中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央区文化・国際交流振興協会「国際交流のつどい2014」 参加報告

[銀造] 2014年12月 1日 17:00

 中央区文化・国際交流振興協会主催の「国際交流のつどい2014」が11月15日に築地社会教育会館にて開催されました。

私は4年連続参加しているので、今年もこの日が待ちきれませんでした。

 一階で受付を済ませて、4階から回って見ました。

DSC06252 (300x169).jpg

4階では、温かいけんちん汁を振舞ってくれました。 係のお姉さんに、「けんちん汁」の命名の由来を聞いてみました。

鎌倉の建長寺で精進料理として調理されたのが始まりとの事でした。 私は、てっきりポルトガルかスペインから伝わって、その汁が熱い(quente)なので、けんちん汁と命名されたのかと思っていました。

ボランティアの方々の温かいお気持ちも加わって、大変美味しくいただきました。オランダの料理、ビターバレンというコロッケの様な物も特産のチーズと共にご馳走になりました。

DSC06251 (300x169).jpgDSC06215 (300x169).jpg

ここでは、毎年美味しい紅茶を振舞ってくれます。この日も上品なスリランカのミルクティーをご馳走になりました。

 

同じ4階の別の部屋では、毎年「防災コーナー」のブースを出展されていて、防災意識を啓蒙してくれています。

DSC06249 (300x169).jpgDSC06250 (300x169).jpg

罹災時の非常食も体験しました。 今年はポタージュスープを頂きましたが、ポテトの食感が残っていて、美味しく食べられました。

中央区の災害避難場所の地図や説明書も置かれていました。 いざという時の避難場所は覚えておかないといけませんね。

DSC06248 (300x169).jpg

3階では、着付け、生け花体験、呈茶・茶道体験、折り紙、風呂敷体験、墨絵体験がありました。

DSC06255 (300x169).jpgDSC06254 (300x169).jpg

 

2階では、オランダ文化の紹介コーナー、日本の遊び&外国の遊びを楽しく体験しました。

思えば、オランダと日本、中央区との縁は、リーフデ号から始まったのですね。乗組員だったヤン・ヨーステン、ウイリアム・アダムスそれぞれの名前は、八重洲という名前で残り、按針町として記録に残っています。

DSC06241 (300x169).jpgDSC06233 (300x169).jpg

手元にあるシーボルト著、斎藤 信訳、発行所平凡社の「江戸参府紀行」にも長崎屋によるまでの旅の記録が克明に書かれています。シーボルト(ドイツ人)は日本橋の長崎屋に逗留されたのですね。現在、氏の功績を称えて、あかつき公園に胸像がありますね。 オランダのゲームとデルフト産の焼き物に興味を惹かれました。

DSC06236 (300x169).jpgDSC06239 (300x169).jpg

 

ダンス・ホールでは、オランダの人によるストリート・パフォーマンス。

盆踊り、スゥエーデンのフォークダンスを踊りました。矢田区長もフォークダンスに飛び入り参加されました。

DSC06224 (300x169).jpgDSC06263 (300x169).jpg

1階の音楽室では、和太鼓の演奏を見聞きするだけでなく、実際に太鼓演奏することもできました。

やはり、何でも体験して、楽しみましょう。

国際交流って外国の文化を知り、理解して、尊重することから始まりますね。今日も新しいお友達が出来、嬉しかったです。

 中央区文化・国際交流振興協会では、毎月何か楽しいイベントを開催してくれています。

次のお知らせは、こちらをご覧ください。http://www.chuo-ci.jp/ 

 

 

 

舟運ワークショップ 東京湾岸周遊ガイド実習 <江東区編>

[サム] 2014年11月 4日 09:00

R0030401CLS.JPGR0016107RSG.JPG  江東区と連携し、地域観光の担い手の育成を旨としスタートした中央区観光協会主催の「舟運観光ワークショップ」。

これまでの中央区編の座学・実習、江東区編の座学に引き続き、11月1日、江東区編の東京湾岸周遊ガイド実習が行なわれましたので、その様子をご紹介します。

 

