中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


日本橋地区のシャッターを飾る浮世絵 (その4)

[ゆりかもめ] 2011年6月25日 08:30

 日本橋地区のシャッターに描かれている浮世絵を探して随分歩きました。

御蔭様で知らなかった道を歩いたり・・・・美しく咲く花を観賞したり・・・小さな公園を見つけたり・・・・楽しい時を過ごしました。

今回の「その4」で終わりにしたいと思いますが豆腐屋の「双葉」さんだけは何時いっても暖簾が絵の上にカかっていて写真に収める事が出来ませんでした。

今日は京橋地区と今までに訪ねても写せなかった浮世絵です。

      

      西勘本店   東京都中央区京橋 1-1-10   

               浮世絵  「東海道五十三次 京都三条大橋」

                絵師   歌川広重

   

2011_0613 西勘本店A.JPG     

     ぶよお堂   東京都中央区日本橋 3-8-16 (地図の専門店)

             浮世絵   「地方測量之図」

              絵師   葛飾北斎

          

2011_0613 ぶよお堂 A 0024.JPG     

      ホテルかずさや   東京都中央区日本橋本町 4-7-15

                 浮世絵  「本朝名橋之内 江都日本橋略図」 

                  絵師  歌川国芳    

2011_0613 ホテルかずさやA.JPG        

           上記の絵  左上を詳しく写真に収めました。

一度 上がっていたシャッターを「ホテルかずさや」さんの表でお掃除をしていた方にお話すると、もう一度シャッターを下ろして下さいました。 

感謝・・・・・感謝・・・です。

 

製作者の「福永明子さん」はお若い方で、シャッターの前で一生懸命に絵を仕上げていらした・・・・

と聞き素晴らしい事だと感心すると共に、彼女の御気持が伝わって来ました。

福永明子さんの他にも大勢の若い方々が中央区のシャッターの絵の制作に携わって下さった事と思います。

江戸の歴史と文化を守る若い方々の応援を力強く思いました。

   2011_0613 かずさや 絵の一部 写真0041.JPG

       

      板倉屋   東京都中央区人形町 2-4-2 

             作品  「人形町平成七福神 大黒様」

             原画   橋口 論

2011_0613 板倉屋 A.JPG                   

       秋葉薬局    東京都中央区京橋3丁目6-1

       浮世絵    右より

                 「名所江戸百景 京橋竹がし」

                 「名所江戸百景 市中繁栄七夕祭」

                 「名所江戸百景 びくにはし雪中」

 

2011_0613 秋葉薬局 A 0017.JPG

 

 

中央区の緑化情報

[北遊人] 2011年6月23日 09:00

浜町公園の南端に"浜町メモリアル"という共用施設が新しくできました。

子供広場のはずれから建物の裏側が見えます。

Ryokuka 003.JPG


近付いてみますと、入り口に看板が出ています。

Ryokuka 004.JPG


左側西日が直接当たる窓を壁面緑化しています。

Ryokuka 005.JPG


中に入りますと、中央区土木部公園緑地課緑化推進係のパンフレットと説明パネルが飾られています。

区の緑化推進プログラムの情報コーナーです。

パネルを覗いてみましょう。

 日本橋川護岸景観緑化 とタイトルが付いています。

Ryokuka 007.JPG


 次いで 中央区京橋図書館壁面緑化 のパネル、

Ryokuka 008.JPG


もう1枚 中央区役所本庁舎壁面緑化 のパネルです。

Ryokuka 009.JPG


総合案内パネルとして、公共施設の緑化 のタイトルパネルがあります。

Ryokuka 010.JPG


ここでは、次の施設が紹介されています。

 庁舎等の緑化

  中央区役所の壁面緑化

  銀座ブロッサムの壁面緑化

 学校の緑化

  泰明小学校

  月島第一小学校

  阪本小学校

  京橋築地小学校

 護岸の緑化

  日本橋川

  月島一丁目護岸

  隅田川


次に紹介しているのは、 民間施設の緑化 です。

Ryokuka 011.JPG

 ここで紹介されているのは、次の施設です。

  屋上緑化

   聖路加国際病院

   国際紙パルプ会館

  地上緑化

   トリトンスクエア

   佃二丁目マンション

   勝どきイヌイビル

  壁面緑化

   トリトンスクエア

   治作

   ザ晴海レジデンス


他に、中央区の森 中央区の森体験ツアー 等のパネルもあります。


又、中央区の"緑被率"のブロック毎データがありますが、浜離宮と聖路加国際病院・看護大学ブロックは別格として、緑化の進んでる地域は、

 晴海地区  15,9 %

 月島、佃地区 9,5 % であり

 低い市街区域は、3%台です。

 


