中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「甘味処 初音」の「白玉粒餡あんみつ白蜜かけ」-人形町

[滅紫] 2017年9月30日 14:00

100_2524.JPG 100_2522.JPG

100_2525.JPG 100_2523.JPG

深夜に放送されている「さぼリーマン甘太朗」という番組、ご存知ですか?今スイーツ好きの間で話題となっているもので、原作はコミックで歌舞伎俳優の尾上松也さんが営業担当のサラリーマンに扮し、仕事は完璧にこなすもののスイーツ好きなので営業で外出する際「サボって」スイーツ店に立ち寄るという設定、毎回採りあげるお店は和洋を問わず、実在のお店です。その1回目がこの「初音」でした。私は何と奈良に住む歌舞伎メイトからDVDが送られてきて初めて知りました。

 

「初音」は今更ご紹介する必要も無いほどの老舗の甘味処。創業は江戸末期の天保8年(1837)「初音」という店名は歌舞伎好きの初代が「義経千本桜」に登場する「初音の鼓」から取ったというのもご存知の方は多いことでしょう。私もお店の前は何回か通ったことはありましたがお邪魔するのは今回が初めてです。自称「あんみつ評論家」の友人とランチ後のデザートに六本木から遠征!?しました。店内はどこか昭和な雰囲気でほっとさせてくれます。「あんみつ」にする予定がメニューの最初にあった「氷宇治あずき」を見つけました。「今年最後かなー」とやはりかき氷にも目のない二人、意見が一致して「宇治あずき」を。

 

かき氷のガラスの器も如何にも昭和初期の感じ、白玉は別な小さなガラス皿に入っています。濃い目の抹茶とあずきの甘さとのコンビネーションが絶妙であっという間に空に。お喋りをしているうちに「やはり あんみつも」とお願いすると「白蜜ですか、黒蜜にしますか」と聞かれ、そういえばドラマの中でも甘太朗が悩んで結局お替りして2種類を食べていました。黒蜜は沖縄八重山諸島産の黒糖を使用しているそうです。私たちは流石に2種類は無理なので二人で黒蜜で1個を。何も言わないのに、小分けの器とスプーンが付いてきて感激。次々とお客様が入ってきます。皆さん顔馴染のようで、TVドラマを見てやってきたのは私たちだけかしら。

 

甘味処 初音

日本橋人形町1-15-6  TEL 03-3666-3082

11時-20時 日祝は18時まで 無休

 

 

 

「まつむら」は手づくりのパンの店 人形町駅、水天宮駅近くで美味しいパンとコーヒーの店

[銀造] 2017年9月28日 09:00

 「まつむら」は、東京メトロ水天宮駅近く、茶ノ木神社の真向かいにあるパン屋さん。

1505434611659.jpg

 

友人の間では、「ここのパンは美味しいよ」との評判でしたので、行ってきました。

沢山の菓子パンがありますが、メロンパンも種類が豊富です。値段を見て下さい 製造直売だから出来る値付けです。

1505434642654.jpg

 

美味しいパンを、静かに頂ける喫茶室が併設されて20人ほどが座れます。 営業時間は18時までです。

9月14日はメープル・メロン、メロンパンと美味しいコーヒー。

9月21日は連続して訪問して、サンドイッチと小倉あんぱんを頂きました。サンドイッチの価格帯は二つあり、200円、220円。小倉あんパンは、120円でした。

 

1505978253976.jpg

 

美味しいコーヒーは220円でした。

店内に飾られていた、宝石箱の様なキャッシュレジスタ‼ 

1505434664683.jpg

 

製造は、NATIONAL. (松下電器)。3年ほどまでは現役で使用していたとの事です。(これも値打ちがありそう!)

