中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


小網神社の「どぶろく祭」

[クラさん] 2015年11月30日 12:00

「どぶろく祭」は、新穀豊作に感謝する新嘗祭に由来する行事で、日本橋小網町の小網神社では、今年は11月27日(金)に行われました。

CK1522-201511271.jpg CK1522-201511272.jpg ck1522-201511273.jpg

新穀と共に神前に御供えされるどぶろく(神饌田でその年にとれた新米から作られたにごり酒)を、参拝者に振舞うところから、この祭りを特に「どぶろく祭」として親しまれています。

CK1522-201511274.jpg  CK1522-201511275.jpg 

当日は、朝9時から社殿で祭礼が行われ、お神酒の一合瓶と強運厄除のみみずくが限定配布(有料)されるため長い列ができていました。

小網神社は、室町時代に建立の小網万福寺に祀らてい稲荷社に起源と伝わり強運・商売繁盛の福の神として信仰を集めてきました。参拝を済ませると巫女さんが、どぶろくを勧めてくれました。

CK1522-201511276.jpg

強運厄除の「みみずく」の由来は、昔、親孝行の娘が病身の母親に与える薬代に困っていた時、「すすきで作ったみみずくで母を救え」という神さまからのお告げがあり、娘は母に孝行を尽くした、という話に由ると伝えられています。「みみずく」は、、11月のどぶろく祭に因み、秋の七草を代表する「すすき」を素材にし、強運厄除・商売繁盛のご利益が自らの「み」(身)に「つく」と云うことから授与されているそうです。

また、正午過ぎから、国指定無形文化財の「里神楽舞」が神前で奉納されました。

CK1522-201511277.jpg

関東二大どぶろく祭の一つに数えられる小網神社の来年(2016年)の「どぶろく祭」は、11月28日(月)です。

 

 

 

ファンケル 銀座スクエア オータムローズガーデン

[TAKK...] 2015年11月 6日 16:00

東京・銀座5丁目中央通り ファンケル 銀座スクエア。

10F ロイヤルルームでは、ガーデンがバラで埋め尽くさました。

01.jpg

02.jpg

バラの密度がすごくて、ほんとに優雅。

とても癒されます。

03.jpg

04.jpg

今回は11月6日までですが、次回は12月14日〜12月20日の期間で、クリスマスイルミネーションガーデンが開催されるそうです!

 

 

フラワーカーペット晴海2015 四季の花絨毯

[TAKK...] 2015年11月 4日 10:00

晴海トリトンスクエアで、フラワーカーペット晴海2015が開催されました。

約6万本のバラの花びらを使って、全長約110mの花絵が作成・展示されています。

(11月4日まで)

05.jpg

東京藝術大学のスタッフが描く下絵をもとに、総勢約500名の方が作成されたそうです。

06.jpg

07.jpg

/

09.jpg

/

テーマは「Seasons-日本の四季」。

周りの高層建築の夜景にはえて、とてもきれいです。

/

08.jpg

/

晴海トリトンには、飲食店も多いので、食事も楽しめます。

また、周りの夜景も、とても綺麗ですので散策を楽しまれてはいかがでしょうか。

 

 
1