中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


薬研堀 歳の市と大出庫市

[橘] 2014年12月26日 09:00

今年も大分押し詰まって来ましたね。

両国の薬研堀では恒例の「納めの歳の市」と「歳末大出庫市」が12月27日~29日行われますが、この準備が大分進んでいます。

yagenbori2.jpg
お不動様の周囲には提灯が飾られました。

yagenbori5.jpg

 

又、不動院通り周辺にはポスターや立て看板が既に準備されています。

 

yagenbori1.jpgyagenbori4.jpg

「歳の市」とは、正月用のお飾りや、門松等を売る目的で立つ市ですが、深川のお不動様から始まり、浅草観音等を経て最後に立つ市が薬研なので、「納めの歳の市」と言われています。
又、「歳末大出庫市」は昔の両国・横山町・橘町等(現東日本橋等)の問屋さんや商店が中心となって衣料品や鞄、靴等を安く提供する市です。
 
もう50年も前になりますか、私が子供の頃は「歳の市」と一緒に「羽子板市」も行われ何軒かの羽子板を売る市が立っていました。羽子板は歌舞伎役者を模した高価な物から、その年のトピックとなった著名人を模した物まで沢山飾られていました。
羽子板には定価が付いているわけではなく、お客さんと売り手の間で交渉が始まるのですが、売り手は値段を口頭で言うのではなく、大きな算盤を弾いて値段を示していくのが子供には珍しかったのを覚えています。又、商談が成立すると、周りのお客さんのお手を拝借して<シャン、シャン、シャン>と手拍子を打つのを見るのも楽しかったものです。
残念乍、いつ頃からでしょうか、羽子板を売る店を一軒も見かけなくなってしまいました。
 
薬研の「納めの歳の市」と「歳末大出庫市」、お時間がある方は是非覗いてみて下さい。
今年は、12月27日(土)~29日(月) 11時~20時 です。

 

 

 

キルト作家炎の個展「紅絹もみー天と地と」

[kimitaku] 2014年12月 5日 14:00

P1010157honoo.jpg
 10月中旬  銀座「シロタ画廊」で 

  キルト作家 染谷みち子さんの個展が開催されました。

 染谷さんは 京都にお住まい。

 

 十数年前に大病を患い、闘病生活をされました。

その際、偶然に「古布」と出会い、その魅力に取りつかれ、退院後は、古布を使いキルトを制作してきました。

P1010152sibori.jpg染谷さんは 「この古布たちも、江戸時代からのもの。それが今は見向きもされず、捨てられていきます。あまりにもかわいそうで、その古布を買い求め、キルト作品として生き返らせました」「この古布たちに私は命を助けられたのです」とも話していました。

P1010158kazakuruma.jpgP1010163hebi.jpg P1010162kanban.jpg

 開催期間は6日館でしたが、「多くのお客様にご覧いただき、とてもうれしかった」とのことです。

 また 来年も開催したいともおっしゃっていました。

 

・・・・・・・・私も、天に向かって伸びる真っ赤な「炎」のキルトの前に立つと、心が洗われるような気持ちでいっぱいでした。・・・・・・・・

 

 
1