10:00、明石町・聖路加ガーデン前発着場より「カワセミ」に乗船。

本日の講師は中川舟番所資料館久染氏&「水都東京を創る会」高田氏。

コースは(隅田川)勝鬨橋~築地大橋~(東京湾)~(有明西運河)のぞみ橋~新都橋~有明西運河道路橋~有明橋~青海橋~夢の大橋~あけみ橋(折り返し)~(東雲運河)富士見橋~有明北橋~木遣り橋~東雲水門~東雲橋~(辰巳運河)辰巳橋~辰巳桜橋~辰巳水門~新辰巳橋~新末広橋~(12号地貯木場)~(あけぼの運河)新曙橋~曙運河橋梁~曙運河道路橋~曙橋~曙運河橋梁~曙水門~(砂町運河)夢の島大橋~夢の島マリーナ(折り返し)~(東雲東運河)砂町運河橋梁~漣橋~砂町運河道路橋~七枝橋~(豊洲運河)~朝凪橋~豊洲橋~豊洲水門~(晴海運河・隅田川派川)相生橋~越中島発着場~(隅田川)中央大橋~佃大橋~明石町・聖路加ガーデン前発着場(12:00)。

生憎途中から雨が降りだし、遠方のものは灰色にかすんだ状態でしたが、

初めての有明西運河巡航を含め、船上目線から日々変貌を遂げるウォーターフロント地区の街の様子を改めて体感。

原産国から丸太原木を輸入する時代ではなくなった為、旧来の貯木場は今では船泊まりとなり、かつての倉庫・物流拠点街から、臨界部ビジネス街への変遷を経て、近年は、高層マンションが立ち並び、生活機能整備も進み、若年層の人口流入も顕著のようです。

運河沿いに造られた公園で子供の遊び声を耳にしたり、親に抱かれた幼児が手を振る姿を目にする機会も増えたと聞きます。

水運機能こそ江戸期より大幅に衰退したとは云え、水路を確保しつつ埋立てを広げていった "掘割コンセプト" は現代に至るまで生きています。

 

       築地大橋            有明西運河          夢の島アリーナ 

    R0030510RS.JPG   R0030378RS.JPG   R0030486RS.JPG

       佐野造船            豊洲水門         東京海洋大学明治丸

    R0030392RS.JPG   R0030617RS.JPG   R0030400RSC.JPG 

    

         

 

 

新川大神宮ご例祭2014

[サム] 2014年10月20日 09:00

      R0030220LLS.JPG   R0030293LLS.JPG

 

R0030224RS.JPG  10月17日、新川1丁目の新川大神宮に於いて、富岡八幡宮宮司により、「新川大神宮ご例祭」が執り行われました。

江戸期、上方から船で酒が運ばれていた時代、集積地となったのが水運が便利な新川で、酒問屋街として栄え、今日に至っています。

新川大神宮は江戸時代から新川の酒問屋の守護神として崇敬を集めており、毎年新酒が入荷すると「初穂」として神前に献じ、その後、商いに供していたとされています。

ご例祭は現在も地元の酒問屋などの業界関係者が集い、酒類業界の発展を祈念しています。

祭礼後、隣接する酒フーズ健康保険組合ホールに移動しての直会(なおらい)では、江戸時代から伝承される、"商談の成立を祝い売り手と買い手の双方の繁盛を祈念して行なわれる" 独特の手締め「新川締め」が繰り広げられます。

参会者は次々と、なみなみとお酒が注がれた大盃を、"ご繁盛ー" の掛け声・手拍子に合わせ飲み干し、飲みっぷりが悪いと「罰盃」というペナルティがあると聞き及びます。

 

  R0030239RRS.JPG  R0030244RRS.JPG  R0030260RRS.JPG  R0030294RRS.JPG

 

✎新川締め手順

 1.「ございました!」

  (最初の発声で、酒が盃に注ぎ終わったという合図。商いの成立を確認する意味とも。)