ご主人は、中央区観光検定も受験され、中央区観光協会特派員にもなったとのお話ですが、ブログネームはお聞き出来ませんでした。

 これからも美味しいパンを作り続けて頂きたいと思います。

人形町は、「てんてんまつり」他、沢山の催し物が目白押しです。ちょっと、こちらもお立ち寄り下さい。

 

 

浜町のドイツ

[小猿] 2017年9月22日 14:00

ここはドイツの街角? と思うのはタンネさん。 浜町で1993年にオープンしたドイツパンの専門店です。赤と白を基調にした二階建て、入口にはゼラニュームが咲いて、清潔感あふれる店内には50種類の南ドイツのパンとお菓子が並んでいます

写真 2017-09-07 15 21 01 (1).jpg 写真 2017-09-07 15 21 50.jpg

社長の佐藤由木子さんにお話を伺いました。 24年前、梱包会社をされていた先代の社長のお父さまが、仕事で通われていたドイツのパンが大好物で、楽しみに小さなお店をやりたいと始められたとのこと、当時は東京、横浜から名古屋までドイツパンを扱う店はなかったそうです。当初から伝統的な製法を守るため、招へいしたドイツ人マイスターは15名、材料を厳選し、技術を磨いて、真のドイツパン作りに取り組んでます。 

ドイツパンと言うと、ライ麦の酸味がある固めのパンを思い浮かべますが、タンネさんのパンは小麦の取れる南ドイツのパン、真っ白なフワフワの物から、ほのかにライ麦が香る薄茶色のパン、ドーナッツの原型と言われる揚げパン、チーズをのせて焼いたパン、種やフルーツの入ったパン、など様々な形や色があります。

写真 2017-09-07 14 02 30.jpg 写真 2017-09-07 14 09 52 (1).jpg

お店の一角はカフェになっていて、パンはもとより、ドイツソーセージ、ハム、チーズ、ケーキ、コーヒーも頂けます。ランチのパンは食べ放題で、たくさんの種類を試してもらえるよう小さめに作られています。ドイツ語のタンネはモミの木を意味するそうで、クリスマスに向けて名物のシュトーレンも楽しみですね。 お店の向かいには緑道が続いていて、水路だった江戸の名残が。この浜町でドイツの伝統を守る素敵なお店です。

 

ドイツパンの店  タンネ

月~金 8:00~19:00

   土 8:45~18:00              

中央区日本橋浜町2-1-5

Tel. 03-3667-0426

tannebrot.info@gmail.com

  

 

 

東京スカイツリー 「空の日」特別ライティング

[サム] 2017年9月22日 09:00

DSC_0207ELS'.jpg 

DSC_0212'RSG.jpg 9月20日は「空の日」。"空に一番近いタワー" 東京スカイツリーでは、日本航空とタイアップし、20日~24日、JALの機体をイメージした「赤」と「白」、空の「青」の、3色の新しいデザインの「空の日」特別ライティングを点灯。

 9月20日~9月22日 17:45~22:00

 9月23日24日 17:30~22:00

 22:00~24:00は通常ライティング「粋」「雅」「幟」点灯

併せて、9月9日~30日の期間、特別企画「TOKYO SKY WORLD」を開催中です。

「航空機」「客室乗務員の制服」「機内サービス」「客室仕様」のパネル展示等、創業当時からのJALの歴史を紹介する「JALミュージアム in TOKYO SKYTREE」が設営され、「空」をテーマに様々な催しが企画されています。

初秋の川面を心地よい風が吹き渡る夕暮れ時。隅田川大橋より、ケーブル部がピンク色に彩られた清洲橋越しに、新ライティングが輝いています。

 

 

中央区でワールドカップ開催!!