これからは特に緑が有難い季節です。

草花を眺めてまた、ビルの壁面にも目をやってみましょう。

 

 

 

中洲 歴史発見 東都食通名家双六は郷土天文館にて

[銀造] 2011年6月12日 11:23

 今日は、箱崎のTCATから清洲橋方面を散歩。 あやめは見つけられませんでしたが、中洲では金刀比羅宮を発見しました。 

CIMG8652.jpg

鳥居の下にある記念碑には、

 中洲は江戸時代隅田川の浮き洲なりしを明治初年に埋立て此地に船玉、琴平宮が祀られ産業振興の神として廣く崇められたり。 しかし惜しくも大正12年関東大震災の為に烏有に帰し、再建の機運に至らざりし処、湯浅勘次郎氏の夢枕が機縁となり同士相諮り此地をトして四国琴平宮の御霊を遷座奉祀し廣く繁栄の守護神として茲に神殿を建立し奉る  昭和29年12月吉日 とあります。

 そもそも中洲の意味は、「川の中に土砂が溜まって島のようになっている場所」です。歴史は明和8年(1771)馬込勘解由により埋立てられ、浜町と地続きになる。安永元年(1773)中洲新地が竣工、1775年ごろに料亭などが立ち並ぶ歓楽街になる。 上流からの堆積物で隅田川は何度も氾濫typhoonが続いていた。 田沼時代の奢侈な時代。寛政元年(1789)老中松平定信が推し進める「寛政の改革」により、取り壊され葦の茂る中洲へ。 

 

安政3年(1856)から安政5年(1858)の間に、浮世絵師初代歌川広重が、「みつまたfujiわかれの淵」を描いていますが、この絵では葦が茂った中洲です。

明治初年(1868)に、上記の通り、琴平宮が祀られ、大正12年(1923年)9月1日の関東大震災で烏有に帰し、その後昭和29年(1854)に再建されたのですね。

この時の、ご寄進なさった方々のお名前を琴平宮の石垣???から拝見すると、

鳥居には、昭和29年 新田新作。石垣には、倉谷重次郎様ほか沢山の料亭ほか関係者のお名前が。聞いたことのあるお名前が多いし、日本橋地区の歴史も勉強できます。 中には現存するギネスブックに掲載された名前の料亭もありました。昭和31年に「東都食通名家双六」というのが発行され、本日6月19日現在、中央区立郷土天文館で開催されている「蔵出し これ!クション」で、当時の有名料亭など名前を見ることができます。 さて、あなたは、いくつご存知?http://www.chuo-museum.jp/webmuseum/search_result_list.do?stype=0&startNo=1&inputkeyword=%E6%9D%B1%E9%83%BD%E9%A3%9F%E9%80%9A%E5%90%8D%E5%AE%B6%E5%8F%8C%E5%85%AD&classes=history&classes=archeology

CIMG8660.jpg

CIMG8663.jpg 

 

 

 

甘酒横丁の〝ほろ酔い気分♪〟

[下町トム] 2011年6月10日 09:00

甘酒横丁の掲示板.JPG

人形町の〔甘酒横丁〕は皆さんご存知の名物ストリートですね。

 

道の両側には様々な商店が並び、どこか江戸風情を感じさせるような雰囲気が心を和ませてくれます。

 

そんな〔甘酒横丁〕のぼく楽しみは何と言っても「ちょっと一杯♪」のひとときです。


笹新.JPG




有名な居酒屋として、〔笹新〕と〔山葵〕がすぐ近くにあります。


山葵.JPG


いずれのお店も個性が豊かなのと、訪れるお客さんがたの人柄がいいですね。

いいお店はいい客に支えられるというのがよく分かります。




もちろん、ほかにも良いお店はたくさんあります。それぞれにお気に入りの店を贔屓にして、薄暮の人形町をほろ酔い気分で歩いてみるのはいかがでしょうか。

 

 
1