日まで! ドント・ミスエテ 

 



【面白くてためになるデニーロ特派員の過去記事はこちら】


 ◎銀座にはスヌーピーがよく似合う (2018年8月9日付)


 ◎インバウンド講習参加報告(たぶん) (2018年7月31日付)


 ◎ぶら「お能」 (2018年6月28日付)


 ◎猫の旅物語  (2018年5月14日付)


 ◎ハローラジオシティーでぶらトーク! (2018年2月28日付)


 ◎中央区観光検定試験出題予想! (2018年1月25日付)


 


 

 

友好都市・東根市の大ケヤキ

[wienerhorn] 2018年9月 4日 09:00

山形県東根市は、平成376日に中央区と友好都市になりました。東根市が生産量日本一を誇るさくらんぼの木を中央区に贈呈したことから交流の縁が芽生えたのだそうです。
この東根市に、国指定特別天然記念物の大ケヤキがあります。樹齢1500年以上、地上1.2mの幹周は16m、直径5m、樹高28mという巨木です。東根市立東根小学校の敷地内にあります。
東京から山形新幹線で1本、温泉とグルメの旅はいかがでしょうか?

IMG_6485.jpg

   

IMG_6486.jpg