 2.「お手を拝借」(みんなに手拍子をお願いする合図)

 3.「いょーーーぃ!」(いよいよ手締めを始める合図)

   ⑦ ヨイ ヨイ ヨイ (コラ) ヨイ ヨイ ヨイ (コラ) ヨイ

   ⑤ ちょん ちょん

   ③  ウー

 カタカナ下線部は発声+手拍子。ひらがな下線部は手拍子のみ。(カタカナ)部は発声のみ。

 7・5・3というリズムで手打ちすることから別名「7・5・3締め」とも呼ばれています。

 

 

 

 

Shadow Box Art by Mrs.Yabuki

[銀造] 2014年10月 1日 09:00

 9月1日から6日まで、 「シャドーボックス ミセスヤブキ 作品展示会」が、聖路加第一画廊にて開催されていました。

初めて聞く、「シャドーボックス」という言葉です。興味深々に作品を拝見しました。まず、そのご挨拶のお言葉に心を打たれました。

         ご挨拶

この度はシャドーボックス・ミセスヤブキ 矢吹明恵の作品展示会にご来場いただきまして誠に有難うございます。

今回初めての個展を開催するにあたり、どの作品を展示しようかと、ずいぶん迷いました。

どの作品にも、それぞれの思い出があり、改めて、シャドーボックスを始めてからの33年間の歳月を想い返しています。

このように発表出来る事を大変幸せな事と感謝しております。

皆様の思い出に残るお時間をお過ごしいただければ幸いでございます。

どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。

  シャドーボックス・ミセス ヤブキ ワーククラス 矢吹明恵

そして、入口の Welcome board

P1000782.JPG

作品は、同じ絵を何枚も切り合わせて上下に貼り付けて立体感を出すもので、とても重厚感があります。

その一部の作品を正面から見たところ、

P1000780.JPG

その作品を斜めから拝見したところ、

P1000773.JPG

素敵な作品ばかりで、又、とても上品で温和な先生で、習ってみたくなりました。

もっと知りたい方は、こちらをクリックしてください。

http://www.shadow-box-yabuki.com

 銀座キリスト教会では、何度も展示会を開催なさっているとの事。次回は、どちらで拝見できるか楽しみです。

 

 

第62回中央区観光商業まつり

[TAKK...] 2014年10月 1日 09:00

今年も中央区観光商業まつりが開催されます。
主な催物の開催スケジュールは以下のとおりです。

                                                                      

                                                                         

【東日本大震災復興支援チャリティー オープニングイベント】
《平成26年10月1日(水曜日)》
・主会場(八重洲地下街 メイン・アベニュー)
  午前11時~
・京橋会場(銀座三越 9階 銀座テラス)
  午後0時30分~
・日本橋会場(トルナーレ日本橋浜町前)
  午後1時30分~
・月島会場(晴海トリトンスクエア グランドロビー)
  午後2時30分~

                                                                                                                  

【ハッピーハロウィンウィーク】
ハロウィンをテーマとしたイベントや装飾が行われます。
《10月24日(金曜日)~10月31日(金曜日)》

                                                                                           

【東京まん真ん中 味と匠の大中央区展】
区内に店舗のある名店・老舗等が物販を行うとともに、ステージイベントを実施します。
《10月29日(水曜日)~11月3日(月曜日・祝日)》

                                                                                                                                  

【観光写真コンクール】
中央区観光協会にて「中央区観光写真コンクール」の作品を募集しています。
《応募締切:11月7日(金曜日)※必着》

                                                                                                   

【第9回中央区内アンテナショップスタンプラリー】
スタンプを集めて各県からの素敵なプレゼントを貰いましょう!(抽選)
《10月2日(木曜日)~16日(木曜日)》

                                      

                                                                  

 

 

こいつぁ便利だ!!

