中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


パンの会 瓢箪新道「三州屋」を尋ねる

[与太朗] 2010年9月29日 08:36

IMG_0322x.JPG 「パン(牧羊神)の会」は明治四十年代、木下杢太郎・北原白秋・吉井勇・高村光太郎・石井柏亭・倉田白羊らが中心となって、新しい芸術を追求する青年文学者・美術家を集めた交遊会です。セーヌに見立てた隅田川に近い店が会場となりましたが、明治43年11月20日には大伝馬町二丁目瓢箪新道の西洋料理「三州屋」で盛大に開催されました。・・・ということで今日は「瓢箪新道」を歩いてみました。

  IMG_0321 - コピー.JPG江戸の切絵図を見ると、「ヒヤウタンシンミチ」は本町通りの南の裏通りでした。東に行くと大丸呉服店の裏通り「大丸シンミチ」になります。現在の地図でも道路がそのままの位置に残っています。人形町通りの西側、現住居表示では日本橋大伝馬町6と日本橋堀留町1-11の間、50mたらずの道が「瓢箪新道」でした。 [写真上] それでは「三州屋」はどのあたりにあったのか? 六十年以上前にこのあたりを尋ねた野田宇太郎『文学散歩』によると、「三州屋のあったところは、その瓢箪新道がまもなく左右にのびた裏通りの問屋街と交叉した手前右角で・・・」とあるので、 [写真右]のあたりだったようです。

 会の当日、店の前にはメンバーが作った提灯が下げられました。「瓢箪新道というと私は暗い横丁の土蔵に面した入口のところに、牧羊神の顔を大きく描いた白張の提灯が、ふらふらと風に動きながら、ぶら下っていたのを思い出すのである。」(吉井勇「大川端」) この時の「パンの会」は中心となるスバル、方寸に加え、白樺、三田文学、新思潮同人らも参加。あまり広くないこの店に数十名の芸術家が一堂に会し、大盛会・大酒宴となりました。

 谷崎潤一郎はここで初めて永井荷風に会います。「先生! 僕は実に先生が好きなんです! 僕は先生を崇拝しております! 先生のお書きになるものはみな読んでおります! 」酔った勢いでこう言ってお辞儀をすると、酒を飲まない荷風は「ありがとうございます。ありがとうございます。」とうるさそうに応えた、と谷崎の『青春物語』にあります。翌明治44年11月、荷風は「三田文学」に『谷崎潤一郎氏の作品』を発表、谷崎を激賞し、彼は一躍文壇の寵児となります。

 木村荘八の有名な油絵『パンの会』(昭和3年)は兄の荘太も出席したこの日の会の情景を想像しながら描いた作品といわれています。

 

 

水天宮駅から浜町 「小さい秋」見つけた

[銀造] 2010年9月26日 19:32

 9月25日晴天。 今日は水天宮駅から浜町に向けて歩きました。

松島神社にお参りして、そのまま進むと、浜町緑道公園で、ピンクの彼岸花を見つけました。

 

CIMG6505.jpg

 公園の端っこで、道路の面したところに彼岸花が咲いています。

CIMG6500.jpg

 ビルの谷間にひっそりと咲く彼岸花。 薄桃色の彼岸花は初めて見ました。

CIMG6499.jpg

 こちらは、真紅の曼珠沙華と白、薄桃色の三色。

CIMG6502.jpg

 賞味期限は10月3日ぐらいまででしょうか? 是非、お確かめ下さい。

今年は暑さが9月22日まで続いたので、他の曼珠沙華で有名な地域でも開花が遅れているとか。

CIMG6504.jpg

 トルナーレ日本橋浜町でちょっとお買い物とコーヒーとお話。

CIMG6495.jpg

 水天宮方面に帰る途中、見つけたオブジェ。 以前から見たことはあっても、名前は知りません。

台座には「翔生」と刻まれていました。作者の名前は無いが、安田侃さんかな? 

パルテノン神殿の柱の様に、またそれに支えられて伸びていくビル。

 力強さと柔和が調和していますね。

CIMG6493.jpg

 

 

 

 

 

◎特派員の商店街訪問(第8回)◎お帰りなさい! また会いましょう!/トルナーレ日本橋浜町商店会

[銀造] 2010年9月26日 10:05

 商業の中心地・ 中央区 には元気な、にぎわい商店街が数多くあります。

地元から愛され、住民とともに栄え、親しみのある商店街を、特派員が訪ねて、見て、聞いた商店街の"今日そして明日"。そのイキイキとした魅力と活力、とっておきの情報などをお伝えしている、 中央区 の商店会・商店街を紹介する「特派員の商店街訪問」第8弾です。

*******************************************************

◎特派員の商店街訪問(第8回)◎

お帰りなさい! また会いましょう!

/トルナーレ日本橋浜町商店会

 今日は、トルナーレ日本橋浜町商店会を訪問しました。

インタビューの前に、事前調査をしました。 商店会は、トモズ、パティスリーイソザキ、ドトールコーヒー、ハッスルラーメン、Docomo,㈱TNK企画、地中海料理創作レストランのAS, 

イタリア料理のリアナ、トルナーレデンタルクリニック、ピーコックストアの10社が加盟されています。

  ピーコックストアが見えてきました。商店会の会長さんを兼務される店長の

沢井一雄様にお話を伺ってきました。

 

