中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


雪化粧の浜離宮庭園 特集

[ゆりかもめ] 2012年1月26日 08:30

 年に1度か2度の雪が降りました。9時の開園と同時に庭園に入りました。

同じようにカメラを持って庭園にいらした方も何人もいらっしゃいました。 思いは同じです。

                2012_0124  雪の延遼館跡と表馬場 写真0006.JPG

右側の松が点在しているのは延遼館跡です。

左側の道は表馬場です。

江戸時代のお客様は三百年の松の所で右折してこの表馬場を通り御庭役所で馬や輿から下りて刀は御庭役所に預けて脇差だけで御庭拝見となりました。         

      2012_0124  雪の日の中島の御茶屋 090402までの写真0029.JPG

「 中島の御茶屋」です。

「松の御茶屋」と対になっています。

「庭屋一如」テイオクイチニョ・・・・・

この言葉通り、建物と庭は一体感を持って考えられ造られた御庭です。

御庭にマッチさせて建てられている為に松の御茶屋に座っていると庭の中に座っているように感じるよう高さまで考えられています。

  2012_0124  雪の松の御茶屋 写真0025.JPG

 

2012_0124  雪の庚申堂架鴨場 写真0044.JPG 「庚申堂鴨場」です。

 秋から冬にかけてのお客様は鷹狩の為でした。

この近くに「鷹の御茶屋」跡がありますが鷹狩の後、土足のままで土間に入れるように土間を大きく

して暖炉を取ってありました。

    2012_0124  雪の花 写真0037.JPG

  よく見ると雪が枝先に付いて居るのですが青空に映えて花のようでした。

2012_0124 雪の日の御亭山 写真0002.JPG

 「御亭山」です。

小さな山ですが春は沢山の躑躅が植えられていて「山は火が吹いているように美しかった」と記されています。

  2012_0124  雪のタチカンツバキ 写真0063.JPG

雪を被ったタチカンツバキです。

梅林の前の道を隔てて咲いています。

 椿のように花の形のまま落ちずに山茶花のように花びらが散っていきます。  山茶花でもハラハラと花びらが散らずに椿のように花の形で地面に落ちるのは春山茶花といいます。

春山茶花は東御苑にあります。       

        

 

 

諏訪流放鷹術の実演 浜離宮庭園

[ゆりかもめ] 2012年1月 6日 08:30

 放鷹術とは飼い慣らした鷹を放って野生の鳥獣を捕まえる猟法を鷹狩または放鷹術と云います。

4000年程前に中央アジアで始まり中国、朝鮮半島を経て4世紀頃日本に伝えられました。

勇壮な野外スポーツは貴人に好まれました。

仁徳天皇、一条天皇などの諸天皇や徳川家康、大伴家持・・・等です。

貴人達の為に鷹を調教するのが鷹匠です。

江戸幕府や明治政府は多くの鷹匠を抱えていましたが昭和の大戦後はボランティアの方々により鷹狩りの技術が受け継がれています。

 

毎年 1月2,3日に浜離宮庭園で諏訪流放鷹術の実演が行われます。

鷹匠の後方の高いビルが電通ビルです。 皮手袋に止まっているのが隼(ハヤブサ)です。この皮手袋は鷹の鋭い爪から拳を守るために必要なのです。甲側には徳川家の三つ葉葵のご紋が描かれていました。ハヤブサは 鷹の中では特に視力が優れています。

このハヤブサを電通ビルの屋上から放して地上から放す鳩を捕まえさせる技の実演です。

         2011_1227 鷹 ハヤブサと電通ビル 写真67.JPG

 屋上からハヤブサが放たれました。

地上では鷹匠が細紐をつけた鳩を振り回します。これを「振り鳩」といいます。

 ハヤブサは天空を ぐるぐる回って探しています。下の写真で鷹匠の視線の方向には 近づいて来るハヤブサが写っています。

2011_1227 鷹 振り鳩をする鷹匠の視線の先のハヤブサ 写真32.JPG


ハヤブサは なんと言っても速いです。ハヤブサも失敗は許されません。写真を撮る私も絶対に失敗できません。一発勝負だから必死です。 振り鳩を見つけたハヤブサは上空から真っ逆さまに急降下して来ました。

2011_1227 鷹 餌を目掛けて急降下するハヤブサ 写真33.JPG

 近づいてきた所で鷹匠は 絶妙なタイミングで紐を放し鳩を飛ばしました。 あっという間も無く ハヤブサは空中で 鳩を捕まえ 地上に降り立ちました。  すぐ 食べようとと 羽をむしり始めました。  この時鷹匠は素早く近づいて予め用意していた別の赤身の鳥肉を 鳩とすり替えました。

折角捕まえた獲物を ただ取上げてしまっては ハヤブサも働かなくなってしまうからです。

2011_1227 鷹 鳩に襲い掛かり組み敷いたハヤブサ 写真39.JPG

鷹匠の拳の上にとまって赤身の鳥肉をたっぷり食べたハヤブサは満足した様子です。

2011_1227 鷹 鳩の肉を食べるハヤブサ 写真55.JPG

 気を鎮め 無闇に驚かないように ハヤブサの頭に ピッタリの形状に作られた目隠しマスクを 被せられて何も見えなくなったハヤブサは 暫く 頭を傾け左右に ぐるっ ぐるっと 回していました。  周囲の様子を伺おうと 耳をそばだたせているようで 可愛い仕草でした。 2011_1227 鷹 目隠しを被せられたハヤブサ 写真84.JPG 何も見えないことが余計な刺激がなく落ち着くことなのでしょう。

このマスクには金ぴかの冠まで付いていました。ハヤブサを大事にしている事が良く分かります。



ハヤブサの他に鷹狩りの仲間には オオタカがいます。幼鳥は胸の模様が縦縞ですが1年以上の成鳥は鮮やかな白黒の横縞模様にかわります。

2011_1227 鷹 胸の縞模様の美しいオオタカ 写真93.JPG

 その他に外国から輸入されたハリスホーク という精悍な鷹がいます。これも同じように「振り替え」(鷹匠間を行き来する技)や 「渡り」(樹上にいる鷹を拳に呼び寄せる技)が 仕込まれています。 

2011_1227 鷹 舶来のハリスホークも活躍 写真88.JPG


 

 
1