[佐平次] 2014年9月16日 14:00

 中央区観光の出発点という視点で、今回は中央区番外編として、千代田区でありますが東京駅を

記事にさせていただきました。

 

  観光や商用で東京を訪れる人たちの多くは東京駅を利用する。
ところで東京駅に到着してから観光にせよ商用にせよ宿泊を伴う場合邪魔になるのが大きな荷物だ。
また帰りにお土産など買う場合も大きな荷物は邪魔になる。

そこで、コインロッカーを探して荷物を預けて・・・と思うのだが、コインロッカーは其処ら中にあるのにほとんど使用中で空きのロッカーを見つけるのは本当に困難である。

 

  コインロッカー2.JPG

 

前もってホテルに荷物を送っておけばヨイのだが交通渋滞やら天候不順やら到着に不安があるし送るタイミングも難しくてつい手荷物で持ってきてしまう。

そこで便利なのが日本橋口近くにある佐川急便の手荷物一時預かりだ。
http://www2.sagawa-exp.co.jp/newsrelease/detail/2014/0311_890.html
  一時預かりの料金は大型のコインロッカーの700円に対して800円と100円高いが、これは近隣のコインロッカーの業者との間での申し合わせらしい(独占禁止法違反??)

  だから、もしホテルを予約してある場合であったらホテルへの託送サービスを利用するのがお得である。
通常の料金で都内の全てのホテル(ビジネスホテルも含む)とディズニーリゾートのホテルに託送してくれる。
荷物を取りに戻ることもなくバック一つで日本橋や銀座に歩いていけるのだ。
受け付けは一応午前11時までとなっているが、ホテルが近場だったり、荷物の到着が少し遅れるとかを承知してくれる場合は夕方でも受け付けるのは可能とのことです。
帰りはホテルから荷物を送り、此処で荷物をピックアップすればそのまま新幹線に乗り込める。

 

  店舗1.JPG

 店舗2.JPG

 看板2.JPG

 スタッフ2.JPG

 

  日本橋口はメインの八重洲口と比べるとタクシー乗り場が無いせいか人通りがとても少なく修学旅行など、団体の待ち合わせ場所に使われることが多い。
空いていて通路も広いので日本橋方面に向かう場合は八重洲口から外堀通りを通るよりも早くて快適だ。(特に雨天の場合は)

  一般的にガイ ドブックやネットなどでの乗換案内だと東京駅から地下鉄に乗り換えるのに乗継駅は大手町駅が表示されている。 しかし、新幹線などで東京駅に到着した場合地下鉄「東西線」「銀座線」に乗るには「日本橋駅」の方がはるかに近く(日本橋口から3分ほど)て大手町駅に行くよりも10分以上早い。

   因みに銀座線から半蔵門線への乗継駅は「三越前」となっているが「日本橋」で一度外に出て半蔵門線の「三越前」に行く方が早い。 料金が2度掛かってしまうので一日乗車券などを利用する場合以外はお勧めはしないが・・・。
特に東西線から乗り換える場合は日本橋で一度銀座線に乗り換え、再度三越前で乗り換えなくてはならないため20分以上のロスとなってしまう。(何とか考えて欲しいぜ!営団さん)

 
   まあ、こんなに便利な東京駅「日本橋口」ではあるが、まだまだ認知度が低く、この佐川急便の店舗も3月10日にオープンしてから半年たつのに客足の伸びは今一つのようである。

店舗の外観と内装は京都祇園で好評の「祇園佐川急便 」(サービスセンター)をモデルにして、スタッフの制服も「飛」の文字をあしらったシャツに法被という出で立ちで、観光に訪れる利用者の目を楽しませる趣向を凝らしている。
また外国人観光客のため英語、中国語、韓国語などに対応している(時間帯や日時によって対応不可の場合あり)

成田空港や羽田空港にも託送できるが空港で受け取る場合はJALのカウンターを使うため取扱手数料がかかる。(逆は通常料金のみ)

 

  いっそのこと、この店舗でホテルの案内と予約ができて、その場合には託送料金が無料になったり割引になったりすればもっと便利で利用者も増えると思うのだが...。