中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


来福 日本橋の招き猫

[あすなろ] 2017年12月30日 16:00


お土産屋さんなどに行くと、いろいろな招き猫
を見かけますね。

お店.jpg

よく見ると、上がっている手(前脚?)が
右手だったり、左手だったり。
それには意味があるようです。

 

右手は、金運を招く。
左手は、人を招く。
両手では、金運と人を招く千客万来の両方に
ご利益があるとされています。

 

そして、上げている手が高いほど遠くの福を招くとか。

三光稲荷.jpg

日本橋には、江戸時代から「失せ猫祈願」として有名な
神社にも、念願叶ってのお礼として招き猫がたくさん
置いてあります。

 

古来から多くの日本人に愛用されてきた招き猫は
海外でも人気が高まっていると聞きます。
戌年になっても健在ですね。

ハンカチ.jpg

 

◆三光稲荷神社
東京都中央区日本橋堀留町2-1-13

 

 

 

蛎殻町公園の 「江戸こまた」Edo komata by Mr.Masayuki Nagare

[銀造] 2017年12月29日 18:00

 蛎殻町公園の一角に、大きな足の形をした彫刻が屹立しています。 

作者は、世界的に有名な彫刻作家、流政之さんです。

作品の名前は、「江戸こまた」で、制作年度は1992年です。

 

この彫刻の存在を知って10年ぐらいになります。 しかし、隣接するTCAT(東京シテイエアーターミナル、1972年(昭和47年) 7月1日に開業)、ロイヤルパークホテル(1989年6月1日 、東京都中央区の東京シティエアターミナル (T-CAT) に隣接して開業)の年とは、合致しないので、ずっと  の疑問符が付いたままでした。

1513912065787.jpg 

 これらの旅行、観光業界の方々が、"旅の安全" を願って、設置したのか?と思い続けていました。 私の友人のWLYさんも、ブログ記事にしたらと言ってくれて、5年ぐらいが経過しました。

 

 この度、やっと、インターネットで、この彫刻の設置に至った経緯を知ることができました

それによると、中央区が、「平和都市宣言を記念して、中央区の空の玄関に相当する東京シティーエアターミナルに隣接する区立蛎殻町公園に区の平和のシンボルとして設置しました。」とのことです。 

そのお知らせのURLは、「中央区平和祈念バーチャルミュージアム」に掲示されており、こちらです。

http://www.city.chuo.lg.jp/heiwa/monument/edokomata/index.html

私の永年の疑念も晴れてすっきりしました。 安全なご旅行を! Bom voyage!

 

 

映画「祈りの幕が下りる時」 ロケ地めぐり ⑧

[rosemary sea] 2017年12月29日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をプロポーザルとして取材します、 rosemary sea です。

s_祈り_本B全ポスター.jpg

(C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 

映画「祈りの幕が下りる時」は1月27日の公開です。

ロズマリの中央区内のロケ地めぐり、今回は File NO.13~16です。

 

なお、映画「祈りの幕が下りる時」ロケ地めぐり①の記事はこちら

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/12/post-4817.html

 

それでは・・・

                               ※日付はロケ日

File NO.13  鳥近(とりちか)さん                7月7日

DSC03175a.jpg

DSC03178a.jpg

日本橋人形町1-18-6

人形町通りにあります。からくり櫓の近くです。

File NO.14  三井本館前                   7月7日

DSC03123a.jpg

DSC03124a.jpg

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅上

File NO.15  福徳神社前                     7月7日

DSC03119a.jpg

DSC03120a.jpg

DSC03121a.jpg

COREDO室町2、となり

File NO.16  大観音寺(おおがんのんじ)前            7月7日

DSC03094a.jpg

DSC03099a.jpg

東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線 人形町駅から、人形町通りを水天宮方面、すぐ

 

 

このあともそれぞれのロケ地のご紹介・ロケのお話は続きます。

ご期待ください。

 

映画「祈りの幕が下りる時」の公式サイトはこちら

⇒ http://inorinomaku-movie.jp/

 

 

よし梅 名前の由来 江戸料理

[銀造] 2017年12月28日 18:00

 高校の同窓会で日本橋から人形町までを散策し、「よし梅 人形町本店」で食事をしました。 芸者さんが通りそうな小路を通って、お店に到着。 お店は日本家屋で趣のある入り口です。間口は狭いが、奥行きも、お料理の奥も深いのです。

