中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


年の瀬から新年へ!日本橋『小舟町』

[達磨] 2017年12月31日 09:00

三越日本橋本店から堀留交差点に向って昭和通りを越えると・・・新しさの中に歴史を包み込んだ日本橋『小舟町』です。江戸~明治期には日本橋川に入り込む東堀留川沿いに土蔵か並び、繊維問屋、団扇問屋や鰹節問屋等がひしめく街だったといいます。余談ですが、浅草宝蔵門には小舟町内からの奉納提灯大提灯が掛っています...今は老舗会社、有力会社の新しいビルが立ち並ぶ小舟町です。飲食店やホテルも出来て、きれいになりました。大通りは昔から名無しでしたが、ネーミングを検討中とのことです。この通りの左右には、重厚感のあるビルに建替えられた【小倉ビル】【長瀬産業ビル】が目立ちます。 

長瀬産業ok10.jpg 小倉ビル新10.jpg

新しい年の飾付け!小舟町にある老舗の佇まいです。

 

【伊場仙】 なんと400年以上の歴史を持つ「団扇、扇子屋」です。店内は浮世絵柄の商品が豊富に陳列されています。犬の絵柄のかわいい飾り扇を購入しました。

伊場仙1.JPG 伊場仙22.jpg 伊場仙飾り扇11.jpg

 

【高嶋家】 創業明治8年の「うなぎ専門店」です。140数年間を守り続けた味、さらに若女将のおもてなしに感激しました。

高嶋屋0k1.jpg高嶋屋ok10.jpg

 

【日月堂】創業明治10年、昔からの「上生菓子」「栗どらやき」「切山椒」「鏡餅」「紅白饅頭」など老舗の味を守っています。

日月堂ok1.jpg日月堂2.JPG

 

 【小舟町八雲神社天王祭】 

平成30年9月、4年に1度の大祭が開催されます。

小舟町.jpg

小舟町八雲神社は、神田明神の境内にある摂社の一つで、

祭礼を小舟町が施行するようになったのは江戸時代初期~、

大祭の際には堀留児童公園にお仮屋が建てられ、神輿が渡御されます。

戦前と思われます神輿渡御の写真(亡き親父の晴れ姿?)です。⇒⇒⇒⇒

  

天王祭は庶民による荒々しい神輿祭りで、現在は小舟町だけが同祭りを受け継いでいるといいます。

 

 
1