中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


川向こうから

[whatever] 2014年5月23日 14:00

 私は現在、隅田川に程近いところに住む中央区民です。と申しましたが、中央区民の多くは、何かしら川の近くに住んでいますよね 天気の良い日にカメラを持って、ただブラブラ歩くのが最高です。しかし、しょっちゅう歩けば、景色も見慣れてしまいます。今日は川向こうから中央区を眺めてみようと、橋を渡りました。

 

 清洲橋からスタート。清洲橋を中央区側に立つと、左奥に見える橋があります。萬年橋といいます。まずは、そこから眺めることにしました。念のため書きますが、清洲橋を渡ると向こうは江東区清澄。渡った先には都の公園の清澄庭園があります。また、江東区内で、洋菓子などの工場直売店を時々見かけます。清洲橋を渡ったところにも洋菓子とパンの工場直売店があり、辺りには甘い香りが漂っていました

 程なくして萬年橋に到着。ここから眺める清洲橋と中央区。知った建築物ですが、川向こうから覗くと少しドキドキするのは私だけでしょうか? いつにも増して、美しく見えますね! 

bridge1.jpg

 さて、萬年橋から隅田川テラスに出て、新大橋へ進みます・・・

 

***

bridge2.jpg向こうに見えるのは、日本橋浜町の高層マンション「トルナーレ」。

やはり高い 

江東区には、江戸時代の俳人松尾芭蕉が住んでいたということで、大川端芭蕉句選を詠みながら散歩ができます。

 

***

 

bridge3.JPG

やはり、ここでもトルナーレは目立ちます。屋上にはヘリポート。

首都高の下には、東京消防庁日本橋消防署浜町出張所があり、川沿いということで、消防艇2艇が配備されています。

 

***

 

bridge4.jpg

テラスから、「人助け橋」と称された新大橋に上りました。

中央の柱には、昔の新大橋などが描かれたレリーフが貼ってあります。

写真右端に見えるのは明治座。

 

***

 

bridge5.JPG同じく新大橋の上から。

高速道路の下には、わんわん広場が見えます。

分かりづらいですが、こう見るとドッグラン、結構長いです。

 

***

 

bridge6.JPGさらに進み、両国橋に到着。

向こうの中央に見える、灯りの付いた黄色い建物は日本橋中学校。

手前のフェンスは、花火を眺めている人たちがモチーフになっています。場所に合ってますよね

 

***

 

bridge7.JPG再び新大橋へ。

ライトアップされた清洲橋もかすかに見えます。

個人的には、ライトアップされた新大橋が川面に映えるので、何度も写真に収めるほど気に入っています。

 

***

 

bridge8.jpgやはり綺麗ですよ、新大橋。

写真中央には、日本橋三井タワーが確認できました。

 

***

 

 中央区は川向こうから見ても、やはり親しみのある街でした 

 

 

日本橋川(神田川)源流への旅

[りょうきち] 2014年5月20日 09:00

今回、中央区で大事な川である、日本橋川、そして神田川の源流を求めてジョギングしてみました。

実際には中央区を出てからが長いので、そこはコンパクトにレポートすることにします。

 

スタートは日本橋川が隅田川にぶつかる、豊海橋。はしごを横向きにしたような個性的な橋です。

近くにある力強い形の永代橋に負けない重厚さがあります。

 

そこから川沿いの道があるわけではないので、できるだけ川の近くで川に平行に走っている道路を行くことにしました。

 

湊橋、茅場橋、鎧橋、江戸橋、日本橋・・・と進んでいきます。

旧常磐橋は工事中でした。新常盤橋で中央区は終わりです。

ここまで川はほとんど、高速道路の下なので、都会の川のイメージです。(写真は工事中の旧常磐橋)

IMG_4915.JPG

千代田区でも高速道路に覆われて進んでいきます。水道橋で神田川とぶつかります。そこから神田川となっています。飯田橋、江戸川橋、早稲田、高田馬場と進んでいきます。川は護岸を固めた都会の川のまま進みます。徐々に川沿いの遊歩道が整ってきます。川は蛇行して新宿の高層ビルの近くまできています。この辺りは中野区。

 

杉並区くらいまでいくと表情というか雰囲気が徐々に変わってきます。まず川沿いの緑が増えていきます。魚や鳥もよく見られます。井の頭線に沿って進むようになるとゴールは見えてきます。のどかさを感じます。そう、ゴールは井の頭公園。天気のよい週末で人がいっぱいでした。

(写真は井の頭公園)

IMG_5063.JPG

井の頭公園の池の水がこぼれ落ちて、その水が一部、日本橋にまで来ている、その事実を自分の足で実感しました。25km程度の距離でした。

暑い日だったこともあり、復路はあきらめ、ここからは公共の乗り物で帰ることとしました。吉祥寺の銭湯で汗を流しすっきりしてから気楽な家路となりました。

 

 
1