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月16日 14:00

「今年の11月に、中央区ワールドカップが開催されます」と言うと、「はぁ」「マジで」「うっそぉ」という反応になると思いますが、これは事実です

キンボールスポーツ」というスポーツをご存知でしょうか

kinbal006.jpg

上の画像は、一般社団法人日本キンボールスポーツ連盟よりご提供いただきましたありがとうございます

キンボールスポーツ」は、一言で言うと、「バランスボールくらいの大きなボール(直径122㎝))で行うバレーボール」です

メジャー」か「マイナー」かと聞かれれば、現時点ではマイナーなスポーツ」でしょう

かく言う私も、私の勤める会社に、このスポーツをやっている若手社員がおり、たまたま知っていたというくらいです

kinbal002.jpg

ただ、築地社会教育会館屋内体育場では、ときどき練習審判の講習会が行われていたりしますので、当会館1階の「施設のご案内」の「本日の利用案内」のところで、「キンボール」ということばを目にされた方もいるのではないでしょうか

kinbal003.jpg

この「キンボールスポーツ」のワールドカップが、11月に、ここ中央区で開催されるのです

kinbal001.jpg

場所は、日本橋浜町2丁目にある中央区立総合スポーツセンターです

kinbal004.JPG

大会の正式名称は、「第9回 キンボールスポーツ ワールドカップ 2017東京大会」です

主催は、一般社団法人日本キンボールスポーツ連盟国際キンボールスポーツ連盟です

kinbal005.JPG

ちなみに、前回第8回大会では、日本男子優勝日本女子は惜しくも準優勝で、今回は悲願の優勝を目指しているそうです

予選準決勝10 月31日)~11月4日)に、決勝11月5日)に行われます

12カ国からの参加があるそうですよ

kinbal018.jpg

詳細については、下のHPをご覧ください

kinbal017.jpg

ちなみに、上の写真は、先日、港区で行われた東京都のリーグ戦Tリーグ)での試合風景です

季節はまさに「スポーツの秋」です

キンボールスポーツ」に関心を持たれた方は、中央区でのワールドカップ開催を機に、新しいスポーツの扉をノックしてみるのもいいのではないでしょうか

一般社団法人日本キンボールスポーツ連盟のHPはこちら ⇒

http://www.newsports-21.com/2015web/

 

 

焼き鳥の老舗「伊勢」の親子丼

[みど] 2017年9月15日 09:00

焼き鳥の老舗「伊勢」は小伝馬町駅4番出口を出てすぐにあります。 お薦めはランチの「親子丼」。焼き鳥専門店だけあって、鶏肉の旨味 はもとより、炊きあげた固めのご飯と、ふわふわ卵のバランスが絶品です。 卵は群馬産「赤城の玉子」を使用とのこと。トロトロ卵の触感と、炭火焼き鶏の甘味がマッチしています。 全体的には味は甘からず、辛からず、醤油と砂糖の出汁に鶏がらスープ が深みを加えているという感じです。好みもあると思いますが、730円 であればリーゾナブルだと思います。

 

お店はビルの1Fでやや狭いながらも奥行きのある店内です。 カウンターには席と立ち食い用に分けられたスペース、4人がけのテーブル 席で30席(立ち10席、テーブル20席)

 

ちなみに「親子丼の美味しい食べ方」というのがありましたので、 ご紹介させていただきます。 『まず、どんぶりのふたを軽く開け、やげんぼりの七味唐辛子を少々、 三つ葉のまわりにさっとふりかけ、一度ふたを閉めて蒸します。そのまま約3~ 5秒おいてもう一度ふたを開け、醤油と味醂のほのかなにおいを味わいながらど んぶりに箸を入れます。隅の方から卵をくずさないように、ご飯と一緒に一口ず つ口にはこびます。二、三口食べた後、香のものを口直しに軽くつまみます。そ の際、決して香のものをどんぶりの上からふりかけたり、卵とご飯をかき混ぜた りしないで召し上がって下さい。』

 

 

 01.jpg

 

 02.jpg

 

 03.jpg

 

「伊勢」

  http://www.ise-corporation.jp/

 東京都中央区日本橋小伝馬町3-9

 電話:050-5571-7766

  日比谷線 小伝馬町駅 徒歩1分