1513937162088.jpg 

 美味しい料理を頂いて、楽しかった青春時代の話に花を咲かせました。

 

この時に頂いたご案内のリーフレットによれば、

店名の由来は、

『芳町に住んでいた「うめ」が、昭和二年に創業した「よし梅」。 以来、下町情緒と江戸料理をいまに伝え、皆様に堪能していただくことを喜びとしてまいりました。 変わらぬ人情と日々探求し続けております料理を、どうぞゆっくりとご賞味ください。  店主』

 

 そして、よし梅芳町亭のご案内では、

「かつて芸者新道と呼ばれた路地にたたずむ名女優・花柳小菊の住居を修繕した芳町亭。 坪庭を囲む個室で四季を感じながら、くつろぎのひとときを」 と記されてあります。

芳町亭の建物は、2002年(平成14年)8月21日に国の登録有形文化財(建造物)に登録されています。

 日頃の喧騒から離れて、人形町でのひと時をお楽しみください。

お店の詳細は、こちらでご覧下さい。http://www.yoshiume.jp/

 

 

映画「祈りの幕が下りる時」 ロケ地めぐり ⑦

[rosemary sea] 2017年12月28日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をフィットさせて取材します、 rosemary sea です。

 

s_祈り_本B全ポスター.jpg

(C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 

映画「祈りの幕が下りる時」は1月27日の公開です。

ロズマリの中央区内のロケ地めぐり、今回は File NO.6、京菓子司 玉英堂(きょうがしつかさ ぎょくえいどう)さんです。

玉英堂さんでは7月7日、ロケを行いました。

玉英堂さんの記事は1月掲載の予定です。

お話し下さるのは、玉英堂 今江康人(いまえやすと)さんです。

 

なお、映画「祈りの幕が下りる時」ロケ地めぐり①の記事はこちら

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/12/post-4817.html

 

それでは・・・

 

DSC03188a.jpg

今回の映画「祈りの幕が下りる時」の撮影ロケはこちらのお店の外です。

うちは店の中は映画の舞台にはなっていないです。

7年前のテレビドラマ「新参者」のロケの時は、ただ単にうちの前で撮影をしてたのですが、暑い時期に撮っているので、うち、すごい冷房を効かせているんですよ。品物が品物なので。

保存料を使っていないので、傷みやすいので。で、夏場は本当に環境が悪いんですけれども。

外から入ってくるとすごい気持ちがいいんです。

阿部さんと溝端さんがしょっちゅう入ってきて、ここで涼んでいたんですよ。

撮影以外でこっちへ来てたんですよ。

DSC03165a.jpg

贈答用にも使われていたんですよ、たん栗を。

栗は最初に召し上がって、そのあと、テレビドラマの「新参者」って毎回ゲスト出演者が変わるんですよね。

そのゲスト出演者のかたに毎回お出ししてたみたいで、お礼として。

今回(映画「祈りの幕が下りる時」のロケ)は虎家㐂(とらやき)を買うっていうのを設定しようって言って、ここで(お店の脇で)ダーっと並んだんです。それだけですね。

ここからずーっと並んで、ここで撮影してたんで、僕はここでずーっと見てたんですよ。

DSC03171a.jpg

阿部さんはテレビドラマ「新参者」の時も、うちのお店の前で撮影してて、その時はお客さんが入ってこれない状態だったんですよ。

なので、その時阿部さん、「申し訳ありません。」って言ってお店に入ってきたので。

で、この人義理堅いんだな、と。

そこから阿部さんのこと、好きになったんですよ。

僕らにとってのトップランナーというか、ファッションリーダー的な存在だったので。

歳も近いし近親感もありまして。

阿部さんがやったドラマ、独身男のドラマがあったんですけど、そこでロケに使っていたマンションに、今、僕ら家族が住んでいるんですよ。

そういう関係もあって、近親感を感じ、そしてここへもいらっしゃったので、何かの縁と思って。

 