CIMG6468.jpg

 商店会は平成17年9月に設立され、今年が5周年記念です。

今年は、「中央区観光商業まつり」 に協賛して、

10月1日(金)から10月8日までの期間にスタンプラリーを開催します。 

CIMG6489.jpg 

 このチラシを掲示のお店で、スタンプラリーの台紙を入手して下さい。

CIMG6533.jpg 

スタンプは、このチラシが掲示の各加盟店で、500円(税込み)以上のお買い物をされた方に

スタンプ1個。スタンプ2個で一回の抽選ができ、お一人様最大10回までの抽選が可能です。

抽選会日時は、10月8日(金)16:30~18:30です。

 頂いたスタンプラリーの台紙には、「*ピーコックストアを除く。」 と注意書き。

加盟参加店舗への気遣いが感じられました。

お客様の層、どのようなお客様が多いか?地域のイベントとの関わりなどについてお聞きすると、

浜町公園での盆踊り大会では子供達への無料みたいな値段でのお菓子販売(80円を30円に)とか、

地元のお祭の方々がお弁当、お惣菜を買って頂けるとか、ビルのテナントの会社の方々がランチのお弁当riceball や帰宅時に買い物bananaappleをして行ってくださるとかのお話しをお聴きしました。

 

「トルナーレ」の名前の由来、意味についてもお尋ねしました。

「トルナーレ」はイタリア語で、「お帰りなさい!」という意味だそうです。

 以前は、住民の方々が仲良く、 househouse お隣さんという地域柄でした。

今の立派なビルに再開発されるにあたり、住民の方々が「また会いましょう!」という気持ちを込めて

名付けられたそうです。 良いお話をお聴きしました。

 地域の方々とのふれあい、共に生きていくという熱い想いが伝わってきました。

そんなお話をお聴きした後、スタンプラリー対象のお店を訪問しました。

 1階にあるドトールコーヒー。 

レギュラー200円ですが、面会前、面会時の2回続けて2杯を頂きましたが、コクがあり、ブラックコーヒーが美味しかったです。

 同じく1階にあるドラッグストアの「トモズ」も店員さんが親切でした。 

 ハッスルラーメン。ハッスルランチは、ラーメンにギョーザ3個、小ライスの全部で¥680

CIMG6470.jpg

 

さて、2階のレストランへ上がってみましょう。 

CIMG6472.jpg

  イタリアレストランの「リアナ」。ドリンクのお得な時間帯、ハッピーアワーは、16時から20時で

ドリンクは半額です。 「時間延長しました!」というメッセージ。うれしいですね。

頂いたチラシには、「本場ナポリのピッツアをお届けします」とあります。

 このチラシは10%割引券付きで、またまた嬉しい。happy01 

CIMG6480.jpg

 お隣の地中海料理・創作レストラン AS

本日のピンチョス¥550~。スペイン風オムレツ¥550、本日のカルパッチョ¥850 など

CIMG6484.jpg

トルナーレ日本橋浜町商店会のHPはこちらです。

http://www.chuo-shokogyo.jp/syoutngai/kameidantai/kaimei_info/kaimei_info_29.html

10月1日から8日の1週間は、是非是非お出かけ下さい。 

 

 

 

 

江戸バスが無料になる日 みんなに教えるニャン

[ゆりかもめ] 2010年9月24日 09:30

2010_0923 江戸バス マスコット.JPG2010_0923 江戸バス.JPGのサムネール画像のサムネール画像

江戸バスが10月1・2・3日(金土日)はどなたでも運賃が無料です。

秋の一日を江戸バスに乗って新しい中央区の魅力を再発見しましょう。

同時開催中の中央区商業まつり「宝探し」イベントにも御家族やお友達を誘って御参加下さい。

10月31日(日)中央区まるごとミュージアムの日も無料運行です。

 

 

 

明治座 観劇 感激!

[銀造] 2010年9月22日 08:30

 9月16日に妻と二人で、明治座に行ってきました。

中村梅雀さん、菊川怜さん主演の「「女は遊べ物語」。梅雀さんのお芝居は言う事なし。

菊川怜さんが、こんなにお芝居が上手とは! 美しく、可愛い女房役heart04でした。

 予約席は、1列目の17,18番。 お芝居は、小谷城攻めで、梅雀さんが演じる「伊藤七蔵政国」役と守りの城兵との太刀、槍のチャンバラで始まります。 

殺陣のリアルな事!槍が飛んで来そうで、刀が当たりそうで、何度も仰け反りました。

CIMG6372.jpg

 

 

さて、予約した観劇券を入手。

インターネットで、一番前の席を予約しました。


一歩、中へ入ると、劇場内のシャンデリア。

CIMG6373.jpg

 

 

隅田川の川の流れを表現している様です。


ちょっと劇場内を探検。車椅子の観客にも配慮しています。角で、車椅子を停めて観劇できます。

CIMG6303.jpg


ここは団体客が予約したお弁当を召し上がる「藤の間、桜の間」

CIMG6305.jpg

それでは、席に着きましょう。 開演前、期待で胸が高鳴ります。

CIMG6376.jpg


 幕間にちょっと、お買い物と咽喉の渇きを癒しましょう。

CIMG6375.jpg


おっつ、幕が替わっています。緞帳です。(どんちょう。ダンチョウではないのですね。)

CIMG6379.jpg


 

姑役の、音無美紀子さんの演技が光りました。また、行きたいな。

 

感激で興奮が冷めない中、

甘酒横丁のお店で、また

観劇談義に花を咲かせました。 

 

明治座さんのHPは、こちら。http://www.meijiza.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

小伝馬町交差点

[みど] 2010年9月21日 08:30

小伝馬町といえば、牢獄があった所として有名ですが、
小伝馬町駅前の交差点を歩道橋から撮影しました。
ちょうど中央区コミュニティバス(江戸バス)が通りかかり
スカイツリーを背景に良いアングルで撮ることができました。

t1.jpg

t2.jpg
撮影は平成22年9月17日