DSC03167a.jpg

「新参者」ロケの時、こちらからしょっちゅうお菓子を届けていただけなんですけどね。

きっかけは、たまたま私の知り合いがアイスクリームを間違えて多く仕入れちゃって、ただ同然であげるからって言われて200か300、それを買ったんです。

それが手許にあったから、最初にそれを、暑いから持って行ってあげた、っていうところからおつきあいが始まったんです。

最初、自分の、うちの商品じゃなくてね。

 

そのあと、映画「麒麟の翼~劇場版・新参者~」の時に差し入れを持って行って。

DSC03166a.jpg

 

今回の映画が新参者シリーズの最終回っていうので、じゃ、人形町、あまりいらっしゃらなくなるんだなって思って、今回はちょっと力を入れて差し入れをしました。

以前知り合った、映画の制作のかたからロケ日時と場所を聞いて差し入れを持って行ったんです。

そしたら監督の福澤さんが気に留めていただいて。

 

明治座で撮影した時にエキストラで行ったんです。明治座3回目、最後のロケかな。

クライマックスのシーンを撮るのがあって。

そしたら監督の福澤さんが私を見つけてくれて。

スタッフさんがここ、ここに座って、って。

ここの後ろに松嶋菜々子さんが立つから、って。

 

福澤さんは本当にすごい人。福澤諭吉さんの玄孫(やしゃご)かな。

もちろん阿部さんとも知り合えて、とても良かったと思います。

 

・・・今江さんありがとうございました。

このあともそれぞれのロケ地のご紹介・ロケのお話は続きます。

ご期待ください。

 

映画「祈りの幕が下りる時」の公式サイトはこちら

⇒ http://inorinomaku-movie.jp/

 

 

DSC03186a.jpg

京菓子司 玉英堂

日本橋人形町2-3-2

人形町通りと甘酒横丁の通りが交わる「甘酒横丁」交差点角

03-3666-2625

営業時間  平日 9:00~21:00

      土曜 9:00~20:00

      日曜・祝日 9:00~17:00

 

 店内・店外は許可をいただき撮影させていただきました。

 

 

映画「祈りの幕が下りる時」 ロケ地めぐり ⑥

[rosemary sea] 2017年12月27日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をプロセスとして取材します、 rosemary sea です。

s_祈り_本B全ポスター.jpg

(C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 

映画「祈りの幕が下りる時」は1月27日の公開です。

ロズマリの中央区内のロケ地めぐり、今回は File NO.5・7・10・12です。

 

なお、映画「祈りの幕が下りる時」ロケ地めぐり①の記事はこちら

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/12/post-4817.html

 

それでは・・・

                               ※日付はロケ日

File NO.5  柳橋(やなぎばし)                 7月1日

DSC03060a.jpg

DSC03061a.jpg

DSC03062a.jpg

DSC03064a.jpg

都営地下鉄浅草線 東日本橋駅至近

東日本橋2丁目と台東区の間にかかる橋

File NO.7  玄冶店 濱田家(げんやだな はまだや)さん      7月7日

濱田家(門).jpg

日本橋人形町3-13-5

File NO.10  人形町今半さんの前の通り              7月7日  

DSC03159a.jpg

DSC03161a.jpg

日本橋人形町2-9-12

前の道路での撮影だそうです。

File NO.12  きく家(きくや)さん                7月7日

DSC03113a.jpg

DSC03115a.jpg

DSC03117a.jpg

日本橋人形町1-5-10

女将の志賀キエさんにお話を伺いました。

「お店に入るまでの、中は玄関がちょっと映ったかどうかわからないんですけど、この玄関周りは全部、普通通りに営業しているようにして撮られていました。

ここ、入るまでの、扉は開けたり閉めたり。

カメラは外からだと思います。今回は撮影のかたとはあまりお話ししなくて。

テレビドラマ「新参者」の時のロケは部屋の中でお撮りしたんですけど、今回はその延長線、みたいなものだと思います。

表の暖簾はね、多分違うものがかかっていたと思うんですが。

暖簾も開けたり取ったりやっていました。」

 

なお、きく家さんのご紹介記事はこちら

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/12/post-4792.html

 

このあともそれぞれのロケ地のご紹介・ロケのお話は続きます。

ご期待ください。

 

映画「祈りの幕が下りる時」の公式サイトはこちら

⇒ http://inorinomaku-movie.jp/